西郷どん 9話について
公式サイトで無料で動画を観る方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!
※記事下に前後の話のリンクあり

⇒無料で「西郷どん」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

西郷どん 9話のあらすじ

江戸のヒー様

吉之助(鈴木亮平)は藩主・斉彬(渡辺謙)とともに江戸の薩摩藩邸に到着。

再会した仲間と品川宿の磯田屋に行き、ふき(高梨臨)と再会する。

ふきはかつて吉之助と出会い、紆余曲折(うよきょくせつ)の末に江戸に流れてきた薩摩の貧しい百姓の娘だった。

そのふきをひいきにしているのは、周囲から「ヒー様」と呼ばれる町人風の謎の男(松田翔太)だった。

そして吉之助は、斉彬のお庭方を命じられる。



⇒無料で「西郷どん」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



西郷どん 9話のネタバレ


薩摩を離れた吉之助は、島津斉彬のお供で江戸に向かった。


斉彬の側で働けるだけで夢を見ているような気持でした。


休憩をとる斉彬が立ち上がるとお供の者全員が膝待づいて頭を下げる。


吉之助だけが斉彬を盗み見ようとして、斉彬と目が合ってしまい慌てて下を向く。


吉之助の姿を確認して満足そうな斉彬。


薩摩を離れて45日、通常より六日早く一行は江戸に到着し、吉之助の江戸での新しい生活の幕が開けた。


生まれて始めての江戸は、何もかもが珍しく吉之助は興奮していた。


江戸の薩摩藩邸では、江戸に着いたばかりの藩士たちの点呼を取っていた。


吉之助も自分の番がくると、
“三十八番、西郷吉之助でございもす”
と答える。


吉之助が速やかにはけようとするのを止め、
“お前が西郷吉之助か>”
と聞いてくる。


御前相撲に勝ち殿の覚えがめでたいらしいなと、敵意丸出しで聞かれるが、それに気づかない吉之助は嬉しそうにする。


吉之助は、
“おいはこの命を懸けてお殿様のおそばにお仕えする覚悟でごわす”
と言う。


吉之助は、殿の側にいると口に出すことも、目に入ることも憚れることだと鯛なめられてしまう。


しかも、
“飯盛りを夜っぴき寝かせぬくつわ虫、そのくせに花は紅ものはぶし”
という詩を聞かせる。


江戸の品川宿では、薩摩藩士は女郎を一晩中寝かせないが、金の払いはひどく悪い、と言われているのだ。


薩摩藩は酒癖女癖が悪い藩として悪名が轟いている、それ故門限破りはき厳しく処罰すると竹刀を振るって睨まれる。


江戸藩邸は薩摩の田舎と違い厳しい生活だった。


藩邸に入り、自分の部屋を探す吉之助。


吉之助が部屋に着き横になると、隠れていた大山と俊斎が飛び出して歓迎する。


久しぶりの再会に盛り上がる吉之助達。


吉之助が、二人とも垢ぬけたようだと言うと、調子に乗って覚えたての江戸弁で応える俊斎と、それを気持ち悪いと頭をはたく大山。


変わらない二人に喜びが隠せない吉之助は、二人に飛びつく。





その頃、江戸城では登城した斉彬が阿部正弘のもとへ挨拶に来ていた。


阿部は早速登城した斉彬を歓迎する。


斉彬は、いつ何がおこるかわからないご時世に屋敷でゆっくり茶など飲んでいられないと答える。


阿部は二月にペリーが率いる黒船が現れた件を話し出す。


幕府はペリーの要求通り、水と食料と薪を与え、下田と函館の二港を開いたという。


水戸の斉昭公は、幕府とは反対に断固打ち払いを命じた。


しかし、井伊直弼は水戸藩が異国を打ち払うと主張するのに対し、本当に出来るのか?と聞く。


井伊直弼は、天下万民を守ろうと思ったら、素直に開国するべきだと主張し、家定に意見を聞く。


家定は話を聞いていないような様子で、畳の上に落ちた豆を拾って食べ、どこかへ行ってしまう。


そのまま議題は一気に開国するほうへ傾いてしまった。


斉彬は何の策もないからと言って各国するのは愚の骨頂と、海岸の警備の強化を急ぐように阿部に忠告する。


このままではイギリスに支配されてしまった清のようになってしまうのは目に見えていると斉彬が阿部に言う。


しかし、阿部は家定があの調子では、と頭を抱える。


斉彬は、将軍には英邁なる人物に代わってもらい政も変えなくてはならないと焦る。





吉之助よりも一足先に江戸に来ていた篤姫は、斉彬の嫡男・虎寿丸と仲睦まじく過ごしていた。


虎寿丸と篤姫の姿に目を細める喜久。


虎寿丸が相撲を取ろうというと篤姫は吉之助を想い出す。


通りがかった斉彬に吉之助は江戸に来ているのかと興奮して聞く篤姫。


吉之助が藩邸にいると聞き喜ぶ篤姫は、吉之助に勝ちたいという虎寿丸に稽古をつける。


斉彬は天真爛漫な篤姫を見て、徳川の御台所が務まるのだろうか?と呟くと、山田は時間をかけなければ必要な教養などが身につかないと答える。


斉彬はそんな時間はないとまた急ぎ足で次の仕事に向かった。






大山と俊斎に江戸の品川宿に連れて行かれた吉之助。


色町と気づき、後ずさりする吉之助を無理矢理俊斎と大山が引っ張って行く。


慣れた様子で暖簾をくぐる大山。


品川宿には会津、長州、土佐の藩士が仕事帰りに集まっていた。


吉之助達が座敷で待っていると、女が酒を持ってやってきた。


大山は得意げに、女が給仕をしてくれて食事や酒を楽しむところだと説明する。


吉之助は弟たちがかき集めてくれた金で江戸にきたのにこんなところで酒は飲めないと席を立つ。


吉之助が店の女とぶつかると、その女は吉之助の顔を見て驚き、薩摩のお侍さんですかと聞く。


女は吉之助に気付いたようで、
“失礼ですが西郷吉之助さんではございませんか?”
と聞く。


女は、年貢が納められず売られてしまった少女のふきだった。


すっかり女性らしくなったふきに目を丸くする吉之助。


ふきは吉之助に酒をついでもらい、身の上話をする。


何度も売られて、品川宿に行きついたと言う。


苦労したなという吉之助に、家族と別れた辛さを想えば他のことは何でも耐えられるとふきは答える。


ふきのいじらしさと美しさに見とれる俊斎。


ふきが家族の無事を聞くと、吉之助はふきの母親はふきのお陰でお医者様にもかかれて薩摩一の親孝行娘だと言っていたと教える。


母親は亡くなったが喜んでいたことを知り、胸がいっぱいになるふき。


そこへ店の男がふきの指名客が来たと呼びにくる。


ふきを呼んだ客が、ヒー様だと知ると女たちは色めき立つ。


一体ヒー様とはどんな人なのか。


ヒー様と呼ばれるその男は女達を美しく描いてやっては喜ばせていた。


ふきがやってきてヒー様に吉之助を描いてくれと頼む。


ヒー様は男は描かないと言うが、サラサラと吉之助を描く。


出来上がった吉之助の絵は牛男だった。


大山や小玉もそれを見て大笑いする。


ヒー様はふきに、吉之助は嘘のつけない目をしているから一生貧乏だと見抜き、ふきは自分にしておけと肩を抱く。


そこへ無粋な輩が小玉に相手をしないなら金を返せと乗り込んでくる。


ヒー様は金を投げつけ帰れと言い、さっとかわして、あとは吉之助に任せて消えてしまう。


残された吉之助達と男らで喧嘩が始まってしまう。






翌日門限を破ってしまった吉之助は、掃除を言い渡される。


十日たっても掃除しかしていない吉之助は情けなくなる。

落ち込む吉之助に俊斎は自分だって江戸に来てから殿を見ることもないそんなものだと言う。


吉之助は突然呼び出されると、そこには山田がいた。


吉之助は山田に斉彬の住居に呼ばれ、庭方を命じられる。






薩摩の正助のもとに吉之助から手紙が届いた。


手紙には、朝早くから物音を立てないように水をまき、苔の手入れをしていると書いてある。


熊吉はそれを聞き、殿の眠りを妨げないようにしている気遣いがわかると感動する。


吉二郎が庭掃除をさせるために送り出したのではないと言うと、正助は警護も兼ねてるのだろう推測する。


吉之助の江戸での活躍を期待する家族たちの話を笑って聞いているが胸中穏やかでない正助だった。


正助は吉之助に宛て手紙を書くが、我が身を振り返り、このまま薩摩で埋もれてしまうのだろうかという焦燥にかられる。


お庭方の仕事を命じられ、来る日も来る日も庭掃除に励む吉之助。


ある日突然、斉彬が現れる。


斉彬は吉之助に、小石川にある水戸藩邸に行き、斉昭に会いに行くよう命じられる。


山田から書状を受け取ろうとするが、手が泥で汚れている為、慌てて手を洗う吉之助。


斉彬は吉之助に、
“そなたの命、わしにくれ”
と言われる。


斉彬に警護を頼まれるが、吉之助は幼い頃に右腕の腱を切り刀が持てないと告白する。


それでも、今も生きているのは殿にお言葉をかけて頂いたからだと吉之助は言う。


斉彬はやっと、吉之助が泣き虫のやせんぼであったことを思い出す。


殿の為ならいつでも命を投げ出す覚悟だが、刀でお守りすることは出来ないと泣いて断る吉之助。


斉彬は自分の刀を吉之助に差し出し、この庭にいちでも居て、自分の手となり足となるのが役目だと言う。


さらに斉彬は、自分に代わって用談をし、秘密を知るかもしれないと言う。


その秘密を守れないときは、この刀を使って自害しろと命じられる。


受けることが出来るか?という斉彬に、命に代えてお引き受けしますと刀を恭しく受け取る吉之助。


斉彬は吉之助に、
“何でもかんでも命を懸けるな、命は一つじゃ”
と答える。


夢にまで見た斉彬の役に立てることに感激する吉之助。






早速地図を頼りに慣れない江戸の町を歩く吉之助。


通りすがりの人に小石川の水戸藩邸を訪ねるが、薩摩から出て来たばかりの吉之助には江戸言葉が聞き取れない。


なとか水戸藩邸に着いた吉之助。


吉之助が待っていると、ご隠居様と呼ばれる斉昭が、若い女性と目隠し鬼をしながらやってくる。


斉昭は吉之助に、斉彬からの手紙を早速読んだと言い、表を挙げよと言う。


斉昭は吉之助の目の前で斉彬の書状を破って庭に撒いてしまう。


斉昭は、吉之助が今見たことを斉彬に伝えれば良いと言い、下がれと言う。


斉彬の書状を破られた吉之助は斉昭相手に怒り出す。


殿の書状を破られて何も言わずに帰ることは出来ないので理由を教えてくれと詰め寄る。


斉彬に田舎侍めと睨まれても、自分は恥は殿の恥と言ってひかない吉之助。


斉昭は書状に幕府の悪口が書いてあったと言い、書状を破いたということは心に留めた置いたということだと教える。


さらに斉昭は、自分も相当曲者だがそちらの殿には負けると言って笑う。


吉之助は斉昭に、どうして水戸様にうちの殿が幕府の悪口を書くのかと聞く。


斉昭はうんざりしながらここに来るまでに紀尾井坂というのがあっただろうと言う。


本来なら紀尾水坂になのに、紀尾井坂の井は井伊の井だと忌々しそうに言う。


この国難に井伊直弼は己の権勢ばかりを強めようとしていると憎たらしそうに言う。


そこへ、慶喜という斉彬の息子がやってくる。


吉之助が挨拶をしようと斉彬の慶喜の顔を見ると、見たことがある顔だ。


慶喜は、水戸が幕府に煙たがられているのを知っているからそのような書状を送ったのではないかと言う。


薩摩は幕府を倒そうとでも思っているのではないかと慶喜が言うと慌てて斉昭が否定する。


吉之助は慶喜がヒー様と気づき、品川宿で会ったと言うが慶喜は人違いだと知らないふりをする。


⇒無料で「西郷どん」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



西郷どん 9話の感想


江戸編始まって一気に華やかになりましたね。


年貢が払えずに売られてしまった娘のふきが美しく成長して登場するとか、ちょっとファンタジー要素が濃くなってきました。


ふきも売られてばかりいたら、もっと擦れると思うんですが、明日を信じるキラキラした瞳を持ち続けています。


世界名作劇場のヒロインみたいです。


極め付けはヒー様のご降臨です。


ヒー様とおよしと小玉の三人が並ぶと顔面偏差値高い! 超綺麗ですね!


品川宿の内装や、浮世離れした衣裳はいきなりヒー様たちのダンスシーンが始まってもアリじゃないかと思ってしまいます。


辛いことがあるから笑顔~、身分など関係ないの~、私は自分の心を信じるの~、みたいな。


ミュージカル西郷どん・江戸編に、西郷どんが置いて行かれている感じです。


西郷どんに反して、どこでも順応する大山と俊斎のコンビが活き活きしてますね。


この二人は、ふざけたり締めるころは締めたりしていい味出してくれて楽しみです。


いい味出してくれてるといえば、斉彬の家臣の山田もそうですね。


斉彬のキャラを面白くもしてくれたり、厚みを出してくれたりとナイスアシストだと思います。


斉彬はいわばクーデターを起こそうと企んでいるような人物ですから、常人の理解の範疇を超えているんでしょうね。


だから、いい人なのか悪い人なのかわからない時があったり、急に距離が近くなったりとびっくりするときがあります。


あと、斉彬って一瞬、鷹のような顔になりませんか?


おそらく高速で複数の策を思考し、即決しているであろう表情だと思われるんですが。


その顔が常軌を逸している感じがして、猟奇的にすら見えます。


俳優さんの惹きつける力なんでしょうね。


そんなギリギリ感満載の斉彬に、理解者が現れるとなんだかちょっとホッとしてしまいます。


阿部正弘と密談している時とか、話わかる人いて良かったねって勝手にお節介な心配をしています。


なんでもかんでも命を懸けるなというセリフもアドリブだったそうですね。


あのまますぐに完璧な関係が出来上がっちゃて話が進むよりも、いいシーンになりましたよね。


およしとヒー様とかはファンタジー要素満載でもいいですが、やはりストーリーの主流に関わる人物なので。


登場人物が何考えているのか理解できないと、ついていけなくなっちゃいますからね。


そういう意味では、西郷どんは史実だけ見ると一貫性がないようなところがあります。


そこをどう視聴者が納得するように、お話を見せていくのか。


難しそうですが、中園ミホの西郷どんがどうなっていくのか楽しみにしたいと思います。


⇒無料で「西郷どん」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



無料で9話の動画を観る方法

無料で「西郷どん」の動画を観る裏ワザ!


「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はビデオマーケットなら
無料で「西郷どん」の動画を観ることができます!


プレミアム&見放題コースを選択した場合は、見放題対象作品はポイント消費なしの無料で観れます。


今なら入会時に540ポイント貰えて、ポイントを使用して「西郷どん」を実質無料で観ることができます!


初月無料でお試し登録を実施中で、無料期間中に解約すれば月額利用料は発生しません。


初月無料でお試し登録はいつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので、この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!


⇒ビデオマーケットで無料で「西郷どん」の動画を観るならこちら♪