トドメの接吻(キス) 2話について
無料で動画を観る方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!

⇒無料で「トドメの接吻」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



トドメの接吻(キス) 2話のあらすじ

おうたろう(山﨑賢人)は自分を襲う“キスで殺す女”(門脇麦)から「あなた、狙われてるか」という謎の言葉を残され混乱する。

心配しボディガードを買って出た和馬かずま(志尊氏淳)から暫く出歩かない方がいいと言われる旺太郎だが、どうしてもモノにしたい100億円の女・美尊氏みこと(新木優子)の友人の菜緒なお(堀田茜)から指名を受け出勤する。

しかし、美尊氏に会うための糸口を探っている最中、店のバックヤードで旺太郎の栄養ドリンクを飲んだ同僚ホスト・柿崎が倒れて騒ぎに。

さらに旺太郎のロッカーから毒物が見つかり、容疑者にされてしまう!

和馬の助けで警察署から逃げ出した旺太郎は、イブの夜ロッカーにあった赤いルージュの「デンジャラス」というメモが毒入りドリンクの警告だったのではと思い、店へと急ぐ。

すると毒物騒ぎで閉店へと追いやられた店にキス女からの呼び出しの電話がかかってきて…。

警戒しながら待ち合わせ場所に向かった旺太郎だが、なんと突然背後から包丁で刺されてしまう!

意識の遠のく中、現れたキス女が再び「あなた、狙われてるか」という言葉とともに死のキスをして…。

目を覚ますと、そこは7日前のナルキッソス。

旺太郎は毒入りドリンクを飲もうとしている柿崎を危機一髪のところで止め、容疑者になる運命を回避する。

そんな中、再び興信所の根津ねづ(岡田義徳)が現れ、旺太郎の弟・光太の捜索協力を仰ぐため、父・旺あきら(光石研)の居所を教えて欲しいと話す。

しかし、旺は出所後、行方不明になっており…。

過去と決別したい旺太郎は根津を追い返す。

そして、並樹乗馬倶楽部の初乗り会の日。

長谷部はせべ(佐野勇斗)や布袋ほてい(宮沢氷魚)から煙たがられながらも美尊氏の気を引こうとする旺太郎は、真凛まりん(唐田えりか)や他の部員たちが美尊氏に遠慮して本音を言えない中、間違いを諌め叱ってくれる尊氏氏たかうじ(新田真剣佑)を美尊氏が慕っている様子を見る。

しかし、二人で話すチャンスを得た矢先、立てかけられた鉄骨が突如旺太郎目がけて倒れてきて…!!

血を流し身動きが取れない旺太郎と混乱する美尊氏の前に再びキス女が現れて…。

そんな中、ただ一人旺太郎がタイムリープをしていることを知る春海はるみ(菅田将暉)は、キス女について意外な考えを話すが…。

さらに、並樹グループの社長秘書・郡次ぐんじ(小市慢太郎)は旺太郎の過去を嗅ぎ回っていて…。

未だ謎に包まれたキス女の狙いとその言葉の意味とは!?





⇒無料で「トドメの接吻」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



トドメの接吻(キス) 2話のネタバレ!


キス女は
“あなた、狙われてる。か…”
と言いかけるが、激怒した旺太郎はキス女を押し倒して首を絞める。


通行人が慌てて旺太郎を捕まえて警察を呼ぶ。


旺太郎は派出所で警官に話しを聞かれる。


旺太郎は
“アノ女はストーカーで命を狙われている”
というと、警官も話を聞こうとする。


しかし、警官は旺太郎の支離滅裂な説明を聞くと呆れて薬物検査しようとする。


旺太郎は隙を見て派出所から逃げ出す。


旺太郎は和馬と合流する。


旺太郎はキス女の台詞を和馬に説明するが、和馬も理解できなかった。


和馬は
“身の回りの世話は俺に任せてください”
というと、衰弱しきった旺太郎は
“頼れるのはお前だけだ…”
という。


和馬は旺太郎の部屋に出入りして身の回りの世話をする。


旺太郎はミコトの友人が店に来る日には店に出るという。


和馬は
“ボディガードやめようかな、助かる気のない人を守れませんよ…”
というが、旺太郎は懇願する。


旺太郎はミコトとの結婚が狙いだを熱弁する。


和馬は
“欲の塊だ…”
と呟く。






旺太郎と和馬は店に行くと、旺太郎は気合を入れるためにロッカーからドリンクを取り出す。


ドリンクを飲もうとするがするが、指名が入ったためすぐにテーブルに行く。


ミコトの友人が来ていたが、ミコトはいなかった。


旺太郎は意気消沈しつつも好印象を与えるように接客する。


来週の火曜日に乗馬クラブのパーティがあるというので、参加させてもらうことにする。


突然、ホストの一人が控室で倒れたと大騒ぎになる。


原因は旺太郎が飲もうとしてテーブルに置き忘れたドリンクに毒が入っていたためだった。


旺太郎は容疑者として警察に連れていかれてしまう。


旺太郎は否定するが、警察は旺太郎が犯人だと決めつけていた。


毒物が旺太郎のロッカーから出たという証拠もあった。


派出所の警官もやってきて、旺太郎が女性を絞め殺そうとしたと証言する。


旺太郎は容疑者として新聞でも取り上げられる。


キス女は新聞でそれを確認する。


一週間後
警察署に和馬がやってきて、消火器をぶちまけて旺太郎を助け出す。


旺太郎は店に行くが、店長が店じまいの準備をしていた。


店長は
“お前のせいで散々だった”
といって新聞を見せつける。






店長と旺太郎は店の中で落ち込んでいた。


店の電話にキス女から電話がくる。


旺太郎はキス女を罵るが、キス女は
“一人で二回目にキスした場所に来て、その時に全部話す”
という。


店長は
“この状況で痴話喧嘩か?”
といって怒って帰ろうとするが、旺太郎は店長を呼び止めてフルフェイスのヘルメットを貸してもらう。


旺太郎はフルフェイスのヘルメットを装着して、準備万端でキス女の指定した待ち合わせ場所に行く。


旺太郎は威勢よく姿の見えないキス女を挑発するが、突然背後から何者かに刺される。


瀕死状態の旺太郎にキス女が現れて
“あなた狙われてる。か…”
といって、旺太郎のヘルメットを外してキスをする。


旺太郎は気が付くと一週間前の店にいた。


旺太郎は
“逮捕される前に戻った”
と思うが、自分がテーブルに置き忘れたドリンクを思い出す。


控室に慌てて戻ってドリンクを飲もうとしている男から取り上げる。


男は怒って殴ろうとするが、和馬は
“俺に感謝しろ”
という。


旺太郎は無事に危険を回避してミコトの友達を店の外で見送る。


ミコトの友達の一人がサラリーマンらしき男に源氏名らしき名で呼ばれる。


その友達は慌てて帰っていく。


その時に旺太郎はあまり興味を示さなかった。


ミコトの友人たちが帰っていくと、探偵の根津が旺太郎に会いにやってくる。


根津は旺太郎の父の居場所を尋ねるが、旺太郎は父は出所してから行方不明だと告げる。


根津は諦めて帰っていく。






旺太郎と和馬は乗馬クラブのパーティに行く。


旺太郎は常にキス女を警戒していた。


ミコトの友人たちは全員袴や着物を着こんでいて、旺太郎と和馬は私服だった。


流鏑馬をしている際に、旺太郎はミコトに話しかける。


それを見た長谷部は嫉妬心を露わにして、乗っていた馬が暴走する。


その拍子で馬から落ちてしまい、その拍子で泥がとんでミコトの友人の着物が汚れてしまう。


記念撮影をする際に、ミコトは
“そのまま撮影するわけにはいかない、みっともない”
といって、みんな制服に着替えるように指示する。


みんな不満そうだが、ミコトにモノを言える人はいない様子だった。


旺太郎は何かを言おうとするが、ミコトの取り巻きの男に邪魔される。


ミコトは雑誌の取材を受けるため席を外す。


着物が汚れたマリンはみんなに謝っていた。


友人たちはマリンの着物が祖父の形見だと知っており、マリンは悪くないと庇っていた。


マリンはどうしてもその着物で写真撮影をしたかった。


その場の空気から、ミコトの友人たちはミコトに対等にモノを言えないことが伺えた。


旺太郎は
“しょうもな…”
と呟いて呆れる。


長谷部や尊氏も同じことを思っている様子だった。


尊氏はミコトを説得に行く。


旺太郎はその様子を観察していた。


尊氏はマリンの着物が祖母の形見だとミコトに伝える。


尊氏は
“部員の気持ちを汲んであげるのは大事”
というが、ミコトは
“だったらみんな言えばいいのに”
と納得いっていない様子だった。


尊氏は
“乗馬で大切なのはなんだっけ?”
というと、ミコトは
“馬に謙虚でいる事”
という。


尊氏は
“将来並樹グループという大きな馬を乗りこなすために忘れるなよ”
というと、ミコトは
“ありがとう、私のこと叱ってくれるのおにいちゃんだけ”
と礼を言う。


記念撮影は着物のまま行われる。


ミコトはマリンに謝る。


馬を暴走させた長谷部が謝ることで、その場は収まる。





和馬はミコトに話をしに行くと、突然角材が倒れてきて旺太郎は下敷きになり大怪我をする。


ミコトは助けを求めて大声を出すと、どこからともなくキス女が現れて旺太郎にキスをする。


旺太郎は一週間前の店に戻っていた。


ドリンクの問題を解決した直後で、今回は男のパンチをよけることができずに顔を怪我する。


ミコトの友達を送り出すと、サラリーマンがマリンに話しかける。


ミコトの友達は帰っていくので、旺太郎はサラリーマンに話しを聞いてみる。


サラリーマンは
“今日指名しようと思ってさ、店行ってみる”
というので、旺太郎はマリンがキャバクラで働いていると気付く。


旺太郎を根津が訪れるので、旺太郎は父は行方不明であることを告げて何かを依頼する。





旺太郎は最後にキス女が来ていた制服を覚えていた。


業者の制服でその店に行ってキス女について聞いてみる。


旺太郎がキス女の特徴を説明すると、パソコンを弄っている女が
“佐藤サイコさんかな?”
という。


旺太郎は情報を得ようとするが“個人情報”なので無理だと言われる。


旺太郎は
“今夜の予定は?”
といって女を誘う。


旺太郎は女とホテルに行った後にキス女の情報を入手する。


ホテルから出てきた旺太郎に和馬は
“女癖は死ななきゃなおらないのかな~”
と呆れていた。





旺太郎は帰り道にホームレスの春海がいるところを通りかかる。


旺太郎はキス女の正体を突き止めたことを話す。


春海は
“どうするつもりだよ?”
というと、旺太郎は警察に突きだすつもりだという。


春海は
“キス女はエイトを殺したというより、時間を戻して助けた”
というが、旺太郎は気に留めなかった。


家に帰った旺太郎に根津から連絡が入る。






旺太郎はマリンが働いているキャバクラに行く。


マリンは
“みんなに言わないで下さい”
といって土下座する。


旺太郎は
“明日のパーティでミコトさんに逆らってよ”
とマリンを脅す。


マリンは
“クズ…”
と悔しそうにつぶやく。





翌日
旺太郎男と和馬はパーティ会場に行く。


デリバリー会社が来るので、旺太郎はキス女がいるか確かめる。


その日はキス女はシフトが入っておらずいなかった。


旺太郎と和馬は会場に行く前に、旺太郎が用意していた袴に着替える。


旺太郎は袴で自信満々にミコトに会いに行く。


その様子を見た長谷部は同じように馬を暴走させて、マリの着物は汚れてしまう。


旺太郎はシナリオ通りなのでほくそ笑む。


前回と同じように、撮影を着物のままするかでモメていた。


旺太郎は頃合いを見て仲裁に入る。


旺太郎は
“みんな、嫌ならいやってハッキリ言った方がいいんじゃない”
と話し出す。


ミコトは反発するが、旺太郎は尊氏の言葉をなぞるようにミコトに話し出す。


ミコトは兄の尊氏に言われた時とは違い、旺太郎には反抗的だった。


旺太郎はミコトを挑発しながら尊氏の言葉をなぞる。


旺太郎は
“マリンちゃん、その着物はおばあちゃんの大事な形見なんでしょ、みんなもこの日のために準備してきたんだよね”
というと、みんな肯定の意味の沈黙をする。


ミコトは
“みんなそうなの?”
と狼狽していた。


旺太郎は
“そうやって上からモノを言うからみんな委縮しちゃうんだよ”
とミコトに対して、友人たちが思っていても言えないことをハッキリという。


旺太郎はトドメに
“裸のお嬢様”
と罵ると、ミコトは怒って旺太郎を叩く。


旺太郎は余裕を見せながら
“残念だな、わかってもらえなくて”
といって、マリンに目配せをして去っていく。


マリンはミコトに
“本当はこれで撮って欲しい、汚れても大事な形見だから”
と本音を話す。


撮影は着物のまま行うことになる。


友人たちは
“エイトさんのおかげだね”
というと、ミコトは気まずそうにしていた。





旺太郎は和馬を連れて帰ろうとすると、尊氏が呼び止める。


尊氏は旺太郎に
“ワザと悪者になってくれたんだろ”
とお礼を言う。


二人は握手をするが、旺太郎は家族愛を信じる尊氏とは相いれない考えを持っているのを実感する。


旺太郎は
“いろいろとよく知ってるんですよ”
と意味深なことを言って帰っていく。


尊氏は父の秘書の小市から呼び出される。


小市は旺太郎の素性について根津を使って調べていた。


旺太郎の父が船長だったことを尊氏はしる。





旺太郎が店で客の見送りをしていると、ミコトが旺太郎を待っていた。


ミコトは
“あなたのおかげで友人と打ち解けることができた、ぶってごめんなさい、ありがとう”
といって帰ろうとする。


車が猛スピードで来るので、旺太郎はミコトを抱き寄せて助けてほくそ笑む。


ミコトと旺太郎は見つめあうが、タイミング悪く和馬から電話がくる。


和馬はキス女の住所が判明したというので、旺太郎はミコトに店で待っててくれるように頼み込んで和馬と合流する。


和馬は
“家族だと嘘ついて鍵を貰ってきた”
という。


旺太郎は和馬に
“アイツにキスだけはされるなよ”
と注意を促して部屋に入る。


部屋にはだれもいなかった。


部屋一面に旺太郎の写真が貼られており、その上に“愛”という文字が大きな赤い色で書かれていた。


旺太郎は異様な光景に呆然とする。


旺太郎にキス女の住所が判明したとホテルに行った女から電話がくる。


旺太郎は
“今いる”
というが、女は
“私まだ電話してないよ?”
という。


旺太郎は恐る恐る背後を見ると、和馬が包丁を持って立っていた。


旺太郎はキス女の
“あなた狙われてる、か…”
という言いかけたセリフを思い出す。


旺太郎はこれまで自分を殺そうとしていたのは和馬だと気付く。


旺太郎は
“どうして…”
と呟いて何とか部屋から逃げ出すが、和馬は追ってくる。


和馬は旺太郎に追いつき背中から突き刺し
“ずっと好きでした、一緒に死んであげます”
とほくそ笑む。


春海がやってきて
“おーい、何をしているんだ”
というと、和馬は逃げていく。


刺されて倒れている旺太郎に春海は
“だから言ったろ、サイコはエイトを助けてるって”
といって笑いだす。


⇒無料で「トドメの接吻」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



トドメの接吻(キス) 2話の感想!


旺太郎を狙っていたのは和馬だった!


確かに、和馬の発言は“和馬は旺太郎が好き”ということを頭に入れて思い出すと合点がいきます。


和馬は旺太郎の舎弟気取りかと思っていたら、単純に好きな人に頼られるのが楽しかったようですね。


しかし、旺太郎の女癖の悪さを近くで見てしまい、殺意はより一層増長したのかもしれません。


キス女よりも和馬の方がサイコパスっぽいです。






キス女はコミュ障で吃音のようです。


微妙な美人具合が絶妙にちょうどいいですね。


いちおう仕事はできるだけの最低限のコミュニケーションはできるようでした。


タイムリープをする特殊能力の説明はまだですが、明らかになるのが楽しみです。


キス女の語彙力では説明が十分になされないと思うのが不安ですけど…






春海か尊氏が旺太郎の死んだはずの弟かもしれません。


春海は
“おらは死んじまった。おらは生き返った”
といっていたので、タイムリープで生き返った可能性があります。


尊氏は養子なので、養子になる以前は不明です。


もしかしたら春海が旺太郎の死んだはずの弟で、尊氏が旺太郎が船で助けた男の子かもしれません。


気になるのは、春海が旺太郎と同じ年齢だという所です。


春海が旺太郎の弟だとしたら、年齢差は2~3歳あるハズです。


春海は旺太郎が遭っているタイムリープとは、また違った事象に遭っているのかもしれません。


キス女だけではなく、春海と尊氏の正体も明らかになるのが楽しみです!


⇒無料で「トドメの接吻」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



無料で2話の動画を観る方法

無料で「トドメの接吻」の動画を観る裏ワザ!

「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。

そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。

実はHuluなら
無料で「トドメの接吻」の動画を観ることができます!

「トドメの接吻」だけでなく、扱っているすべての作品が見放題です!

本編とは違うバッドエンディングのオリジナルストーリー
「トドメのパラレル」が見れるのはHuluだけです!

「トドメのパラレル」では旺太郎の死後の物語が繰り広げられて、残された登場人物たちの背筋が凍る人間模様を見ることができます。

Hulu2週間無料トライアル実施中で
無料トライアル期間に解約した場合は
月額料金はかかりません。

PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。

無料トライアル期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。

スマホから簡単に登録できるので
この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!

⇒Huluで無料で「トドメの接吻」の動画を観るならこちら♪