モンテ・クリスト伯 華麗なる復讐 8話について
公式サイトで無料で動画を観る方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!
※記事下に前後の話のリンクあり

⇒無料で「モンテ・クリスト伯」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

モンテ・クリスト伯 華麗なる復讐 8話のあらすじ

モンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)の復讐は予定通り南条家を崩壊に導き、幸男(大倉忠義)が自ら命を絶とうとするまでに至る。

だが、幸男の娘、明日花(鎌田英怜奈)の存在が江田愛梨(桜井ユキ)を惑わせてしまった。

真海が暖だと気づいたすみれ(山本美月)の存在も大きなものとなる。

自分の中にある揺れに呆然としながら真海が釣りをしていると、守尾信一朗(高杉真宙)が現れた。

信一朗と話すことで気分転換になった真海の心は、すぐに曇ることとなる。

信一朗の交際相手が入間未蘭(岸井ゆきの)と知ったからだ。

その頃、未蘭は父の入間公平(高橋克典)に信一朗と会ってくれと頼んでいた。

しかし、入間は頑なに拒絶。

瑛理奈(山口紗弥加)は時間をかけて説得しようと未蘭を慰め、貞吉(伊武雅刀)の部屋に連れて行く。

瑛理奈の殺害計画を知る貞吉は必死に未蘭に危険を伝えようとする。

しかし、会話用のタッチパッドが瑛理奈に操作されていたため、未蘭に伝えることは出来なかった。

と、そこに真海が貞吉に会いに来たと現れる。

入間は神楽清(新井浩文)と会う。

神楽は幸男の自殺、そして寺角類(渋川清彦)殺害は真海の仕業だと話す。

さらに、神楽は真海が自分と入間もターゲットにしていると告げた。

真海は何者だと思うと問う入間。

もちろん、入間と神楽の脳裏には共通の人物が浮かぶ。

入間は真海を呼び出す。

真海と話すために使う取調室は15年前に柴門暖を陥れた部屋で…。



⇒無料で「モンテ・クリスト伯 華麗なる復讐」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



モンテ・クリスト伯 華麗なる復讐 8話のネタバレ


真海は黒いバラを持って病院へお見舞いに行った。


深刻な顔をして、誰かいないか様子を伺いながら向かい、そっと病室の扉を開けた。





愛梨は幸男に遺書を書くようお願いをして去って行った。


幸男は遺書を書き、首を吊って自殺した。


幸男の部屋を後にした直後、幸男の娘から愛梨に電話が着た。


愛梨は自分の父親が殺されて辛かった事を思い出した。


幸男の娘には同じ想いをさせたくないと思って、急いで幸男の首を吊っていた縄を切に行った。


幸男は助かり病院へ運ばれた。


しかしまだ意識は戻っていない。


真海は愛梨から幸男の事を聞き、怒り狂った。


手に持っていたシャンパングラスを握りしめて割ってしまった。


そしてボトルも窓へ投げ捨てた。


真海にどんなことでもすると約束したのに、幸男を助けた愛梨。


真海は愛梨に、君は自由だ!と言って小切手を渡した。


愛梨は人を不幸にしても幸せにはなれないと思う!と真海に言った。


真海は私の幸せは私で決める!と言って2階へ行ってしまった。





病室の扉を開けた真海は、毒が入った注射器を幸男の点滴に入れようとした。


するとそこへすみれが現れた。


真海は急いで注射器を隠したが、すみれだとわかり、また注射器出した。


すみれは、何しているの!?どうしても殺したいなら私がやる!と止めた。


真海は、そんなに幸男が大切かすみれに聞いた。


すみれは、暖にそんな事させたくないからと言った。


真海は手を止め、だったらお前がやれと注射器をすみれにかざした。


すみれが注射器を受け取ろうとすると、娘が入って来た。


真海は黒いバラの花束に注射器を隠し子供に見えない様にすみれに渡した。


お大事に、しっかりと見てやって下さい!と言って病室を出て行った。


すみれは娘を抱きしめた。


幸男は話が聞こえていたのか、涙を流していた。





真海は、港で釣りをしていた。


グラスを握って割ってしまったので、手には包帯が巻がれていた。


まだ傷が治っていないのに包帯を取って傷を眺めていた。


そこへ信一郎が来た。


信一郎も釣りをしていた。


よく会うので、信一郎は名前を聞いた。


真海と答えると、響きカッコいいですね!と言い、自分の釣った魚を分けた。


真海に信一郎は彼女がいるのか聞かれて、付き合っていないけど、居ます!と嬉しそうに答えた。


すると信一郎の電話が鳴った。


未蘭からの電話で嬉しそうに話をした。





未蘭は公平に怒っていた。


公平に挨拶をしたいと信一郎が言っているのに会ってくれないからだ。


お母さんが死ぬとき、パパの味方でいてね!と頼まれたから今まで言う事を聞いてきたけど、今回は好きなようにさせてほしいと未蘭はお願いをした。


しかし公平は、パパも未蘭を幸せにするとママに誓ったと答えた。


未蘭は、
「その誓い守れてないね!」
と強気で言ったが公平は何も言わず去ってしまった。


瑛理奈は、時間を掛けて説得すれば大丈夫!と未蘭をなぐさめた。





未蘭は貞吉の部屋へ行った。


貞吉が何か訴える目をした瞬間、後ろから瑛理奈が来た。


貞吉は話をしようとしていたので、目で追うと何を言いたいのかわかる機械を出した。


すると全く機械反応しなかった。


瑛理奈は、認知症?まさか!未蘭、論文の締め切りが近いでしょ!とごまかして未蘭を自分の部屋に戻した。


未蘭が居なくなった瞬間、瑛理奈は機械に付いているカメラのレンズを汚して操作できない様にしていたことを明かした。


そしてレンズを拭いて、瑛理奈はカメラに視線を送って文字を出した。


「みらんころす」


明日信一郎が来たら貞吉の目の前で殺すと言って毒の瓶を手に持った。


その瞬間未蘭が、お客様が来たと言って、真海を家にあげた。


真海は貞吉に投資家として会いたかったと伝えると、瑛理奈はこのような状態ですしね、と断ろうとした。


真海は目で会話ができると未蘭から聞いた、2人で話したいと言い瑛理奈を納得させた。


瑛理奈は部屋を出る瞬間、目で会話できる機械を持って出て行った。


真海は貞吉がどんな状況かわかっていたので、自ら文字が書かれた表を持ってきていた。


ペンで文字を指すと言いたい文字なら貞吉が目をつむって反応する。





清は公平に会った。


幸男を自殺まで追い込んだのは誰か?類を殺したのは誰か?清はどちらも真海がやった、俺の事も狙っていると言った。


そして留美が安堂にはまってお金も全部持って行かれた、やられる前にやらないと!公平ならできるのでは?と聞いた。


清はポケットの中に入っている携帯の録音機能を使って会話を録音していたのだが、公平にばれてしまい、消された。


そして私は警察官ですよ!頼む相手を間違えていんじゃないですか?と返事をした。


清は次の手段として、昔留美と愛人関係だったこと、そして15年前ククメットの手紙は貞吉宛だった件を出して脅した。


公平は、渋い顔をした。


そして清に真海は何者だと思う?と聞いた。


すると清は
「たぶん入間さんの考えと同じです。あいつをもう一度殺してください。」
と言って一礼した。





公平は、昔暖を捕まえて事情聴取した部屋に真海を呼んだ。


以前はその部屋で偽造した手紙に暖の指紋を付けた。


真海はその事に気付き、指紋を付けないよう、椅子をハンカチで挟んで引いた。


公平はファリア・真海が死んだ時と同じ時期に、真海がシンガポールに現れたのは何かの偶然か?と問いただした。


さらにファリア・真海が居た時、柴門暖が居た、暖は死んだと聞いたが、真海が暖だったら全てのつじつまが合う、私たちに復讐するために戻って来たのか?と聞いてきた。


真海はなにか復讐される理由があるのかと公平に聞いた。


公平は、ない!と答え、真海の事を単なる脱獄者、正体を突き止めてラデル共和国へ送ると脅した。


真海は公平の想像は半分、合っている、私はファリア・真海の息子だと答えた。


ファリアは祖国の功労者なのに、謀反人の烙印を押されていた。


その息子の真海も謀反人とされていた為、別人になりすましていると言った。


公平は、英語もろくに読めなかった男が、弁が経つようになったと言って話しを終わらせた。


真海が立った瞬間、公平は机を倒そうとして真海がわざと机を触る様仕掛け、真海の指紋を残させた。





類の殺害現場から安堂のDNAが発見された事が公平に知らされた。


公平は留美に電話して安堂から離れるよう伝えた。


留美はわかりましたと言って電話を切った。


留美は急いで安堂と一緒に逃げようと言った。


安堂はほっといてくれ!関係ないだろ!と言ったが関係ある!と留美は引かなかった。


誰なんだよ!と安堂に言われて、世話焼きババア?と答えて笑った。





真海は貞吉と文字の書かれているボードで会話をした。


すると、
「みらん ころされる あした」
と答えた。


未蘭は、可愛い信一郎の好きな人。


真海はどうにかしようと出かけようとしたところ、公平がやって来た。


公平は真海の指紋を調べた。


結果、柴門暖とモンテ・クリスト・真海の指紋が一致した。


この結果をラデル共和国へ送ると言ってきた。


そして復讐ごっこは終わりだ。お前の負けだ。柴門暖!と言って高笑いした。


真海は、22年前愛人に産ませた赤ちゃんを別荘に埋めた事を話した。


目撃者がいて、その赤ちゃんはまだ生きている。


名前は安堂完治!と言い、ろうそくと鉄のおぼんを差し出した。


公平が、なんだこれは?と聞くと幹事が、お使いくださいと答えた。


公平は指紋認定書を悔しそうに燃やした。


真海は、手慣れたものだ!思い出の別荘を思いっきり楽しんで行って下さいと言って去って行った。


公平は清に電話した。


留美と一緒にいるか聞いた。


そして安堂が類を殺したことを教えた。


実は清は留美と一緒にいたが、留美がどこにいるか知らないふりをした。


どうゆう事なのか聞くと清は留美に聞いた。


すると、私を助ける為に安堂君がやってくれたと喜びながら留美が答えた。


清はあきれて、もう出ていけと言ったが逃げるお金が必要と言ってきた。


その時、手にしていた真海に貰った釣竿を持ちながら話をしていた清は、マイクが付いている事に気付き、コーヒーにマイク部分を浸した。


その瞬間、男性が2人入って来た。


清が誰だか聞くと、留美が、安堂君にお金貸していた人と答えた。


男性達はトランクいっぱいのお金を出した。


その瞬間、留美は札束を握って出て行こうとした。


しかし出口のドアには清の秘書、西山がいた。


清は留美を止めるように西山に頼んだが、西山は留美を逃がした。


何やってんだよ!と西山を責めようとした瞬間、西山は清に頭突きをした。


清は鼻血を出して倒れた。


倒れた清が起き上がろうとした瞬間、金貸し屋がトランクで清の頭を殴って気絶させた。





信一郎は、未蘭と会う時ダボハゼのオスを渡そうと思い、釣りをしていた。


しかし全く釣れず焦っていた。


その頃、未蘭も自分の部屋で着る服が決まらず焦っていた。


何着も着てようやく決まったころ、信一郎もダボハゼのオスが釣れた。


そこへ真海が車でやって来た。


すごい高級車だったので信一郎はびっくりした。


そして話があると言われ車に乗った。


真海はこれがあれば大切な人を守れると言って小瓶を渡した。


信一郎は無理だと小瓶を返した。


真海は、あなたには幸せになってもらいたい!と言って信一郎を説得した。





瑛理奈は貞吉をリビングに連れて来て、毒をコップに入れるところを見せた。


コップには毒を入れた後、レモネードを入れた。


それを未蘭に飲ませた。


飲んだ瞬間、信一郎がやって来た。


玄関に迎えに行った瞬間、瑛理奈の実の息子が毒入りのレモネードを飲もうとした。


その瞬間、瑛理奈は急いで止めた。


荒い声を出して、邪魔しないで!と言って服に毒がついてしまったので着替えに連れて行った。


未蘭は貞吉に真一良を紹介した。


信一郎が自己紹介していると、未蘭が倒れてしまった。


貞吉は涙を流した。


未蘭は意識を取り戻し自分の部屋のベッドに寝ていた。


信一郎は未蘭の傍にいた。


そこへ瑛理奈が水を運んできた。


信一郎を帰そうとしたが、もう少しだけ居たいと言った。


そして瑛理奈が居なくなると、信一郎は真海に貰った小瓶を漢方だと言って未蘭に飲ませた。


未蘭は飲んだ瞬間すっきりする!と言って笑った。


信一郎が喜んだのも束の間、未蘭の鼻から鼻血が出て、泡を吹いた。


未蘭は病院へ運ばれた。


公平は急いで駆け付けた。


未蘭は危険な状態でもし助かったとしても後遺症が残ると医師に言われた。


公平は詳しく医師と2人で話しをした。


すると出口や前の奥さんが死んだときと同じ成分が出てきた。


誰かが毒を飲ませたので警察に通報して下さいと医師が言ったが、公平は私に任せて頂きたいと言った。


そこへ信一郎が入って来た。


未蘭に毒を飲ませたのは俺なんですと謝ってきた。


公平は怒り狂い、ベランダの手すりから信一郎の体を半分突き出した。


どうゆうつもりだ!?と公平に言われた信一郎は、助けようと思った、具合が悪くなったから、もしもの時は飲ませろって、、、苦しみながら答えた。


誰に言われたのか公平が聞くと、真海ってやつです!と答えた。


その時、背後から真海は様子を見ていた。





清は、牢獄のようなところに閉じ込められた。


そこには暖が閉じ込められたところにもあった、メトロノームが動く映像が流れていた。


清は、開かない扉を叩いたり、怒らないから出て来いよ!西山!と怒鳴ったが誰も来ない。


そして暖!柴門暖!わかってんだよ!と泣きながら叫んだ。





留美は慣れない運転で安堂と逃げようとしていた。


2人はとても楽しそうにしていた。





瑛理奈は息子を抱きしめながら、愛していると涙を浮かべた。





すみれは幸男の点滴に毒入りの注射を打とうとした。


するとソファーで寝ている娘が寝言を言ったので手を止めた。


注射器をしまおうとした瞬間、後ろから幸男がナイフを突き付けてきた。


俺を殺したいのか?と聞かれて、娘が居なければね!とすみれは答えた。


あいつのとこ行くぞ!暖ちゃんとこだよ!とナイフを突き付けたまま向かった。





真海はキッチンでスープを作っていた。


すると後ろから愛梨がやって来た。


幸せを探しに行ったんじゃなかったのか?と真海が聞くと、愛梨は小切手を取り出した。


真海は足りないのか?と聞いた。


すると愛梨は小切手を手で切り刻んで口に入れてかみ砕いた。


真海は
「ずいぶん豪華な朝食だな。食べづらいだろ?スープ飲むか?一緒に。」
と裏切った愛梨を受け入れた。


愛梨は真海の優しさに涙した。


⇒無料で「モンテ・クリスト伯 華麗なる復讐」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



モンテ・クリスト伯 華麗なる復讐 8話の感想


愛梨は真海より人間味があったのですね。

自分の親が殺されるきっかけを作った男を助けるなんて意外でした。


ただ父親が死ぬ辛さを誰よりもわかっているので、もう同じ想いをする人を目の前で見る事は出来なかったのでしょう。


しかし真海からしてみれば裏切られたという想いしかないですよね。


グラスを自らの手を傷付けてまで割ってしまう気持ちもわかります。





幸男のお見舞いへいってすみれだとわかった瞬間、また注射器を出した事に驚きました。


誰にも見られない様に幸男を殺すのかと思ったら、すみれには殺すところを見せたかったのでしょうか。


すみれは暖にやらせたくない!自分でやると言っていたので、幸男へは恨みしかない事がわかりました。





真海は信一郎には幸せになってもらいたいと思っていたのに、なぜ未蘭は倒れてしまったのか?びっくりしました。


しかも公平は自分の家の事件を娘が殺されかけても調べないなんてどうかしています。



信一郎は素直な人だから、公平に自分がやったと言ってしまったけど、本当は瑛理奈なのに!と信一郎が可哀想に思いました。


そしてさすが、真海!その様子を黙って見ていられるなんて、同じ人間と思えませんよね!


信一郎が責められているのに助けないなんてひどいです。


でもそれほど恨みが強いのだと改めて感じました。





西山は清の味方だと思っていたので裏切った瞬間、びっくりでした!


西山も真海が操っているのでしょうか?





幸男が目覚めて、まさかすみれにナイフを突き出すとは思いもしませんでした。


真海の元へ行きましたが次回どうなるのでしょう?


全員真海が暖だと確信したので、最終回は波乱が沢山ありそうです。


真海は果たして幸せになれるのでしょうか?


⇒無料で「モンテ・クリスト伯 華麗なる復讐」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



無料で8話の動画を観る方法

無料で「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―」の動画を観る裏ワザ!


「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はFODなら
無料で「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―」の動画を観ることができます!


FODとはフジテレビの動画配信サービスです。


「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―」はFODプレミアム対象作品なので見放題です!


FODプレミアムなら1カ月で合計1200ポイント貰えて、ポイントが必要な作品も1200ポイント分は実質無料で観ることができます!


初回1カ月無料の期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。


無料お試し期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので、この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!


⇒FODで無料で「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―」の動画を観るならこちら♪