ラブリラン(ドラマ) 最終回について
公式サイトで無料で動画を観る方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!
※記事下に前後の話のリンクあり

⇒無料で「ラブリラン」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

ラブリラン(ドラマ) 最終回のあらすじ

約束の公園で待っている南さやか(中村アン)のもとに、町田翔平(古川雄輝)は、現れなかった。

失意のさやかの前に、鷺沢亮介(大谷亮平)が現れ、「一人で泣くなと言ったろ?」とさやかに寄り添った。

さやかはようやく町田の家を出る決心をし、一方の町田も、会社に退職の意思を伝え、ロンドンに旅立つための荷物整理を始めていた。

町田の家に小笠原杏子(大政絢)が手伝いに来て「飛行機は取れたの?」と町田に尋ねるが、「飛行機のオープンチケットが見当たらなくて……」とチケットを探す町田。

オープンチケットは、以前にもロンドン行きを打診されたときに、いつでも渡航できるようにと与えられたものだったが、「あいつとゴタゴタしているうちになくしてしまって……」と町田。

というのも、さやかが記憶をなくす少し前にも、町田は、ロンドン行きを迷っていたのだが、町田は、さやかにはそれがバレないように、オープンチケットを本の間に隠したりしていたのだった。

その町田に対して「町田君、私に何か隠し事してるよね?」と不安を募らせていたさやか。

町田は密かに杏子にロンドン行きを相談していたのだが、さやかはそれを浮気と疑っていた。

町田の方も、さやかと亮介の関係に嫉妬して「あの人といる方が安心できるなら、あの人のところへ行けばいいじゃないか」と邪険に答えたりしていた。

さやかは、町田がロンドンに行くという話を、会社で聞きつけ、慌てて町田のもとに駆け付ける。

「いつ行くの?ロンドン。なんで急に」と言うさやかに、「前から決まっていたことだ」と町田。

そこに藤崎隼人(市川知宏)が町田の手伝いにやって来る。

町田は、隼人に、「俺の方はいいから、彼女の残りの荷物引き上げるのを手伝ってやって」と言って自分は去っていく。

唖然とするさやかに隼人は、「あいつ、ずっと悩んでたんだよ。行くか、行かないか」と町田のロンドン行きの事情を話す。

町田はさやかの会社に転職する前の会社で、尊敬する先輩ディレクターとチームを組んで仕事をしていたが、そこで大きなミスをし、全責任を負わされて会社を追い出された。

その後、その先輩も会社を辞め、「一緒に海外で仕事をしないか」と町田を誘っていたのだった。

「あいつ、ちゃんと決めてからさやかさんに話そうと思ってたんじゃないかな。

でも悩んでるうちに、二人は別れて、さやかさんは記憶を失って……それで、行くのを諦めたんだと思う」と隼人。

「私、町田君のこと、何も分かってなかった。町田君を困らせて足を引っ張ってばかりで」とさやか。

さやかは、町田の家から引き上げた荷物のうち、洋服を宇野友美(佐津川愛美)に引き取ってもらう。

その中の白いブラウスを見て、さやかにある記憶が蘇る。

それは、そのブラウスを着たさやかが、向かい合って座る誰かに、「町田君のロンドン行きは本当なんですか?」と尋ねている姿だった。

「!? 私、知っていたんだ。町田君がロンドンに行くことを」とさやか。

そして、その“誰か”に「私、町田君と別れます」と自分から宣言したことを思い出す。

だが、誰と話していたかが思い出せない…。

その頃、町田のもとに亮介が現れる。

「君が記憶を失ったさやかの傍にいたのは、やり直すつもりでいたからじゃないのか?」と尋ねる亮介に、町田はそれを否定しなかった。

「彼女が記憶をなくした時、俺たちが失くした気持ちも取り戻せるかもしれないって思いました。でも、分かったんです。あなたと彼女の15年はどうやったって消えないって」と町田。

その町田に「その程度の思いの奴にさやかは渡せない」と亮介は言うのだった。

その頃、さやかは町田のもとから運び出した資料の中に、飛行機のオープンチケットがあるのに気づく。

それを見ているうちに、さやかは町田のロンドン行きのことを話していた相手が杏子だったことを思い出す。

さやかは杏子から「翔平をロンドンに行かせてあげて。あなたがいるから彼は夢を追いかけられないの」と言われて、町田と別れる決意をした。

そして、さやかは町田のために「亮ちゃんのことが忘れられない」と嘘をついて、町田と別れたのだった。

同じ頃、杏子は町田に、さやかが記憶をなくす前に、さやかと会って、町田と別れるようにお願いしたことを打ち明けた。

「ごめん、翔平。私の夢を守ってくれた翔平のために、私も翔平の夢を守りたいと思ったの」と杏子。

そして杏子は「私は二度目も翔平とうまくいかなかったけど、あなたたち二人は終わってない」と町田を後押しするのだった。

さやかは完全に記憶を取り戻した。

さやかは、町田のことが好きなのに別れなければならないという辛さから、全てを忘れたくて記憶を失ったのだった。

さやかは町田の元へ駆けていく。

だがさやかは町田に、オープンチケットを渡し、「私にとって、町田君との恋は辛いものでしかなかった。私は町田君のことを忘れたくて忘れたの。もう思い出したくない」と町田の元を去るのだった。

町田がロンドンに旅立つ日が来る。

その日、さやかは亮介のマンションから出て行こうとしていた。

「町田君のことが好きだから、もう彼の邪魔をしたくない」と言うさやかに、亮介は「それで本当にいいのか?おまえはそんな弱い奴か?彼が変えてくれたんだろ?二度目はうまくやれ。もう逃げるな」と励ます。

さやかは、空港にいる町田のもとへと駆けつけた。

「町田君を好きだというこの気持ち、もう絶対に忘れたくない」と言うさやかに、「俺が忘れさせない。ずっと好きだった」と町田。

二人はようやく思いを素直に打ち明け、ともに未来へと歩みだし……。




⇒無料で「ラブリラン」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



ラブリラン(ドラマ) 最終回のネタバレ


〝0時まで待ってる〟


約束した公園で町田を待つさやか


〝0:17〟結局町田は現れず公園を後にしようと立ち上がったさやか


そこへ亮介がやってきた


「1人で泣くなって言ったろ?」


亮介の言葉を聞き少しホッとした表情を浮かべたさやか





オリビアラボ


社長にロンドンの会社へ行くため辞めさせてほしいことを伝えた町田


残念そうにしながらも応援すると社長は言った


頭を下げお礼を伝える町田


残念そうに落ち込む社員たち





コーヒーを淹れるさやかの元に町田がやってきて挨拶を交わした


「荷物を取りに行かせて」というさやかに「なるべく早く…僕もあそこ出て行くことにしたので」とだけ伝えた町田


少し落ち込んだ表情を浮かべたさやか





大きなスーツケースを持ち亮介の自宅へ向かったさやか


緊張した様子のさやかが亮介にコーヒーを淹れテーブルへ運んだ


亮介は緊張しているさやかに「隣に座れば」と声をかけた


頷き隣へ座るさやか


広島で撮った写真を見ながら微笑み合う2人





町田の自宅で荷造りをする町田と杏子


「飛行機は取れた?」と杏子に聞かれ「これから!前誘われた時にいつでも来られるようにって往復チケット渡されてて…」とそのチケットを探す町田


「無くしちゃったの?」とちゃんとしまって置かなかったことを指摘した杏子に「あいつとゴタゴタしている時だったから…」と答えた町田


それを聞き少し複雑な表情を浮かべた杏子





〝3月31日


ロンドン行きのチケットを眺める町田の元にさやかが帰ってきた


急いで雑誌の間にチケットを挟む町田


「今のなに?」と聞いたさやかに「別に本読んでただけだろ…」と答えた町田


するとさやかは「私に何か隠してるよね…コソコソしないで言いたいことがあるなら言って!」と問いかけた


「別に隠してるわけじゃ…」と答える町田に「じゃああの人は誰?」とさやかが続けた


そして町田が女の人と仲よさそうに歩いていた様子が会社で噂になっていることを伝えた


それを聞き「あんた最近おかしいよ!仕事は上の空でミスばっか!せっかくレジーナ化粧品に食いこめたっていうのに何やってんだよ!今が1番大事な時だって言っただろ!」と町田は怒った


「分かってるよ…自信がないの…私…本当に私でいいのかな?っていつも思ってた…亮ちゃんと居る時はそんな風に思ったこと無かったのに…」と涙ぐむさやか


「俺のせいで仕事に集中できないって事?」という町田に反論したさやかだったが「じゃあ別れますか?早くあの人のとこ行けば?あの人とだったら安心出来るんだろ?」と町田は続けた


涙を流し否定するさやかに「もううんざりなんだよ!」町田はそう叫んだ


涙を浮かべ驚いた表情を浮かべたさやか〟





そのままさやかは亮介のところに行ったと杏子にその時のことを伝えた町田


「弁解しなかったの?元カノに仕事の相談してただけだって!」と杏子は町田に聞いた


町田はなにも答えずまたチケットを探し始めた


ため息をつき町田を見つめた杏子





オリビアラボ


菅野と打ち合わせをするさやかと亮介


そこで町田が辞めることを初めて知りさやかと亮介は驚いた


何も知らなかったさやかはロンドン行きの事を菅野から聞き出した


複雑な表情を浮かべたさやかを心配そうに見つめる亮介





自宅で荷造りをする町田


そこへさやかがやって来た


「いつ行くの?」と聞いたさやかに「準備が出来次第すぐ!」と町田は答えた


「なんで急にそんな…」と聞くさやかに「前から決まってたんだよ!」とさやかと暮らしていた時から決まっていた事だと伝えた


そこへ隼人がやって来た


そして残りの荷物を引き取りに来たさやかを手伝うよう町田は隼人に伝えた


隼人に荷造りを手伝ってもらいながらロンドン行きの事を知っていたのかさやかは問いかけた


前から知っていたが町田が行くかどうか悩んでいたことをさやかに伝えた隼人


そして町田が前に務めていた会社で起こった出来事を話し始めた


〝新人だった町田のことを当時ディレクターだった武田は気にかけていた


よくチームを組み仕事をしていたがある時にそのチームが大きなミスをやらかしてしまったがその全責任を町田が負わされてしまった


町田はそれがキッカケでオリビアラボに転職


その後武田も会社を辞め海外で仕事をすることになり町田をロンドンへ誘ったらしい


ただ町田にはさやかが居たので悩んでいたがそのうちに別れることになりあっという間に記憶を無くしたさやか


そのことでロンドン行きを諦めた


さやかの記憶が戻るまで町田はさやかの側にいることを選んだ〟


そう隼人は教えてくれた


「知らなかった…町田くんのこと何にも…」そう呟きながら泣くさやか





自宅で仕事をする亮介


町田のロンドン行きの話を思い返し考え込んでいた


そこへさやかが荷物を抱え帰ってきた


町田のところに行っていたさやかにロンドン行きの件でなにか言っていたか亮介は確認した


「ずっと前から決めてたんだって!私が居たからずっと迷惑かけて困らせて足引っ張って最低だった!」そう笑顔で答えたさやかに何か思い詰めた表情を浮かべた亮介





町田の自宅


廃棄と書かれた箱の中にさやかとペアだったマグカップを見つけ隼人は町田に話しかけた


「お前が恋人とペアのものを持つなんてらしくないなと思ってたけどそれだけ好きだったんだろ?さやかさんのこと!」そう言ってマグカップを荷造り中の箱に入れたが「いらないから!」と廃棄の箱へ町田は戻した


隼人は声を荒げさやかと付き合って居た頃冷静なはずの町田がよく笑っていたことや今の町田はらしくないことを伝えた


すると町田はさやかが居たおかげで今の会社でやり直す自信がついたことを正直に話した


「なんでも一生懸命なさやかに元気をもらって居た」と続けその後別れた時のことを思い返し「気づけばあいつの笑顔を奪ってた…だからこれでいいんだよ!もう見たくないんだよ…さやかのあんな顔…」そう言って町田は荷造りを再開した





さやかは大きな袋を2つ抱えカフェで友美に手渡した


中にはさやかが着ていたお洒落な服がたくさん入っていた


「本当にいいの?」と聞く友美に「もう着ないから」とさやかが答えるとそれを聞いたのは2度目だと言うことを友美が話し始めた


記憶を無くしていた間の亮介に振られた後も変わりたいからって持ってた服全部今回と同じように友美に渡していたらしい


それを聞きさやかは「根っこの部分は変わらないってことか!」と答えた


「人間全くの別人になれるわけじゃないから」と答えながら友美がある服に出来たシミを見つけた


そして袋をテーブルから下ろそうとした時ジュースを倒して溢してしまった


それを見たさやかは記憶を取り戻した





〝誰かと紅茶を飲みながら話をするさやか


動揺して紅茶を溢してしまった


「本当なんですか?町田くんがロンドンに行くって…」〟





そこまで思い出し「私知ってた!町田くんがロンドンに行くこと!知ってたのに…どうして…まだ思い出してない記憶が…」と同様したさやか





帰り道


ふと立ち止まり町田に言われた言葉を思い返すさやか


〝あなたが今思い出してるのは全部間違いなんだ!〟


〝あんたが思い出してるのは上辺だけの記憶なんだ!〟


その言葉を思い返しさまざまな記憶を複雑に思い出したさやか





〝「町田くんとは別れます!」


誰かと紅茶を飲みながらロンドン行きを告げられたさやかは相手にそう答えた〟





それが誰だかどうしても思い出せないさやかは「誰…!?」と呟いた





ホテルの一室


「正式に採用されたよ!社長もすごく気に入ってたよ!」と町田に電話をする武田


「来週には行けると思うのでまた連絡します!」と答えた町田


後ろで見守っていた杏子は「いよいよだね!寂しくなるなぁ!」と呟いた


「杏子!俺たちのことなんだけど…」と言いかけた町田に「待ってる!2年待ったんだもの…離れてたって平気!離れてたって気持ちは変わらない!」と杏子は答えた


少し寂しそうな表情を浮かべた町田





仕事の話をする亮介と青山


亮介の気まずそうな態度を見て青山は指摘して笑った


そしてさやかとのことを心配して尋ねた


上手くいっているか分からない様子の亮介に「さやかさんの事いつも1番に考えてたの亮介じゃない!亮介の思った通りにすればいいんじゃないかな!」と青山はアドバイスした





それを聞いた亮介は帰り道いろいろと考え込んでいるような複雑な表情を浮かべた





オリビアラボ


町田のもとへ亮介がやってきた


そして亮介は「あいつの中ではまだ終わってないんだよ!2度も傷つけることが分かっていてなぜあいつの側にいた?やり直すつもりだったんじゃないのか?」と問いかけた


「君たちが別れた理由は俺には分からない…でもさやかが記憶を失ってやり直せると思ったんじゃないのか?だったら…」とさらに続けた


「あなたはそうやっていつも彼女のためになりふり構わず行動してどうしてもあなたの影がチラついた!あいつの心からはあなたを消すことが出来なかった!あの時…」町田はそう言って少し前のことを思い返した





〝4月5日


「私無くした3ヶ月間を取り戻したい!」


泣きながらそう訴えたさやか〟





「あの時思ったんです!彼女の記憶と一緒に俺たちが失った気持ちも取り戻せるかもしれないって…でも分かったんです!あなたと彼女の15年はどうやったって消えることはない…」そう続けた町田


「もうちょっと骨のあるやつかと思ってたよ!そんな程度の思いでしかないならやっぱりさやかは渡せない!」と言う亮介に「それでいいんじゃないですか…俺には関係無いですし!」と町田が答えたところで怒った亮介が町田の頬を殴った


「よーく分かったよ!お前にはさやかを幸せには出来ない!」そう言って亮介は帰っていった


寂しそうな表情を浮かべる町田


そこへ2人の会話を外で聞いていた杏子が現れた





亮介の自宅で荷解きをするさやか


ある雑誌をパラパラめくっているとその中にロンドン行きのチケットが挟まれているのを見つけた


「これ町田くんの…?」と呟いた





オリビアラボ


「ねえ翔平…私のこと好き?」杏子が町田に問いかけた


急に聞かれ戸惑いなにも答えない町田


「私は嫌い!こんなの私じゃないから!私にも2度目があると思ったけどやっぱりダメだった…私ねさやかさんが記憶をなくす前会いに行ったの!」と杏子は全てを打ち明けた





さやかは亮介の部屋でチケットを眺めながら町田がロンドンに行くことを告げられた相手が杏子だったことを思い出した





〝4月2日


「本当なんですか?町田くんがロンドンへ行くって…」杏子に尋ねるさやか


「えぇ…翔平をロンドンに行かせてあげて欲しいの!」と杏子


「でも町田くんは私にそんなこと一言も…」と答えたさやかに「あなたの側を離れたくないんだと思う」と伝えた杏子


そして「あなたはそこまで思ってくれる人になにかしてあげたいって思わないの?自分のために夢を諦めさせることになっても平気なの?勝手なこと言ってるのは分かってます!でも彼のことが好きなら出来るんじゃないですか?あなたがいるから彼は決心がつかないの!どうかお願いします!」さやかに頭を下げてお願いする杏子


それを見てさやかは「分かりました…町田くんとは別れます…」と答えた〟





〝私町田くんと別れるために嘘を!?〟全てを思い出したさやか





〝4月2日


「やっぱり私亮ちゃんのことが好きなの!」
そう町田に伝えていた〟





〝私はずっと町田くんを好きだった!好きで好きでそんなにも好きな人を失うのが辛くて…それでも諦めなければいけないから…町田くんと過ごした幸せな記憶を全部忘れようとした!〟





「ごめん翔平…私の夢を守ってくれた翔平のために私も翔平の夢を守りたいって思ったの!さやかさんが居なくなれば翔平の迷いもなくなると思った!なのにロンドン行きを断ったって聞いて私ビックリして…翔平に会いに行ったあの日さやかさんを…!」


〝さやかをビンタする杏子〟


「騙されたんだと思ったの!記憶をなくしてるなんて思わなかったから!だから…」必死でそう訴えた杏子


「いいよ…もう…」と町田は答えた


しかし「あなたたちはまだ終わってない!まだ間に合う!」と涙を流し杏子は伝えた


町田はその言葉を聞いて会社を出た





自宅に帰った亮介は泣いているさやかを心配した


「私ここ出てく!」そう告げるさやかの手を取り抱き寄せ引き止める亮介


「行くな!俺がいる!俺がずっとお前の側にいるから!」と伝えたがさやかは亮介にお詫びし家を出た





外へ出たさやかのもとへやって来た町田


「さやか…俺…」話し始めた町田にさやかが「町田くん…これ!」とロンドン行きのチケットを手渡し「私全部思い出したの!町田くんと別れた理由も全部!」と続けた


「杏子から聞いた!嘘だったんだな…あの人の事が好きだって…俺さ…」と町田が言いかけたがさやかはそれを遮った


「辛かった…私にとって町田くんとの恋は辛いものでしかなかった…やっと分かったんだ!町田くんのこと忘れたくて忘れた!だから…もうあなたの事は思い出したくない!」そう告げて町田の前から歩き出したさやか


寂しそうに少し涙を浮かべた町田





オリビアラボ


社員たちの前で別れの挨拶をする町田


「いつでも戻ってこいよ」と町田を引き止め泣き崩れる菅野を止め「頑張ってね!」と町田を応援した社長


笑顔でお礼を伝える町田に涙を堪え切れない社員たちと少し暗い表情を見せたさやか





誰も居なくなったオリビアラボ


自分の名札を外し寂しそうな表情で会社を後にしようとした町田


そこへさやかがやってきた


みんなはと聞いたさやかに「いつもの店に…送別会だそうです!」と答えた町田


それを聞いてさやかは笑い「他人事みたいに!町田くんの送別会でしょ!」と指摘した


「ですね!」と町田も微笑んだ


そして挨拶を交わしお互い寂しそうな表情を浮かべた


「やる事あって送別会には出られないけど頑張ってね!」とさやかは町田に伝えた


「南さんも!」と町田が答え会社を後にした


町田が出て行ったドアを寂しそうに眺めたさやか


町田も同じようにさやかがいる場所を外から眺め歩き出した





亮介の部屋から引越しをするさやか


「1人で大丈夫か?」とさやかを心配する亮介に「自分で運べる!」とさやかは答えた


良い天気と喜ぶさやかに「お天道様連れて見送りに行ってこいよ!」と亮介はロンドンへ発つ前に町田に気持ちを伝えてくるようアドバイスした


「気持ちならもう伝えた!忘れるって決めたから!」と答えたさやか


「でも思い出しただろ?あいつのこと忘れたくて忘れてそれでも思い出した!なのにまた手放すのか?忘れたいって思いよりあいつを好きだって気持ちの方が勝ったんだろ?だったら…」と必死で伝えた亮介


「だからだよ!だから邪魔したくないの!町田くん私のせいで1度あきらめたのに…でもまた前へ進もうとしてる!もう彼の足を引っ張るようなことは…」とさやかが言いかけたが「2度も同じことしてんなよ!そんなに弱いやつだったかお前!記憶をなくす前はそうだったのかもしれない!でも今は…同じままでいいのか?あいつが変えてくれたんだろ!お前を!2度目はもっとうまくやれよ!もう逃げんな!」と亮介がさらに必死で伝えた


それを聞いたさやかは亮介にお礼を伝え駆け出した


笑顔で後ろ姿を見つめる亮介





空港へ到着した町田





今までのことを思い出しながら急いで町田のもとへ向かうさやか





出発ロビーへ向かう町田のもとへさやかが駆けつけ「町田くん!」と呼びかけた


振り返った町田に「ごめん町田くん…私逃げてた!私が居ても町田くんの邪魔になるんじゃないかって初めから諦めてた!最初ロンドン行きを聞いた時思ったの!距離が離れてしまったら気持ちも離れちゃうんじゃないかって!だったら傷つかないうちにサヨナラしようって!忘れたくてあなたの事忘れた…でも同じこと繰り返したら2度目の意味がない!1度目に乗り越えなかった壁を乗り超えなきゃあなたを2度好きになった意味がない!今のこの気持ち絶対に忘れたくない!今度は絶対に忘れないから!だから…」必死にそう伝えたさやかを町田は優しく抱きしめた


「俺が忘れさせない!ずっと好きだったよ!」町田はそう伝え2人はキスをした





1年後





気まずい空気も打ち解けいつものように明るく仕事をする青山と亮介





BARでマスターに嬉しそうに副店長になったことを伝える隼人





変わらず人気モデルの杏子





お洒落をして空港で待つさやかのもとへ町田が帰ってきた


笑顔で「ただいま」と伝えた町田に「おかえり」とさやかは笑顔で飛びついた


⇒無料で「ラブリラン」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



ラブリラン(ドラマ) 最終回の感想


いよいよ最終回を迎えたラブリラン


やっと全ての記憶を思い出しスッキリしましたね


最後に一波乱ありましたが全てが良い方向に収まったように感じます


さやかの記憶喪失の原因がまさか杏子だったのは意外でした


それで最初にビンタをされたことにやっと納得がいきました


亮介のことを好きになったというのは町田と別れるために考えたさやかの精一杯の言葉だったんですね


最終回を見るまでは少し優柔不断なさやかにもどかしい気持ちにもなりましたがそれでスッキリしました


そして最後まで大人だった亮介と本当はとっても優しく恋人想いな町田にも最後までキュンキュンさせられました


結局町田のことを大好きなはずの杏子とさやかのことを大好きなはずの亮介が最後には自分の気持ちを押し殺してまで2人が結ばれるよう後押ししていましたね


町田を手に入れるために手段を選ばない杏子ですが素直でストレートな部分は最後まで憎めずとても魅力的な女性だと思いました


さやかの気持ちに気付いてからの亮介は男らしいだけでなく弱い部分も出てきましたがさやかを傷つけることを許さないと自ら恋敵の町田に会いに行くあたりやっぱりとても男らしくカッコいいですよね


そんな2人にも幸せになってほしいと願ってしまいました


これで終わってしまうのは少し寂しいですが登場人物全てに思い入れをもってしまうほど感情移入しやすいとても見応えのあるドラマでした。


⇒無料で「ラブリラン」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



無料で最終回の動画を観る方法

無料で「ラブリラン」の動画を観る裏ワザ!


「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はHuluなら
無料で「ラブリラン」の動画を観ることができます!


「ラブリラン」だけでなく、扱っているすべての作品が見放題です!


2週間無料トライアル実施中で、無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。


無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので、この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!


⇒Huluで無料で「ラブリラン」の動画を観るならこちら♪