コンフィデンスマンJP 9話について
公式サイトで無料で動画を観る方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!
※記事下に前後の話のリンクあり

⇒無料で「コンフィデンスマンJP」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

コンフィデンスマンJP 9話のあらすじ

ダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)は、新たな詐欺のターゲットとして、若くして億万長者となったIT企業の社長・桂公彦(小池徹平)に狙いを定める。

桂は、人気アプリ『モスモス』を開発した株式会社モスモスの代表。

大のスポーツ好きでもある桂は、さまざまなプロスポーツクラブを買収してきたが、クラブを私物化し、横暴ともいえる現場介入を繰り返してチームを崩壊させては放り出していた。

ダー子たちが桂をターゲットにしたのも、応援していた独立リーグの野球チームと、下部リーグに属する地元のサッカーチームを桂によって潰されたちょび髭(瀧川英次)からの要請だった。

ダー子たちは、野球界やサッカー界から締め出されている桂が次に目を付けるのはプロ化目前の卓球だと推測。

鴨井ミワ(平野美宇)が所属する東京ジェッツに、ダー子とボクちゃんが扮する元中国ナショナルチームの選手が加入したという設定で、桂に買収話を売り込む。

しかし桂は、その話には乗ってこなかった。

情報収集を続けていた五十嵐(小手伸也)によれば、どうやら桂はプロバスケットボールチームを狙っているらしい。

そこでダー子は、ホームレス同様の生活を送っていた元日本代表候補の半原敦(和田聰宏)や、街中で見つけた外国人らを巻き込み、架空のバスケチーム『熱海チーターズ』を結成するが……。



⇒無料で「コンフィデンスマンJP」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



コンフィデンスマンJP 9話のネタバレ


ダー子は、白い部屋で1人で本を読み
「スポーツは人格をさらけ出すのだ。ヘイウッド・ヘイル・ブルーン」
という。





ボクちゃんとリチャードは、ダー子のホテルの部屋でサッカー観戦に夢中になっている。


寝ていたダー子が
「うっさいな~…。なんで、家で見るかな」
というとボクちゃんは
「お前こそ何で見ないんだよ。全国民が注目している試合だぞ」
という。


ダー子は、スポーツには興味がない。


突然五十嵐ではなく、ちょび髭が現れて
「ハァ…許せねえ!」
というとダー子は
「あら、ちょび髭さん。久しぶり」
という。





ちょび髭は、愛すべき野球とサッカーの地元リーグを応援していたという。


しかしオーナーが変わってから、全てが変わってしまったという。


新しいオーナーは、有望な選手を首にして…チームを崩壊させて去ってしまったという。


ちょび髭は、ダー子たちにその新オーナーを釣り上げたいと願い出る。


ダー子は
「はーい。情報収集。スポーツより楽しいことしましょう!」
という。





新オーナーとは、人気アプリ「モスモス」を開発した株式会社モスモスの社長・桂公彦だった。


桂は、学生時代に結婚したが暴力を振るって離婚したという。


大のスポーツ好きで様々なプロスポーツクラブを買収して、独断で選手やコーチを首切りなど…チームを私物化するという。


その為に、チームやファンとの衝突も絶えないという。


桂は、選手への暴言も有名だという。


チームが崩壊して立て直しが出来ないと、チームを放り出す…これを繰り返しているという。


桂は、各クラブチームから総スカンを食らっているという。


リチャードが
「実際、金持ちにとっては玩具だよ」
というとボクちゃんは
「スポーツの本質は金儲けじゃない。心を熱くするもの!夢と情熱だ!」
というとダー子が
「プロスポーツは、金儲け以外の何ものでもないわ」
という。





ダー子は卓球台を出してきて、桂の最近の行きつけの店は卓球バーだという。


ダー子は、野球やサッカー界から閉め出されている桂の次のターゲットは卓球だという。


ダー子は、鴨井と鹿田が所属する「東京ジェッツ」を売りつけようという。


ダー子は
「ちょび髭さん、大役をやって貰うわよ」
というとボクちゃんは
「僕は何を?」
というとダー子は
「勿論、練習よ」
という。


早速ダー子とボクちゃんは、卓球の練習を始めている。


リチャードは
「真実はボールの行方が知っている。コンフィデンスマンの世界へようこそ」
という。





ダー子とボクちゃんは、元中国ナショナルチームの卓球選手になりすまし東京ジェッツに加入して売りつけようとしている。


ちょび髭は桂に会い、東京ジェッツに中国人選手シャンシャンとビンビンが加入することを話す。


ちょび髭は、桂に東京ジェッツを一度見に来るように誘う。


ちょび髭は東京ジェッツの社員になりすまし、桂に東京ジェッツを案内する。


社長室ではリチャードが本物の社長を取材と見せかけて写真を撮り、お昼に鰻をご馳走するといって社長を連れ出す。


社長室に中国人選手の格好したダー子とボクちゃんが入り、部屋に入り写真を次々と偽物に替えていく。


ちょび髭が桂に
「うちは必ず人気チームになります。絶対に損はさせません」
というが桂は足を止めてしまう。





ホテルの部屋では、ダー子とボクちゃんがリチャードや執事にマッサージを受けている。


ダー子たちは鴨井と鹿田に練習に引っ張られて15試合やらされて、1点も取れなかったという。


リチャードが
「バレなかったの?」
と聞くとダー子が
「バレたわよ。16試合目に」
という。


ダー子たちは、バレて走って逃げたという。


ちょび髭によると、桂は急にこの話はなかったことにと言って帰ったという。


ちょび髭が
「俺が見抜かれたんです。すみません!」
五十嵐が現れて
「気にすることはねえさ」
という。


五十嵐はダー子に頼まれて桂の情報収集を続けていて、卓球バーに通っていたのはバーテンダーの女の子に目を付けていただけだという。


五十嵐は
「やつの本命はこれさ。これだよ!」
といってダンスを始めるとダー子は
「髭ダンス?」
という。


桂はプロ・バスケットクラブを欲しがっていて、何らかの接触を図っているが全て拒否されているという。


皆でバスケットボール関連の本や漫画を読みながらダー子は
「バスケは返って好都合。なんてったって、こっちにはボクちゃんがいるもんね!」
というとボクちゃんは
「やったことないよ」
というとダー子は
「ズコー!」
という。


リチャードがプロのバスケットクラブの経営者になりすますのは難しそうだというと、ダー子は
「架空のチームを作って売りつけて、霧のごとく消えてなくなる。ワオ!クール!」
というとちょび髭が
「俺、頑張ります!」
というと五十嵐が
「あんたはもう顔バレしてるから参加出来ない」
というと皆がちょび髭にバイバイをする。





ダー子が
「ホームタウンは、ここでい!」
とダーツを投げると熱海に当たった。


3人は、熱海に行く。


ダー子は、まともじゃないのをチームにスカウトするという。


ダー子が最初に目をつけたのは、中学までは選手として有名だったが少年院に入って反社会的勢力まっしぐらの3兄弟だった。


ダー子は、ラップで3人を煽りバスケしようと誘う。


バスケを始めると、3人はボクちゃんを倒して蹴り始める。


リチャードがその様子を見て
「まともじゃなさ過ぎたようだよ」
というとダー子は
「逃げちゃお。逃げちゃお」
という。


リチャードが目を付けたのは、ホームレスをしていたバスケ元日本代表候補の半原敦だった。


五十嵐は、ケバブを売っていた店員に
「何センチだ?ケバブじゃない。ユー」
という。


ダー子は、ダンスが得意なアフリカ人に目を付けた。





体育館でダー子たちはユニフォームを着て、新しく作るチーム「熱海チーターズ」のメンバーにユニフォームを渡す。


ボクちゃんはメンバーを
「15年運動してない元代表候補。只のデカいケバブ屋。バスケ自体知らないアフリカンダンサー。反社会的勢力予備軍。
こんなチーム、誰が買うんだ」
というとダー子は
「桂さんは買うわ。全員、今日から特訓じゃー!」
という。





街中で桂が部下たちに食事をねだられていると、ダー子がぶつかって持っていたチラシをばらまいてしまう。


桂はチラシを拾って「熱海チーターズ クラウドファンディング募集」と書いてあるのを読む。


ダー子が桂に
「ありがとうございました」
といってチラシを取って去って行く。


桂は、早速スマホで「熱海チーターズ クラウドファンディング」と検索する。





ダー子は、桂に「熱海チーターズ」のチームのメンバーの華麗なプロフィールとプレーの動画を見せる。


ダー子は、球団社長は自分で武藤愛だという。


ダー子はプロリーグ参戦に乗り出した矢先にオーナーが急死して、出資が宙に浮いてしまったと説明する。


監督扮するリチャードは、至急出資を得ないとチームが存続出来なくなるという。


桂はダー子たちに
「良いチームじゃん。強豪相手にたいしたもんだ」
という。





桂に紹介した動画は八百長試合で、ダー子は強豪チームの相手選手に札束の入った封筒を渡しながら
「この度はありがとうございました。本当に無理をいって…お陰でチームの創設者に勝つ姿を見せてあげられました」
という。


酷いプレーのシーンは、五十嵐が編集とCGで加工している。





桂はダー子たちに
「俺は現場介入するし、選手起用にも口を出すよ。いくら?」
というとダー子は
「今なら年間運営費、2・5億」
という。





ホテルの部屋では、ダー子が札束にはしゃいでいてボクちゃんが
「まさかこんなに簡単に釣れるとは…」
というとリチャードが
「私も驚いたよ。中古車買うみたいな感じだった」
というとボクちゃんが
「すぐにチームの皆と山分けして撤収しよう」
というとダー子は
「予定変更!まだ撤収しない!」
というとリチャードが
「桂が試合を実際に見たいと言い出した。それ次第では3年契約も考えてもいいと」
というとダー子が
「だから大会にエントリーしてきたの」
という。


ボクちゃんは、桂の目の前で試合をすれば素人集団だとバレるという。





試合会場に桂が見に来ていて、ダー子がチームと円陣になって
「自信持っていこう!監督から一言」
というとリチャードは
「ガッツだ」
というとダー子は
「チーターズ!」
という。


試合は無残な結果に終わり、試合終了のブザービートが鳴る。


桂がやってきて、ダー子とリチャードが寄っていくと桂は
「全員、付き合え」
という。





桂はチーム全員を焼き肉屋に連れて行き
「遠慮しないで食え。今後の試合はネットで全部見るからな。お前らみたいな骨のあるチームをやりたかったんだよ。
スポーツ選手はこうでなきゃ!」
といって笑う。





熱海チーターズは、いくつも試合をしていてネット配信をしている。


プレーは相変わらず下手で、全然勝てない。


五十嵐がリチャードに
「俺、出ようか」
というとリチャードは
「君は秘密兵器だから」
という。


桂は食事をしながら、チームの皆に
「ベストを尽くせば、それでいいんだよ」
というとダー子は
「愛情のあるオーナーで私たち幸せです」
というとリチャードが
「オーナーの鑑ですな」
というがチームのメンバーの顔は浮かない。





ダー子は控え室に入ってチームの皆に
「おはよう!今日も練習、頑張ろう!このままいけば…7・5億よ」
というとボクちゃんが
「おかしい。僕らは無様に負け続けているのに、桂はずっと上機嫌。あいつは何を考えているんだ?」
というとリチャードは
「ダー子さん、気付いているんだろ。桂の真意に」
というとダー子は
「真意?何のこと?別に大したことじゃないよ…。桂さんは弱っちいチーム、駄目チームが欲しいってだけよ。
お金持ちがプロスポーツクラブに手を出す理由は2つ。1番、とにかくスポーツが大好き。2番、只の節税対策。桂さんは2番」
というとチームのメンバーはため息をつく。


今までも人気選手や有能なコーチを首にしたのも、弱いチームが強くなるのを防ぐためだという。


チームを赤字事業にするためだという。


ダー子は、卓球の時からわかっていたといって
「いいじゃん。いいじゃん。このまま負け続けてれば、7・5億入るんだから。それまで良い感じに負け続けてね」
という。


チームのメンバーたちは、モチベーションが上がらない様子だった。





3週間後、リチャードがホテルの部屋に行ってダー子を起こして
「ダー子さん。最近、試合を見に来ないね」
というとダー子は
「負けてるでしょ?」
というとリチャードは
「ああ。だが少し様子が変わってきてる」
という。


ダー子は、熱海チーターズの試合会場に行く。


熱海チーターズはバスケットを懸命にしていて、チームを応援している人も増えている。


ダー子は、人気チームになってしまうことを恐れている。


控え室に桂がやってきて、選手を交代させるように命令する。


ダー子は
「半原さんに代わって、五十嵐!」
というと五十嵐は
「見てくれでバスケが出来ないと思い込む。そういうのをな。先入観っていうんだぜ」
という。


五十嵐は試合に出るが、プレー時間はわずか16秒でベンチに横たわっている。





ある日、熱海チーターズが会場に入ってくると応援している人たちが
「五十嵐さーん!キャー!大好きー!」
と声援を送る。


地元新聞では「熱海チーターズ」の特集をしている。


チームのグッズもバカ売れしていて、マスコミからの取材依頼も殺到しているという。





ボクちゃんたちは、朝6時から練習している。


ダー子はチームに
「チーターズこのままだと大幅に黒字。3年契約、パー。どうすんだ?!これ」
というとボクちゃんは
「僕たちは、ただ…勝ちたいだけだ!」
というとリチャードは
「こいつらを勝たせてやりたい!」
というとチームメンバーは
「監督!」
といってリチャードに寄っていく。


ダー子は
「ダメだ、こりゃ…」
というと電話が桂からかかってくる。





桂が大幅な選手の入れ替えを要請すると、ダー子は桂の指示に従うという。





控え室ではダー子がチームメンバーに
「はい!終了!ほとんどの選手が首になりました。あんたらのせいで3年契約、パー。でも今のうちなら2・5億は残る。
さあ、撤収。撤収!」
というとボクちゃんは
「まだ試合が残ってる」
というとダー子は
「話聞いてなかった?もう続けなくていいし、続けられないの」
というと半原は
「ダー子さん。金…俺いらねえんだわ」
というと3兄弟は
「ダー子さん。俺らとんずらしたところで、他にやることねえんだよ」
というとイスマイルは
「ダー子さん。シュート入るようになりました」
というとジェームズは
「タコさん」
というとダー子は
「タコじゃない。ダー子」
というとジェームズは
「ダー子さん。バスケがしたいです」
というとリチャードは
「ダー子さん。せめて1勝だけでもさせてやりたい」
というボクちゃんは
「ダー子。あと1試合。1試合でいい」
というと皆が
「やらせてください。お願いします!お願いします!」
という。





ダー子は、ホテルの部屋の桂の情報の紙を見ている。


ダー子はあそこまで自分のチームが強くなるのを阻止するのは異常だといい、ちょび髭に桂の過去を遡って調べて欲しいという。





熱海チーターズは桂の命令に背いて初期のメンバーで試合をしていて、桂がその様子を見ている。


桂が控え室にやってきて、ダー子たちに3年契約もなしで契約違反で1年契約金を返して貰うという。


ちょび髭が2・5億を持ってきて、ダー子は桂に
「言われるまでもなく、お返しします。子供の頃から極度の運動音痴だったあなたは、スポーツにコンプレックスがあった」
というとボクちゃんは
「いじめや体罰も受けた。体育が嫌で登校拒否にまでなった。中学や高校でも好きな女の子は必ず運動部のキャプテンに取られた」
というとリチャードは
「妻の不倫が判明。しかも相手はサッカー選手」
というとダー子は
「離婚後、しばらく人に会えず家に引きこもった。その後、プロスポーツクラブの経営に乗り出す。
彼らを自分の奴隷のように扱うことで、あなたは復讐している。自分の人生をいつも邪魔してきたスポーツに」
というとボクちゃんは
「桂さん、それは間違っている」
というと桂は
「うるせえな…。お前らに何がわかんだよ!俺はここで(頭で)のし上がったんだよ!」
という。


五十嵐が呼びに来て、ボクちゃんは試合に戻ることにする。





ダー子は試合を見ながら桂に
「単細胞の動物も人間に成長する。それがスポーツ。自分の能力に気付いて居場所を見つける。それもスポーツ。
ううん。運動が得意な人だけのものでもない。半原さんは色んな人の希望になってる。
それに本当にスポーツが嫌いな人は、スポーツに関わろうとも思わないわ。あなた、ホントは大好きなのよ。スポーツが。
桂さん。この素晴らしいチームのオーナーになるチャンスをあなたにあげる。
3年契約をするか、この2・5億を持ち帰って恨み続けるか…お好きにどうぞ」
という。


応援団は、一生懸命にチームに声援を送っている。


チーターズは少しずつ追い上げて、終了のブザーが鳴り始め…ボクちゃんが最後に
「左手はそえるだけ…」
といってシュートした。


ボールは、ゴールに入ってダー子は
「勝ったー!!」
という。


審判は、ホイッスルを鳴らして
「ノーカウント!」
という。


チームは、ダー子を胴上げして皆が
「チーターズ!チーターズ!チーターズ!チーターズ!」
と歓声を上げる。


その様子を桂は見守っている。





2年後、ホテルの部屋ではボクちゃんとリチャードがTVでチーターズの応援をしている。


ジェームズはダンクを決めて、イスマイルは観客席でケバブを売っている。


ファンの3人娘は、あの3兄弟と結婚してお腹が大きい。


監督兼選手の半原が途中から試合に入った。


熱海チーターズは、プロリーグに入って初勝利をつかんんだ。


半原はインタビューを受けて
「やっと勝利をつかむことが出来ました」
という。


コーチの志村が
「応援してくれた皆様のお陰です。ありがとうございました」
という。


オーナーである桂は
「このチームの初期メンバーに感謝したい。連絡の取れなくなってしまった選手・監督・前社長。
スポーツの素晴らしさを教えてくれたのは、あなたたちだ。ありがとう」
という。


ボクちゃんは
「立派になった…」
と涙を流し、リチャードも感動して涙を流す。


寝ていたダー子が起きてきて
「うるさいなあ。なんで、ここで見るかな。チーターズ?何だっけ?」
というとボクちゃんが
「本気か?お前が作ったチームだぞ」
というとダー子は
「スポーツ興味ないわ。くたびれるだけじゃん」
というとリチャードが
「やってみたいスポーツも1つくらいないのかい?」
というとボクちゃんが
「テニスでも何でも相手してやるよ。汗と一緒にその汚れた心を洗い流せ」
というとダー子はボクちゃんをにらむ。





ダー子は、ボクシングでボクちゃんをノックアウトした。


ダー子は踊りながら
「う~ん!」
という。


⇒無料で「コンフィデンスマンJP」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



コンフィデンスマンJP 9話の感想


今週もあっという間の1時間でした。


あっという間というのは、ドラマがそれだけ面白いということですね。


少し元気のなかった月9ですが、最近は元気を吹き返していると感じます。


このドラマは展開が早いし台詞が多いので、少し目を離してしまうとストーリーがわからなくなってしまうので油断出来ません。


毎回色々なジャンルの話になりますが、ストーリーに社会風刺も差し込んでいてお見事と言いたくなります。


このドラマの脚本家の古沢さんは、天才ではないかと思います。


ストーリーも素晴らしいけど、コメディ的な要素とファッションも楽しめるドラマですね。





ダー子さんは「お金が大事」な人ですが、情もありますよね。


それをあまり表に出さないダー子さんが好きです。


ダー子さんが語ったスポーツの素晴らしさの話にホロリとしました。


そして、「チーターズって何だっけ?」と言ってのけるあっけらかんとしたダー子さんも好きです。


今回の話はスポーツ編でしたが、ニュースで「アメフト問題」が取り沙汰されている中なのでホットなトピックでした。


あえてスポーツって素晴らしいと前面に出していくというのは、皮肉も入っていて上手いなと思いました。





ダー子さんたちは、人を騙してますが色々な人を救っていますね。


今回はオーナーの桂さんだけでなく、「熱海チーターズ」のメンバーや応援する人たちの人生も素敵なものにしました。


誰かが大儲けするだけのドラマではなく、最後は皆がハッピーになるドラマなので後味が良いです。





今週のコスプレは、中国人卓球選手からパンツスーツまで幅が広かったですね。


ダー子さんはスタイルがいいので何でも着こなせていて、毎回の楽しみになってます。


ボクちゃんも背が高いので、どんな格好でもかっこいいです!


リチャードは、何をやっていてもその役にはまっていますね!


そして…最近は五十嵐さんが、ドラマに欠かせない存在になっていますね。


五十嵐さんは、役だけでなく声も素敵ですね!





今回の五十嵐さんが思わせぶりに出場した試合…プレー時間がわずか16秒なのには笑ってしまいました。


漫画「スラムダンク」の要素が沢山入っていたので、ファンは大喜びしたのではないかと思います。


ボクちゃんの「スラムダンク」のセリフ「左手はそえるだけ…」で決めたシュートは、実際はノーカウントでしたね。


そんなのお構いなしでチームは大喜びで胴上げ…笑いのツボが随所に散りばめられてます!





「コンフィデンスマンJP」の映画化が決定したようですね!


来週は最終回で寂しくなってしまいますが、映画があると思えば張りが出ます!


でも来週で本当に最後なんですね…見逃さないようにしましょうね!


⇒無料で「コンフィデンスマンJP」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



無料で9話の動画を観る方法

無料で「コンフィデンスマンJP」の動画を観る裏ワザ!


「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はFODなら
無料で「コンフィデンスマンJP」の動画を観ることができます!


FODとはフジテレビの動画配信サービスです。


「コンフィデンスマンJP」はFODプレミアム対象作品なので見放題です!


FODプレミアムなら1カ月で合計1200ポイント貰えて、ポイントが必要な作品も1200ポイント分は実質無料で観ることができます!


初回1カ月無料の期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。


無料お試し期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので、この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!


⇒FODで無料で「コンフィデンスマンJP」の動画を観るならこちら♪