ミス・シャーロック 6話について
公式サイトで無料で動画を観る方法、ネタバレと感想を紹介します!
※記事下に前後の話のリンクあり

⇒無料で「ミス・シャーロック」の動画を観るならコチラ♪
※公式サイトなので安心です

ミス・シャーロック 6話のあらすじ

~マリス・ステラ~

ある日、元警察庁長官で国会議員の鷹山幸一(小木茂光)の息子、優一(山田裕貴)宛に小包が届く。

そこには、冷凍保存された人間の右耳が入っていた。

事件の捜査を依頼されたシャーロックは、切り取られた右耳にサイズの合わない補聴器が埋め込まれていることに気づき、片耳を失った人を探すことに。

だが、辿り着いた男は既に死んでいて、その人物は柴田巡査部長(中村倫也)の元上司で恩師である捜査一課の刑事・川崎雄三であった…。



⇒無料で「ミス・シャーロック」の動画を観るならコチラ♪
※公式サイトなので安心です

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



ミス・シャーロック 6話のネタバレ


とある豪邸の玄関に小さな荷物が届いていた。


”奥様、お荷物です”
使用人が鷹山夫人を呼び、手渡した。


荷物は、夫婦の息子の優一宛だ。


”優一さん、宅配便よ”
2階にいる優一に声をかける鷹山夫人。


差出人の記載がない荷物を高山夫人が開封する。


冷凍用の箱を開けるとそこには切り取られた人の左耳が入っていた。


鷹山夫人思わず悲鳴をあげる。





シャーロックは自分の部屋でナイフを眺めていた。

面白いナイフを手に入れたと嬉しそうにしていたが、何をするかわからないシャーロックを心配し和都が無理やり没収する。


その時、シャーロックの携帯がなる。


”奇怪な事件?”
シャーロックはニヤリと笑い電話を切った。





和都とシャーロックは科捜研に到着した。


鷹山優一に送られた先ほどの箱が置いてある。


”差出人は不明。ご子息にも身に覚えがないと言っている。
柴田が説明した。


なぜ真空パックになっているのかと和都が疑問を持った。


腐敗の進行を止め郵送も可能にするためではないか、と科捜研の向山主任が補足した。


切り取られた耳の中に何か入っているのに気が付いたシャーロックは向山に取り出すよう指示する。


手早く開封し、耳の中のものを取り出す。


”補聴器”
その場から離れていたシャーロックが言った。


耳穴型の補聴器で大きさから女性用。


しかし、切り取られた耳は大きさから明らかに男性だ。


科捜研のメンバーを招集し、向山がそれぞれに指示を出し作業に入った。





鷹山邸に到着した和都とシャーロック。


”鷹山幸一ってどうゆう政治家?”
シャーロックは和都に聞いた。


”元警察庁長官でその後政界に進出、将来は総理大臣になるんじゃないかって”
和都は説明した。


シャーロックは常識外れの知識は多く持ち合わせているが、常識的な事特に政治のことは全くの無知だった。


シャーロックは人間の頭脳はクローゼットだと例えた。


入るスペースに限りがある。


シャーロックの頭脳に政治家の名前などいれるに値しないというのだ。


失礼な態度は取らないでねとわとはシャーロックに釘を刺した。





鷹山夫人と優一そして双葉健斗も招かれていた。


優一はスマホをいじり目も合わせない。


”優一さんご挨拶なさって”
高山夫人が促す。


”いらっしゃい”
一瞬シャーロックたちの方を見てまたスマホに視線を戻す。


”勉強するよりポルシェでドライブする方が忙しそう”
シャーロックが言い放つ。


サングラス、財布、スマホケース全てポルシェモデルで揃えているただのポルシェマニア。


シャーロックの言葉に苛立つ優一を夫人が慰める。


健斗と和都が立ち上がりシャーロックの前に立つ。


”事件を解決しに来たんだろ”
健斗がシャーロックを諭す。


和都も健斗に同感だと言わんばかりに頷く。


”で、耳送りつけて来たの誰だかわかったの”
優一がふてぶてしい態度で聞いて来た。


事件が進展していない様子に笑いながら優一が言った。
”早く捕まえてくださいよ”


そのまま席を立ちスマホを手に去って行く。





玄関を出た和都は絵に描いたようなダメ息子だったと口にした。


優一は過去にいくつかの事件を起こしていたが父親が全てもみ消していた。


元警察庁長官は今でも警察庁に大きな力だあるのだ。


当時、被害者は泣き寝入りするしかなかったと言う。


”ところで椎名亜里沙は今どいうしてる”
シャーロックが健斗に尋ねた。


亜里沙は妹の死を知り憔悴しきっているという。


由麻が死んだ今、事件の全容を知るには亜里沙の証言が必要だった。


しかし、亜里沙は由麻に感化され言う事に従っていたに過ぎない。


マリスステラに関連する組織もまだ掴めていないようだ。


鷹山の事件は2人に任せたよと言い残し健斗は去って行く。






クリーンなイメージで活動している鷹山だが、裏の顔は悪の温床のような存在だ。


こんな人が総理大臣になったら日本はどうなっちゃうのと和都が不安そうに言った。


”何も変わらない”
万人のための正義も悪も存在しないとし、誰が総理大臣になっても何も変わらないとシャーロックはいった。



和都は何かを言いかけ口を閉ざし部屋の片付けを始めた。


すると、扉をノックする音がした。


波多野が扉をあけて欲しいと向こうから言っている。


波多野が友人にもらった大量のサツマイモを使い、サツマイモパーティーを開催することになった。


話の流れで守谷透も呼ぶことに。


シャーロックの電話がなる。


シャーロックはわかったとだけ言い、電話を切った。


耳が片方ない遺体が出たとシャーロックは微笑み支度を始める。


和都も慌てて部屋を出る。





マンションの一室でその遺体は見つかった。


被害者は川崎雄三総裁一課の刑事だ。


仕事熱心だった川崎がなぜ。


新人の頃の柴田に捜査のいろはを教え込んだのは川崎だった。


柴田は悔しさが溢れ出ている。


柴田はついシャーロックに感情的に当たってしまう。


川崎は被害者の事を一番に考え、被害者遺族にも寄り添ううような人間だった。


死亡推定時刻は一昨日の夜10時から11時の間。


死因は鋭利な刃物で胸部を刺されたことによる失血性ショック死。


凶器はまだ見つかっていない。


ここまでの説明を聞いてシャーロックは言う。
”かなり切り慣れている印象。切り口が鮮やかで迷いがない”




科捜研主任向山が言う。
”耳から採取したDNAが川崎警部と一致しました。


補聴器は5年前に製造されたモデルで川崎警部のものではなかった。


鷹山優一と川崎警部の接点は今の所ない。


心なしか向山は表情が暗い。


シャーロック達はありがとうございましたと言い科捜研を後にした。





今日の業務が終わり、退社し自宅に帰る向山。


マンションのエレベーターに乗り込む。


部屋のある6階に到着し、エレベーターを降りようとした。


フルフェイスのヘルメットを被った何者かが向山に襲いかかる。





221Bにカウンセラーの入川真理子と守谷透が到着した。


玄関で出迎えた和都と波多野。


和都は入川がカウンセラーだと言うことは秘密見して欲しいと波多野に持ちかけた。


職業を見抜いてしまうシャーロックを騙そうと言う魂胆だ。





”カウンセリングの先生でしょ”
和都達が部屋に入った途端シャーロックは言う。


身なりや装飾品から一瞬で言い当てた。


期待を裏切られつまらなそうな和都。


心理学の先生を前に波多野は興味深そうに質問した。


生活の中でも活用されている心理学として希少性の原理の話を出し盛り上がっていた。


しかし、シャーロックだけはどんな話にも賛同しなかった。


和都は心理テストで話題を変える。


りんごの木のしたに落ちているりんごの数を考える心理テストだ。


波多野は30個。


和都は3個。


守谷透は5個。


シャーロックは?と和都が聞く。


”りんごの木があるのは日本なの?海外?りんごの銘柄は?あと、季節”
シャーロックは入川に質問した。


シャーロックの話を遮断し、和都は心理テストの答えを入川に尋ねた。


”実は、過去の恋愛経験の数”
入川は微笑みながら答える。


場は大いに盛り上がった。


シャーロックも心理テストを出すと提案した。
”サンタクロースはある少年にサッカーボールをプレゼントしたが少年は全く喜ばなかった”


それぞれに理由の考えて答えた。


”少年には足がなかった”
守谷透が答えると全員がだまり困惑した。


この質問でサイコパスかどうかがわかるのだとシャーロックは守谷透を見た。


重い空気の中シャーロックの携帯が鳴った。


礼紋警部からのようだ。


すぐに行くと電話を切ったシャーロック。


なんなの?和都が聞くとシャーロックは答える。
”今度は指が届いた”


シャーロックを見送った和都だったが、守谷透の言葉に背中を押され部屋を飛び出した。





耳が届いた時と同じように真空パックされた指にはサイズの合わないネイルチップが付いていた。


指先にはホクロ。

シャーロックはい覚えがあった。


”ここの主任は?”
シャーロックが科捜研の職員に聞く。


向山とは一昨日から連絡が取れなく鳴っていると言う。


科捜研を飛び出し向山の自宅マンションに向かう。





向山の遺体が自宅マンションの部屋の中で見つかった。


届いた指にはネイルチップがついていたが、遺体の指にはネイルチップはなかった。


ネイルチップは5年前に流行ったデザインだ。


補聴器とネイルチップは犯人からのメッセージだと推理したシャーロック。


すると、礼紋警部に柴田からメールが届いた。


補聴器の持ち主が判明したのだ。




高井友里、職業ネイリスト、完全オーダーメイドの補聴器の販売リストから浮上したようだ。


5年前に自宅に帰宅途中、横断歩道横断中車にはねられ死亡した。


犯人は遺体を現場から山林に運び遺棄した。


遺体発見は2日後。


当時捜査担当は川崎だった。


科学捜査の担当者は向山主任。


遺体からは犯人の指紋が検出されたが容疑者は浮かび上がってこなかった。


浮かび上がった容疑者を誰かが沈めた。


シャーロックは何かわかりかけているようだった。





高井友里の実家は飲食店を営んでいた。


近所の人によると、ここ半年高井の姿を見かけていないようだ。


高井は交通事故被害者遺族の会ひなたで活動していたらしい。


店内も営業している様子はなく、人の気配もない。


2階の仏壇には最近線香をあげに帰ってきた形跡があった。


礼紋警部が隣の部屋へ続く襖を開ける。


それを見たシャーロックもその風景に驚愕した。


部屋の壁一面に写真が貼ってある。


殺害された川崎と向山の写真だ。


いずれも盗撮しような大量な写真だ。


机には真空パックにする機械とまな板、それに料理用の包丁が散乱している。


切り口が鮮やかだったのは料理の腕があったからだ。


捜査を担当しただけの二人はなぜ殺されなければなかったのか。


シャーロックは捜査を担当していたことこそが狙われる理由だと言う。


川崎警部は犯人に証拠隠蔽を強要され断りきれなかった。


その証拠隠蔽に手を貸したのが科捜研の向山。


この事実を知った高井友里の父親が二人に復讐した。


川崎さんが証拠を隠滅なんてするはずがないと柴田が主張する。


しかし、シャーロックは耳を貸さなかった。


写真が貼ってある場所の中央には写真が剥がされた跡があった。


もう一人復讐相手がいるとシャーロックは睨んでいた。





街頭で交通事故被害者の会ひなたは活動していた。


高井は娘を亡くした後活動に熱心に取り組んでいた。


加害者の更生まで援助するようになったという。


しかし、半年ほど前から行方が分からなくなっていた。


だが、2週間ほど前街頭でばったり高井を見かけひなたの会長は声をかけたという。


久々にあった高井はまるで別人になっていた。


活動に熱心だった高井がこんな活動は無駄だ、加害者の復讐だけが被害者遺族に残された方法だと口にし去って行ったという。


加害者を憎んでも何も解決しないと言っていた高井はなぜあれほどまでに変わってしまったのだろう。





柴田は高井の自宅周辺で聞き込みをしていた。


半年ほど前、川崎が高井に土下座している姿が目撃されていた。


高井は大声で罵倒していたという。




シャーロックと和都の部屋に帰り事件の概要をまとめていた。


優一が高井友里をひき逃げし、遺体を遺棄した犯人なのだろうか。


しかし5年前はまだ免許を取れていない。


有名な父親を持ち名前も幸一と優一で人文字違い。


これを聞き、シャーロックは閃く。


たまには役に立つな和都を褒めた。





鷹山邸で鷹山を待ち伏せて真相を口にするシャーロック。


5年前のひき逃げ事件の犯人は鷹山幸一。


事実を権力を使い川崎と向山に証拠を隠蔽させた。


自責の念に駆られた川崎は高井に真実を語ってしまいそれを知った高井は川崎と向山を殺害し耳と指を鷹山に送った。


カタカナで書かれた宛名はユウイチではなくコウイチと書かれていたのだ。


全て白状するといい、証拠の車は車庫の中にあるという鷹山。


しかし、それは鷹山の罠だった。


車庫の閉じ込められたシャーロックと和都は拘束されていた。


鷹山の秘書は二人を襲ったが間一髪拘束を解き逃げ出した。




急いで鷹山幸一を追いかける和都とシャーロック。


鷹山は車に乗り込み逃走する。


角を曲がったその時、何かに乗り上げる感触がし車を降りた。


アキレス腱が切られ逃げられない優一はそのまま息を引き取った。


そこに高井が現れる。


悪人を制裁しない限り被害者の心は救われないと言い、高井は持っていたナイフで自身の首を切りつけ自殺した。


鷹山はひき逃げの罪を認めた。




”マリスステラは正しい方向に導いてくれる”
死んだ由麻を亜里沙にそう言っていたらしい。


シャーロックはある論文を思い出す。


犯罪誘導。


生徒が書いた論文は当時注目を浴びた。


言葉だけで善良な人を犯罪者にさせる研究だ。


論文を書いたのはモリワキ アキラ。


シャーロックは何かを思い出し部屋を飛び出した。



高井の自宅、貼ってある写真の画鋲に毛糸をくくりつけた。


繋げると現れたのは北極星。


繋いだ写真の裏にはアルファベットが書いてる。


並び替えるとW E L C O M。


⇒無料で「ミス・シャーロック」の動画を観るならコチラ♪
※公式サイトなので安心です

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



ミス・シャーロック 6話の感想


政治家の証拠隠滅や改ざんという現代社会のリアリティのあるテーマでした。


大きな権力の前では無力な被害者の苦悩や希望が描かれていました。


懸命に被害者として立ち直ろうとしていた高井にマリスステラは何をし人間性を歪ませてしまったのでしょうか。


和都を友達だと認めないシャーロックとシャーロックを心配する和都の関係はとてもいいものになってきているのは間違いありません。


今回の事件の内容もさることながら、マリスステラへ着実に近づいた今回の内容です。


言語コミニュケーションだけで善人を殺人鬼にさせる研究論文の存在とそれを書いたモリワキアキラの正体とは一体なんなのでしょう。


本当に一連の事件にはこのマリスステラが関与しているのでしょうか。


守谷透のサイコパス診断の結果も今後の物語に何か関係してくるように思うのは私だけでしょうか。


和都と守谷透がハッピーエンドになることを願うばかりですが、一筋縄にはいかないような気がしますね。


マリスステラ、モリワキアキラの正体とそれに立ち向かうシャーロックと和都の今後の展開が大変楽しみです。


⇒無料で「ミス・シャーロック」の動画を観るならコチラ♪
※公式サイトなので安心です

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



無料で6話の動画を観る方法

無料で「ミス・シャーロック」の動画を観る裏ワザ!


「1話だけでも試しに観たい…」
「お金払ってまで観たいワケじゃない…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はHuluなら
無料で「ミス・シャーロック」の動画を観ることができます!


「ミス・シャーロック」を観ることができるのはHuluだけです。


「ミス・シャーロック」だけでなく、扱っているすべての作品が見放題です!


2週間無料トライアル実施中で、無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。


無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので、この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!


⇒Huluで無料で「ミス・シャーロック」の動画を観るならこちら♪