正義のセ 8話について
公式サイトで無料で動画を観る方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!
※記事下に前後の話のリンクあり

⇒無料で「正義のセ」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

正義のセ 8話のあらすじ

凜々子(吉高由里子)は、ひき逃げ事件を担当する。被疑者・斎藤茂典(正名僕蔵)は深く反省した様子だが、「人をはねた記憶はない」と主張。

被害者にケガをさせたことに気づいていたか、気づいていなかったかで起訴判断が大きく違ってくるため、凜々子は相原(安田顕)とともに、詳しく捜査を始める。

事故の時、車に同乗していたのは、斎藤がマネージャーを務める人気俳優の光岡駿太(桐山漣)だった。凜々子と相原は、参考人として光岡に話を聞きに行く。

だが、有名芸能人に会える!と、内心ウキウキの凜々子に、相原は呆れ顔。

しかも、「斎藤さんの罪を少しでも軽くしてください」と懇願する光岡の誠実な姿勢に、凜々子は思わずときめいてしまう……。

そんな中、凜々子たちが被害者・横山茜(浦まゆ)に話を聞きに行くと、事故の時、車が一度止まっていた事が判明する。

事故に気づかずそのまま走り去ったという斎藤の供述と明らかに矛盾する証言に、驚く凜々子。

果たして事故の夜、本当に起こったことは何なのか?

そこに隠された秘密とは?

事件の真相に新米検事が迫る――。



⇒無料で「正義のセ」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



正義のセ 8話のネタバレ


凜々子は自宅で温子や両親との団らんをとりながら朝食を楽しんでいた。


温子に彼氏を自慢されながらも”新しい出会いがある”と雑誌の占いのアドバイスをされる凜々子。





温子のアドバイスであるピンクのスカーフを身に付け出勤した凜々子に対し皆”新鮮だ”という反応をした。


大塚検事からも新しい彼氏が出来たのかと聞かれる凜々子。


梅宮支部長からも声がかかり褒められる。





梅宮支部長が検事達に仕事を大量に渡していく。


凜々子には”やっかいな事件が入っている”と伝えた。





凜々子にひき逃げ事件の依頼が入る。


被害者の横山が自転車で走っていたところ曲がり角で車がぶつかってきたが車は逃走。


横山は自ら救急車を呼び怪我は負ったが意識もあり命は無事だという。





運転手斎藤の取り調べ。


自転車だとは気づかず、ガードレールをこすっただけだと思っていたと斎藤は言う。


俳優の光岡を一刻も早く送り届けたかったとのこと。


斎藤は光岡のマネージャーであった。


凜々子は光岡の存在を知りミーハーな雰囲気を出した。


斎藤は深く反省した様子を見せていた。





凜々子はそわそわしながら光岡に話を聞こうと言った。





凜々子は光岡の撮影現場に行き、占いのご利益を感じテンションが上がっていた。


撮影で、濃厚なキスシーンを演じる光岡。


凜々子は目を隠しながらもちらちらと見る。


相原事務官に”刺激が強いんじゃないですか”と言われる凜々子。





撮影を終えた光岡におだてられ舞い上がる凜々子。





光岡は同乗していた際、ずっと寝ており事故のことは知らなかったという。


斎藤には恩を感じており、罪を軽くしてやってほしいと言う光岡。


光岡に手を握られた凜々子は仕事をすっかり忘れてしまいそうになる。





検事局に皆と飲み会をする。


光岡のことを褒め”子供から大人まで皆に人気”と言う凜々子。


木村事務官もSNS上でのファンの目撃情報などを話した。


プライベートでもファンに優しく接する光岡。


色々な情報を見ているうちに光岡と共演中の三原との熱愛報道を大塚検事が見つける。


撮影で光岡が濃厚なキスシーンを演じた女性だった。


凜々子は一気に落胆した。





事故現場に向かう凜々子と相原事務官。


撮影所から光岡を送り届けるためにはカーブを曲がらず直進した方が早い、と言う相原事務官。


凜々子は光岡が向かったのは三原の自宅では、と考えた。


”女の勘だ”と言う凜々子に”全くあてになりません”と相原事務官。


そして被害者の話を聞きに行く。





病院につき、相原事務官に凜々子の勘が当たっていたと報告が入る。


光岡の家に早く送り届けたいと言っていた斎藤の供述は嘘だった。





被害者の横山との面会。


横山はぶつかった車は1度止まった、と言った。


だから気づいてくれるはずだと思ったがしばらくして行ってしまったという。


そして、自分で必死に救急車を呼んだとのこと。





2度目の斎藤の取り調べ。


嘘をついていたことを尋ねると共に、捜査を続ければ事実が明かされると告げる二人。


斎藤は慌てて事故当日女性が倒れているのが目に入ったと言った。


だが降りれば光岡に迷惑がかかると思いそのまま放置したという。


”光岡のことは何があっても守らなければならない”と斎藤は言った。





スキャンダルのことばかり気にして被害者への手当てを全く考える気がない斎藤に怒りを表す凜々子。


同時に相原事務官も同情の余地がない、と呆れていた。





光岡に斎藤の近況を知らせる凜々子と相原事務官。


ずっと長い間、自分を支えてくれた斎藤。


芝居のセリフに力を入れる為斎藤から石を渡された過去を思い出す。


斎藤に対する切ない気持ちを表す光岡。


どんな人間でも過ちを犯すことはある、と凜々子は言う。


その時にどうするかが大切だと。


斎藤が罪から逃げたことは許されることではない、と凜々子は言う。





休日、お昼頃まで寝ていた凜々子。


父親は凜々子を叱りながらそそくさと出掛ける様子。


父は商店街で集まって話がある、と言って出て行った。


母が”最近様子がおかしい””浮気かも”と言う。


気のせいだと言う凜々子に温子は父が貯金口座から多額の金を下ろしている、と通帳を見せた。


検事ということで捜査してくれと温子や母から言われる凜々子。


検事は張り込みや尾行なんかはしない、と凜々子は言う。


検事の仕事は張り切るのに家族のことは放っておくのか、と温子は言う。


母も拗ねた様子で”黙って耐えていればいいんだ”と言った。


そんな様子を見ていた凜々子は結局父の様子を探ることになった。





商店街の店の夫婦に父のことを聞くが商店街の集まりはないと言われる。


父の行き先を聞き向かう凜々子。


確かに嘘をつくなんて怪しい、といった様子で向かう。





喫茶店で父の姿を見つける凜々子。


中に入り物音を立て店員に対処されるところを父に見つかってしまう凜々子。


同じく喫茶店には温子の彼氏の後藤が居た。





父は後藤の仕事場を見に行っていた。


後藤の作った料理を上手いとうっかり褒めてしまう父。


嬉しそうにする後藤と温子。


だが豆腐屋を継がせることはやはり頑固に拒否している様子だった。


浮気を疑った際、多額のお金を銀行から引き落としていた父は幼なじみの知り合いに貸していた。


父は”男には何があっても守らなければいけないときがある”と言った。


母は、知り合いをかばっていたことや温子の彼氏の様子を見に行っていただけということに安堵した。





相原事務官から凜々子に斎藤が事故当日現場とは違う場所で目撃されたという情報が入ったことを知らされる。





目撃者であるADの岩本から話を聞く凜々子達。


事故が起きた時間、斎藤は慌てた様子で走っていったと言う岩本。





凜々子は”身代わり出頭”なのではと考えた。





3度目の斎藤の取り調べ。


光岡をかばっているのでは、と問う凜々子。


本当は運転手が光岡だったのではという問いに対し斎藤は感情的になり、否定した。


そして何度も”私がやった”と言う斎藤。





光岡の取り調べ。


斎藤の目撃情報を伝えると共に光岡が運転していたのでは、と問う凜々子。


光岡は”何かの勘違いでは”と言った。





光岡が運転していた証拠を探そうとする凜々子。


多くの警察官の協力を得て、防犯カメラの捜索を依頼し自分も全力で探す凜々子。





その頃、光岡の撮影現場では子供から”正義の味方”だと憧れの言葉をかけられていた。





防犯カメラは全滅。


相原事務官に警察から電話が入るも、やはりハッキリと特定できる写真は見つからなかったとのこと。


落ち込む凜々子。


同時に凜々子と相原事務官のお腹が鳴る。





食事を共にする凜々子と相原事務官。


凜々子の恋愛話になる。


”いつか自分にもまた良い出会いがあるのかな”と言う凜々子。


相原事務官は優しく”ありますよ”と言う。


何故かと問う凜々子に”ずっと長い間見てきたから分かる”と相原事務官は言った。


そんな相原事務官に凜々子も”あなたにも良い出会いはある”とにこやかに言う。


話をしている中凜々子はふとSNSのことを思い出し、光岡の事故当日の情報を探す。


1件の情報が見つかった。


信号待ちをしていたところ、光岡が車に乗っていたという。


だが光岡が車に乗っていたというだけでは運転していた証拠にはならない、と言いかけ止める相原事務官。


そして急いで資料を出す相原事務官。


光岡の乗る車は後部座席がスモークになっており、光岡が見えたということは運転していた証拠になる。


目撃者と会おう、と言う凜々子。





目撃者の伊沢から話を聞く凜々子達。


伊沢はかなり高いテンションで光岡を見た時の様子を語った。


声をかけることはできなかったが、こっそりと写真に撮ったという伊沢。


写真を見せて欲しいと言い寄る凜々子と相原事務官。





最後の斎藤の取り調べ。


光岡が自ら罪を認めた、と告げる凜々子。


斎藤は光岡が運転していた証拠を出せと言う。


伊沢からの写真を見せる凜々子。


写真は日にちや時間、位置情報も記録されたものであった。


それでも尚、斎藤は自分が運転していたと言う。





光岡はずっと苦しんでいた。


事故を起こした際、すぐに助けなかったこと。


誤った判断をし、斎藤に罪を被せたこと。


”斎藤に罪を着せてまで正義のヒーローを続けられない”と光岡は言っていた。


自首する前にも、光岡は何度も立ち止まり悩んでいた。


自分の為ではなく、自分の為に罪を負った斎藤を想ってのことだった。





斎藤は事故当日のことを語る。


自転車にぶつかり怖くなり逃げた光岡のこと。


相談を受け、罪を代わりに被ったこと。


”俺に任せろ”と斎藤は言う。


でも、と止めようとする光岡に強く言葉をかける斎藤。


今は自分のことだけを考えろ、と。


”世の中に夢を与える仕事なんだから、そのことだけを考えろ”と斎藤は言っていた。





斎藤は光岡が過ちを犯してもやり直せることなど、信じ切れていなかったと後悔した。





光岡は斎藤から貰った石をお守り代わりにずっと大切にしていた。


共に食事をしながら楽しそうに笑い合う光岡と斎藤の姿が映し出される。





光岡はまたきっとやり直せる、と言う凜々子。


何度も嘘をつき続けて申し訳なかった、と深々と頭を下げる斎藤。





真実を明らかにした凜々子は”切ない”と言った。


相原事務官は”罪から逃げずにちゃんと罪を償う姿を見せることも正義のヒーローの仕事です”と言う。


”真実を明かしても必ずしもスッキリするとは限らないんだ”と凜々子は言う。





梅宮支部長が大きな包みを持って入ってくる。


そしれ梅宮支部長は凜々子に”検事の仕事の良いところはしんみりしている暇がないところです”と言った。


そして大量の仕事が検事達に配られる。


梅宮支部長が再度凜々子に”やっかいな事件が入っている”と言った。


困惑する凜々子に相原事務官は”竹村検事が関わればどんな事件もやっかいになる”と言われる。


どういう意味かと拗ねる様子を見せる凜々子。


⇒無料で「正義のセ」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



正義のセ 8話の感想


表の人を陰の人が支える…ようなお話でした。


支えるというより身代わりになって自分の人生をなくそうと最後までしていましたが。


実際、表の人と影の人はいますよね。


表の人になったことがないので、本当はどんな気持ちなのかはわかりませんが…。


被害者さんがまだ意識もあって動ける状態だったからこそなお話な気もします。


少々中休みのお話にも感じました。


今回の被疑者さんはどちらにも悪いところがあるし、悪いと言い切れないところもありました。


斎藤さんは守りたい一心で最後まで罪を肩代わりしようとしていました。


光岡さんも、平気で肩代わりさせたわけではない。


平気で揉みつぶさせるような人だったら、またお話も違っていたのだろうなと思います。


でも現実的なことを思うと人気が出てきてまだまだこれからの俳優さんが恋愛報道される時点でかなりの問題なような気も…。


大塚検事さんが凜々子さんに対して少し意識してしまっているのかよくわからない感じでした。


個人的な気持ちだと、優希さんと別れて大塚検事さんと恋愛関係なる…という結末はあまり期待したくはないですが。


凜々子さんの家庭のお話がなかなかに素敵でした。


結局、温子さんの彼氏さんが気になって様子を見に行くお父さん。


頑固だけど、すごく愛情があって素敵です。


拗ねていたお母さんも可愛かったです。


でも、凜々子さんは検事は尾行はしないと言っていましたが過去にしていたような…。


最終的に温子さんの彼氏さんへの扱い、といいますかお豆腐屋さんはどうなるのでしょうか。


正義のセを見ているとお豆腐が食べたくなってきます。


ほぼ毎回、美味しそうにお豆腐を食べる凜々子さんを見ていると安心してお腹が空いてきます。


可愛いといえば凜々子さんのミーハーぶりもびっくりしつつ可愛かったです。


結構前から検事さんと事務官さんが集まって飲むことが多くなったなぁと思います。


今回は皆揃ってましたし。


梅宮支部長さんも良い上司の方という感じで素敵です。


寛容な心で皆を見守る感じで。


相原事務官さんと大塚検事さんが二人で凜々子さんをからかっている様子は面白かったです。


それにしても相原事務官さんはもうすっかり最初の頃とは違う雰囲気だなぁと感じます。


感情豊かで、時には凜々子さんの扱いすら手慣れた様子で。


コミカルな雰囲気も度々出てきて、やっぱり可愛いです。


凜々子さんと食事をしているときの優しい接し方も好きです。


でも、お仕事のことになると基本的には静かな冷静な事務官さんに戻る。


ですがお仕事のときでも凜々子さんに釣られて感情が出るようになってしまっていて。


今回のお話で泣いていたことにはびっくりしました。


凜々子さんに対して優しく接したりからかったりと愛着した様子?といいますか、お父さんみたいに接する相原事務官さんが素敵です。


⇒無料で「正義のセ」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



無料で8話の動画を観る方法

無料で「正義のセ」の動画を観る裏ワザ!


「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はHuluなら
無料で「正義のセ」の動画を観ることができます!


「正義のセ」だけでなく、扱っているすべての作品が見放題です!


2週間無料トライアル実施中で、無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。


無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので、この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!


⇒Huluで無料で「正義のセ」の動画を観るならこちら♪