▽▼▽無料で観るならコチラ▽▼▽



万引き家族 についてネタバレやキャストについて紹介します!

小説版の方のあらすじを詳しくネタバレしていきます。


⇒無料で映画館で「万引き家族」を観るならコチラ♪
※公式サイトなので安心です


万引き家族 とは?



公開日 :2018/6/8
監督  :是枝裕和
主演  :リリー・フランキー

以下は公式サイトの概要とあらすじです。

【概要】
親の死亡届を出さずに年金を不正に貰い続けていたある家族の実際にあった事件をもとに、是枝が家族や社会について構想10年をかけて考え作り上げた。

第71回カンヌ国際映画祭(英語版)において、最高賞であるパルム・ドールを獲得した。日本人監督作品としては、1997年の今村昌平監督「うなぎ」以来21年ぶり。


【あらすじ】
東京の下町に暮らす、日雇い仕事の父・柴田治とクリーニング店で働く治の妻・信代、二人の息子・祥太、風俗店で働く信代の妹・亜紀、そして家主である祖母・初枝の5人家族。家族の収益源は初枝の年金と、治と祥太が親子で手がける「万引き」。

5人は社会の底辺で暮らしながらも家族には笑顔が絶えなかった。

冬のある日、近所の団地の廊下にひとりの幼い女の子が震えているのを見つけ、見かねた治が連れて帰る。

体中に傷跡のある彼女「ゆり」の境遇をおもんばかり、「ゆり」は柴田家の6人目の家族となった。

しかし、柴田家にある事件が起こり、家族はバラバラに引き裂かれ、それぞれの秘密と願いが次々に明らかになっていく。


キャストは?


主要登場人物を演じるキャストを紹介します。

リリー・フランキーさん



治の役です。


典型的なダメ男で、何一つ取り柄はありません。


なんと“執行猶予中”で、信代のストーカーを殺害した過去があります。


その時は情状酌量の余地がかなりあったようですが、その男を埋めています。


その経験があったため、初枝が死亡した時も“届け出ると年金が貰えなくなる”と判断して自宅に埋めています。


祥太やユリをほっとけなくて拾ってくる優しさもあるかと思いますが、結局はその場の感情に流されて浅はかな判断を下すダメ男であることが伺えます。


安藤サクラさん



治の内縁の妻の信代です。


徹底的に男運が無いようで、治を選んだ理由は“殴らないから”だそうです。


治や初枝と比べるとかなりまともな大人です。


幼少期に親から虐待を受けており、そのため同じ境遇のユリを可愛がります。


ユリも信代のことを本当の母親のように慕うようになります。


最終的には、この一家の犯罪行為(初枝の死体遺棄とユリの誘拐)を引き受けて懲役となります。


治には荷が重いと判断したのかもしれません。


正義感と責任感が強く、治にはもったいない女性です。


人生をやり直して幸せになってほしいです…


樹木希林さん

映画「万引き家族」 カンヌ国際映画祭 樹木希林 #樹木希林 #万引き家族

kiki★さん(@androidlucy550)がシェアした投稿 –



祖母の初枝の役です。


家は初枝のもので、初枝の年金は一家の重要な資金源です。


そのため、基本的に一家は初枝に頭が上がりません。


ですが、初枝はそれを盾に取り尊大な態度をとったりはしません。


初枝は治たちは“孤独死しないための保険”だと公言していました。


松岡茉優さん

#松岡茉優 #カンヌ国際映画祭

☆松岡茉優☆さん(@mayu.matsuoka)がシェアした投稿 –



初枝が拾ってきた亜紀の役です。


初枝の別れた(突然消えた)旦那の再婚相手の息子(連れ子なので初枝と血縁関係はなし)の子供です。


初枝は旦那の再婚相手の息子の家に線香をあげに通っていて、その時に亜紀と出会って意気投合しました。





亜紀は“基本的にお触り無し”の風俗店で働いており、その客の男と親しくなります。


風俗店では当てつけのためか、“両親に愛されている実の妹”の名前を使用しています。


祥太が警察に捕まった際は、亜紀の詳しい証言により家族の実態が警察側に明らかになりました。


城桧吏さん



治が拾ってきた祥太の役です。


治がパチンコ店で車上荒らしをしている際に、車の中でグッタリとしている祥太を見つけて連れていきます。


祥太というのは実は“治の本名”です。


この家族は基本的には“本名”と“家族内での通称”の2つの名前を持っています。





おそらくは正式には“失踪”扱いになっているため学校には通っていません。


祥太が万引きをしくじったことをきっかけに、家族が崩壊します。


佐々木みゆ さん



治が拾ってきたユリの役です。


ユリが寒空の中一人でいる際に、“仕事”帰りの治が家に連れていきます。


信代はユリが実の両親から受けてきた虐待に気づき、自分と重ねてユリを可愛がります。


信代は“自分の性格が悪いのは虐待した両親のせい”と思っていました。


しかし、自分と同じ目に遭ったハズのユリがとても思いやりのあるいい子だったため、信代は“自分の性格が悪いのは自分のせいか…”と自覚します。


作品のラストでは非常に心配な結末を迎えます。


⇒無料で映画館で「万引き家族」を観るならコチラ♪

▽▼▽無料で観るならコチラ▽▼▽



小説版「万引き家族」とは?



出版社:宝島社
発売日:2018/5/28
作者 :是枝 裕和

第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門にてパルムドール賞を受賞した最新作『万引き家族』を是枝裕和監督自ら小説化。

是枝監督が小説で描き出す、「家族の絆」とは―――。

「彼らが盗んだものは、絆でした」

とある住宅街。柴田治と息子の祥太は、スーパーや駄菓子店で日々万引きをして生計をたてていた。

ある日、治はじゅりという少女が家から閉め出されているのを見かねて連れて帰ってくる。

驚く妻の信代だったが、少女の家庭事情を案じ、一緒に「家族」として暮らすことに。

年金で細々と生きる祖母の初枝、JK見学店で働く信代の妹・亜紀。6人家族として幸せに暮らしていた。

しかし、ある出来事を境に、彼らの抱える 「秘密」が明らかになっていく―――。



家族の驚くべき実態とは?


6人全員に血縁関係はありません。


どのようにこの家族が出来上がったかを紹介します。


信代がスナックで働いており、治は信代が目当ての常連でした。


治は信代と仲良くなり、信代のアパートで一緒に暮らします。


治はパチンコ屋で働いていました。


初枝はそのパチンコ屋で他の客の出玉を盗んでおり、それを見て治は初枝に興味を持ち声をかけて仲良くなります。


初枝の家に遊びに行くようになり、そのまま3人は初枝の家で一緒に暮らすようになります。


そこに後の3人を拾ってきたという成り立ちです。


また、初枝のみが“本名”です。


治というのは初枝の息子の名前で、信代というのはその息子の嫁の名前です。


小説版「万引き家族」のネタバレ

【起】


治は祥太を連れていつも通りスーパーに万引きをしに行く。


帰り道に、団地の外廊下にユリを発見する。


治はユリを連れて帰る。


ユリを家に連れて帰ると、誘拐になることを指摘されて翌日返しに行くことになる。


しかし、信代はユリの体の傷から実の両親から虐待を受けていることに気づき戻すのを中断し、ユリを自分たちの家族の一員にする。


【承】


ユリは家族のみんなから可愛がられて、徐々に打ち解けていく。


祥太は得意げにユリに万引きを教えていた。


治と祥太とユリは、3人で警備の厳しい店での万引きを成功させる。


6人で海水浴に行き、初枝は海辺で遊んでいる5人の背中に小さな声で“ありがとうございました”と呟く。


【転】


ある日、みんなが目を覚ますと初枝が亡くなっていた。


葬式をする金はないし、死亡を届けると年金が受給できなくなってしまうため家の地面を掘って埋める。


治は
“ばあちゃんははじめからいなかった、俺たちは5人家族だ”
と家族に言い聞かせる。


祥太とリンは万引きに行くが、祥太は逃げる際に大怪我をして入院する。


【結末】


祥太が入院して警察の調べが入る。


祥太が入院したことで治たちは家から逃げようとしたが、警察の動きのほうが早く全員捕まる。


治と信代は警察に詳しく話さなかった。


警察は亜紀に“治と信代は過去に人を殺したことがある”ことを告げて、亜紀から家族の実態を聞き出す。


ユリの失踪は事件になっており、ユリは両親のもとに戻されてすぐに虐待が再開する。


信代は事前の打ち合わせで、すべてが明るみになった際の犯罪行為の責任は自分がとると治と決めていた。


信代は刑務所に入る。


祥太は児童養護施設に引き取られる。


治は祥太を連れて信代に面会に行くと、信代は祥太に別れを告げる。


祥太と治も別れを決意して、もう会わないことにする。


ユリは団地に戻り、信代に教えてもらった歌を口ずさみながら一人で遊んでいた。


⇒無料で映画館で「万引き家族」を観るならコチラ♪

▽▼▽無料で観るならコチラ▽▼▽



小説版「万引き家族」の感想


見事な“タイトル詐欺”でした。


タイトルからして
“万引きで生計を立てている極貧家族の物語”
だと想像する人がほとんどだと思いますが、内容は全然違います。


まず
“家族”
というところから
“世間一般の家族”
の認識と違います。


主要登場人物6人に血縁関係はありません。


最初の大人3人がウマが合ったらしく一緒に住み始めて、あとの3人を拾ってきます。


外から見ると、極貧だけど3世代にわたって仲がいい家族に見えます。





さらに“万引き”がタイトルに入っていることから、この手口にスポットが当たるのかと思ったらそれも違います。


手口はいたって単純で、一人が店員の気を惹いてもう一人が犯行に及ぶというものでした。


子の作品での“万引き”は、“家族崩壊のキッカケ”として描かれたにすぎません。





この作品のテーマは“じゃあどうすればいいの?”という視聴者や読者たちへの問いかけだと思います。


大人たち4人に関してはそれぞれの自己責任で、同情の余地はありません。


特に治はガチクズだと思います。


しかし、翔太とユリはどうでしょうか?


祥太の両親は、パチンコに夢中になるあまりに祥太を車の中に置き去りにするような連中です。


しかも、翔太がいなくなっても事件になっていないことから、捜索願は出していないようです。


そんな親と一緒にいるのと、治たちと家族ごっこをしているのはどちらが幸せなのでしょうか?


非常に難しいところですね…


治たちは祥太を大切にしていました。


ですが、“万引き”という犯罪行為を“悪くないこと”と偽って教え込んでいます。


“万引き”は店を潰す可能性もある犯罪行為です。


そんなことを子供に教え込むことからして、治のガチクズさが伺えます。


ですが、治が“普通”の人だったら、翔太と出会っていないし翔太を連れ出してもいません。


祥太はこれから児童養護施設を転々とするのだと思います。


どちらが祥太の人生のためになるのかは、全くわかりません。





ユリはさらに悲惨です。


治はユリを連れ去りますが、それは虐待をしている実の両親から救い出したことになっています。


治たちと暮らすことで、ユリは少しずつ表情が豊かになっていきます。


にもかかわらず、家族崩壊後に実の両親のもとに戻されてしまいました。


そして、速攻で虐待が再開したようです。


友達もいないようで、信代に教えてもらった歌を口ずさみながら一人で遊んでいる描写があります。


ユリにとっては“万引き家族”の一員だったのが、楽しい思い出だったのが伺えます。


その思い出を宝物にしながら、両親の虐待にひたすら耐える日常を送るのかもしれません…





そういう何とも言えない状況を上手く表現していたからこそ、カンヌで“最高賞(パルムドール)”を受賞したのだと思います。


この“ギリギリの綱渡りをしている家族”が是なのか非なのかは私には自分を納得する答えが出せませんでした。


タイトルだけ見ると色物っぽいですが、内容は非常に切ないヒューマンドラマで誰にでも勧められる名作でした。


小説は面白かったので、是非とも劇場で映画も楽しみたいと思います!


⇒無料で映画館で「万引き家族」を観るならコチラ♪

▽▼▽無料で観るならコチラ▽▼▽



無料で映画館で「万引き家族」を観る方法

 
無料で映画「万引き家族」を観る裏ワザ!
 

「映画のチケット買えないくらい今月ヤバい…」
「気になってるけどお金払ってまで観たいワケでは…」
「楽にお金が手元に入ってくれば…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実は楽天カードを作成すると、無料で映画「万引き家族」を観ることができます!


楽天カードとは、楽天が発行している公式のクレジットカードです。


今なら新規入会特典で2,000円分のポイントを貰うことができます。


ポイントは全国のTOHOシネマズやUNITED CINEMASで使用することができ、映画1回分を実質無料で観ることができます!


年会費はかからず、永年無料のため一切デメリットはありません。


2,000円分のポイントをGETできる新規入会特典はいつ終わってしまうのかはわかりません。


申し込みからカードが届くまで1週間ほどあるため、早めに申し込まないと映画の公開が終わってしまうかもしれません。


簡単に申し込みできるので、この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします。