西郷どん 20話について
公式サイトで無料で動画を観る方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!
※記事下に前後の話のリンクあり

⇒無料で「西郷どん」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

西郷どん 20話のあらすじ

正助の黒い石

吉之助(鈴木亮平)は愛加那(二階堂ふみ)と島で生きていくことを決意する一方で、薩摩では島津斉興(鹿賀丈史)が亡くなり、久光(青木崇高)は国父として藩の権力を握ることになる。

正助(瑛太)は久光に急接近し、少しずつ久光の信頼を得ていく。

しかし、有馬新七(増田修一朗)ら精忠組の過激派は、正助のやり方が気に入らず、対立を深めていた。

そんなとき、井伊直弼(佐野史郎)が桜田門外で命を落とす。



⇒無料で「西郷どん」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



西郷どん 20話のネタバレ


吉之助は菊池源吾として、愛加那とともに島に生きる決意をして暮らしていた。


吉之助が海で釣った魚を持って家に帰ると、愛加那とユタが祈祷をしていた。


愛加那は吉之助と結婚したので、ハジキという入れ墨を入れなければならない。


ユタが愛加那の左手にハジキを入れると、その痛さに思わず声をあげる。


ユタは厳しい顔で、
“この痛みをよく覚えておきなさい”
と教える。


新しい家族の魔除けのため、愛加那は痛みに堪えるが、どこか幸せそうでもあった。


奄美大島の砂浜で愛加那と仲睦まじく歩く吉之助。


その頃、吉之助は海の向こうの薩摩で何が起きようとしているのか、全く知らなかった。


一年前の薩摩では、次右衛門が大久保家を出て移り住む準備をしていた。


わざわざ出て行かなくてもという正助に次右衛門は、娘も皆嫁にやって正助に家督を譲ってようやく肩の荷がおりたからと言う。


もうすぐ子が生まれてにぎやかになるよ福が言うと、満寿が嬉しそうに自分のお腹を見る。


次右衛門が満寿に、理屈っぽい正助を頼むと言うとニコリと微笑む。


福は、正助は満寿にだけは理屈を言わないから惚れているのかねとからかう。


つつがなくと言う次右衛門に、正助は
“薩摩はこのままではいけもはん、どげんしてでん出世して間違いを正しもす”
と意気込む。


次右衛門は、優しい眼差しで、おはんの思うように生きるのがよかと肩を叩いて行く。


強く思い詰める正助を心配する満寿。





斉彬亡き後、薩摩を意のままに操っていたのは斉興だった。


隠居した斎興は茂久の傍らに座り、藩主のようにふるまっていた。


斉興は斉彬の政策をことごとく否定し、井伊大老の幕府にひたすら恭順の意を示したのです。


吉祥院では、大山や新七がこのままでは吉之助が薩摩に戻ってこれないといらだっていた。


斎興を斬るしかないと息巻く新七と俊斎に大山は、落ち着けとなだめる。


大山は、今は藩の中で血を流す時ではない、薩摩を強くして日本を強くするのだと吉之助も言っていたと話す。


正助は、
“ご隠居様を斬るなんち、愚策じゃ”
と言ってしまう。


それを聞いてカッとなった俊斎に、
“吉之助さあに切腹を命じず島にいかせたとはご隠居様じゃ。みんな知っとっとじゃろうが”


新七はなぜ斉興をかばうのかと詰め寄り、俊斎は正助が嬉しそうに城に出入りしていたと疑う。


何も答えない正助に、いらだつ俊斎と新七をなだめて剣の稽古を始める大山。


頑なに本心を言わない正助を心配する大山。


斉興は、久光に会わせたい人物がいると言って正助を呼ぶ。


久光が、正助は斉興の密偵のか?と聞くと、正助は否定する。


正助は、城下の若者の苛立ちや不満を溶存しているので、それを斉興に伝えるのが役目だと思っていると答える。


斉彬亡き後、自分のことをよく思わない連中がいるのは知っているからこれからも頼むと正助に命じる。


斉興は久光に、正助はなかなか使える男で、碁も打てるから一局やったらどうかと言い、機嫌よく立ち去る。


斎興に言われた通り、碁を打つ正助と久光。


正助は久光に勝つ。


久光は正助に、みんなご機嫌取りでわざと負けるが正助は本気で来たと言い、碁石を払い飛ばし、何を考えている?と詰め寄る。


正助は、お前は斉彬の側にいた吉之助の友達じゃなかったのか?と久光に聞かれる。


正助は久光に、しかるべき時がくると言う。


久光がしかるべき時とは、斎興が死ぬということかと聞くと、正助は高齢の斎興の世は長くはないと言ってしまう。


無礼なことを言い、久光に短刀を向けられる正助。


正助はひるまずに、
“薩摩の主となられ、腐った公儀に再び物申すときにございまず”
と言ってのける。


さらに正助は、志ある薩摩のニセたちは、久光の世を強く待ち望んでいると続ける。


政の表にたったことのない自分に家臣たちがついてくるはずがないとうろたえると、正助は何を弱気な!と叱咤する。


正助は、藩主のお父君はつまり薩摩のお父君であり、すなわち国父様であると教える。


正助は国父様に従わぬ家臣たちがどこにいるかと迫る。


正助の言葉が響いた様子の久光は、
“国父じゃと?”
と考えを巡らせる。


息を飲み、久光を見つめる正助。


高揚した久光は、気に入った!と言い正助を認める。





その頃、満寿はお由羅のお茶会に参加していた。


お由羅の愛犬の産んだ子犬を愛でながら、お菓子を食べる宴に目を白黒させる満寿。


お由羅は、久光が囲碁ばかりして陰気臭くて心配だと話す。


満寿は囲碁の相手が正助だと気づき、慌てて囲碁が強いのは政の才能があるからだと説明する。


機嫌を良くしたお由羅は満寿に名前を聞き、気に入ったと言って子犬を譲る。


満寿は、お由羅のお茶会に行ったことを咎められ、子犬のことが切り出せず熊吉に預かってもらう。


その後、斉興が重い病に倒れる。


斉興は床に伏しながらも、
“わしはもうすぐ死ぬぞ。嬉しいか?”
と聞く。


斉彬が自分を殺そうしたので、意地でも長生きしようと思ったと言い、久光に古き良き薩摩を守ると約束してくれと頼む。


しかし、久光は斉興の最後の頼みを断る。


斉彬も時と違い、志は違っても久光と斉興と由羅の三人はお互いを想い合っていた。






やがて斉興が亡くなり、見違えた久光が主君の前に現れる。


その頃、お由羅が突然、大久保家を訪ね子犬を引き取りに来る。


正助は、お由羅が来たことを城下の者たちに伝わったらどうなるかと満寿を叱る。


正助は満寿に、お前に言ってもわからないだろうがと怒るが、満寿は夫婦なのだから、何を考えているのか教えて欲しいと食い下がる。






薩摩を脱藩して江戸に潜伏している俊斎の弟達から文が届く。


井伊直弼が橋本左内や吉田松陰を処刑したという内容に怒りが収まらない藩士たち。


俊斎は、こなったら井伊を斬ると文に書いてやるといきまき、藩士たちも同意する。


新七も脱藩して事を起こすと言うが、正助は冷静にまだだと言う。


公儀を倒そうと荒ぶる藩士たちの中で、正助は一人沈黙を貫いていた。


正助は、城下の藩士たちが脱藩を目論んでいることを久光に報告する。


自分が君主として政を進めようとしているときに、脱藩して勝手なことをされては困ると憤慨する久光。


正助は久光に但書を出してはと提案し、自分の考えた草案を差し出す。


久光もその但書を読み、納得する。


吉祥院では、藩士たちが幕府を倒すために稽古に励んでいた。


そこへ正助が現れ、何をしにきたのかと皆に囲まれる。


正助が国父さまのおなりじゃと言うと、久光が現れ藩士たちは跪く。


久光が苦しゅうない表をあげよと言い、茂久からであると言って但書を読み上げる。


いずれ、その時がくれば、薩摩はかならず立ちあがるからそれまで藩の名を汚さぬように精進してくれという内容に、藩士たちは心を打たれる。


しかし、新七と俊斎は疑いの眼差しを向けていた。


正助が書き物をしていると、大山と俊斎、新七らが乗り込んでくる。


但書を書いたのは自分なのか? 仲間の動向を報告していたのか? と聞かれても、答えられないとしか言わない正助。


新七に仲間を売ったのかと問い詰められ、あのまま脱藩していれば処分されていたから救ったのだと答えるが、信じてもらえない。


お由羅の愛犬を可愛がっていたのもみんな知っている、そこまでして出世したいのかと俊斎は罵る。


売り言葉に買い言葉で、正助は出世がしたいと言ってしまう。


正助は出世をして政に加わらなければ、薩摩も国も変えられないからだと言っても、俊斎たちにはわかってもらえない。


新七は正助が書いた吉之助を呼び戻すための嘆願書を見つける。


正助の本心を知る、大山、俊斎、新八、新七。


大山に、なぜ早く言わなかったと言われ、自分には自分のやり方しかできないと謝る正助。


吉之助に戻ってきて欲しい気持ちはみな同じだと、また心が一つになるかと思われたが、新七は拒絶して行ってしまう。


その夜、正助は満寿に吉之助のように皆を上手くまとめられない、吉之助がいてくれたらと言う。


満寿はそれを聞き、自分は大久保正助に惚れて嫁にきたのだからそのままの正助がいいと言う。


正助は、満寿にこれからは難しい話もするがついてこれるかと言うと、満寿は笑顔できばりもす! と答える。


その頃、奄美大島では、吉之助は愛加那の入れ墨に見惚れていた。
“こうやって見ると美しかもんじゃのお”


愛加那は呆れて、
“女子のみで入れ墨をいれたら行かん! そんな手で作った飯が食えるかって言ったくせに”と笑う。


愛加那にメロメロの吉之助は、もう言わないでとくれと嬉しそうにする。


愛加那は吉之助に、入れ墨を入れることを許してくれてありがとうとお礼を言う。


これで吉之助を守ることが出来ると嬉しそうな愛加那。


吉之助は愛加那を抱き寄せ、幸せを?みしめる。


そこへ、木場が文を持って吉之助のもとへ走ってくる。


手紙は、薩摩の正助からである。


吉之助が礼を言って受け取ると、木場は慌てた様子で大変なことになったと言う。


木場は、
“江戸で御大老の井伊様が、斬られもした”
と言う。


驚いた吉之助は急いで文を開く。


吉之助の様子を見守る愛加那。


正助から文には、万延元年三月三日の雪の降る朝に、大老井伊直弼は水戸と薩摩の藩士有村次左衛門に暗殺されたと言う。


有村次左衛門は彦根藩に斬られ、薩摩に戻った兄の有村雄助は切腹し、介錯を務めたのは俊斎だった。


俊斎は、弟たちの頭髪を握りしめ、
“おいの弟たちが、大義の為に命を散らしたちゅうとに!”
と叫ぶ。


藩士たちは、自分たちは何をしているのかと憤る。


新七も、志あるものはついてこい脱藩するのだと立ち上がり、皆同意して声をあげる。


正助が今行ったら犬死になると止めても、大義の為に死ぬのだと聞く耳をもたない。


吉之助がいてくれればと思うと書き綴ってある正助の文を読み、吉之助も薩摩に思いを馳せる。


木場は吉之助に、いよいよ日本が変わり始めると言う。


木場は、
“菊池様が薩摩に帰られる日もそげん遠くはなかとではごわはんか”
と言い去って行く。


島の菊池源吾ではなく、西郷吉之助が目を覚ました。


愛加那は不安で吉之助を見つめる。


⇒無料で「西郷どん」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



西郷どん 20話の感想


今回の感想は、大山さんの台詞、
“ないごてそれを早言わん!”
に尽きます。


昨今言われているコミュニケーション能力の必要性を実感した回でした……。


伝えるって難しいですね!


俺には俺のやり方しか出来ん!って、謝ってましたが、糸にも結局告白しませんでしたしね、言わない男だな~。


相手にぶつかっていく西郷どんとは対照的な正助のやり方がクローズアップされていました。


欲を言えば、嫁に褒められて気を取り直すのではなく、もう少し大久保正助のいいところをわかりやすく見せて欲しかったです。


今回もうひとつ対照的だったのは、実の父に嫌われ続けた斉彬と、斎興とお由羅と久光の仲の良し家族ですね。


お互いの考えが違っていても親子でいられるシーンは良かったです。


お由羅は悪女のように言われていますが、この久光と斉興の間に居るお由羅が、良き妻で母だったんでしょうね。


お由羅の愛犬を愛でるためのお茶会も面白かったです。


この大河は、ちょいちょい社宅妻とかママ友みたいなシーンが出てきますね。


中園ミホが、こういうママ友づきあいの経験したのかな? と勘ぐってしまう面白い人物描写が出てきます。


前回まで奄美大島の人々が、砂糖を搾取され地獄の日々を送っていたというのに、砂糖たっぷりの菓子を頬張るお由羅……悪魔に見えますね!


悪女っぷりを楽しんで演じているシーンは面白いです。


お由羅の愛犬に言う、桜がとてもお似合いでって気を使いまくりのお世辞が絶妙でした。


熊吉が、美しか……お衣裳がって、絶対ただじゃすまないだろ!ってことを、言っちゃってましたけどいいんでしょうか?


久光の覚醒っぷりも、今後どうなるんでしょうか? このまま国父の自覚を持ち、すんなり斉彬の意志を引き継ぐんでしょうか。


それとも操られていたと思う日がくるんでしょうか。


西郷どんや斉彬みたいに自分を見せることが出来て、人の心が掴める人に憧れるけど、自分にはないと思っている正助と久光。


正助の話術というか、策でしか繋がれない、動かされなければ動けないみたいな状態のままだと虚しいですね。


吉之助と愛加那がすごいラブラブで、見ていて、ヒャーって声が出そうでした。


吉之助を守るための入れ墨を入れさせてくれたお礼を、吉之助に言うって、愛情深い!


いずれ離れ離れなるとわかっているから、今出来るだけの愛情を注ぎたいのでしょうか。


そしてその気持ちを大切に心にしまって、強く生きていくと……、二階堂ふみが泣かせてくれそうです。


⇒無料で「西郷どん」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



無料で20話の動画を観る方法

無料で「西郷どん」の動画を観る裏ワザ!


「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はビデオマーケットなら
無料で「西郷どん」の動画を観ることができます!


プレミアム&見放題コースを選択した場合は、見放題対象作品はポイント消費なしの無料で観れます。


今なら入会時に540ポイント貰えて、ポイントを使用して「西郷どん」を実質無料で観ることができます!


初月無料でお試し登録を実施中で、無料期間中に解約すれば月額利用料は発生しません。


初月無料でお試し登録はいつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので、この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!


⇒ビデオマーケットで無料で「西郷どん」の動画を観るならこちら♪