西郷どん 6話について
公式サイトで無料で動画を観る方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!
※記事下に前後の話のリンクあり

⇒無料で「西郷どん」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

西郷どん 6話のあらすじ

謎の漂流者

藩主・斉彬(渡辺謙)を相撲で投げ飛ばした、西郷吉之助(鈴木亮平)は牢屋(ろうや)に入れられるが、そこには衰弱した謎の漂流者(劇団ひとり)がいた。

男は吉之助を警戒し何を聞いても口を閉ざすが、男を襲う刺客が現れ、吉之助は間一髪で男を助け牢から逃亡し、西郷家にかくまうことになる。

一方、吉之助への思いを抱いたまま嫁入りの日が迫る糸(黒木華)は、厳格な父に外出を禁じられていた。

そんな糸を連れ出した正助(瑛太)は、漂流者から聞いたメリケンの話を聞かせ、好きな人に愛を伝えること、それがラブだと語る。



⇒無料で「西郷どん」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



西郷どん 6話のネタバレ


御前相撲で斉彬を全力で投げ飛ばしてしまった吉之助は牢獄に入れられる。


牢獄で吉之助は、洋服を着た男に出会い、恐る恐る名を名乗ってみるが、男は返事もせず英語の歌を口ずさむ。


その頃、糸は全速力で吉之助のもとへ走っていた。


夜、西田下会所にたどり着いた糸は、
“西郷吉之助さあが、切腹を申しつけられたっちゅうっとは、ほんのこってございもすか?”
と聞く。


門番に止められても吉之助の名を叫ぶ糸を、大山らが止める。


大山に冷静になれと言われ我にかえる糸、大山らは糸が吉之助を想っていることに気付く。


新七が糸に、切腹は命じられていないと教えてやるとみなほっとする。


糸は吉之助への恋心がばれてしまい、恥ずかしさのあまり俊足で逃げ出してしまう。


牢獄では吉之助が男に話しかけるがあいかわらず返事がない。


吉之助は、男に水を飲むように勧め、毒が入っていないとわかるように飲んでみせる。


男は喉が渇いていたらしく、一心不乱に水を飲む。


吉之助が男に、自分の言葉がわかるのか?と聞くと男は
“ノー ノー”
と答える。


食事が運ばれてきたので、また食べてみせる吉之助。


突然、食事を運んできた者が男に襲い掛かる。


吉之助が、引き離すと襲いかかった者は、あの男は我が藩の秘密を見たので殺さないといけないと言う。


吉之助は襲いかかられるが、床に押し倒して気絶させてしまう。


その始終を、家老の山田が見つめていた。






一方、糸は父親に西田下会所に何をしに行ったのか?と責められていた。


糸の父親は変な噂でもたったら、海老原との縁談が帳消しになってしまうから当分家から出るなと言う。


西郷家では、吉兵衛たちが吉之助を心配していた。


龍衛門が吉之助の名を呼んだので吉兵衛が出て行ってみると、吉之助が謎の男を背負って戻ってきたところだった。


吉兵衛が謎の男を誰なのかと聞いても、吉之助もわからないと答える。


家族に戸を閉めさせ、家に謎の男を運び入れる。


翌朝、謎の男が目を覚まし、驚いてここはどこかと訪ねるが、異国の言葉なので誰もわからない。


満佐が日本語でゆっくりと、私の名前は満佐ですと言うと、
“マザー?”
と謎の男は答える。


謎の男は自分は、ジョン・マンだと答える。


大久保家では、朝になっても戸が閉まっている西郷家を心配して正助が様子を見に来る。


吉之助が出てきて、正助はびっくりして、
“生きちょったか!”
と叫ぶ。


吉之助は正助に、メリケンの言葉がわかるか?と聞くが、琉球課にいた父なら少しはわかるが自分は出来ないと言う。


吉之助が、実はメリケンから客人が来ていると弱っていると、福が次右衛門の辞書を持って来てくれる。


謎の男・ジョンは、満佐の作ってくれた朝ごはんを食べる。


正助が辞書を使い、ジョンにお変わりはいるかと聞くとジョンはイエスと答える。


吉之助達は、正助のメリケン語が通じたと興奮する。


正座をして箸を上手に使うジョンを正助はいぶかしがるが、満佐と喜久は快く受け入れてやる。


正助はジョンにつたないメリケン語で、
“嘘はよくない、この家はみんないい人”
と言い、世話になっているのなら本当のことを言った方がいいと囁く。


ジョンは満佐に服を洗ってもらい風呂に入れてもらっていた。


吉之助は正助に、実は山田からジョンがなぜ藩に潜入したのか聞き出すよう命じれれていたのだと話す。


山田によると、ジョンはメリケンの船で薩摩に密航してきたというこしかわかっていないと言う。


ジョンは牢獄に入れてあるが、何も話さないという。


吉之助は山田から、どんな手を使っても良いからジョンが何の為に薩摩にやってきたのか口を割らせるよう命じられた。


吉之助は、メリケンからの密偵のようにはどうにも思えないと言い、正助は、渡航の禁かと気づく。


ジョンは、禁を破りメリケンに渡ってしまったことが発覚するのを恐れて何も言わないのではないかと正助と吉之助は推測する。


死罪になるのがわかっていてなぜ戻ってきたのか、それが知りたいと吉之助は言う。


吉之助を呼ぶ声がして、ジョンが自分の洋服を持って逃げ出そうとしていた。


ジョンは吉之助に捕まえられ、自分は土佐に行くから離せと暴れる。


土佐と聞いて吉之助は、本当のことを話してくれと言う。


吉之助は、自分たちの殿は異国のことをよく学んでいるから本当ことを話しても死罪にはならないとジョンを説得する。


正助も実際に死罪にするつもりなら、もうその首が飛んでいるはずだと言う。


ジョンは吉之助を睨みつけ、信じるものかと吐き捨てる。


ジョンの目に満佐が映り、自分は母親のことを思い出し
“おっかあ……、おっかあ……”
と声をあげる。


吉兵衛は、ジョンに飲もうと手招きしてやる。


正助は、ジョンの母親が土佐にいるということかと気づく。


ジョンの目的がやっとわかった吉之助は、殿ならきっと土佐帰してくれるとジョンの手を握りしめる。


斉彬は吉之助からの手紙を読み、死を覚悟してまで母に会いに来たのだと納得するが、山田は、本当かどうかわからないと忠告する。


斉彬は山田に、ジョンの母親のことを調べさせろと山田に命じる。


斉彬は、吉之助の働きぶりに満足していた。


半月後、西郷家にお城の使いがやって来た。


役人は殿より届け物だと言って風呂敷包みを渡す。


西郷家の家族は、殿さまからの届け物にびっくりしている。


包みを開けると着物と書状が入っており、ジョンの母子は元気にしているという。


着物を握りしめ、おっかあを思い出すジョン。


ジョンは日本語で話し始める。
“わしは、中之浜の万次郎言うがよ。隠しとって済まんかった”


満佐は、どうしてメリケンに?と聞く。


ジョンは、漁船に乗って遭難しアメリカのクジラ船に助けられた。


ジョンはクジラ船で世界を回り色々な国の人に会い楽しかったが日本に残った母親が気になってしまった。


死罪になるかもしれないが、居ても立っても居られなくなってしまって海を渡った。


アメリカでは、ラブが一番大事であり家族でも恋人でも好きという気持ちを堂々と伝える、好いた者同士が一緒になると言う。


琴も正助も、親が縁組しないのかとびっくりする。


吉之助は海の向こうはそんなにも違うのかと感心する。


ジョンは斉彬に召し上げられ城にあがった。


ジョンは斉彬のことをメリケン人みたいな殿さまがいると聞いたといい、メリケン人は天狗のように見えると教える。


メリケン人はみんな優しいと聞き、ではなぜ砲撃してくるのかと斉彬が聞く。


万次郎は、薪やら水が欲しいのだろう逆らって打ち払えば戦になると言う。


斉彬がメリケンに勝てるかどうかと聞くと、琉球で見た大砲は古臭いもので軍艦もないそもそも鉄をつくる工場もないとズケズケと言ってしまう。


斉彬は感心し、ジョンが国の政や付き合いを知っているとは日本では考えられないと言う。


ジョンは、自分の乗っていた船では誰でも学びさえすれば金持ちでも大統領でもなれるのだと言う。


斉彬はジョンが土佐に帰るまでの間、メリケンのことを教授してくれと頼みジョンも快く引く受ける。


斉彬派ジョンから蒸気船の仕組みを教えられ、早速、蒸気船の製作に着手した。


吉之助は、城に呼ばれる。


斉彬は吉之助にジョンの件の働きを労う。


斉彬のそばにいる藩士は牢獄でジョンを襲った男だと気づくと、斉彬は吉之助を試したのだと言う。


斉彬は今回の件で褒美を取らせると言うので、吉之助は正助と次右衛門の処分を解いて欲しいと頼む。


正助はジョンと言葉を取り持ってくれた、正助の祖父は皆吉鳳徳という藩医だったと斉彬に報告する吉之助



斉彬はお由羅騒動での処分は江戸に居て詳しくないので、で次右衛門は遠島処分になり、正助は謹慎になったと山田が教える。


吉之助は、大久保正助は文武両道で薩摩に必ず役に立つ男だからとお願いする。


斉彬派いずれ吉之助や正助の力を借りる日が必ず来るからそれまで精進して待てと言い渡して去っていく。


斉彬に自分の気持ちが届いたことと、身に余る言葉に、吉之助は胸がいっぱいになる。






西郷家の櫓で、吉之助は正助に斉彬の言葉を伝える。


正助は、
“お殿様から、直々にそげなことを仰せられたか”
と喜ぶ。


吉之助は、正助も次右衛門も必ずご赦免になるからもう少しの辛抱だと、本当にうれしそうだ。


正助は、吉之助に、糸と会って話をしてみないかと言う。


糸の縁談を止めるなら今しかないと正助が言うが、糸が自分に気があると気づいていない吉之助は、それは正助のことだろうと返事をする。


糸に思いのたけを伝えて来いと言われて正助はつい大声で、
“違う!”
と叫んでしまう。


糸を止められるのはお前だけだと、いつも冷静な正助にしては珍しく感情的に訴えられ。わけがわからず驚く吉之助。


一部始終を聞いてた熊吉と琴は、吉之助はこのままでは一生、糸の気持ちに気付かないだろうと呆れる。


熊吉と琴は、糸の家を訪ね、赤山の墓参りに連れ出した。


糸は熊吉と琴に、赤山の月命日は明日のはずなのにどうしてとと聞く。


琴はこうでもしないと外にでられないからと謝り、正助が現れ、自分が頼んだのだと説明する。


正助は糸に、
“糸さあは吉之助さあのことラブしちょっとじゃろ”
とはっきり言う。


後悔しないように気持ちを伝えないといけないと正助は糸を励ます。


正助にお礼を言い、走り出す糸。


西郷家に着くと、吉兵衛から吉之助の縁談がまとまったと聞かされるショックを受ける。


橋の上で吉之助に下駄をぶつけたことを想い出していると、急に吉之助に声をかけられ驚く糸。


糸に下駄をまた失くしたのかと心配したり、火打石の巾着のお礼を笑顔で言う吉之助。


吉之助は糸に海老原はいい男だが、正助の方がもっといい男だと勧める。


糸は吉之助のあまりの鈍さに
“もうよかです!”
と怒り出す。


糸は、
“私は海老原様に嫁ぐと、たった今決めもした”
と言ってしまう。


糸は吉之助に、メリケンでは親の決めた相手ではなく、好きな者同士が夫婦になることが出来ると聞いたと話す。


糸がいつかそんな風に自由で良い国になると思いますか?と聞くと頷く吉之助。


それは十年後なのか? 二十年後なのか?と糸の勢いに気圧される吉之助。


糸は、
“私は間に合いもはんじゃした”
と項垂れる。


糸は顔を上げ、吉之助に告白する。
“岩山糸は西郷吉之助さあを好いちょいもした”


子供の頃から大好きだったと言われ、驚いて声も出ない吉之助。


面白か人じゃと言って、そいならと去って行く糸。


吉之助が見えないところまで来ると、一人で泣き崩れる糸。


嫁入りの日、吉之助と糸は、橋の上で言葉を交わさずにすれ違う。


⇒無料で「西郷どん」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



西郷どん 6話の感想


西郷どんと正助が面白い顔いっぱいしてましたね!


糸に告られてパニくる西郷どんの顔が織田裕二みたいで、かなり面白かったです。


正助もとっちらかってて面白かったけど、特にラブしとっとじゃろって台詞が、恥ずかしそうで微笑ましかったです。


正助が片言の英語で、西郷家はいい人ばかりだら騙すなとジョンに言っていましたが、自分もね! と突っ込みましたね。


糸に自分の気持ち言えばいいのに~、吉之助に全部言えばいいのに~、ってところでも言いませんでした。


きっと自分の気持ちより糸の気持ちを大事に考えているからですよね。


西郷どんの言う通り、正助さあはよか男じゃね!


そして今回は、ジョンと糸のエピソードがパズルのようにハマっていました。


ジョンからメリケンは恋愛結婚だと聞き、親の決めた縁談に悩む糸にそれを教えてやり、糸は決心して告白しに行き……


これから国を変えていこうとする吉之助に、自由な良い国にして欲しいと言う……


色々伏線が回収されて行きましたが、吉之助が実はジョンを探るよう斉彬に命じられていたんですね。


実はその為に投獄されたって大胆な引っ張りですね、そうきたか~って感じです。


たしかに言われてみると、やたら西郷どん親切でしたもんね。


それにしても西郷どんは、誰でもおんぶしてあげるのが好きですね。


どうみても日本人のジョンですが、そうか、みんなメリケン人を見たことないからわからないのか~って勝手に納得してました。


正助にそんなに上手に箸使う?って怪しまれて、ジョンが汁を吹き出すところとかコントでしたね。


ジョンは母に会うために日本に戻って来たので、満佐をマザーに聞こえたりするとか、細かい台詞もありました。


松坂慶子が、最初の方はほとんど台詞がなくて、いつ喋るんだろうって思ってたんですが。


前回からいいお母さんキャラで活躍していますね。


大らかなお母さんから、懐の深い息子が出来るという設定なんでしょうか。


優しいお母さん、カリスマ性のある上司、理想の人物になる為に、理想の環境がそろっていますね。


家族に囲まれ、近所の子たちと喧嘩もいたずらもして、読み書きも一生懸命やると。


二十一世紀の育児書に謳われている生活は、幕末の薩摩にありって感じですね。


幕末に活躍する人物達がたくさん輩出されるのですから、そういう環境だったのは確かなんでしょう。


成功する子は薩摩武士のように育てればいい、というタイトルの本とか出たら面白いかも? 売れないかな……。


⇒無料で「西郷どん」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



無料で6話の動画を観る方法

無料で「西郷どん」の動画を観る裏ワザ!


「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はビデオマーケットなら
無料で「西郷どん」の動画を観ることができます!


プレミアム&見放題コースを選択した場合は、見放題対象作品はポイント消費なしの無料で観れます。


今なら入会時に540ポイント貰えて、ポイントを使用して「西郷どん」を実質無料で観ることができます!


初月無料でお試し登録を実施中で、無料期間中に解約すれば月額利用料は発生しません。


初月無料でお試し登録はいつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので、この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!


⇒ビデオマーケットで無料で「西郷どん」の動画を観るならこちら♪