サバイバー 宿命の大統領 2話について
あらすじとネタバレ、感想を紹介します!
※記事下に前後の話のリンクあり

⇒無料で「24」の動画を観るならコチラ♪
※主演のキーファー・サザーランドさんの代表作です



サバイバー 宿命の大統領 2話のあらすじ

~就任初日の騒乱~

爆撃から一夜明け、FBIは捜査を開始。

新大統領が初日に直面したのは、勝手な行動を取る州知事や、確証のない時期尚早な爆撃犯断定の動きだった。



⇒無料で「24」の動画を観るならコチラ♪
※主演のキーファー・サザーランドさんの代表作です

▼▽無料で“24”の動画を観る▽▼



サバイバー 宿命の大統領 2話のネタバレ

【起】


ハンナは手際よく事後処理を行っていた。


不発弾は解析のため運ばれていく。





トムの演説の受けはイマイチだった。


トムは寝る暇もなく翌日の業務に取り掛かる。


“フェニックス”が大統領になったトムのコードネームで、ボディガードたちは連絡を取るときに使っている。


大統領室に要人が集まり喧々諤々としていた。


イスラム系住民の風当たりが強い地域があると報告を受ける。


トムは奥の部屋に引っ込んでしまう。


ボディガードも部屋の外で待機させてもらい、一人になり深呼吸をする。


トムには荷が重い仕事だが、生き残っているのはトムしかいなかった。


トムは気持ちを閉めなおして順番に話を聞いていくことにする。


【承】


トムはアーロンに閣僚の候補を絞るように命じる。


銀行は閉鎖だが、キャッシュカードは使用できるようにする。


現場を見に行くというとアーロンは賛成する。





セスは出勤中に警官に呼び止められていた。


IDを見せるとすぐに解放されるが、嫌な感じだった。


警官はケンカ腰でロクな謝罪もなかった。






アーロンとエミリーは閣僚のリストを作る。


すると、ミシガンで動きがあった報せが入る。


ミシガンでイスラム系住民に外出禁止令が出ていた。


外出していると問答無用で逮捕されているのだという。


ニュースにもなっており、トムはミシガン州知事のロイスに電話をする。


しかし、ロクに話を聞かずに電話を切られてしまう。


ロイスはトムをなめきっていた。


【転】


トムのもとにキンブルという女性がやってくる。


トム以外のもう一人の指定生存者だった。


キンブルはトムに友好的で全力でサポートする意思を見せる。





ハンナは不発弾の調査状況を聞きに行く。


外側はロシア製だが、中身は他の国の部品だらけだった。


調べた結果“意図的に不発弾にした”とハンナは推測する。


ハンナはその不発弾は情報のかく乱のためにわざと不発にしたと確信する。





アーロンはミシガンの対応で頭を抱えていた。


エミリーとセスはそれぞれの仕事を忙しくこなしている。


トムもミシガンのロイスの対応に頭を抱えていた。


ロイスは憲法を踏み倒すつもりのため、トムは法的な対応に出るという。


トムとアレックスはペニーにすべてを伝えるのは慎重になっていた。


大統領室に軍の将軍がやってくるので二人で話となる。


将軍は爆発物の特徴から7割がたイスラム系の犯行だという。


しかし、トムは100%の確証が出るまでは強硬策には出れないと主張する。





ハンナは犯行声明が出ていないことが気にかかっていた。


ハンナは上司に不発弾に対する不信感を伝える。


しかし、上司は仮説だけでは不十分だと却下される。





トムは防弾チョッキを着て現場に行く準備をする。


アレックスも防弾チョッキを着るようにとマイクは主張する。


マイクは
“ホワイトハウスから出るには防弾チョッキを着て正面から出るか、野球帽をかぶって裏口から出るかです”
と伝える。


マイクとアーロンはトムを現場に連れていく。


“住宅都市長官”の時のコードネームが“眼鏡”だと知り、トムは眼鏡を外す。


現場に着くと、大統領のトムの到着にみんなが注目する。


無残な議事堂の姿にトムたちは唖然とする。


FBI副長官から報告を受ける。


副長官はハンナの仮説は伝えなかった。


副長官はおそらくはイスラム系だと伝える。


トムは防弾チョッキを脱いで演説を始める。


マイクは躊躇うがトムは“自信を見せに来たんだ”という。


ペニーは暇を持て余しテレビをつける。


テレビには現場にいるトムとアレックスが写っていた。


トムはセスが用意した原稿を読んで演説を始める。


拡声器からトムの声がみんなに届く。


トムは順調に演説をこなしていた。


しかし、ミシガンでも衝撃的な動画がそれぞれのスマホに届いて聴取たちが騒然としだす。


ミシガンでは警官が少年に暴行を働いていた。


記者の一人がトムに話しかける。


トムは詳しく話を聞くために演説を中断して話を聞こうとする。


聴衆たちは騒然としだし、一人の男がスマホをトムに見せようと近寄る。


ボディガードたちが銃だと勘違いして大騒ぎになる。


ボディガードたちはトムを車に詰め込みホワイトハウスに帰る。


【結】


トムはミシガンのロイス知事に何とかして連絡を取ろうとする。


警官に暴行を受けた少年は重体になっているのだという。


トムはロイスにどのような処置をとるか二人の男にアドバイスを求める。


“大統領命令は反感を買う”

“大統領布告は弱腰”

“戒厳令は諸刃の剣”

だった。


トムは自分で対応策を考えることにする。


アレックスの意見も参考にする。


トムは過激ではなく政治的に対処したいのだという。


少年が死亡したと報せを受けて、トムは顔色を変える。





トムはなんとかロイス知事とテレビ電話ができるようになる。


トムは逮捕者を全員釈放するように命令する。


トムは
“今日逮捕した人の中に潜入捜査官がいる。断ると連邦捜査を妨害することになる”
といってカマをかける。


ロイスは観念して、逮捕者を借用するという。


トムは礼を言って電話を切る。


トムのハッタリにみんな感心していた。


トムはその場にいたみんなの信頼を徐々に勝ち取っていく。


トムはセスを呼び出して、今朝のことを話す。


セスはあまり気にしていない様子だが、トムは申し訳なさそうにしていた。


トムは護衛を提案するが、セスは苦笑いして断る。





トムは死亡した少年の両親に電話をしてお悔やみを述べる。





トムはマイクに野球帽を借りて裏口から外に出る。


トムは現場に行き、作業員一人ひとりをねぎらっていた。


トムはマイクに
“連れてきてくれたありがとう”
といって、防弾仕様のない普通の乗用車に乗り込み帰っていく。


トムが帰ったあと、現場では“生存者を見つけた”という声が響き渡る。


⇒無料で「24」の動画を観るならコチラ♪
※主演のキーファー・サザーランドさんの代表作です

▼▽無料で“24”の動画を観る▽▼



サバイバー 宿命の大統領 2話の感想


トムが一気に成長しすぎ!?


“普通のおじさん”だったハズが、すでに“ジャック・バウアー”並みの貫録を身に着けています。


強気な軍人を上手くあしらったり、政治的な駆け引きを上手く使ったり“住宅開発局長官”ではなく、しっかりと“大統領”になっています。


アーロン、エミリー、セスなど、側近たちの信頼も得たようです。


直近の内なる敵は軍の将軍になりそうですね。


将軍は過激な行動に出たくてウズウズしています。


早計な判断に出た場合、第三次世界大戦に発展しかねません。


世界中を巻き込んだ核戦争になってしまうため、トムは慎重を期しています。


トムが正しい決断を下すためには、ハンナの調査が重要になりそうです。


FBIの副長官はハンナの意見を却下していました。


ハンナはトムに直接話しかけることができる地位ではありません。


“ハンナがどのようにトムに接触するのか?”が一つの見どころとなりそうです。


もしかしたら、「24」の時の大統領とジャックのような、強い信頼で結ばれた関係になるかもしれません。


現場のハンナが今後どのように活躍するのか楽しみです!


⇒無料で「24」の動画を観るならコチラ♪
※主演のキーファー・サザーランドさんの代表作です

▼▽無料で“24”の動画を観る▽▼



無料で「24」の動画を観る方法

 
無料で「24」の動画を観る裏ワザ!
 

「DVD借りるとお金がかかるし…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はHuluなら
無料で「24」の動画を観ることができます!


「24」だけでなく、扱っているすべての作品が見放題です!


2週間無料トライアル実施中で、無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。


無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので、この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!