サバイバー 宿命の大統領 について、打ち切りの理由などを考察します。


主演のキーファー・サザーランドさんは、あの伝説的海外ドラマ“24”で世界的に有名になりました。


日本では“どきどきキャンプ”というお笑いコンビの鉄板のモノマネのネタにもなっていましたね。


“24”はシーズン8まで続いた超大作ですが、“サバイバー 宿命の大統領”はシーズン2で正式に打ち切りとなってしまいました。


キーファー・サザーランドさんの圧倒的知名度をもってして、なぜシーズン2で打ち切りになってしまったのか、その理由を“24”と比較しながら考察したいと思います。


⇒無料で「24」の動画を観るならコチラ♪
※主演のキーファー・サザーランドさんの代表作です




サバイバー 宿命の大統領 とは?



国  :アメリカ
制作 :ABCスタジオ
総指揮:マーク・ゴードン
主演 :キーファー・サザーランド
シーズン :2
総話数:43
1話 :42分

【概要】
題名は、アメリカで実際に一般教書演説の際に行われている、大統領継承権保持者のうち一人をアメリカ合衆国議会議事堂から離れた場所に待機させる「Desinated Survivor(指定生存者)」制度に由来する。

主演はキーファー・サザーランド。

サザーランドは『24:リブ・アナザー・デイ』以来久々のテレビドラマ出演で、本作ではプロデューサーの一人としても名を連ねている。


【あらすじ】
アメリカで住宅都市開発長官を務める主人公のトム・カークマンは、現職の大統領との折り合いが悪く、とある政策を巡る意見の衝突から解任されることになり、「重要な政策に関与させないため」として「指定生存者」に指名され、一般教書演説への出席を禁じられてしまう。

ところが、その一般教書演説の最中に連邦議会議事堂がテロリストにより爆破され、大統領・副大統領以下閣僚がほぼ全員死亡してしまったことから、唯一生き残ったトムは大統領職を継承しなければいけないことになってしまう。


キャストは?


主要登場人物を演じるキャストを紹介します。

キーファー・サザーランドさん

名作ですね #24 #名作 #キーファーサザーランド #ジャックバウアー #見たらとまらない #単身赴任

nakazawaさん(@y.k19790426naka)がシェアした投稿 –



主人公のトムの役です。


ナターシャ・マケルホーンさん



真ん中の女性で、トムの奥さんのアレックスの役です。


マギー・Qさん



ウェルズ捜査官の役です。


現場で体を張るのはこの人です。


“24”のジャックの役割に該当します。


⇒無料で「24」の動画を観るならコチラ♪
※主演のキーファー・サザーランドさんの代表作です

▼▽無料で“24”の動画を観る▽▼



サバイバー 宿命の大統領 が打ち切りになった理由


サバイバー 宿命の大統領 が打ち切りになった理由はいくつかあると思うので、一つずつ解説します。

理由1:視聴者数の減少


1話の米国での放送日は2016年9月21日で、その際の視聴者数は1004万人です。
※視聴率とは違うので、その辺は補足で解説します。


“24”の視聴者数は平均1380万人だと言われているため、出だしで1000万人をこえているのは好スタートといえます。


面白い展開が続けば、“24”と同等の数字をたたき出したかもしれません。


やはり、主演のキーファー・サザーランドさんのブランド名の力だと思います。


しかし、そこから順調に下降していきます。


シーズン1の最終話では507万人になり、シーズン2の最終話では300万人ほどに落ちてしまいます。


ちなみに、“24”のスピンオフ作品“24:レガシー”(シーズン1で打ち切り)は、シーズン1の最終話の視聴者数は342万人です。


“24:レガシー”の視聴者数の下降線の落ち方は“サバイバー 宿命の大統領”より酷いので、“24:レガシー”がシーズン1で打ち切られたのは妥当のようです。


補足:アメリカのテレビ事情


アメリカのドラマは視聴者数が悪ければ容赦なく打ち切られます。


それは、日本とは違うアメリカのテレビ事情に関係があります。


日本は基本的にテレビは無料で観ることができます。


しかし、アメリカはケーブルテレビで受信料を払わないとテレビの視聴ができません。


そのため、誰でも無料で観れることが前提の“視聴率”ではなく、「契約している人がどれだけ観ているのか?」という“視聴者数”が重要になります。


放送する側にとっては、日本よりもシビアな状況にあるといえます。


また、アメリカのドラマは日本と違い制作費を膨大に投入してスケールの大きい作品を作る傾向にあります。


“製作費を膨大に投入しているのに視聴者数が稼げない”作品が早急に打ち切られるのは自然なことかもしれません。


理由2:視聴者が“24”と比較してしまう


理由1の“なぜ視聴者数が減ったのか?”ですが、それは当然“24と比べて面白くなかったから”です。


主演がキーファー・サザーランドさんということで、視聴者はどうしても“24”と比較してしまいます。


そこで、「“24”と比べて面白くなかった」と個人的に思った箇所をまとめました。


政治色の強い作風


“24”は主人公のジャックが現場の最前線でドンパチやるスリリングな展開が魅力でした。


それに対して、“サバイバー 宿命の大統領”は主人公が大統領で政治色が強いです。


「そういう作品だし…」といってしまえばそれまでですが、キーファー・サザーランドさんが主演というだけで視聴者としてはドンパチを期待すると思います。


どうしても“コレじゃない感”が拭えませんでした。


主人公のキャラクター


“24”のジャックは「1万人を救うためなら、100人の命を平気で見捨てる」という合理的で冷徹な男です。


テロリストたちに単身で突っ込んでいき、銃撃戦でテロリストを殺しまくります。


また、監視カメラで同僚がボコボコに殴られてるのを平然と見ながら「敵が有力な情報を漏らすまで待つ」こともします。


すがすがしいほどの合理主義者で、それが“無敵超人ジャック・バウアー”の魅力でした。


それに対して、“サバイバー 宿命の大統領”のトムは「普通の気のいいおじさん」です。


“トム・カークマン”という名前からして大人しそうで、“ジャック・バウアー”という強そうな名前に負けている感があります。


視聴者として“強いキーファー・サザーランド”を期待してしまうので、どうしてもトムにはなじめませんでした。


印象的なセリフがない


“24”の名言としては、どきどきキャンプもネタにしていた
「君をこの件に巻き込んでしまったことを……本当にすまないと思う…」
などたくさんありますよね。


「両手を挙げて~!」
※銃を構えて、定番のセリフ


「ジャック・バウアーだ」
※「両手を挙げて~!」からの、味方だと判明した後に握手を求めながら。コレも定番


「クソー!!!!!」
※悪い報せを聞いたとき。コレも定番ですね


「お楽しみ(拷問)の時間だ」
※情報を吐かないテロリスト相手に。ほくそ笑みながら。



セリフではありませんが、ジャックが現場にいてオペレーターのクロエとのやり取りも臨場感があって面白かったです。


どのセリフもシーンも、現場のギリギリの状況で出てくる印象的なセリフばかりでした。


それに対して、“サバイバー 宿命の大統領”には特にそのような名言などはありません。


どのセリフも短気なジャックだからこそ生まれた名言のため、温厚なトムからは名言は出にくいのかもしれませんね…


⇒無料で「24」の動画を観るならコチラ♪
※主演のキーファー・サザーランドさんの代表作です

▼▽無料で“24”の動画を観る▽▼



サバイバー 宿命の大統領 の打ち切りの理由まとめ


やはり「比較対象が“24”になってしまうハードルの高さ」が、打ち切りの理由だと思います。


主演がキーファー・サザーランドさんのため、視聴者は自然と“24”並みかそれ以上の面白さを期待してしまいます。


もしも「“24”が存在しない世界」だったら普通に楽しめたと思います。


ハリソン・フォードがスターウォーズの“ハン・ソロ”の影に苦しんだのと同じような現象ですね…


ですが、政治的なやり取りが好きな方には“サバイバー 宿命の大統領”もいいかもしれません。


どちらかというと、自分に合うかどうか一か八かで“サバイバー 宿命の大統領”を見るよりは、鉄板で面白い“24”をオススメします!


⇒無料で「24」の動画を観るならコチラ♪
※主演のキーファー・サザーランドさんの代表作です

▼▽無料で“24”の動画を観る▽▼



無料で「24」の動画を観る方法

 
無料で「24」の動画を観る裏ワザ!
 

「DVD借りるとお金がかかるし…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はHuluなら
無料で「24」の動画を観ることができます!


「24」だけでなく、扱っているすべての作品が見放題です!


2週間無料トライアル実施中で、無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。


無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので、この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!