コンフィデンスマンJP 7話について
公式サイトで無料で動画を観る方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!
※記事下に前後の話のリンクあり

⇒無料で「コンフィデンスマンJP」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

コンフィデンスマンJP 7話のあらすじ

ダー子(長澤まさみ)とボクちゃん(東出昌大)は、リチャード(小日向文世)の知り合いだった矢島理花(佐津川愛美)という女性の話を聞く。

1年前、バーでリチャードの財布をすろうとして失敗した理花は、天涯孤独の身で、夜の仕事を転々としているうちにスリまでするようになったらしい。

時々理花と会うようになったリチャードはまともな生き方をするよう何度も説得していた。

だが、彼女は耳を貸さず、結局しくじって刑務所に服役することになったという。

出所するまで理花の家財道具を預かることにしたリチャードは、それをダー子の部屋へと運んだ。

そこでダー子が見つけたのは、理花の母親の遺品から出てきた手紙だった。

送り主の与論要造(竜雷太)は、10億円の資産を子どもの誰かに譲ると手紙に記していた。

五十嵐(小手伸也)の調査によれば、要造は鎌倉に住む資産家で現在闘病中。

だがその正体は、違法すれすれの株式操作で荒稼ぎしていた経済ヤクザだった。

理花は、要造が愛人に産ませた子どもだったため、母親や兄姉からひどい苛めを受けていたらしい。

そんな生活に耐えられなくなった理花は10歳のときに要造のもとを離れて実母のところに戻ったものの、愛人稼業の母親とも折り合いが悪くなり17歳で家を飛び出してしまっていた。

刑務所を訪れて理花と面会したダー子は、彼女が要造の家を出て以来18年もの間、一度も連絡も取っていなかったことを知ると、理花に成りすまして要造のもとを訪ねる。

理花の兄姉――祐弥(岡田義徳)と弥栄(桜井ユキ)は、突然現れたダー子に疑いの目を向けていた。

そんななか、ボクちゃんは、ダー子が要造に話した作り話のせいで、理花を振った造り酒屋の息子役を演じる羽目になり……。



⇒無料で「コンフィデンスマンJP」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



コンフィデンスマンJP 7話のネタバレ


ダー子は、白い部屋で1人で本を読み
「世界平和の為に何が出来るかですって?家に帰って、あなたの家族を愛しなさい…マザー・テレサ」
という。





大きなお屋敷の与論家では、与論要造が庭に出ていてお手伝いさんと話している。


その時、家にチャイムが鳴るとお手伝いさんが対応する。


庭で息子の祐弥と娘の弥栄が、要造を散歩に誘っている。


要造が娘は結婚しそうにないというと、弥栄はお兄さんみたいに失敗したくないという。


祐弥は結婚して息子がいるが、前向きに離婚して今も良い関係だという。


お手伝いさんが
「あの…!お客様なんですが。若い女性の方で、『理花』と名乗っておられます」
というと要造は玄関先にいって
「理花…なのか?」
といいダー子が扮する理花が
「お父様、お兄様・お姉様。ご無沙汰しております。理花です」
というと要造は
「ああ…上がんなさい」
という。





皆でソファで話していると、理花は大きな時計を見て幼い時はこの時計の音が怖かったという。


理花は28歳になっていて、色々な仕事をしてきたが今は休職中だという。


理花は結婚は色々あったが、吹っ切れたという。


理花が行くところがないとわかると、要造はこの家に理花の部屋がそのままあるという。


理花が
「ご迷惑じゃありませんか?」
というと要造が
「お前の家だろ」
というと理花は
「甘えてしまおうかしら」
という。





お手伝いさんが
「お部屋にご案内します」
というと弥栄が
「覚えているわよ。自分の部屋なんだから。ねえ、理花」
という。


理花は自分の部屋にゆっくり向かい、後ろに家族がついてくる。


理花は、自分の部屋を思い切って開けるとそこは本当に理花の部屋だった。


理花は
「勉強机もベッドもこんなに小さかったかしら」
というと要造は
「言ってなかったな。おかえり、理花」
というと理花は
「ただいま、お父様」
という。





要造は1人、昔の家族写真を見ている。


ダー子は小さなベッドから落ちて
「目に見えるものが真実とは限らない。コンフィデンスマンの世界へ…おやすみなさい」
という。





1年前、本物の理花と知り合ったのはリチャードだった。


バーでリチャードの財布をすったつもりだった理花は、自分の鞄の中に何も入ってないことに気付きバーに戻る。


リチャードは
「忘れ物ですよ」
といい理花の財布を返すと理花は
「私の財布まで。あなた何者?」
というとリチャードは
「自分は一体何者なのか…永遠の問いだね」
という。


理花がリチャードと組みたいと言ったがリチャードは断り、度々その店で会っていたという。


理花はまともな生き方をするようにリチャードに説得されたが、結局今は刑務所の中にいるという。


リチャードが出所するまで理花の家財道具を預かることにして、ダー子のホテルの1室に置いてある。


ダー子は、家財道具の中から理花の実母の遺品である手紙を見つける。


その手紙は与論要造から愛人との子供である理花に宛てたもので、子供の中の誰かに10億円の証券を譲ると記されていた。





ホテルの部屋でリチャードとボクちゃんが食事をしながら話していて、ボクちゃんは手紙を読んで
「与論要造?」
というと五十嵐が現れて
「鎌倉の資産家だ」
という。


理花は要造の3人兄弟の末っ子で、要造は闘病中で長くはないという。


ダー子が刑務所にいる理花に会いに行き、ニコニコしながら話を聞きに行ったという。





理花は愛人の子供だったため、義理の母親や兄弟から酷いいじめを受けていたという。


要造も家族には無関心だったため、理花は10歳で実母の元に行ったという。


実母とも折り合いが悪く理花は17歳の時に家を出て、それ以来1人で生きているという。


父親の要造は、違法すれすれの株式操作で荒稼ぎをした経済ヤクザといわれている。


理花は、金儲けと女にしか興味のない父親の遺産は1円も要らないという。





ダー子は、理花の話を聞きながらメモを取る。


ダー子は理花に
「18年、一切会ってないのね?連絡も写真送ったりとかも一切?」
というと理花は
「ないわ」
というとダー子はニコニコしながら
「そりゃそうよね~」
という。


ボクちゃんは、DNA鑑定されたらバレるに決まっているという。





与論家に潜り込んだダー子に弥栄が
「あら理花、白髪があるわよ」
といって髪を抜き取る。


弥栄と祐弥は、要造の髪も採取してDNA鑑定しようとする。


DNA鑑定は、理花扮するダー子と要造は99.9%親子関係にあるという結果が出る。


仕掛けは五十嵐で、医学博士に扮して前もって長男と知り合いになってDNA鑑定したという。





リチャードは、一難去ってまた一難…ボクちゃんにSOSだという。


ダー子が金庫をいじっているところに要造がやってくると、ダー子は床を拭きながら
「あら、お父様。お風呂いかがでした?」
というと要造が呼び、ダー子が要造に近づくと
「下手な芝居はもう止めろ。本性を見せろ。小さい頃から思っていた。
お前が1番俺の血を引いてるってな。このヤクザもんの血だ!そうだろ!」
というとダー子は
「流石、親父さんね。ぶっちゃけ、肩が凝ってしょうがなかったわ。その通り、本当は随分でたらめな生き方をしてきたの」
というと要造は
「それでいいんだよ。例のこと打ち明けてみろ。結婚だよ。色々あったって…」
というとダー子は
「破談になったの!相手の家族に反対されて。古い造り酒屋で、跡取りの嫁としてふさわしくないって…いいのいいのいいの!」
というと要造は
「相手の男をここに呼べ!」
という。





ホテルの部屋ではボクちゃんが
「冗談じゃない。なんで僕なんだ!」
というと五十嵐が
「なんで俺じゃないんだ。スウィートハニー!」
というとボクちゃんは
「僕は行かない。あいつが勝手に始めたことだ。だいたい僕らはチームじゃない。本来皆、1匹オオカミだ」
というとリチャードが
「その通り。見捨てればいいさ」
という。





ボクちゃんは与論要造に会い、ダー子扮する理花の恋人として自己紹介している。


要造は、実家を出て今は跡取りではないという。


ボクちゃんはダー子の手を取り
「はっきりわかったんだ。君のいない人生なんて、なんの意味もないって。僕には家を継ぐことよりも、君の方がずっとずっと大事だ。
お父さん、理花さんを僕に下さい!」
というと要造はボクちゃんに平手打ちして、自分の飲んだ酒の杯をボクちゃんに渡し
「よ~く、言った。親子の杯だ」
という。





ダー子が与論家の自分の部屋でボクちゃんに
「来てくれてありがとう、圭一!後はぽっくり逝くのを待つばかり。金庫の10億、なんとか独り占め出来ないかな」
というとボクちゃんは
「その金は、あの兄弟と理花さんが貰うべきだ」
というダー子は
「あのね…ボクちゃん。家族だからわかりあえるなんておとぎ話。家族なんて幻想なの。ボクちゃんだって身に染みて知っているはずでしょ。
世の中にはろくでもない親がいくらでもいるってさ」
というとその時、お手伝いさんがボクちゃんの布団を持ってくる。


ダー子は、ボクちゃんの顔を見ながら舌なめずりをする。





翌朝家族皆で朝食を取っていて、ダー子が生卵を食べようとすると要造は
「お前、生卵はアレルギーがあったんじゃなかったか?」
というとダー子は
「そうなのよ~。圭一さんにあげようと思って」
というと要造は
「今年のあれが楽しみだな。あれだよ、あれ!毎年みんなで…。お前たちも好きだったからな。特に理花は毎年楽しみにしてた」
という。


要造は、今年は理花と圭一に準備を任せたという。


ダー子が
「何の準備するのよ?」
ボクちゃんはダー子に
「家族が毎年することだろ、何?」
というとダー子は
「わかんないわよ!家族いたことないんだから、私たち」
という。


祐弥と弥栄は、理花が要造に気に入られていて遺産を持っていかれることを心配している。


弥栄は毒でも盛ろうと提案するが祐弥が反対すると
「じゃあ、さっさと理花を追い出しなさいよ!」
という。





与論家の家族の様子を小型カメラで撮っていて、リチャードが刑務所を訪ねて理花に見せる。


理花はリチャードに
「あなたのお友達、凄いことするわね」
というとリチャードが
「そのお友達が、君にこれを見せろとさ。今のお父さんの状態を知れば、気が変わるかもしれないとね。
君はもうじき仮出所が可能になる。もしお父さんの元に行く気があるなら、私は彼らに手を引かせる」
というと理花は映像を見ながら
「これ誰?この2人。祐弥と弥栄?あの兄弟左利きだった。2人とも」
という。


祐弥と弥栄は、実は偽物だということをリチャードはダー子に電話で知らせる。





ダー子たちは、お手伝いさんの聡子さんに祐弥と弥栄がこの家に暮らし始めたのは半年前位だったと聞く。


理花が家を出た1年後には、要造の女好きに嫌気が差し要造の奥さんも二人の子供を連れて出ていったという。





リチャードと五十嵐の情報によると、偽物の祐弥と弥栄は通り名・巣鴨のキンタとギンコでペテン師コンビだという。


2人は要造の遺産目当に子供になりすまして、この家に入り込んでいたことにダー子は怒る。


ダー子は
「要造さんにぶちまけてやろう。それでこっちの勝ちだ!」
という。


巣鴨のキンタとギンコは、医学博士も造り酒屋も偽物らしいということを調べていた。


ギンコは
「お父さんにぶちまけてやれば、こっちの勝ち!」
という。





翌朝、朝食を取っていると…ダー子とギンコが同時に
「お父さん!」
といいダー子は
「野菜も食べないと」
という。


要造は、理花に後で話を聞かせて貰いたいという。


弥栄には肩もみをして欲しいといい、祐弥には1局やろうという。


圭一には、庭木の手入れを頼む。





ボクちゃんがダー子に
「なぜ、ばらさなかった?」
というとダー子は
「そんな勝ち方、つまんないと思ってさ。偽物対偽物。どっちが上か真剣勝負するのも面白いじゃん。待ってなさい。
巣鴨のキンタとギンコ!」
という。





祐弥の子供で、要造の孫を連れてきていて要造を喜ばせている。


ダー子がスマホで調べると、孫は児童劇団の子役でボクちゃんは
「最近の子役は演技が上手いな」
という。


要造は孫が遊ぶのを見て喜びながら
「あと心の残りがあるとすれば、娘二人とも花嫁姿を見られなかったことくらいかな」
というとダー子はボクちゃんを見つめる。





ダー子は花嫁姿、ボクちゃんは花婿になって屋敷の庭で結婚式をしていている。


神父は
「では、近いの口づけを」
というと涙を流しながらダー子は唇を突き出す。


ボクちゃんは要造に
「こんなささやかな式ですみません」
というと要造は
「いや~こんなにいい式はない!」
というとダー子はボクちゃんに
「早く孫の顔を見せてあげましょうね。ねっ?ねっ」
というとボクちゃんは
「ハァ…ガッキーだったらな」
というと要造は
「俺が死んだらお前たちに受け取って貰いたいものが…」
というと弥栄が
「理花!本当におめでとう」
という。


祐弥は、子供の頃に木に登って理花が骨折したという話をする。


ダー子は、骨折したことを覚えていないというと弥栄が
「やっとボロが出た」
という。


祐弥と弥栄は、こんな時に悪いけどといい…理花と要造の口の粘膜で正規機関でのDNA検査をやると言い出す。


弥栄に検査を迫られるとダー子は、子供時代にいじめられていたことを話し始めて
「この家は嫌な思い出ばっかり!私はあなたたちのことを許してない!ずっと苦しんできたし、今も苦しんでいる。牢屋の中で…。
牢屋の中で1人でもがいている。だけど最後だけは、親孝行のまねごとして、全部精算をしようと思った。過去を捨てて、前へ進むためよ!」
というとボクちゃんは
「理花、出て行こう」
という。


祐弥と弥栄は
「逃がさんぞ、偽物!」
といってダー子たちと言い合いになっている。


要造は、花びらをダー子たちに投げつけると
「ほーら。お前らこそ、兄弟げんかはやめろ!お前らが遺産目当てで俺に尽くしていることは、わかっている。
家族なら最後まで家族らしく振る舞え!それが出来ないなら全員出て行け!一銭もやらん」
というと要造は倒れてしまう。





要造はベッドで安静にしていてダー子が
「今死なれたら、金庫の番号わからないもんね」
というと弥栄が
「そっちこそ!」
という。


偽兄弟は、みんなそれぞれのやり方で要造に尽くしている。


朝ご飯を皆で食べながら、本当の家族のように振る舞っている。


聡子さんが
「もうそろそろですね。あれ」
というと要造は理花に準備をしているかと聞くと、理花は何のことかわからないというと要造が
「花火大会に決まってるだろ」
というと全員が
「あ~花火大会か!なんだ」
という。


花火大会の準備は、場所取りやお酒・お重だという。





その時リチャードから電話が来て、ダー子はボクちゃんに
「まいったわ~」
という。


要造が聡子と病院に行っている間に、ダー子は巣鴨のキンタとギンコをある場所に連れて行く。


ダー子がカフェに連れて行くと本物の祐弥と弥栄がいて、10億の遺産があるというのは嘘だという。


株で失敗して全財産失っていて、家も担保に入っているという。


本物の弥栄によると、10億の遺産というのは孤独な老人の虚言だという。


本物の祐弥は、金庫を開けて確かめてみるといいと金庫の番号を教える。





実際に金庫を開けてみると、要造が過去に関係を持った女の人たちの写真だけだった。


巣鴨のキンタとギンコは
「撤収」
といいダー子も
「行くわよ。ボクちゃん、撤収よ。お金取れないのに家族ごっごなんてアホらしいこと、やってらんないわよ」
という。


巣鴨のキンタとギンコは屋敷を去って行き、ダー子も去ろうとするとボクちゃんは足を止めて
「みんないっぺんにいなくなったら、落胆するよ。今の要造さんには誰もいないんだ。金も失い、人も去った。寂しすぎる」
というとダー子は
「そういうのを自業自得っていうんじゃない?」
というとボクちゃんは
「ダー子。たとえ相手がどんな人間でも欺すっていうのは、最低なことだ。僕らはせめて最後まで騙し通しあげるべきだ。
夢に見させたまま逝かせてやるべきだよ」
といって屋敷に残ろうとするとダー子は
「頑張ってね」
といって屋敷を去る。





3週間後、ボクちゃんはダー子のホテルの部屋に行って与論要造の葬儀が終わったことを知らせる。


ボクちゃんはダー子に塩をかけて貰うとダー子は
「最後まで看取ってあげたんだ?」
というとボクちゃんは
「うん。僕と聡子さんとでね」
というとダー子は
「なんか話した?」
というとボクちゃんは
「何か変なこと言ってたっけ?聡子さん。俺が死んだらな、棺桶には家族の写真を入れてくれ。家族の写真だ。
圭一、お前はいいやつだ。他人のお前が残ってくれた。だからな、圭一。
金庫にある10億円の証券、全部お前にくれてやる。お前の好きにしろ。ナンバーはな…」
というとダー子は
「で、ナンバー覚えたの?」
というとボクちゃんは
「一応メモはしたけど」
というとダー子は
「はーい。よく出来ました!」
といってダー子はボクちゃんに
「行くよ!」
という。





与論要造の金庫にボクちゃんのメモしたナンバーで開けると、10億の証券が入っていた。


ホテルの部屋でリチャードが自分の取り分の話をしていると、ボクちゃんが
「ダー子、種明かししろ。どこから僕を欺していた?」
という。


ダー子は本物の祐弥と弥栄というのは実は子猫ちゃんたちで、要造が破産したというのは嘘だという。


リチャードによると、本物の祐弥と弥栄は会社を経営していて遺産など眼中にないという。


先日開けた金庫や金庫の中の写真は嘘で、家を空けている間に五十嵐が金庫を丸ごとすり替えたという。


案の定巣鴨のキンタとギンコは家を立ち去り、ボクちゃんだけが残って要造を看取ったとダー子はいう。


ボクちゃんは
「僕は残ると踏んだのか」
というとダー子は
「だってそれが、ボクちゃんのボクちゃんたるボクちゃんじゃない」
というとボクちゃんは
「本当に酷いやり方をするよ」
というとダー子は
「そうかしら?ボクちゃんがいたじゃん。家族でもない、お金目当てでもない。ただ純粋にそばにいてあげたいと思った。
そんな人と最後の時を一緒に過ごすのが、本当の幸せなんじゃない?」
というとボクちゃんはダー子に
「お前はそれで本当に後悔はないのか?お前は最後まであの兄弟が偽物だとは、ばらさなかった。
ばらしたら、要造さんが可哀想だと思ったからだ。違うか?あの時は、僕ら本物の…」
というとリチャードが自分の取り分の話をするとボクちゃんは
「リチャード!悪いが分配は僕が独断で決める。要造さんは、僕にくれたんだ!僕が決める!」
という。





リチャードは理花に刑務所に会いに行き、遺産の取り分のお金を渡しに行く。


理花は自分の人生を楽しんでいるから、お金はどこかに寄付して欲しいといい
「あんたたちの仲間にしてよ。ねっ?」
というとリチャードは
「要造の娘だね」
という。





ダー子とボクちゃんは浴衣に着替えて、巣鴨のキンタとギンコ・聡子も揃い花火大会を見ようと集まっている。


花火大会が始まろうとしていて、要造の席も真ん中に用意して位牌を飾る。


ボクちゃんは、巣鴨のキンタとギンコにも遺産の分け前をあげたという。


ダー子が聡子に働き口の心配をすると聡子は
「ご心配なく。もう働かなくてもいいくらいのお金頂きましたから。遺産を頂いているんです。たぶん皆さんより沢山。
そりゃそうです!与論要造、最後の女ですもの」
といいビールを開けるとダー子は
「ハハッ。お父さんにはかなわないわね」
という。


花火が始まるとダー子は
「いいね、いいね!お父さん見ているー?」
というとボクちゃんが
「たまや~」
といい皆で家族のように花火を見ている。


ダー子は花火を見ながら、与論家で過ごした偽家族の日々を思い出している。





要造が亡くなる前に棺桶に入れる写真を聡子が要造に確認すると、本物の家族の写真ではなくダー子の結婚式の写真だった。


⇒無料で「コンフィデンスマンJP」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



コンフィデンスマンJP 7話の感想


今回のストーリーは遺産相続の話でしたが、なんだかとても心が温まりました。


見終わった後…いつになくしんみりしたり、家族や親子関係の話って素敵だなと思いました。


最後のダー子・ボクちゃん・ペテン師の二人・聡子さんが要造さんの位牌を囲んで、皆で一緒に見た花火大会は素敵なシーンでした。


じんわりと涙が出そうなラストでしたね。


要造さんは彼らが偽家族だと見抜いていたのかもしれませんが、彼らと過ごせた最後の時間は幸せだったのでしょう。


棺桶に入れた家族写真が、本物の家族ではではなくダー子の結婚式で撮った家族写真だったのですから…。





人生の最後の時間を過ごすとき…お金目的でも家族でもない人が純粋に一緒にいてくれるのは幸せですね。


聡子さんも良さそうな人でしたし、ダー子の言う通り「ボクちゃんがボクちゃんたる」所以ですね。


ボクちゃん、最高です!ボクちゃんの純粋な優しさは、今回は裏目に出ず…良い風が吹き素敵なストーリーになりました。


ダー子もボクちゃんも訳ありで家族がいないようですが、だからこそ…たとえ偽家族であっても家族との日々は楽しい時間だったと思います。


コンフィデンスマンは騙し欺される話ですが、今回は欺したダー子たちが得たものはお金だけではありませんでしたね。





子猫ちゃんたちを雇って本当の兄弟に扮して巣鴨のキンコギンコを騙し、五十嵐に金庫まですり替えさせる辺りは流石詐欺師の仕事でした…。


計算していたのもダー子ですが、ダー子にとって家族ごっこはかけがえのない時間だったのだと…花火を見上げているダー子を見て思いました。


腹黒いところは全く隠さないけど、純粋なところはあまり人に見せないダー子さんが可愛いです。


屋敷に残って最後を看取ることはあえてダー子はしませんでしたが、ダー子は情のある子だと思います。





それにしても家族とは何か?と考えてしまう話でした。


最初のマザー・テレサの言葉が心に突き刺さります。


信用詐欺師の話なのに、家族の話で心が温かくなるって可笑しいかもしれませんが…。





今週のダー子さん、花嫁姿と浴衣が見られましたね!どちらも美しかったです!目の保養になります。


いつになく理花の役の衣装は地味でしたが、それはそれで上品な感じで素敵でした。


本当に要造さんの末っ子の娘という感じがしました。


ぶっ飛んでいるダー子さんも好きですが、そんなダー子さんも好きです。


今週もダー子たちに元気を貰ったので1週間乗り切れそうです!





今回のコメディ要素で笑ってしまったポイントは、ダー子に孫の顔も見せてあげましょうね…といわれてボクちゃんが
「ハァ…ガッキーだったらな」
というシーンです。


ガッキーはこの作品の脚本家、古沢さんの作品「リーガルハイ」に出演していましたね!





コンフィデンスマンは、痛快エンターテインメントですが1つ1つの話にテーマがあります。


それぞれ笑いながら…ちょっと考えたり、しんみりもします。


来週の月曜日も楽しみですね!


⇒無料で「コンフィデンスマンJP」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



無料で7話の動画を観る方法

無料で「コンフィデンスマンJP」の動画を観る裏ワザ!


「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はFODなら
無料で「コンフィデンスマンJP」の動画を観ることができます!


FODとはフジテレビの動画配信サービスです。


「コンフィデンスマンJP」はFODプレミアム対象作品なので見放題です!


FODプレミアムなら1カ月で合計1200ポイント貰えて、ポイントが必要な作品も1200ポイント分は実質無料で観ることができます!


初回1カ月無料の期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。


無料お試し期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので、この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!


⇒FODで無料で「コンフィデンスマンJP」の動画を観るならこちら♪