Missデビル 人事の悪魔・椿眞子 6話について
公式サイトで無料で動画を観る方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!
※記事下に前後の話のリンクあり

⇒無料で「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

Missデビル 人事の悪魔・椿眞子 6話のあらすじ

眞子(菜々緒)から宣伝広報部に研修に行くよう命じられた博史(佐藤勝利)。

しかし今回はリストラのことなど考えずに研修を楽しむよう言われ、少々拍子抜けしてしまう。

そんな折、共亜火災の「子育て支援制度」がテレビ番組で取り上げられることになった。

取材を受けることになったのは、妊娠中の宣伝広報部員・唯香(篠田麻里子)。

部長の寺田(湯江タケユキ)は大ハリキリだが、唯香の仕事をフォローすることになった課長の湊(坂本三佳)をはじめとする女子社員はいら立ちを募らせるばかりで…。

妊婦に優しい職場をアピールしようと寺田が張り切るほど、女性社員の中で孤立していく唯香。

唯香に対する同僚の態度が「マタハラ」にあたるのではないかと博史は眞子に相談するが、一蹴されてしまう。

それぞれの立場から、眞子が共亜火災に来た本当の理由を探ろうとする喜多村(西田敏行)と大沢(船越英一郎)。

眞子が2人をあしらいながら宣伝広報部を見守る中、ストレスによる貧血で唯香が倒れてしまった!

湊は唯香にこれ以上無理をさせるべきではないと主張するが、テレビの取材を優先したい寺田は逆ギレ。

そんな寺田の態度を見た博史は、寺田をリストラ対象者として眞子に報告する。



⇒無料で「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



Missデビル 人事の悪魔・椿眞子 6話のネタバレ


南雲の事件が一件落着。


しかし、過去の事件に共通する縣調査会社と共亜火災の関係に疑問を持ち独自に調査を進める椿眞子。


その事実をしってか知らずか、社長秘書の柴崎が椿眞子の後をつけていた。


誰かの気配に気がつき振り返る椿眞子。


柴崎と目が合う。


椿眞子は何も言わずにその場を立ち去った。






共亜火災人材活用ラボでは花村が豆をぽりぽり食べている。


花村が豆を食べたい訳ではなく、お腹の子が食べたいらしいと花村は言った。


人材活用ラボの全員が一斉に驚く。


花村は同棲しているバンドマンとの間に子供を授かっているようだ。


現在妊娠4ヶ月。


”じゃあ、そう言う事で。シクヨロ”
椿眞子は誰かと電話で話しながら入室した。


その言葉に違和感を感じたのは博史だけだったようで他のメンバーはノーリアクションで仕事に戻った。





人材活用ラボの室長室で今回の研修先を告げられた博史は驚き困惑している。


宣伝広報部で外から見る自分の会社を勉強してくるようにと命令されたのだ。


”リストラは?”
博史が質問する。


今回はリストラ対象者を選ぶ訳ではないらしい。


”宣伝広報部で楽しく過ごしてください。”
微笑みながら椿眞子は言う。


博史は内心で言葉の裏を探っていた。


椿眞子のことだ、何かを企んでいるに違いないと博史は疑っていた。





宣伝広報部は女性が多い華やかな部署だ。


宣伝広報部部長の寺田に呼ばれ応接室に入る。


そこには妊娠中の社員吉武とテレビプロデューサーが打ち合わせの真っ最中だ。


働く女性特集で、産休育休制度が整った共亜火災が取り上げられるらしい。


寺田部長も張り切ってい吉武をサポートしている。





共亜火災の表の顔としてぴったりの人材が揃った宣伝広報部。


その中でも湊課長は仕事の出来るキャアリアウーマンで他の社員の憧れだ。


吉武もその1人だ。

”私も仕事は好きだけど、本当は…”
吉武が何か言おうとしていた。


そこに寺田部長がやって来て声をかける。


体を気遣ってか、ふわっとした服装をしてくるようにとアドバイスする。




博史と同期の関内、堀そして藤堂の4人は居酒屋で飲んでいた。


4人はテレビ取材の話題で盛り上がっていた。


堀は結婚したら専業主婦を希望している。


藤堂は仕事も結婚もどちらも選べないと言った様子だ。


藤堂の口から結婚という言葉を聞いて博史は想像する。


綺麗なチャペルのバージンロード。


タキシードを着た博史は向こうに待つ花嫁に向かい歩き出す。


真っ白なウエディングドレスを着た花嫁。


”真冬ちゃん”
博史が呼びかける。


しかし、振り向いたのはドレスを身に纏い微笑む椿眞子だった。


椿眞子の手には大きな鎌が握られている。


まさしくデビル。


悲鳴をあげ、妄想から覚めた博史は持っていたジョッキをかぶり服がびしょ濡れになった。





宣伝広報部では今回もテレビ取材の途中だ。


寺田部長は共亜火災オリジナルのマタニティーバッチを取り出し得意げに言った。
”社内の妊婦さんにバッチの着用を義務付けようと思ってね”


しかし、吉武と湊課長は戸惑っている。


他の社員も妊婦にだけ優しくするなんてと少々苛立たしい様子で話を聞いていた。


”義務付ける必要はないかと”
湊課長は勤めて穏やかな口調で申し立てた。


寺田は全く譲らない。


とうとうテレビ取材が始まる。


吉武は緊張した表情でインタビューを受けていた。


アナウンサーの質問に寺田が間に入り言う。


吉武は妊娠がわかり退職も考えたが寺田部長が後押ししたおかげで会社を続ける決心がついた。


そんな女性の働きやすい環境づくりを寺田は志している。


椿眞子は吉武の表情をじっと見ていた。


インタビュー取材の後、吉武はマタニティーバッジを取り外し考え込んでいた。


”優しい上司で良かったですね”
表情なく椿眞子吉武に言う。


”あ、はい”
そう答えたが、吉武の表情は暗いままだ。


バッジを外した吉武は周りに気を使わせ過ぎる事に困惑していると話した。


あなたが決める事ですと椿眞子は念を押す。





伊藤人事部長と博史は2人でプリンを食べていた。


子育てと仕事の両立を目指す吉武の話から伊藤人事部長の過去の話になる。


父親に捨てられ、母親に育てられたと言う伊藤人事部長。


伊藤人事部長にそんな過去があった事に博史は驚きを隠せなかった。





会長室で椿眞子は喜多村会長と先日のチェスの続きをしていた。


喜多村会長がホテルアックスの話を始める。


当時、ホテルアックスは大変人気のあるホテルだった。


従業員からも信頼されていた支配人。


その支配人には娘が1人いたようだ。


火災事故のあと、支配人の行方がわからなくなっていた。


喜多村会長の話を椿眞子は黙って聞いていた。


話が長くなり喜多村課長の持ち時間がなくなった。


次回までに次の手を考えておいて下さいと言い椿眞子は席を立つ。


柴崎の方を向きあの夜の落とし物だといい椿眞子がハンカチを差し出した。





宣伝広報部で湊課長は吉武に仕事を頼んでいた。


すかさず寺田部長が割って入る。


妊娠中の寺田に無理をさせないように気を使って他の社員に仕事を振り分けるよう言った。


湊課長は異議を唱えたものの、今回も理解してもらえず挙げ句の果てにはヒステリック呼ばわりされ呆れていた。


他の社員からの不満の声が吉武の耳にも入る。


吉武は肩身の狭い思いを強いられていた。




缶ジュースを飲みながら1人考え込む博史。


沖津がやって着て現状の宣伝広報部をぴしゃりと言い当てた。


同僚からの圧力もまた、マタハラだ。





この状況を椿眞子の報告する博史。


”上司に報告なのでしょうか。それともお友達の私にお悩み相談なのかしら”
椿眞子がジリジリ博史に詰め寄り言う。


”違います”
博史が答えると椿眞子は顎をしゃくり仕事に戻るよう指示を出した。





テレビで先日の取材が流れ始めた。


寺田部長は大変満足そうに放送を見ていた。


寺田部長は吉武の活躍を期待しているようだ。


寺田部長とは逆に他の社員からの吉武への視線はとても冷たかった。





大沢社長と椿眞子は社長室にいた。


熱心に喜多村会長へ会いに行く理由を探っている大沢社長。


椿眞子は縣の名前を出した。


一瞬表情が曇った大沢社長。


お気に障ったなら申し訳ありませんと一言添え椿眞子は社長室を後にした。


秘書の本橋は心配そうに大沢社長を気にかける。





荷物を運ぶ吉武に博史が声をかけ代わりに荷物を運んだ。


無理しないで下さいと言ったその時、吉武はお腹を押さえ意識をなくし倒れそうになった。


間一髪、椿眞子が吉武を支え救急車を呼ぶよう博史に指示した。





病室のベットの上、吉武はまだ眠っていた。


極度のストレスからくる貧血。


医師は吉武の症状からそう言った。


寺田部長が慌てて駆け込んで着た。


湊課長も心配そうに吉武を気遣う。


今回のこの件を湊が無理させていると攻め立てる寺田部長。


取材の件や産後の復帰も吉武が決めた事だと寺田部長は言う。


それを応援していると主張した。





ホテルアックスの件で誰かが伊藤人事部長の元をたづねて来なかったかと大沢社長は聞く。


伊藤人事部長は心配そうに大沢社長に聞いた。
”大丈夫ですか?あの時によく似ているので”


”大丈夫だ。君が心配する事じゃない”
大沢社長は笑って言う。


あの時もそう言いました。


伊藤人事部長はそう言って社長室を後にした。





吉武が倒れ、ストレスの原因は他の社員の態度や言動だと社員全員を前に寺田部長が言った。


他の社員からは不満が爆発する。


子供を産まないと決めた人や産めない人、それぞれの立場があり吉武だけが融通される現状に誰もが疑問を抱えていた。


湊課長はなんとか皆を宥めその場は一旦落ち着いた。





廊下で伊藤人事部長とすれ違う博史。


ベンチに腰掛け博史は打ち明ける。


今回の吉武の件で博史は女性の会社での選択の多さに驚いていた。


結婚や妊娠で選択を迫られない男性と選択を迫られる女性。


平等に活躍できるようになるといいわねと博史の肩を軽く叩き伊藤人事部長は去って言った。





吉武が出社した。


しかし、吉武の顔色はまだ悪い。


体調が悪いなら無理して出社しなくてもいい。無理する方が他の社員にも迷惑がかかると湊課長は吉武に言った。


そんな湊課長を寺田部長は激しく罵った。


その空気に耐えられず、申し訳ありませんとみんなに頭を下げる吉武。


社員の視線は冷たく、誰も口を聞かなかった。





テレビのインタビューが無事に終わったが、部内の雰囲気は悪いままだ。


妊娠中の社員を気遣う部長、周りに迷惑をかけていることに耐えられない妊娠中の社員、仕事のしわ寄せに不満がある他の社員。


誰も悪いわけではないのに雰囲気が悪くなってしまっていることに博史は悩んでいた。


そして何か決心したかのように椿眞子の元へ走った。





室長室で博史は寺田部長をリストラ対象者として椿眞子に報告をする。


今回はリストラ対象者を特定するように言われていないが、寺田部長の言動を人事部員として見過ごせなかった博史。


椿眞子は博史の決断を肯定したが、さるべき人は別にいると言った。





インタビュー番組の最終回の放送が始まる。


宣伝広報部に椿眞子と博史が入る。


吉武に向かい椿眞子はこう告げた。


妊娠中ということで仕事もせずに他の社員に自分の仕事を押し付け楽をしている。


このままあなたが仕事を辞めても生活できると思うのですが。


寺田部長はとっさに吉武をかばい椿眞子を悪魔呼ばわりした。


すると放送が始まった。


画面が切り替わり、辞表を出した吉武と寺田部長とのやりとりが映し出された。


威圧的に辞表を取り下げるようにいう寺田部長の吉武への言動。


また、湊課長へ対する差別的発言の一部始終も放送されていた。


寺田部長は怒り、本音を出す。


伊藤人事部長が入室し、一気に追い詰められる寺田部長。


ビデオカメラを片手に寺田部長に近づく椿眞子。


ふざけるなと叫び寺田部長は椿眞子の腕を掴んだ。


椿眞子は上手くかわし、体勢を崩させ寺田部長へ一蹴りした。


吉武に振り返り、いう。
”あなたには会社をやめる権利があります”


”はい。辞めます。共亜火災を”
吉武は救われたように涙を流し、みんなの前で頭を下げた。





会社をやめる権利とは自分自身の人生を決める権利だと博史は気づかされた。


入社後、驚きの連続だった博史だが少しづつ成長しているのかもしれない。





見たわよ、最終回と言いながら花村は沖津に足をマッサージされながら言った。


ネットが炎上していないか心配している博史だが、取り越し苦労だったようだ。


先ほどの放送は社内限定のLIVE配信で放送された内容とは違ったようだ。


手の込んだ内容だっただけに信じ込んでいたのだ。





柴崎は会長室で紅茶を淹れていた。


”柴ちゃん。私全部気づいちゃった”
喜多村会長は柴崎に向かってこう言った。


柴崎の表情が固まり曇る。


ティーセット変えたよねと喜多村会長が言った途端柴崎は表情を緩め微笑んだ。





その頃博史は共亜火災本社ビルエレベーターでここにいるはずのない人を見かける。


車椅子に乗り、エレベーターに乗り込む博史の父、修だ。


なぜ共亜火災に?


信じられないと言った様子で実家に電話をかける。


父は友人に会いに浜町へ出掛けるといい家を出たと妹の茜は言った。


父がなぜ共亜火災にいるのか?


浜松に行くと嘘をついて出てきたのか?


博史は考えを巡らせる。


人材開発ラボの室長室で椿眞子はパソコンの画面を見ていた。


そこに映ってたのは、防犯カメラの映像だ。


車椅子で廊下を進む修の姿がはっきりと映し出されていた。


椿眞子は広角を少し引き上げ笑った。


⇒無料で「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



Missデビル 人事の悪魔・椿眞子 6話の感想


マタニティーハラスメント。


社会問題にもなるマタハラが今回のテーマでした。


妊娠中の女子社員に対して理解があるようでそうではなかった寺田部長です。


やはり、女性同士でも立場が変われば考えも変わる複雑なこの問題は本人や会社の制度だけでは解決できない問題なのだと実感しました。


実際に、同じような悩みを持っている女性は多くいると思います。


後悔は結婚、出産がテーマだったからでしょうか。


博史の藤堂との結婚式妄想の場面は思わず吹き出してしまいました。


振り返ったのはデビルで、大きな鎌を降り下ろすシーンは圧巻です。


伊藤人事部長の家庭や大沢社長から結婚を申し込まれていた過去には驚きましたね。


同じチームで活躍していただけではなく、深い関係だったお二人なんですね。


そんな大沢社長をよく知る伊藤人事部長が心配になる程追い詰められている大沢社長です。


椿眞子と喜多村会長の会話が気になっている大沢社長ですが、縣の名前が挙がった途端表情が変わりましたね。


やはり、過去二つの事件に関わった大沢社長と縣調査会社は何かを隠しているように感じました。


ホテルアックスの過去の様子を話した喜多村会長の真の狙いはなんなのでしょうか。


話しの流れ的には椿眞子がホテルアックスの支配人の一人娘で、火災事故の保証が支払われなかったことに恨みを持ち共亜火災に潜り込み弔辞の関係者に復讐を目論んでいると考えるのが自然です。


ではなぜ、共亜火災の膿を出し再建させるようなことを買って出ているのでしょうか。


博史を気にかけ成長させるような経験を積ませているのはどうしてなのでしょう。


そして、博史の父修は共亜火災とどんな風に関わっているのでしょう。


まだ点と点が繋がりきっていないのでなんとも言えませんが、徐々に見えてくる登場人物たちの過去が明らかになる様子がどんどん話に引き込まれます。


⇒無料で「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



無料で6話の動画を観る方法

無料で「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」の動画を観る裏ワザ!


「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はHuluなら
無料で「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」の動画を観ることができます!


「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」だけでなく、扱っているすべての作品が見放題です!


2週間無料トライアル実施中で、無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。


無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので、この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!


⇒Huluで無料で「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」の動画を観るならこちら♪