○○な人の末路 4話について
公式サイトで無料で動画を観る方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!
※記事下に前後の話のリンクあり

⇒無料で「○○な人の末路」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

○○な人の末路 4話のあらすじ

広告会社でデザイナーとして働く、萩原利樹(二階堂高嗣)は毎日仕事に追われて妻・千鶴(入山法子)と娘の莉里(野澤しおり)との時間をとることもままならない。

そんな中、利樹は仕事の納期や内容変更が重なり、約束していた莉里のお遊戯会の朝、疲れから寝過ごしてしまう始末。

仕事に追われ「疲れた」が溜まりきった利樹は「田舎でのんびり暮らしたい。

時間に追われて仕事をしたくない」と、家族と都会を離れる決意をする。

スローライフを目指して田舎で暮らし始めた利樹の末路は・・・。



⇒無料で「○○な人の末路」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



○○な人の末路 4話のネタバレ


広告デザイナーの萩原利樹は、家族との生活を大事にしようと田舎暮らしを始めることにしたのだった。





引越しを済ませたログハウスでは、利樹がうれしそうにコーヒー豆を挽いている。


妻の千鶴と娘の莉里は、テレビのお天気ジャンケンをしている。





利樹が仕事をしていると、千鶴が
“食べてみて”
とシフォンケーキを差し出す。


“うまい!”
という利樹の言葉に千鶴は安心した。


引越しの挨拶用にたくさん作っていたのだった。


これから挨拶周りに行こうと言う利樹に、千鶴は
“仕事終わってからでいいんじゃない?”
と言うが
“いいの。自分のペースで仕事するって決めたんだもん”
“家族との時間をとって、ゆーったり暮らそうって”
と利樹は言う。


その言葉に、一同納得して早速出かけようとする。


そこへ戸を叩く音がする。


見ると、ガラス戸越しに人が立っており鍵を開けるように手振りをしている。


利樹が戸を開けると、
“こんにちは~、お隣の草林です”
とやたらニコニコと馴れ馴れしい人だった。


利樹が挨拶が遅れたことを謝ると、草林はづかづかと部屋へ上がりこむ。


草林は、明日の町内会の集まりでみんなに紹介してあげるから来るように言う。


利樹たちはグイグイくる草林に戸惑いながらも、同意する。





利樹はパソコンを前に、夜空を見上げている。


夜まで仕事をしている利樹を心配して、千鶴は都会と変わらないんじゃないかと言う。


利樹は、気持ちいいからいいアイデアが浮かぶんだと満足そうである。


明日の町内会の集まりが終わったらやればいいからと、利樹はパソコンを閉じる。


千鶴は、利樹の余裕ある態度に驚く。


“こっち来てよかったね”
という千鶴に
“思い切ってよかった”
と二人で満天の星空を見上げる。





翌日、村のご近所さんたちと対面する。


その後、村の掃除を手伝うが、運んでいた丸太の重たさに利樹は転んでしまう。


村の人に
“若いのに鈍臭いな”
と笑われて、利樹も愛想笑を浮かべる。





やっと掃除が終わり休憩していると、草林がこれから萩原たちの歓迎会をしようと提案する。


利樹は軽く断るが、草林は聞かない。


誰の家でするかという話で、村の人たちは黙り込んでしまう。


利樹は堪りかねて
“うちでやりませんか?”
と言ってしまう。


村の人たちは歓迎会なのに悪いと言いながらも遠慮がなく、そうすることにする。





利樹の家では、歓迎会が行われている。


利樹は自分がデザイナーであること、世界中どこでも仕事ができることを話していた。


村の人たちは、世界のデザイナーさんに”あれ”をやらせるわけにはいかない、しかし”あれ”は村の伝統だと内輪で押し問答し出す。


利樹が気になって
“あれって何ですか?”
と聞くと一同その言葉を待っていたかのように
“見たい?”
と言うので利樹は頷くしかなかった。





“神々の~お戯れ~”
という草林の音頭から、上半身裸の男衆のあっぱれ音頭が始まる。


利樹は驚きながらも、千鶴に
“この地域の風習で、宴会のときやらないと気が済まないって”
と説明する。


“もう9時だよ”
という千鶴に
“莉里連れて先寝てて”
と言い、千鶴たちは2階へ上がる。


あっぱれ音頭はますます盛り上がりをみせるので、利樹は呆れるしかなかった。





宴会の残骸を横に、利樹は仕事をしていた。


仕事が終わったのは、夜中の3時だった。


“昨日やっておけばよかった”
“明日は1日寝よう。もう会社に行かなくていいんだし”
と言って利樹はソファーで横になった。





“利樹さーん”
利樹は肩を叩かれて目を覚ます。


目の前には、ざるに入ったアスパラガス。


“アスパラ!?”
と驚く利樹の前には草林がいた。


草林は昨日のお礼に採れたてのアスパラガスを持ってきたと言う。


薄暗い部屋の中で、利樹は時間を聞く。


“5時!?”
聞いた時間に驚くが、草林はお構いなく話し始める。


利樹は話に合わせて笑うしかなかった。





利樹はログハウスの外で、アスパラを食べながら釣りの準備をしている。


千鶴が莉里を抱っこして、今日は眠たくて釣りには行けないと言いに来る。


利樹は、釣りは明日でいいから二人でお昼寝するように言う。


千鶴は利樹を心配するが
“田舎でやりたいことリストが多すぎて寝てられないよ”
と利樹は千鶴を気遣う。


二人がいなくなると、利樹は椅子にもたれかかって目を閉じる。


次の瞬間
“おーい!利樹くーん!”
と村の人が軽トラでやってくる。


村人の”原ちゃん”が腰を痛めたから、牛の世話を手伝ってほしいと頼みに来たのだ。





夕方、家に帰ると村の人は利樹に採れたての牛乳やヨーグルトを渡し
“また頼むよ”
と言って帰っていく。





家の中では、千鶴と莉里がもらったヨーグルトをおいしそうに食べている。


利樹がシャワーから出ると、莉里と明日釣りに行くことを約束する。


そこへ電話がかかってくる。


今週中納期の仕事の電話だった。


利樹は莉里との約束があるので躊躇するが、千鶴の気遣いで仕事を受けることにする。


釣りは千鶴と莉里で行くことになった。





翌日
“今週だけ、ここさえ乗り切れば”
とつぶやきながら、利樹はひとり仕事をしている。


突然、後ろから声がして利樹はびっくりする。


見ると、村の人たちが立っていた。


利樹は村人たちに、村のシンボルを作るように頼まれる。


毎年恒例の祭りで広場に置きたいというのだ。


利樹はジャンルが違うと断るが、草林には有無を言わさない圧力があった。





千鶴たちが帰ってくると、利樹は忙しそうに仕事をしている。


部屋には木材や道具が置かれている。


利樹は明日東京へ納品に行く、木材を指してこれが今週中になったと言う。


“田舎の人は忙しいな”
とつぶやく利樹に、千鶴は
“また頼まれちゃったんだ”
と呆然とする。





利樹は東京の街並みを眺めている。


喫茶店で利樹は仕事の納品をしていた。


仕事相手に理想の居場所を見つけてうらやましいと言われるが、自分の選択に疑問を感じ始めていた利樹は素直に頷けなかった。





利樹は、広場でフラフラになりながら村のシンボル作りをしている。


心配そうに見つめる千鶴。





作業は夜まで続き、利樹はぶつぶつと言い始める。


突然切れたように、利樹は叫びながら木材やいろいろなものを投げ出す。


“俺は田舎にのんびりしにきたんだよ!”
“蓋開けてみたら、気使ってばっかだよ!”
今まで言いたくて言えなかったことを吐き出すように、利樹は叫び続ける。


利樹は息を切らせながら倒れ込んで言った。
“俺の居場所ってどこだ?”





翌日、出来上がったシンボルを前に村人たちが立ち尽くしている。


木材を組み上げた中に木材が詰め込まれ、リアカーやペンキ缶やのこぎりが突き刺さったハチャメチャなものだった。


“すごい”
草林の一言から、一同さすがだと盛り上がる。


利樹はまさかの反応に驚き、村人たちの熱い感謝に声が出ない。


村人たちはがまんできなくなり、シンボルの周りであっぱれ音頭を踊り始める。


莉里も楽しそうに踊り出す。


“想像していた田舎暮らしとは違うけど、こうゆう生活もおもしろいか”
と千鶴に言われ、利樹は笑う。


利樹は、何かが吹っ切れたように上半身裸になりあっぱれ音頭に加わる。





早朝、草林が採れたてのタケノコを持って家にやってくる。


戸を叩く音で目を覚ました利樹は
“やっぱり田舎も疲れるな”
と言って、玄関を開けに行く。


⇒無料で「○○な人の末路」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



○○な人の末路 4話の感想


のんびりとした田舎暮らし。


仕事に疲れた人は、誰もが一度は考えることではないでしょうか。


おしゃれなログハウス、外へ出ればマイナスイオンたっぷりの森林、そして夜は満天の星空。


都会のしがらみでがんじがらめになっている人からすれば、理想の生活でしょう。


利樹たちも最初はよかったのですが、ご近所付き合いが理想の生活を一変させてしまいましたね。





村のご近所さんたちが、まさに田舎の人の馴れ馴れしさというものを誇張して表現されているのがおもしろいです。


中でも、青木さやかの役どころがいい味だしてるんですよね。


初対面の訪問で平気で家に上がりこむのは序の口、歓迎会と称して夜中まで家で宴会をされたところで、私には無理だと思いました。


極め付けは招いてもいないのに、家に上がりこんできたのにはびっくりです。


利樹もちゃんと断ればいいのに、田舎の人の押しの強さに負けてしまいます。


断れない性格は東京時代と変わらないですね。


都会で忙しすぎると感じていたのは、断れない利樹の性格に問題があるんじゃないかと思ってしまいました。





田舎の人たちも利樹の断れない性格につけ込んでいるようですが、採れたて野菜や牛乳のおすそ分けをくれたりするのでいい人たちだと思います。


持ちつ持たれつの田舎暮らし、最後には利樹たち家族も慣れてきたようです。


これからも田舎暮らしを続けるのか、都会に戻ることになるのか、今後の展開が楽しみです。


⇒無料で「○○な人の末路」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



無料で4話の動画を観る方法

無料で「○○な人の末路」の動画を観る裏ワザ!


「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はHuluなら
無料で「○○な人の末路」の動画を観ることができます!


「○○な人の末路」だけでなく、扱っているすべての作品が見放題です!


2週間無料トライアル実施中で、無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。


無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので、この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!


⇒Huluで無料で「○○な人の末路」の動画を観るならこちら♪