コンフィデンスマンJP 6話について
無料で動画を観る方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!
※記事下に前後の話のリンクあり

⇒無料で「コンフィデンスマンJP」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

コンフィデンスマンJP 6話のあらすじ

自転車で一人旅をしていたボクちゃん(東出昌大)は、山間にある十色村を訪れる。

そこでボクちゃんは、川辺守夫(野添義弘)・美代(長野里美)夫妻が切り盛りするラーメン店の素朴な味に魅了される。

夫妻は、この村に特産品を使った商品などを販売する「ふるさとふれあいモール」が出来ることを喜んでいた。

ところがその2年後、再び村を訪れたボクちゃんは、ふれあいモールの建設計画がいつの間にか産業廃棄物処理場の建設計画に変わっていることを知る。

このプロジェクトを手がけていたのは、地方再生や町おこしを得意とするアメリカ帰りのコンサルタント・斑井満(内村光良)だった。

斑井は、町おこしのプロジェクトを持ちかけてタダ同然の金額で土地を買い付けると、プロジェクトを頓挫させて、知り合いの産廃処理会社に土地を転売していた。

ボクちゃんは、ダー子(長澤まさみ)とリチャード(小日向文世)に、産廃処理場の建設工事を止める手助けを頼んだ。

ダー子は、産廃処理場の方が役に立つ、といって金にもならない話には乗らなかったが、工事を止めるだけならその土地から土器や土偶といった、遺跡があった証拠が出てくればいい、と助言する。

リチャード自慢のコレクションから縄文土器を借りたボクちゃんは、建設現場のアルバイトに扮して潜入し、現場で土器を見つけたと報告する。

すると斑井は、いきなりその土器を地面に叩きつけて粉々に壊してしまう。

ボクちゃんを手伝うことにしたダー子は、五十嵐(小手伸也)に斑井の情報収集を依頼。

彼の父親・万吉が、家族を顧みずに遺跡発掘に明け暮れ、奇説を唱えては変人扱いされていたアマチュアの考古学研究者だったことを知り……。



⇒無料で「コンフィデンスマンJP」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



コンフィデンスマンJP 6話のネタバレ


ダー子は、白い部屋で1人で本を読み
「あのトロイアが実際に存在するに違いないという確信が、多事多難な人生の浮き沈みを繰り返す間にも決して私を見捨てなかったことは
何という幸いだったろう…ハインリッヒ・シュリーマン」
という。





2年前ボクちゃんは、自転車であてのない旅をしていた。


田舎の旅先で偶然立ち寄って食べたラーメンは素朴な味わいで、ボクちゃんは凄く感動する。


ボクちゃんは店主の夫婦に
「ふるさとラーメンとこのラーメンを呼びたい!後ろめたい人生を送っているんですよ。僕は!
育った環境が悪くて…人をもて遊ぶ性悪女がいて…」
という。





ホテルの部屋でボクちゃんは、リチャードとダー子にその村に「ふるさとふれあいモール」の看板があることに気付いたと話す。


ボクちゃんがラーメン屋に引き返し店主に聞くと、この施設で村の特産品などが売れると喜んでいる様子だったという。


2年後、約束通りにボクちゃんは再びこの村のラーメン屋に訪れてみる。


看板は文字が変わっていて、ふれあいモールではなく産業廃棄物処理場が建設される予定だという。


ラーメン屋の夫婦は、残念に思っている様子でボクちゃんは心が痛む。





このプロジェクトを担当しているのは、斑井満だった。


ボクちゃんがダー子たちに
「僕たちの出番だ。工事を止めよう!美しい風景を取り戻すんだ!」
というがダー子は金儲けにならないからやらないという。


代わりにダー子は、その土地から土器や土偶などが出てくれば工事は止められると助言をする。


リチャードの自慢のコレクションである縄文土器をボクちゃんは、見るだけでも見てみたいという。


ボクちゃんは、リチャードが木箱から出してきた歴史的に貴重な縄文土器を手にして
「ありがとう、リチャード。大切に扱うよ。これで、あの村を救える」
という。





ボクちゃんは、産廃場の工事現場でアルバイトに扮して産業廃棄物処理場で働いている。


そして産廃場の土地の中からリチャードから借りた貴重な縄文土器が見つかったという。


コンサルタントの斑井は車でやってきて、土器を見るなり踏みつけて粉々に壊してしまう。


ボクちゃんは
「真実は地面の下に。コンフィデンスマンの世界へようこそ」
という。





ホテルの部屋では、粉々になってしまった自慢の土器をリチャードは見ている。


ボクちゃんはリチャードに
「ごめ~ん、リチャード。なんか滅茶苦茶に踏みつけられて…。弁償するよ」
というと五十嵐が部屋に入ってきて
「金じゃないんだよ。歴史的遺物の価値っていうのは」
という。


ダー子が、五十嵐に斑井の情報収集を頼んだという。


ボクちゃんがダー子に
「手伝ってくれるのか?」
というとダー子は
「私だってお金儲けが全てってわけじゃない。それに私もボクちゃんもふるさとがないでしょ。気持ちはわかる。
ふるさとラーメン、私も食べてみたいし…リチャードもそれでいい?」
というとリチャードが
「ああ。儲けなんて関係なえ。殺し以外、なんでもやってやる」
というとダー子たちが
「キャラが変わっている」
という。





五十嵐の情報によると、斑井満はアメリカ帰りの売れっ子コンサルタントで肩書きが沢山あり名声が大好きだという。


斑井は、町おこしのプロジェクトを持ちかけてはタダ同然で土地を買い付けている。


そして、プロジェクトを頓挫させて産廃処理会社に売って儲けている悪徳コンサルタントだった。


毎晩のように代官山のマンションで、女の子を連れてどんちゃん騒ぎをしているという。


斑井の口癖は
「田舎のな、年寄りはちょろいもんよ」
だという。


実は斑井の父親は、在野の考古学者だったという。


五十嵐は、斑井の父親・斑井万吉の自費出版の本をネットで3冊10円で買ったといって出す。


五十嵐によると、著書は18冊もあるという。


ダー子は
「斑井さんのパパは、考古学者の域を超えたなんて言うか…いっちゃっている人?」
という。


斑井万吉は、仕事もしないで借金をして発掘の日々を送っていて口癖は
「今に見てろ。日本のシュリーマンになってやる」
だという。


斑井満は父親の発掘作業に幼少期には喜んで手伝ったが、やがて嫌悪に変わっていった。


斑井万吉は亡くなってしまい、残ったのは借金と自費出版の本だけで斑井満は苦労したという。


万吉の本には
「考古学は学ぶものでも研究するものでもない。取り憑かれるものである」
という。


それ故に斑井満は考古学に詳しく、そして嫌っているという。





リチャードが
「富を手に入れた人間が最後に欲しがるものは何かな?」
というとダー子は
「名誉よ!」
というとリチャードは
「その通り!」
という。


リチャードは粉々になった土器を見て、斑井は考古学を憎しみというよりも「シュリーマンへの欲望」に対して怖がっているという。


ダー子は
「う~!面白い~!十色村に、トロイを出現させよう。シュリーマンへの道にまっしぐらよ!斑井さん、スコップ握って発掘!発掘!」
というとリチャードは
「本物の巨大遺跡だと信じさせることが出来るかどうかが鍵だね。大量の土器が必要に…もう貸さないよ」
という。


ダー子たちは、自分たちで縄文土器を作っていて
「縄文土器、弥生土器どっちが好き?どっちも土器~」
という音楽が流れる。


土器が焼き上がると、中々良い出来なのでダー子は
「絶対いけるわ!」
という。





斑井は廃棄物処理場で土器を見て疑っているが、ボクちゃんが
「僕は大学で考古学を学んでます。僕の恩師は東武大学の牛久幸次郎先生です。社長の名前が歴史に残るかもしれないし。
シュリーマンと同じです」
という。


大学で研究員に扮するボクちゃんが斑井を、リチャード扮する牛久教授の部屋に案内する。


斑井が牛久に
「本物なんですか?」
というと牛久は
「明日、現地を見てみましょう」
という。


ダー子も研究生に扮していて、ボクちゃんたちが研究室から出て行くのを確認すると本物の牛久教授に
「勉強になりました。牛久教授、ありがとうございました」
という。


リチャードは本物の牛久教授が帰ってくる前に、部屋に飾っていたリチャードの映っている写真を本物の写真に急いで取り替える。


リチャードは慌てていたので自分の食べていた弁当を忘れてしまい、本物の牛久教授は
「誰の弁当だ?」
という。





ホテルの部屋でダー子は、山積みになっている考古学の本を読んでいる。


ホテルの執事が本を持ってくるとダー子は
「おっ。万吉本、全18巻。手に入ったのね。流石~」
といって執事にチップを渡す。


ダー子は、一心不乱に万吉の本を読む。





リチャード扮する牛久教授が、現地で発掘調査している様子を斑井が見ている。


新聞記者扮する五十嵐が、現地に入ってきて写真を撮り始めると斑井は
「勝手に撮らないで!」
というとリチャードが
「私が呼んだんだ。発掘調査は、第三者に客観的に記録をして貰うことが大事でね」
というと斑井は
「牛久先生、ちょっといいですか?」
という。


部屋に入ると斑井はリチャードに
「もう茶番は止めましょう。さっさと偽物だと表明して頂いたら、この倍出します」
といって札束の入った封筒を渡す。


斑井はリチャードに
「先生、私はね素人じゃないんですよ。そもそも今出ているやつは質感が新しすぎる。明らかにレプリカです。
金を受け取ってさっさと撤収するか、あなたの茶番を世間にぶちまけるか二つに一つだ」
というとリチャードは
「常識ってやつは学問の天敵だね。それまでの定説を覆してきたのが考古学の歴史なんだ」
という。





ホテルの部屋ではリチャードが
「やっぱりバレバレだったね」
というとダー子は
「魂、吹き込んでないからよ。さっさとやりなさいよ。じゃんじゃん作って、数で押し切るんだから」
という。


ダー子が作った土偶は、なんちゃっておじさんのポーズのものや顔がおじさん顔の猫もあって斬新なものだった。


ダー子は
「大丈夫だぁ。工事を止めてみせりゃあいいんでしょ。まあ見てなさいって」
といって何かを書いているとリチャードが
「何を書いているのかな?」
というとダー子は
「それが…私にもわからんのよ」
という。





土器や土偶が出た現場では、考古学マニアが沢山集まっていて興奮している。


斑井はそれを見て
「鬱陶しいハエが増えちまった」
という。


ボクちゃんがリチャードに
「あのマニアたち、雇った子猫ちゃんたちだろ?ちょっとやり過ぎじゃないか?」
というとリチャードは
「彼らは子猫ちゃんたちじゃない。勝手に集まってきた本物のマニアさんたちだ。リアル万吉は沢山いるようだ」
というとボクちゃんが
「どこから情報が漏れたんだ?」
というと五十嵐が
「俺がネットで拡散した」
といってダー子に頼まれたというとリチャードは
「考えがあるんだろう」
という。


ダー子が考古学マニアとして現場にやってきて、そのテンションの高さに本物のマニアも引くような様子で斑井は
「また強烈なのが増えちまった」
というとボクちゃんはリチャードに
「もう一度聞くけど、あいつは何を考えているんだ?」
というとリチャードは
「考えがあるんだろう…」
という。


ダー子が、リチャードを見つけると駆け寄ってきてダー子は
「もしやあなたは、かの牛久幸次郎先生!?光栄の極み!」
というとリチャードは
「あ、あなたは?」
と聞くとダー子は
「申し遅れました。われは、考古学のともがら常滑冨子と申します。かの山を買い取り、発掘調査を続けて参りました!」
という。


ダー子は文書を出して
「これこそ、我が一族代々伝わる常滑文書なり!世界最古の文字」
というと本物のマニアが集まってくる。


ボクちゃんがリチャードに
「斑井、見なよ。完全に引いてる。終わったよ」
というとリチャードは
「いや…そうでもないかも」
という。


リチャードによるとダー子がわめいている学説は、斑井万吉の学説をアレンジしたものでギャンブルだという。


ダー子はスフィンクスやピラミッドだと騒ぎ
「正しかった…。我が父の研究は、正しかった。さあ、人類の歴史を塗り替える発見をしようぞ!」
というとマニアはテンションがあがり発掘を始める。


斑井はその場を立ち去るとリチャードが
「さあ、吉と出るか凶と出るか楽しみ…」
というとダー子が
「楽しみね!じゃあ、ボクちゃん連れてって」
という。





ボクちゃんは、ダー子たちをボクちゃんの懇意にしているラーメン屋に連れて行く。


ダー子たちによると、味は超普通だという。


店主はボクちゃんに
「青年、君も手伝ってるの?発掘調査。なんかすごい遺跡らしいじゃない」
というと奥さんが
「これは工事取りやめになるわね」
というと店主は
「それどころか日本中から観光客が…いやいやいや世界中から観光客が押し寄せるよ」
というと奥さんが
「この村にそんな凄いものがあったってのが、嬉しいじゃない」
というと店主が
「なんだか急に鼻が高くなっちまうな」
と喜んでいる様子を見て、ボクちゃんの顔は浮かない。


ダー子は
「プハー。食った~。お代わり下さい!」
という。





ダー子やマニアたちは、発掘作業に夢中になっていて幸せそうな様子だった。


作業が終わって部屋で帰る準備をしていると、斑井がダー子に
「斑井万吉って知ってるか?」
というとダー子は自分の父親も万吉も正しかったというと斑井はリチャードに
「本物なんだな?牛久先生。正真正銘、本物の遺跡なんだな」
というとリチャードは
「あなたの名前は教科書に載るでしょう。日本のシュリーマンとして」
というと斑井はスコップを持って発掘し始める。


ダー子たちはその様子を見て
「落ちたね。ボクちゃん、ふるさとは救われたわ」
というが、ボクちゃんは店主を欺したようで浮かない顔をしている。





ある日リチャードが、ダー子の部屋に行って寝ているダー子を起こして工事が始まったと知らせる。


本物の牛久教授が現場に行って、調査の結果で本物の遺跡ではないという。


本物の牛久教授に手紙を送ったのは、ボクちゃんだった。


ボクちゃんが皆に
「ぶち壊して、すまない」
と謝るとダー子は
「ボクちゃんが始めたことでしょ」
というとリチャードは
「ラーメン屋の夫婦だね?」
というとボクちゃんは
「僕たちは欺しちゃいけない人まで欺している」
というとリチャードが
「ボクちゃんが始めたことだ。ボクちゃんがいいならそれでいいさ」
というとボクちゃんは部屋を出て行くとダー子は
「あ~あ、ボクちゃんはボクちゃんねぇ」
という。





斑井はマンションで工事再開の祝いをしていて、鏡に映っている自分の顔を見ている。


斑井は、オフィスの椅子に座って考古学マニアの人たちの幸せな様子を思い出している。


その時、斑井宛てに小包が届いて中身は…斑井万吉の全18巻だった。


斑井は夢中になって本を読み、次々と読破して
「取り憑かれるもの…か」
と呟く。





斑井が、工事現場に行くと考古学マニア扮するダー子がいて山を売って町に出るというと斑井は
「俺が買うよ。言い値で買い取る」
というとダー子は
「何も出ないのに?」
というと斑井は
「やってみないと分かんないだろ」
という。





ホテルの部屋ではダー子が札束に囲まれて浮かれていて、山を売って儲けたという。


ダー子は、山を1億円で買い取っていて3億円で売ったので2億円の儲けだという。


斑井は、会社を人手に渡したという。


リチャードとボクちゃんは
「いやいやいや…全然意味がわかんないんだけど」
というとダー子は
「考古学は、学ぶものでも研究するものでもない。取り憑かれるもの。ボクちゃん、リチャード…一体考古学の何に取り憑かれると思う?」
というとリチャードが
「歴史に名を残すこと」
というとボクちゃんは
「つまり名誉」
というとダー子は
「ブッブー!全18巻読んで、私も少しわかったわ。名誉なんてへみたいなものよ。探し求める行為そのもの。
幻を求めて一心不乱に熱狂する日々。それこそが考古学の本当の喜び。本当の幸せ。あのマニアさんたちの幸せそうな顔。
斑井さんは、幸せな生き方を買ったの。万吉さんと同じように」
という。





ボクちゃんが
「斑井は、欺されたんじゃなくて悟ったってことか。幸せな生き方を」
というとリチャードが
「流石だよ。ダー子さんから考古学の神髄を教わるとは…よくぞそれを見抜いたもんだ」
というとダー子は
「なぜかわかっちゃうのよね。自分でも不思議」
という。


ボクちゃんは、いつ山を買ったのか聞いて
「これが目的だったな!?工事止める気なんてなかったんだろ!?」
というと五十嵐が
「ボクちゃん、工事を止めなかったのはお前さんだぜ。ほら、分け前だ。新しい暮らしを始める資金だ」
とボクちゃんに現金の入った鞄を渡すとダー子が
「超普通のラーメン、また食べたいからね」
というとボクちゃんは鞄を持って部屋を出ていく。





ボクちゃんが現金の入った鞄を持って例のラーメン屋に入ると、産業廃棄物処理場の工事現場で働く人たちで店は賑わっている。


ボクちゃんはドアに貼ってあるアルバイトの募集の張り紙を見て、そっと店から去る。


ボクちゃんによると、心なしか村全体にも活気があったという。


ボクちゃんが
「良かったけどさ~。僕がやろうとしていたことは、なんだったんだていう」
というとリチャードが
「父を恨んで生きてきた男を1人救ったよ」
というとダー子は
「産廃処理場も数千年したら、古代遺跡。ん~ロマンがあるわね。じゃ、私は行ってくるね!」
というとボクちゃんが
「どこに?」
というとダー子は
「決まってるじゃん。発掘よ。発掘!トロイ見つけたるわぁ」
というとリチャードが
「わかったよ。ダー子さんがなぜ考古学の神髄を見抜いたか」
というとボクちゃんが
「取り憑かれたからだな…」
というとダー子が
「よ~っ!」
と勢いよく部屋を出て行く。


⇒無料で「コンフィデンスマンJP」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



コンフィデンスマンJP 6話の感想


今回は、考古学の話でしたが色々勉強になりました。


考古学の神髄は、「探し求める行為そのもの」というダー子さんの言葉にハッとしました。


それを短期間で見抜いてしまうダー子さんは、かっこいいなと思いました。


考古学者の方達は長い年月をかけて地味な作業をしていると思ってましたから、その謎が解けました。


ダー子さんって、やっぱり天才的に頭が良いですね!


考古学のロマンを感じました。


今回は子猫ちゃんではなく本物のマニアさんたちが発掘作業する様子は、本当に幸せそうでしたね。





1人の父親を憎んでいた男を救ったとリチャードが言っていましたが、その通りですね。


毎回ターゲットにされた人たちは、お金は騙し取られるけど人生の軌道修正が出来ています。


お金だけを欺し欺されて取る取らないという話ではないので、ドラマが終わったときの気分は爽快です。





ダー子さんのいう超普通のラーメンを見ていて、夜なのに食べたくなりました。


ダー子さんが、「超普通のラーメン、また食べたいからね」という台詞にはさり気ない愛情がこもっていると思いました。


ボクちゃんは、普通じゃない仕事をしているから真っ当に生きている人たちに憧れと尊敬の念を抱いているのでしょうね。


ボクちゃんは、ラーメン屋の夫婦を欺すことに後ろめたい気持ちがあるのも理解できるような気がします。


最終的には、誰も欺すことなく幸せなハッピーエンドだったので良かったと思います。





今回もコメディの要素満載で、ドラマでクスッと笑ってしまうことが多かったです。


特に笑ってしまったのは、ダー子さんが作った奇抜な土偶です。


またお決まりのようですが、ボクちゃんがラーメン屋さんにお金を届けに行くと意に反して彼らは逞しく生きていましたね!


報われないボクちゃんを見るのは、毎回の楽しみです。





リチャードが前回に引き続きちょっと変わった様子なのかな~と注目していましたが、いつもの知的で紳士なリチャードで安心しました。


ダー子とボクちゃん二人だけはなく、リチャードがいることで3人は良いバランスを保っていると思います。


癒やし系で心優しいボクちゃんは、ちょっとだけ足を引っ張っているようで皆には必要な存在なんでしょう。


それにしてもダー子さんは、無頓着でありながら頭脳は天才的で才能があって美しくて…魅力的なコンフィデンスウーマンです。


極上の痛快エンターテインメント・ドラマを見られる月曜日が待ち遠しいです。


⇒無料で「コンフィデンスマンJP」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



無料で6話の動画を観る方法

無料で「コンフィデンスマンJP」の動画を観る裏ワザ!


「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はFODなら
無料で「コンフィデンスマンJP」の動画を観ることができます!


FODとはフジテレビの動画配信サービスです。


「コンフィデンスマンJP」はFODプレミアム対象作品なので見放題です!


FODプレミアムなら1カ月で合計1200ポイント貰えて、ポイントが必要な作品も1200ポイント分は実質無料で観ることができます!


初回1カ月無料の期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。


無料お試し期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので、この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!


⇒FODで無料で「コンフィデンスマンJP」の動画を観るならこちら♪