モンテクリスト伯(原作の漫画版) について
無料で読む方法、あらすじとネタバレと結末、感想を紹介します!

漫画版の正式名称は「モンテ・クリスト伯爵」です。

原作は日本では“巌窟王”という呼び方が有名です。

⇒無料で漫画「モンテ・クリスト伯爵」を読むならコチラ♪
※ドラマも無料で観れます

モンテクリスト伯(原作の漫画版)とは?


出版社:白泉社
発売日:2015/11/27
作者 :森山絵凪

今なお色褪せない、アレクサンドル・デュマ・ペールの名作を鮮やかな筆致でコミカライズ!

世界一豪華絢爛な復讐譚ここに誕生!!



⇒無料で漫画「モンテ・クリスト伯爵」を読むならコチラ♪
※ドラマも無料で観れます

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「モンテ・クリスト伯爵」で検索です



モンテクリスト伯(原作の漫画版) 1話のネタバレ


1815年
エドモンは長い航海を終えて婚約者のいる家に帰る。


婚約者のメルセデスとはすぐに結婚式となる。


結婚式当日、友人たちに祝福されて式は順調に行われていた。


しかし、突然警察がやってきてエドモンを逮捕する。


エドモンは訳が分からないまま、重い政治犯が入る牢獄の島に流される。





エドモンは捕まった当日に、身に覚えがないことを取り調べを担当した検事のヴィルフォールに説明していた。


エドモンは手紙を届けるように依頼されており、その手紙が原因のようだった。


ヴィルフォールは手紙を見るとすぐにエドモンが無実だと気付いた様子だった。


エドモンはすぐに出れると安心していたが、投獄されたままだった。


長い時間が経過し、エドモンは情緒不安定になっていた。


“死ねば解放される”
と思い餓死しようと食事を断っていた。


すると、隣の壁から物音が聞こえてくる。


脱獄のため隣の囚人が壁を掘っているのに気づく。


エドモンは壁越しに声をかけてみる。


エドモンは看守以外の人間との会話ができて歓喜する。


声の主は“フィリア司祭”と名乗り、15メートルも掘ったのだという。


掘る方向を間違えたため、外ではなくエドモンの部屋に来てしまっていた。


翌日
フィリア司祭はエドモンの部屋に続くトンネルを完成させてやってくる。


フィリア司祭はエドモンよりもずっと年上の小柄な老人だった。


⇒無料で漫画「モンテ・クリスト伯爵」を読むならコチラ♪
※ドラマも無料で観れます

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「モンテ・クリスト伯爵」で検索です



モンテクリスト伯(原作の漫画版) 2話のネタバレ


エドモンは何年振りかに牢番以外の人間と出会い、フィリア司祭が神々しく見えていた。


フィリア司祭は長い年月をかけて道具を作り、穴を掘っていたのだという。


フィリア司祭もエドモンと同様に無実なのに投獄されていた。


話をしていると、フィリア司祭はかなりの博識であることがうかがえた。


エドモンは自分の境遇を説明して、自分が投獄された理由を尋ねてみる。


フィリア司祭は
“誰が得をするのか考えろ”
という。


エドモンは二人の男を思い浮かべる。


船の会計士のダングラールは、年下のエドモンが船長になったのを快く思っていなかった。


フェルナンは恋敵だった。


エドモンを告発した手紙の筆跡は、利き腕じゃない方の腕で書いたものだとフィリア司祭は見抜いて再現して見せる。


さらに、検事のヴィルフォールがエドモンが託された手紙を燃やしたのにも、フィリア司祭は指摘する。


その手紙がヴィルフォールにとって不利なもので、ヴィルフォールはその証拠を隠滅したのだと推測できた。


エドモンは自分を陥れた男たち3人に復讐を誓う。


しかし、エドモンはただの船乗りだった。


エドモンはフィリア司祭に知識の教えを乞う。


フィリア司祭は2年あれば自分の知識をすべて託せるという。


⇒無料で漫画「モンテ・クリスト伯爵」を読むならコチラ♪
※ドラマも無料で観れます

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「モンテ・クリスト伯爵」で検索です



モンテクリスト伯(原作の漫画版) 3話のネタバレ


フィリア司祭が作った道具はどれも見事だった。


二人は横穴を掘り続けていた。


しかし、フィリア司祭の持病が明らかになる。


フィリア司祭は自分は脱獄ができないことを悟り、エドモンに“スパダの秘宝”のありかを託す。


フィリア司祭はもともとはスパダ家につかえる最後の秘書だった。


スパダ家は莫大な富を持っていたが、ローマ法王に目をつけられて殺されてしまう。


その際にスパダ家の当主は財宝を隠していた。


フィリア司祭はその財宝のありかの地図を発見して、記憶しておきエドモンに好きに使うようにという。


エドモンは躊躇うが、フィリア司祭は“君は私の息子だ”という。






フィリア司祭は亡くなる直前にエドモンに
“モンテ・クリスト島を忘れるな”
といって、苦しそうにして息を引き取る。


翌日
牢番がフィリア司祭の遺体を確認して袋に詰める。


エドモンは悲しみに暮れて後を追おうかと思うが、悪魔的な脱獄方法を思いつく。


エドモンはフィリア司祭の死体袋に入り込み、息をひそめる。


牢番たちは死体袋を無造作に海に投げ捨てる。


⇒無料で漫画「モンテ・クリスト伯爵」を読むならコチラ♪
※ドラマも無料で観れます

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「モンテ・クリスト伯爵」で検索です



モンテクリスト伯(原作の漫画版) 4話のネタバレ


エドモンはフィリア司祭が使っていた道具で袋を割く。


脱獄に成功すると、モンテ・クリスト島へ向かう。





数か月後
財宝を手に入れたエドモンは、情報収集をする。


3人の復讐対象の現在は、順調だということを知り怒りに震えていた。


メルセデスはフェルナンと結婚して息子をもうけていた。


エドモンが投獄されてからたったの一年半後に結婚していたのだという。


エドモンはかつての自分の雇い主のモレルのもとを訪れる。


モレルはただ一人、エドモンの無実を訴えていたのだという。


エドモンは素性を偽って変装していたため、モレルは気づかなかった。


モレルはエドモンを陥れた策略には一切かかわっておらず、今でも社員想いの男だった。


エドモンはモレルに金を貸していた。


モレルは返済ができなくなり、自殺を試みようと思っていた。


エドモンはモレルの借金をすべて返済する。


モレルは自分を助けたのはエドモンだと気付く。


エドモンは
“モレルに対する恩は返すことができた。神の善行はこれで終わりだ”
とほくそ笑み、3人に対する復讐を本格的に始める。


⇒無料で漫画「モンテ・クリスト伯爵」を読むならコチラ♪
※ドラマも無料で観れます

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「モンテ・クリスト伯爵」で検索です



モンテクリスト伯(原作の漫画版) 5話のネタバレ


エドモンは“駒”をそろえるため、エデという奴隷の少女を買う。


9年後
エデは美しく育っていた。


エドモンは復讐の準備をすべて整えていた。


エドモンは祭りを楽しんでいたフェルナンとメルセデスの息子であるアルベールに接触する。


エドモンはうまく立ち回りアルベールに気に入られる。


アルベールはエドモンを両親に紹介する。


エドモンは
“やっと会える”
と心待ちにしていた。


フェルナンと対面するが、フェルナンはエドモンに全く気付かず挨拶をする。


しかし、メルセデスはすぐに気づいた様子だった。


メルセデスは倒れそうになり、フェルナンは慌てて支える。


その様子をエドモンは冷たい目で眺めていた。


メルセデスは夫や息子に悟られないように適当に言い訳をする。


メルセデスは終始不安そうな表情をしていた。


エドモンは何気なくあいさつを交わしてほくそ笑み帰っていく。


⇒無料で漫画「モンテ・クリスト伯爵」を読むならコチラ♪
※ドラマも無料で観れます

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「モンテ・クリスト伯爵」で検索です



モンテクリスト伯(原作の漫画版) 6話のネタバレ


エドモンは検事のヴィルフォールと接触する。


ヴィルフォールもエドモンに気づかなかった。


ヴィルフォールは前妻を亡くしており、現在は美しい妻を持っていた。


その場にフェルナンとダングラールもやってきて軽い挨拶を交わす。


復讐対象の3人が勢ぞろいして、エドモンは武者震いしてほくそ笑む。


エドモンは自分が描いた復讐のシナリオがこれから始まるのを心待ちにしていた。


まずはダングラールだった。


ダングラールは現在銀行を経営している。


エドモンはダングラールから多額の融資を受けるのに成功する。


ダングラールは
“極太の客を掴んだ”
と気分を良くする。


パーティにはメルセデスも来ていた。


メルセデスはエドモンと二人きにりなって話がしたいと人気のないところへ誘導する。


エドモンははっきりと素性を明かさなかったが、メルセデスが自分に気づいていると確信していた。


エドモンは自分の投獄されていた日々を“戦争”と例える。


“戦争”に行っている間に、自分の婚約者だったはずの娘は恋敵と結婚してしまたのだと嘆いて見せる。


メルセデスは顔を真っ青にして震えていた。


⇒無料で漫画「モンテ・クリスト伯爵」を読むならコチラ♪
※ドラマも無料で観れます

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「モンテ・クリスト伯爵」で検索です



モンテクリスト伯(原作の漫画版) 7話のネタバレ


エドモンは伝達屋を買収して、偽の情報を流させてダングラールに大損をさせる。


ダングラールが困っているところに、用意していた役者の一人であるベネデットを紹介する。


エドモンはベネデットが自分と同等の資産家で、結婚相手を探していることを告げる。


金に困っていたダングラールは自分の娘をベネデットと結婚させようと考える。


エドモンのシナリオ通りにダングラールは動いていた。


エドモンは偶然を装い、フェルナンとエデを合わせる。


二人は顔を確認して凍り付いていた。


エデが奴隷になった原因はフェルナンがエデの両親を陥れたからだった。


フェルナンの現在の地位と金もエデの家から奪ったものだった。





数日後
フェルナンの過去の悪行が新聞記事に記載される。


フェルナンは裁判所に出廷する。


証人としてエデが呼ばれていた。


⇒無料で漫画「モンテ・クリスト伯爵」を読むならコチラ♪
※ドラマも無料で観れます

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「モンテ・クリスト伯爵」で検索です



モンテクリスト伯(原作の漫画版) 8話のネタバレ


エデの証言と公文書の証言により、フェルナンの悪行が証明される。





フェルナンの息子のアルベールはエドモンに
“あなたに父の過去を暴く権利はない”
と命を懸けた血行を申し込む。


それもエドモンの計算のうちで、エドモンはほくそ笑んでいた。


しかし、その晩にメルセデスがエドモンのもとを訪れる。


メルセデスは
“息子だけは許して”
と泣いて懇願する。


エドモンは
“何を勝手なことを…”
と思いつつも
“決闘で死ぬのはこの俺だ”
という。


すると、メルセデスはアッサリと泣き止み感謝を述べて安心して帰っていく。


エドモンは自分自身に呆れていた。


“たかが女の涙一つで…”
と自嘲気味になっていたが、約束は守るつもりだった。


エデのことが気がかりで、遺言状で資産をすべてエデに送るようにと書いていた。


エデはそれに気づき、自分のエドモンに対する気持ちを打ち明ける。


それでも、エドモンは翌日の決闘で死ぬつもりだった。


⇒無料で漫画「モンテ・クリスト伯爵」を読むならコチラ♪
※ドラマも無料で観れます

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「モンテ・クリスト伯爵」で検索です



モンテクリスト伯(原作の漫画版) 9話のネタバレ


決闘場に行くと、アルベルトはエドモンに深く謝罪を述べる。


母のメルセデスからすべてを聞いたアルベルトは自分の父を恥じていた。


アルベルトは
“それ以上のことをなさらなかったことを感謝いたします”
と深く謝罪する。


立会人たちは訳が分からずポカンとしていた。


アルベルトとメルセデスは身支度をして家を出ることにする。


エドモンは23年前に二人の生活のために貯めていた金の隠し場所を手紙で伝える。


二人が気後れせず金を持っていけるように
“何百万フランでも差し上げられる私が、これしか差し上げないことをお分かりください…”
という一文が付け加えてあった。


メルセデスはエドモンの優しさに涙を流し、金を受け取ることにする。





フェルナンはエドモンのもとを訪れていた。


エドモンは自分の罪を暴いたことで怒り狂う。


しかし、エドモンが
“俺の名はエドモン・ダンテスだ”
と素性を明かすと、青ざめて悲鳴を上げて逃げ帰っていく。


フェルナンが家に帰ると、ちょうどメルセデスとアルベルトが出ていくところだった。


二人はフェルナンに冷たい視線を向けて一瞥して去っていく。


すべてを失ったフェルナンは自宅で拳銃自殺をする。





エドモンは執事からマクシミリアンがヴィルフォールの娘のヴァランティーヌと恋仲だと知って狼狽する。


エドモンはマクシミリアンにエデを嫁がせるつもりだった。


⇒無料で漫画「モンテ・クリスト伯爵」を読むならコチラ♪
※ドラマも無料で観れます

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「モンテ・クリスト伯爵」で検索です



モンテクリスト伯(原作の漫画版) 10話のネタバレ


エドモンはヴィルフォールの妻をけしかけて、前妻の娘のヴァランティーヌを毒殺しようと計画していた。


徐々に体調が悪くなる毒を少しずつ盛るように指示しており、ヴィルフォールの妻はエドモンの言う通りにしていた。


ヴィルフォールの妻は夫の遺産をすべて実の息子に継がせたかったため、ヴァランティーヌが邪魔だった。


エドモンは恩人の息子のマクシミリアンから恋人を奪ってしまう可能性に狼狽する。


エドモンはヴァランティーヌの人間性を見極めることにする。





エドモンはヴァランティーヌの寝室に忍び込み、父の妻のエロイーズが毒を持っていることを打ち明ける。


すると、ヴァランティーヌは
“エドゥワール(エロイーズの息子で自分の義弟)に罪の報いがかかりませんように”
と涙を流して紙に懇願していた。


その姿を見たエドモンはヴァランティーヌを殺害するのを取りやめて計画を変更する。


ヴァランティーヌをいったん仮死状態にするため薬を飲ませる。


ヴァランティーヌは一見死亡しているため、葬式が執り行われる。


父親のヴィルフォールと恋人のマクシミリアンは突然のヴァランティーヌの死に呆然としていた。


エロイーズは静かにほくそ笑んでいた。


しかし、エドモンの計らいでエロイーズが毒を盛っていたことがヴィルフォールに伝わる。





エドモンはマクシミリアンが自殺しようとしていたため、慌てて阻止する。


そして、自分が奇跡を起こすため一か月待つようにと伝える。


半信半疑なマクシミリアンにエドモンは自分の素性を明かす。


マクシミリアンは父の窮地を救ってくれた恩人であるエドモンに感謝を述べて、一か月待つことにする。





ダングラールは婿に取ったベネデットの素性が明るみになり、銀行員として世間から信用を失っていた。


ベネデットは前科がいくつもある逃亡中の身だった。





ヴィルフォールはエロイーズにヴァランティーヌ殺害を自分が知っていると告げる。


ヴィルフォールは自分が返ってくるまでに、毒薬で自害するように指示する。


検事のヴィルフォールは、自分の妻であるエロイーズを断頭台には送りたくないのだという。


上手くいったとほくそ笑んでいたハズのエロイーズは絶望していた。


エロイーズは心配して駆け寄ってくる息子を手にかける。


⇒無料で漫画「モンテ・クリスト伯爵」を読むならコチラ♪
※ドラマも無料で観れます

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「モンテ・クリスト伯爵」で検索です



モンテクリスト伯(原作の漫画版) 11話のネタバレ


ベネデットの裁判が行われており、検事のヴィルフォールが仕切っていた。


すると、ベネデットはほくそ笑み自分の実の父はヴィルフォールだとああkす。


ヴィルフォールの不義の子として生まれたベネデットは、生まれた直後にヴィルフォールに生き埋めにされていた。


助かったが、ベネデットはその後、悪事を繰り返して生活していた。


ベネデットは
“いいんですか?証拠を見せても”
と自信たっぷりに言うと、ヴィルフォールは観念した様子でベネデットを自分の息子だと認める。


ベネデットは自分が入れられていた箱を保管している様子で、ヴィルフォールもそれが決定的な証拠になってしまうと察していた。


参加者たちはまさかの結末にザワついていた。





ヴィルフォールが家に帰るとエロイーズと息子が死んでいた。


エドモンは絶望しているヴィルフォールのもとを訪れる。


正体を明かすと、ヴィルフォールは狂ったように笑い出し、死んでいる妻と息子を見せつける。


“満足か?”
というヴィルフォールに、エドモンは狼狽する。


エドモンは息子まで死なせるつもりはなかった。


ヴィルフォールは気が狂って
“ここでもない…”
と埋めた息子を探すかのように庭を手で掘り始める。


⇒無料で漫画「モンテ・クリスト伯爵」を読むならコチラ♪
※ドラマも無料で観れます

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「モンテ・クリスト伯爵」で検索です



モンテクリスト伯(原作の漫画版) の結末


エドモンは最後の一人であるダングラールとかたを付けたら自分も死のうと思っていた。


ダングラールは有り金である500万フランの手形をもって逃亡しようとしていた。


しかし、エドモンが金で雇ったチンピラにつかまり、地下に監禁される。


チンピラたちは食べ物を一皿10万フランで売るという。


法外な値段だが、食べなければ飢え死にしてしまう。


ダングラールは持っていた手形にサインをして切っていく。


すべての手形を使い果たすと、エドモンがやってくる。


エドモンは正体を明かす。


エドモンは
“お前は幸せ者だ、一人は狂い一人は死んだ。その5万フランはあげよう、おまえは自由の身だ”
といってダングラールを解放する。


ダングラールは金も信用もすべてを失っており、気づいたら白髪の老人のようになっていた。





マクシミリアンは約束の一か月が過ぎてエドモンにあいに行く。


エドモンは薬を取り出し、それを飲めばヴァランティーヌに会えるという。


マクシミリアンは楽に死ねる薬だと思い薬を飲むと意識を失う。


意識を失う直前に、ヴァランティーヌが駆け寄ってきていた。


マクシミリアンはヴァランティーヌが迎えに来たと思っていた。


実際はヴァランティーヌはエドモンが用意した孤島で暮らしていた。


マクシミリアンはすぐに目を覚まし、ほとぼりが冷めるまで二人で島で暮らしてもらうつもりだった。


エドモンは二人にエデを任せて、自分は消えるつもりだった。


しかし、エデはエドモンの行動を見抜いており引き留める。


エデは初めて出会った時からエドモンを愛していたことを告げると、エドモンは
“私の負けだ、お前の望むようにしよう”
といって、おでこにキスしようとする。


エデは
“イヤ”
といってエドモンを抱き寄せて口にキスをする。


⇒無料で漫画「モンテ・クリスト伯爵」を読むならコチラ♪
※ドラマも無料で観れます

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「モンテ・クリスト伯爵」で検索です



モンテクリスト伯(原作の漫画版) の感想


この作品の一番印象に残ったシーンは、エドモンがメルセデスに説得されるところでした。


ビックリするほどアッサリとエドモンはメルセデスを許してしまい、そんな自分に呆れています。


この辺の“女のしたたかさ”の描き方は非常に秀逸でした。


メルセデスはエドモンが投獄されてから、たったの1年半後にフェルナンと結婚しています。


メルセデスはエドモンに体を許していませんでした。


メルセデスはエドモンがつらい牢獄生活をしているときに、エドモンを嵌めた張本人のフェルナンとセックスをして子供を作っています。


さらに、エデの両親を殺して奪った金で幸せに暮らしています。


エドモンのフェルナンに対する憎悪は計り知れません。


その憎悪がメルセデスに飛び火したとしても、何ら不思議ではありません。


メルセデスの
“この男(エドモン)まだ私に惚れてんでしょ…”
的な思考からの泣き落としは非常に狡猾でしたたかな攻撃でした。


ただし、息子のアルベルトがかなり誠実な男で救われました。


読者目線ではフェルナンとメルセデスに対する怒りが爆発しそうなところですが、すべてはアルベルトの誠実な謝罪により胸をなでおろすこととなります。


アルベルトの誠実さがあったからこそ、エドモンが死なずに復讐を遂げることができていました。


このシーンでかわいそうだったのはエデですね…


この時点でのエデの懇願は、メルセデスの涙には勝てなかったということになります。


エドモンは自分が手塩にかけて美しく大事に育てた娘の“生きて”という言葉よりも、過去に自分を裏切った女の“死んで”という言葉を優先させたことになります。


こう思うと、アルベルトの功績はかなりのものだとうかがえます。






もしかしたら、作品の構想で“アルベルトは実はエドモンの息子”という設定があったかもしれません。


アルベルトの容姿(漫画の話ですが)はフェルナンよりもエドモンによく似ています。


もちろん、計算が合わないためアルベルトはエドモンの息子ではありません。


ですが、この辺をうまく調整して“アルベルトは実はエドモンの息子でした”的な設定があったらかなり胸熱な展開だったと思います。


その場合はメルセデスとエドモンが結婚して、エデがかわいそうなことになるかもしれませんが…


アルベルトがいいやつ過ぎて、フェルナンの息子だとは思いたくなかったです…


⇒無料で漫画「モンテ・クリスト伯爵」を読むならコチラ♪
※ドラマも無料で観れます

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「モンテ・クリスト伯爵」で検索です


無料でモンテクリスト伯(原作の漫画版)を読む方法

 
無料で原作の漫画版「モンテ・クリスト伯爵」を読む裏ワザ!
 

「試し読みじゃ物足りない…」
「コミックサイトは月額料金が…」
「ブックオフに置いてない…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はFODなら
無料で「モンテ・クリスト伯爵」を読むことができます。


FODとはフジテレビの動画配信サービスです。


FODプレミアムなら1カ月で合計1200ポイント貰えて、ポイントを使用して「モンテ・クリスト伯爵」を実質無料で読むことができます!


ポイント消費0完全無料1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!


さらに、ドラマ「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―」はFODプレミアム対象作品なのでポイント消費0で見放題です!


初回1カ月無料の期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。


無料お試し期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので、この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!