いつまでも白い羽根 6話について
無料で動画を観る方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!
※記事下に前後の話のリンクあり

⇒無料で「いつまでも白い羽根」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

いつまでも白い羽根 6話のあらすじ

季節は巡り、3年生の秋になった。

瑠美(新川優愛)が母・智子(榊原郁恵)に「貧血気味のクラスメイトがいる」と話したことから、妙な流れで遠野(さとうほなみ)を家に連れて行かざるをえなくなってしまう。

来るはずだった千夏(伊藤沙莉)が実習で手が離せなくなってしまい、気まずい雰囲気の遠野と2人で家に帰ると、瑠美の両親は遠野のためにわざわざ貧血に効く煎じ薬を取り寄せて用意してくれていた。

戸惑いながらも、瑠美の良き友人のようにふるまう遠野。

夕食までともにした帰り道、遠野は瑠美に「いい家族ね。愛されてる」と話す。

自分にも家族に愛された記憶があったはずなのに…今ではもう何も思い出せないのだ。

「続けてるの?医者探し」瑠美だけが知る遠野の秘密――妹を死なせた医師への復讐。

「やめるわよ、もうすぐ」遠野の言葉にホッとする瑠美だったが…。

その夜、遠野は番匠(加藤雅也)の腕に抱かれていた。

「何かいいことあった?」「ええ」いつになく幸せそうな遠野に、番匠も微笑む。

順調に愛をはぐくんでいたかに思えた2人だったが、それぞれの思惑は…

学校では、いよいよ最後の実習が始まろうとしていた。

小児病棟実習…自分より年若い重症患者に向き合わなければならない過酷な現場。

看護師になるための最後の試練。

千夏は10か月の赤ちゃんの、そして瑠美は8歳の女の子の担当になる。

そのくったくのない笑顔に好感を持つ瑠美。

小児科には拓海(清原翔)も研修医として勤めていて、瑠美に患者のことを説明する。

彼女のカルテには、「脳腫瘍」という病名が書かれていた…。



⇒無料で「いつまでも白い羽根」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



いつまでも白い羽根 6話のネタバレ


木崎瑠美は東京タワーの展望台で
“好きなの、あなたの事がとても”
菱川拓海に告白する。


菱川は
“ごめん”
と断る。





瑠美や山田千夏たちは、看護学校の3年生になっていた。


瑠美と千夏が校内を歩いている。


1年生たちが、楽しそうにおしゃべりをしながら歩いている。


実習でピリピリしている上級生が、1年生に八つ当たりする。


瑠美は実習やレポートで睡眠をとる暇もない、と愚痴をいう。


千夏もレポートの分量が多いことに不満をもらす。


同級生が、学校を退学した友達のことを話している。


瑠美は
“奇跡的に残っているのかもね、私も千夏も”
と語る。


千夏は、休学中の主婦学生である典子の噂をする。


瑠美は、典子から辞めないように言われたことを思い出す。


千夏は、自分の頬をたたいて気合を入れる。


瑠美も真似して頬をたたく。





瑠美が病院内を歩いている。


瑠美は何気なく外を見る。


菱川が子供とボールを蹴っている。


瑠美に気づいた菱川が、手招きをする。


瑠美は外に出る。


菱川は、小児科のボランティアの集まりに瑠美を誘う。


瑠美は遠野藤香を誘わないのか、と尋ねる。


菱川は
“彼女、好きな人ができたみたいなんだ”
と答える。


瑠美は驚く。


菱川は藤香のことは諦めていない、と話す。


菱川は、藤香の代わりに瑠美を誘ったわけではないという。


瑠美は、日野瞬也と会う約束があるのだと告げる。


菱川は
“よかったね、いい彼ができて”
と話す。


瑠美は、子供たちの遊び相手をする菱川を目で追う。




瑠美と瞬也は、千夏の実家の中華料理店に入る。


瑠美と瞬也は、カウンター席でチャーハンを食べている。


2人の後ろで、瞬也の友人の柳田もチャーハンを食べている。


柳田は
“ホントうまいよな、お義父さんの特製チャーハン”
と感嘆の声をもらす。


千夏の父の健司は
“お義父さんって呼ぶな”
と怒る。


千夏は2階でレポートに追われている。


瞬也は、千夏は要領が悪いという。


健司は
“要領が悪い上に頑張りすぎだから、貧乏くじをひくんだ”
と千夏のことを評していう。


柳田は千夏の前向きなところがいい、と明るく話す。


健司は
“お前、食ったら早く帰れよ”
という。


健司は、おたまで柳田をたたこうとして腰を痛める。


千夏の妹の美幸は
“ギックリ腰だ”
と叫ぶ。


瞬也と柳田は、健司を抱えて座布団のある場所まで運ぶ。


騒ぎを聞きつけて千夏が降りてくる。





瑠美と瞬也が通りを歩いている。


瞬也は
“俺たち、付き合ってるんだよね?”
と確認する。


瑠美は答えられない。


瞬也は瑠美にキスを迫る。


瑠美はかわす。





中華料理店では、健司が腰を支えながら仕込みをしている。


千夏と美幸は店を休むよう健司に提案する。


柳田が
“おはようございます”
と挨拶しながら現れる。





柳田は、健司の店の手伝いをしている。


柳田は注文客を見事にさばいてゆく。


健司は、柳田の仕事ぶりに感心する。





学校のカフェテリアでは、千夏と瑠美が柳田の噂話をしている。


千夏は
“好きじゃないのに好かれても困るんだよ”
と愚痴をいう。


千夏は、瞬也が瑠美との関係に不安を抱いていたことを明かす。


千夏は
“ちゃんと安心させてあげて”
と瑠美に頼む。


瑠美は謝る。





瑠美は、洗面所でナース服の汚れを落としている。


瑠美は、瞬也のキスを拒んだことを思い出す。


瑠美は力を入れて服をゴシゴシする。





千夏は、スマホで瞬也にメッセージを送る。


瞬也から
“二人デート、もう一度誘ってみる”
と返信がある。


瞬也に思いを寄せる千夏は
“限界かも”
ともらす。





瑠美が病院内を歩いている。


瑠美の担当患者だった女性が、瑠美に声をかけてくる。


女性は赤ちゃんを抱いている。


女性は出産時の思い出を語る。


女性は
“あなたがいてくれて、心強かった”
と瑠美に感謝する。


瑠美は、赤ちゃんに話しかける。





瑠美が病院内を歩いている。


藤香が貧血でうずくまっている。


瑠美が手を差しのべようとすると、藤香は自力で立ち上がる。





学長室では、学長の番匠と副校長が話をしている。


副校長は、番匠の医療現場復帰を祝福している。


副校長は
“あの医療事故は、先生のミスではありません”
と話す。


番匠は
“私は今でも責任を感じています”
と語る。


学長室の机には黄色いヒヤシンスが飾られている。


番匠は
“赤はしっと青は変わらぬ愛、そして黄色は勝負”
とヒヤシンスの花言葉について述べる。





千夏が病室のそばを、忙しそうに働きまわっている。


先輩看護師たちが、次々と千夏に頼みごとをする。


千夏は瑠美に電話する。


千夏は、瑠美と約束していた食事会に行けない旨を告げる。





瑠美と藤香が、瑠美の家の玄関前に現れる。


藤香は、無理やり連れてこられたことに文句をいう。


智子は、陽気に藤香を迎え入れる。


藤香も笑顔を見せて、瑠美の家に入ってゆく。


瑠美の父の信吾が、台所で料理を煮込んでいる。


信吾は、貧血気味の藤香のために煎じ薬を作っているという。


智子はとめどなくおしゃべりを続ける。


藤香は、思わず笑う。


信吾は
“ちょっと不愛想だけど、気持ちはいい子なんですよ”
と瑠美のことを評していう。


智子は瑠美の小学生の頃の話をする。


智子は、瑠美が意地悪な子に説教したエピソードを話す。


智子は
“言うときには言う、ってのも大事よね?”
と藤香に聞く。


藤香は
“誰に対しても自分が正しいと思ったことは言う人です、だから信頼できるんです”
と答える。


瑠美はビックリする。


智子は藤香に感謝する。


藤香は
“私こそ瑠美さんのような人と知り合えて、よかったと思っています”
と語る。


瑠美はさらにビックリする。


藤香は信吾と智子のやり取りを見て、楽しそうに笑う。





瑠美と藤香が、瑠美の部屋にいる。


瑠美は、両親がはしゃぎ過ぎたことを謝る。


藤香は、瑠美の両親をいい家族だと話す。


藤香は
“愛されるって努力じゃどうにもならない、奇跡に近い類いのものだと思う”
と語る。


藤香は
“意地悪な気持ちが止まらないとき、愛された記憶が蘇ると思うの”
と続ける。


藤香は、家族に愛された記憶を思い出せないことを吐露する。


瑠美は、妹を手術で死なせてしまった医師をまだ探しているのかを尋ねる。





瑠美と藤香が、夜の街を歩いている。


瑠美は、好きな人のために医者探しをやめられないのかと尋ねる。


藤香は
“やめるわよ、もうすぐ”
と答える。





ホテルの一室に、番匠と藤香がいる。


番匠は
“何かいいことあった?”
と質問する。


藤香はうなずく。


番匠は、藤香の両肩に触れる。


番匠は
“何があっても僕の味方であってほしい”
と語る。


藤香は
“もちろん”
と返答する。


番匠は藤香を抱き寄せる。





健司が、お店ののれんをかけている。


智子が健司に声をかける。





智子はカウンター席に座っている。


健司は、作り立てのチャーハンを差し出す。


智子は、手を合わせてから食べ始める。


健司は、千夏のようすがおかしいことを伝える。





瑠美が自宅に帰ってくる。


台所では、智子がチャーハンを作っている。


智子は、健司に作り方を教えてもらったことを明かす。





千夏の家に、瑠美が慌ててやってくる。


瑠美は健司に挨拶すると、急いで2階に上がってゆく。


瑠美が千夏の部屋に入ってくる。


瑠美は
“どういうこと、長野の病院に就職するって?”
と問い詰める。


千夏は、目を反らす。


瑠美は、千夏の正面に座る。


瑠美は
“聞いてない、言う必要ないかもしれないけど聞いてない”
と迫る。


千夏は、瑠美に黙っていたことを謝る。


千夏は、研修半ばで地方の病院に就職を決めた理由をまくしたてる。


瑠美は、じっと千夏の目を見ている。


千夏は
“瑠美の話をする瞬也の近くには、もういられない”
と本音を明かす。


千夏は
“私が決めたことに何も言わないで、お願い”
と手を合わせる。





瑠美と千夏は、シューマイを作っている。


瑠美は、大学受験に失敗したのは自分が劣っていたためだと語る。


瑠美は
“私たちはまだ二十歳、これからの生き方でいくらでも挽回できる”
と話す。


瑠美は
“私、看護師めざしてもいいかなってようやく思えてきた”
と告白する。





副校長とみどり先生の前に、瑠美と千夏と藤香が並んで立っている。


みどり先生は、小児病棟で最後の実習が始まることを伝える。


副校長は
“これから受け持つのは小さなお子さんたちです、覚悟して取り組んで下さい”
と語る。





瑠美や千夏たちはエレベーターに乗っている。


瑠美は、子供が苦手であることを明かす。


千夏は
“それを言うなら、遠野さんだよ”
と藤香をからかうように言う。


藤香は、怖い顔で千夏を見る。





小児病棟の病室に、瑠美がいる。


瑠美は、小児病患者の友香に自己紹介をする。


友香は、瑠美にシールをあげる。


瑠美が
“一緒にいるから遊ぶこともあるだろうけど”
と話しかけると、友香は
“うれしい”
と笑顔を見せる。





瑠美は、ナースステーションにいる。


瑠美は、ノートに友香からもらったシールを貼る。


瑠美は、パソコンで友香の資料をチェックする。


資料には、友香の病気が“脳腫瘍”であることが記されている。


菱川がやってくる。


菱川は、友香について詳しく説明するという。





菱川と瑠美は、プレイルームの整理をしている。


菱川は、友香には両親と2人の妹がいることを教える。


菱川は
“お父さんが妹たちの面倒を見れる週末以外は、お母さんも来られないようで”
と友香の現状について語る。


瑠美は、じっと目をつぶる。


菱川は、何をやっているのか尋ねる。


瑠美は
“想像しているの、週に一度しか会いに来れないお母さんを待ってる女の子の気持ち”
と答える。


瑠美は、患者が赤ちゃんを抱いているのを見たとき心に響くものがあったと明かす。





瑠美と菱川が、廊下を歩いている。


菱川は瑠美を激励する。


別の看護師に呼ばれて、菱川は担当患者のもとへゆく。


千夏が話しかけてくる。


千夏の担当患者は、まだ10カ月の赤ちゃんであるという。


瑠美は、藤香のようすを尋ねる。


千夏は、担当患者の男の子が藤香になついていることを教える。





番匠が、大学病院の教授会に呼ばれている。


教授のひとりは、番匠が関わった医療事故が表ざたになることを危惧している。





菱川が学長室にかけこんでくる。


室内には、誰もいない。


副校長がやってきて、番匠が大学病院に呼ばれて留守にしていることを伝える。


菱川は、ファックスで送られてきたという記事のコピーを副校長に見せる。


それは、番匠が関わった女児の医療過誤についての暴露記事だった。





大学病院では、番匠や教授たちがスクープ記事のファックスを見ている。


教授のひとりは
“ご遺族のかたかもしれないよ”
とスクープの出どころを推測する。


番匠は
“両親はとっくに諦めています、身内が一人いますがその人も訴えないでしょう”
と余裕の表情でお茶を飲む。





菱川は、昔の資料を調べている。


菱川の手は、あるページで止まる。


同意書の署名欄には、“遠野”の名字が記されている。





小児病棟の病室で、瑠美と友香が話をしている。


友香は
“お姉さんのこと、瑠美ちゃんって呼んでいい”
と質問すると、瑠美は
“いいよ”
と答える。


瑠美は手を振って友香と別れる。


瑠美は病室を出て、エレベーターに乗りこむ。


菱川が血相を変えて走ってくる。





瑠美と菱川は屋上にいる。


菱川は、番匠が藤香の妹のオペを担当した医師であることを告げる。


瑠美は
“遠野さんが気づいてないってこと?”
と尋ねる。


菱川は
“わからない、黙ってたほうがいいかもしれない”
と答える。





瑠美は、更衣室の藤香のもとへゆく。


瑠美は
“好きな人がいるって言ったよね、その人のために復讐をやめるって”
と語りかける。


藤香は、好きな人を教えるという。


藤香は
“番匠先生よ、妹を殺した医師よ”
と明かす。


藤香の顔つきが鋭くなる。


⇒無料で「いつまでも白い羽根」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



いつまでも白い羽根 6話の感想


第6話では、瑠美と藤香の心が通い合うようなエピソードがありました。


藤香は研修やレポートで忙しい千夏の代わりに、瑠美の家を訪れます。


藤香のために煎じ薬を作る信吾も、おしゃべりの止まらない智子も可愛らしく見えました。


瑠美の両親につき合わされた格好の藤香ですが、むしろ交流を楽しんでいたようでした。


“こんな表情するんだ”
と驚くほど柔らかな笑顔を見せていた藤香が印象的でした。


藤香が
“瑠美さんのような人と知り合えてよかったと思っています”
と話したときの瑠美の表情もおかしかったです。





その一方で、藤香の妹を死なせてしまった医師を巡る話には大きな進展がありました。


これまで幾度かほのめかしていた通り、番匠が当時の担当医師だったようです。


よくわからないのが、番匠と藤香がお互いを本心ではどう思っているのかということです。


第6話の最後で、藤香は番匠の正体を知りながら近づいていたらしいことは判明します。


正体を知りつつも、好意を持っているということなのでしょうか。


また、番匠の態度も不可解です。


番匠は教授会の席上では
“身内が一人いますが訴えることはないでしょう”
と余裕の表情でした。


いつも穏やかな語り口の番匠なだけに、裏がありそうで不気味です。


第7話では、物語が大きく動き出しそうで目が離せません。


⇒無料で「いつまでも白い羽根」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



無料で6話の動画を観る方法

無料で「いつまでも白い羽根」の動画を観る裏ワザ!


「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はFODなら
無料で「いつまでも白い羽根」の動画を観ることができます!


FODとはフジテレビの動画配信サービスです。


「いつまでも白い羽根」
FODプレミアム対象作品なので見放題です!


FODプレミアムなら1カ月で合計1200ポイント貰えて、ポイントが必要な作品も1200ポイント分は実質無料で観ることができます!


初回1カ月無料の期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。


無料お試し期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので
この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!


⇒FODで無料で「いつまでも白い羽根」の動画を観るならこちら♪