モンテ・クリスト伯 華麗なる復讐 4話について
無料で動画を観る方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!
※記事下に前後の話のリンクあり

⇒無料で「モンテ・クリスト伯」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

モンテ・クリスト伯 華麗なる復讐 4話のあらすじ

モンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)は、復讐のターゲットとなる者たちとの面通しを済ませる。

これは、ターゲットたちの大切なものを全て壊すことが目的である真海の序章に過ぎない。

とある土地開発プロジェクトの地鎮祭に、神楽清(新井浩文)が留美(稲森いずみ)とともに出席。

政治家の木島義国(嶋田久作)とつながりを持つ神楽は次の国有地の取引を有利に運ぼうとしている。

木島は神楽に国有地取引に他の建設業者も動いていると神楽に釘を刺した。

神楽は留美を残して先に会場を出る。

そこに真海が現れた。

入間公平(高橋克典)から真海には近づくなと言われていた留美は驚く。

真海は神楽にテナントの相談に来たと言う。

そして、店を出すのは自らのアパレルブランドを立ち上げようとしている安堂完治(葉山奨之)だと、連れてきた青年を留美に紹介。

そして、安堂の相談を聞いて欲しいと真海は留美を別荘でのランチに誘った。

帰り道、素直で明るい安堂を気に入った様子の留美は、神楽に頼んでテナントなどの件は力になりたいと告げる。

一方、入間は娘の未蘭(岸井ゆきの)の結婚式の日取りを決めた。

戸惑う未蘭は貞吉(伊武雅刀)に相談したいと言う。

入間は未蘭、妻の瑛理奈(山口紗弥加)と貞吉の部屋へ。

貞吉は会話もままならず、介護が必要な状態になっていた。

まだ結婚には早いと言って欲しいと頼む未蘭に貞吉は…。

言葉を話せない貞吉をバカにするかのように、入間は結婚準備を進め始める。



⇒無料で「モンテ・クリスト伯 華麗なる復讐」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



モンテ・クリスト伯 華麗なる復讐 4話のネタバレ


大きな空き地にこれから建物が建つため、地鎮祭が行われていた。


不動産屋の清は奥さんの留美と参加していた。


議員から清は裏情報を手に入れた。


ライバル会社に仕事を取られるかもしれない為、清は焦っていた。


そこで地鎮祭が途中なのに帰る事にした。


留美も一緒に帰ろうとすると、お偉いさんとパイプを繋げるのがお前の仕事、元銀座のホステスなんだから、くみ取ってくれ!と言われて一人残された。


そこに一本の電話が。。。


公平からだった。


真海がなんで、あの場所に別荘を買ったのか?なんであの場所に自分たちを呼んだのか?
1年前以降の情報がない、謎の人物だから近づかないようにという電話だった。


留美がわかったと電話を切った瞬間、背後から真海が現れた。


しかも若い男性も一緒に。


彼は安堂という青年実業家。


アパレルブランドを立ち上げようとしていて、真海が出資をしようとしていた。


安堂がテナントを探していた為、清に相談しようと思って地鎮祭に現れた。


留美が自己紹介をすると、綺麗でモデルかと思ったと安堂は誉めたてた。


真海はこれから安堂がレディースブランドを立ち上げる為、お力になってあげて下さいと留美にお願いをした。


これから真海の家でランチミーティングをするからと留美を誘った。


留美の前で商談が行われ、出資のサインまでした。


真海は前回留美の体調が悪かった話をした。


すると安堂が心配をし、今回来てくれた事に感謝した。


深々と頭を下げてお礼をする安堂を見て、留美は思わず笑った。


帰りに留美と安堂は2人で話をした。


若いのにブランドを立ち上げるなんてすごい!と留美が誉めると安堂は話し始めた。


安堂は幼いころ、施設で育って好きな服を着る事が出来なかった。


そしていつか自分の服を作りたいと思うようになったのだ。


今は資金集めで全く軌道には乗っていないと、留美に悩んでいる話をした。


すると留美は主人に相談してみると言ってくれた。


さらに、安堂さんの夢が叶ったら嬉しいと言ってくれた。


安堂はお礼を言った。





夜になると、安堂はある男性と会っていた。


今月分の返済と言ってお金の入った封筒を渡した。


これで半分返したよね?と聞くと、男性に利子ってものを知らないんですか?まだ72%も残っていると言われた。


すぐに返してやる!と言った瞬間、背後に違う男性が2人来て、安堂の手にライターの火を近づけた。


そして、すぐに返して下さい!と脅された。


安堂は、必ず返しますから!半端ない金づるを見つけたんで!と熱い手を我慢しながら言った。





真海の秘書は、実績もない若者に出資をして大丈夫なのか、真海に質問をした。


すると真海は、
「私が騙されているとでも言うのか?
彼は私にとってなくてはならない存在なんだ。
私の為に生まれて来た人間だ。」
と言った。





公平の家では娘の未蘭が徹夜で勉強していた。


朝になると、公平が紹介した婚約者の話をし出した。


婚約者が帰ってきたらすぐに式をするから準備をしてくれ!と言うと、未蘭はボーっとしてしまった。


どうした?と公平が言うと、瑛理奈が心の準備が出来ていないのよ!とフォローに入った。


未蘭は研究もまだできていないしと言い訳をした。


すると、公平に、研究は十分させただろ?と言われた。


そして、でもおじい様にもまだ話していないと、また言い訳をした。


おじい様の貞吉は、寝たきりの状態で話もできなくなっていた。


公平と未蘭は貞吉に、未蘭が結婚する事を話に行った。


すると公平はお体の具合はどうですか?と話しかけた。


会話のできない貞吉に代わって、最近は具合が良いんですよね!おじい様、食欲もあるし!と普段から様子を見ている未蘭が答えた。


公平は結婚相手の話をした。


すると、未蘭が、
「反対ですって。私にはおじい様の考えていることがわかるんです!
未蘭にはまだ結婚は早い、自分で進路を決めるべきだって。」
と言うと、いい加減にしなさい、本当に思考能力があるかどうか疑問だと
父親を馬鹿にして部屋を出て行った。


未蘭は勝手な事言ってごめんなさい、と貞吉に謝った。





幸男のマネージャーの愛梨は、幸男の撮影しているビルの庭で、幸男の娘の面倒を見ていた。


すみれもこの日は仕事だった。


すると真海が話掛けて来た。


娘がお絵かきに夢中になっていると、真海は愛梨にある封筒を届けた。


真海は小さな声で愛梨に
「わかっているな?」
すると愛梨は
「はい、もう勝手な真似はしません。」
といって封筒を幸男に届けに行った。


幸男は楽屋で先日家にFAXで送られてきた「人殺し」と書かれていた紙を見ていた。


そして香港にいたころ、少女の目の前で人が刺されていた現場に自分が居たことを思い出していた。


するとそこに愛梨が訪れた。


幸男はFAXの紙を急いで隠した。


愛梨が真海に渡されたのは清のライバル社の封筒だった。


幸男に清のライバル会社からCMの仕事が来たのだ。


しかもすみれと一緒に夫婦で共演するCMだった。


幸男は前向きに検討すると言って、愛梨に質問をした。


「香港に住んでいた時さ、バンパって聞いた事あった?
香港マフィアみたいなもんらしい。今でもあるのかなってちょっと思って。」


愛梨はわからないそぶりをしていたので、変な事言ってごめん、と何もなかったような
対応をした。


部屋から愛梨が居なくなるとFAXの紙を切り砕いた。


愛梨が娘のところへ戻ろうとすると、廊下ですみれに会った。


すみれは、娘はどうしているかと愛梨に聞いた。


愛梨は外で真海と一緒にいると伝えると、私行ってくる!とすみれは走って行った。


そして娘に会うと、真海さんは?と聞いた。


真海はその場を離れ、車の中から様子を見ていた。


すみれが来たから車を秘書に出させた。


すみれの元に愛梨が駆け付けた。


何か真海に用があったのか、すみれに聞いた。


すると、パーティーを急に欠席したから、お詫びをしておこうとしていたと言った。


愛梨は、すみれさん、気を付けて下さい、あーゆー素敵な男性と一緒にいるところを見られると変な噂になるかもしれないと注意した。





清は幸男がライバル社のCMに出る事を秘書から知らされた。


今回ライバル社に仕事を取られたら融資ももらえなくなるかもしれない。


清は焦っていた。


幸男の撮影現場にまで駆け付けた。


そしてCMに出ない様に、お願いをした。


しかし幸男は無理と断った。


すると、清は
「先輩の俺が頭下げて頼んでんだぞ!」
幸男は
「小さいころからの付き合いですけど、仕事関係ないですよね?」


清は、大スターが、親友を牢獄に送って殺したって世間は知ったらどうなるか?
と脅すと、何のことですか?と幸男はとぼけた。


清は、おまえが、警察にガセネタ吹き込んだって話だよ!と言うと、
証拠あるんですか?それを計画したのはあなただって、俺と寺角さんは知っていますよ!
くだらない過去を掘り起こしたとき、より多くのリスクを背負うのはどちらかって話です!


正論を言われてしまい、悔しがる清。


そして人間は変わりますから!と強気な幸男に、根っこは変わらない!と言い清は帰って行った。


幸男は携帯をみるとすみれから連絡が入っていた。


帰って来れるのか聞かれて、帰ると返信した。


すみれは娘にパパ、帰って来れるよと伝えに行くと、星の絵を描いていた。


娘に、ぱぱにあげるの?と聞くと真海さん、星が空きって言っていたから!と言った。


すみれは何かを感じながら、星を見上げた。





真海の別荘では安堂と留美が清を待っていた。


安堂は清に会う事に緊張していた。


留美はそんな安堂をなだめた。


すると清が到着した。


留美が事業計画を説明しだした瞬間、清は無理だと断った。


見かねて、真海がどうかされました?南条幸男の件ですか?と言うと表情を変えた。


真海は清と2人で話すことにした。


清は、懇談会で耳にした、清のライバル会社のCM出てあなたの足を引っ張るなんて。。。
と言うと、昔からそうなんです、と答えた。


真海は噂で聞いた事を話した。


幸男が香港にいた時、とある組織と関わりを持っていたとか、不確かな情報ですし、これ以上の事は私の口からは。。。と話しを途中で辞めた。





安堂と留美は2人で話していた。


安堂の作っている服をSNSで見て、この服が可愛いと話をしていた。


夢に向かっている安堂を見て、応援したい留美。


留美は家に帰ると、いつものように家のフロアにある別室で2人の男性と寝ていた。


すると1人の男性が仮想通貨の話をした。


留美は男性に教えてもらって仮想通貨を買った。


その情報を裏で真海は男性達にお金を払って教えてもらった。


そして真海も同じ仮想通貨を大量に買った。


その為仮想通貨はどんどん上がった。


しかし真海が売りに出た瞬間、留美の仮想通貨が一気に下がり、ショックでひざをついて倒れた。


真海が左右できるほど買ってわざと留美をドン底にはめたのだ。





公平の娘、未蘭は市場にいた。


すると人に押されてびしょ濡れになってしまった。


そこを信一郎が通り、タオルやパーカーを貸してあげた。


何を探しているか聞くと、ダボハゼの雄、と言った。


市場価値はほぼゼロなのに、誰も相手にされていない感じが好きだと未蘭は話をした。


以前ここの市場でメスを買って今、買っていた。


しかし恋をしたことないなんて可哀想な事をしたと思って、相手を探していたのだ。


すると信一郎は、今度ダボハゼの雄を釣ってくると言った。


未蘭は私、結婚するんですと言って泣き始めてしまった。


ごめんなさい、とその場を後にしようとした。


すると信一郎は、大丈夫ですよ!俺にパーカーってラッキーを呼び込むんです!
そのパーカーを着ていたら奇跡が起きますよ!と勇気付けた。


お互い一礼をした。





未蘭はお土産を貞吉に渡しに行った。


すると弁護士がいて、家族を呼んでほしいと頼まれた。


貞吉の依頼で遺言の内容を変更したのだ。


全ての資産30億円は、息子、孫2人に均等に分けられる事になっていた。


しかし今回未蘭が結婚したら世界文化振興財団に寄付すると、遺言がプラスされていたのだ。


公平は父親の貞吉が遺言の変更なんかできるわけがない!と弁護士に言うと、そんな事はありませんと言われてしまった。


貞吉は介護装置を使っていた。


画面を目でおっているとカメラが察知して、長く見たところはキーで押せるシステムだった。


そして貞吉は、
「私の遺産か、未蘭の結婚かどちらか選べ、公平」
と文章を作った。


公平はいら立ちを抑える事が出来ず、テーブルに当たった。





留美は公平を呼び出した。


そして300万円貸してほしいと頼んだ。





留美は何もなかったかのように家に帰った。


すると清が待っていた。


家の口座から1000万円降ろして、仮想通貨の取引場に入金されていたことを清が話してきた。


留美は、あとで戻しておくと言ったら、負けたんだろ?それであわてて借りてきたんだろ?と留美のカバンからお金を出した。


清は、出金記録見つけて秘書に留美の後を付けさせていたので、公平から借りたことを知っていた。
「泣きついたんか?昔の愛人に。」
政治家に結婚させられた時に、清は留美の過去の事を調べていた。



「お前にとって俺の事なんてどーでも良かったんだろうけど、俺にとってもお前の事もどでも良かったんだよね。」
留美
「違います。私はあなたの事を愛そうとしていました。しあわせな夫婦になろうと努力していました。」
聞いた瞬間、清は飲んでいたグラスを床に叩きつけた。


留美は黙って掃除をしていたら、清が男性と同じマンションの別室で寝て居る事を話し始めた。


留美は驚いて片付けていた手を止めた。


実は清が留美を潤すために、男性を秘書に頼んでいたのだ。


清は300万円は元愛人から留美がもらったものだから好きに使えと床に投げつけた。


そして二度と俺の金に手を付けるなと怒鳴ると、留美は家を出て行った。


家の前には秘書がいた。


秘書は申し訳なさそうにしたが留美はじっと見つめて通り過ぎて行った。


すると留美の電話が鳴った。





秘書は清の家に入って行った。


清は、幸男がライバル会社のCMに出る事が決定したニュースを見ていた。


秘書は清の割ったグラスを片付けていた。


すると清が、香港へ行って幸男の裏社会との繋がりを調べてくれと秘書に頼んだ。





留美は安堂と会って300万円を渡した。


そして2人はホテルで一晩を共にした。





愛梨は真海に留美と安堂が繋がった事を伝えに行った。


すると真海は、思いのほか早かったな、と言った。


愛梨はなぜあの安堂なのか聞いた。


すると、昔、この家に生まれた赤ちゃんの事を話し出した。


留美は公平の事が好きで、公平の赤ちゃんが欲しかったが、死産で埋められてしまった。


公平はすぐに本妻との間に娘が出来て、すべて失った留美は銀座で働き出した。


留美は、大物政治家の口利きで、野心に満ちた不動産の社長と結婚させられた。


もしも、留美が死んだはずの子供に会えたらどう思うだろう?


そう言ってDNAの鑑定結果を愛梨に見せた。


留美と安堂は間違えなく親子だった。


真海
「2人はいずれいびつな関係に気付くことになる、もちろん父親もな。
言っただろ?彼らの大切な物はすべて壊すと。」


⇒無料で「モンテ・クリスト伯 華麗なる復讐」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



モンテ・クリスト伯 華麗なる復讐 4話の感想


留美が銀座で働いていたことが意外でした。


どこかのお嬢さんかと思っていました。


清の態度が偉そうで腹立たしく感じます。


あんな態度を取られてストレスから、潔癖症になったり、男性を抱いたりしてしまうんだなと少し留美の味方になってしまいました。





安堂は出てきた瞬間から怪しい人って感じがしました。


何か裏があるに違いないと思ったら、借金があったんですね。


でも留美にはとても癒しで2人はいい感じだなーと思っていました。


留美が安堂になんでもしてあげたいと思う感じもわからなくないですが、
まさか仮想通貨に手を出してしまうとはびっくりです。


しかも清のお金なのに、大丈夫なの?と思いましたが、やはりだめになってしまいましたね。



そして清にばれて、今まで遊んでいた男も清が手配している事も知ってしまって、精神的に辛くなってしまいますよね。


そこで安堂に会ったら確実に寝てしまうだろうなと思いました。


でも安堂はどうなんでしょう?


お金としてしかみていないのでしょうか?


きっと次回、本性がわかるはずです。


そして死んだはずの我が子と留美が知ったらどんなにショックなのでしょう。。。


真海の復讐がどんどん恐ろしい事になっていきます。


⇒無料で「モンテ・クリスト伯 華麗なる復讐」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



無料で4話の動画を観る方法

無料で「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―」の動画を観る裏ワザ!


「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はFODなら
無料で「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―」の動画を観ることができます!


FODとはフジテレビの動画配信サービスです。


「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―」はFODプレミアム対象作品なので見放題です!


FODプレミアムなら1カ月で合計1200ポイント貰えて、ポイントが必要な作品も1200ポイント分は実質無料で観ることができます!


初回1カ月無料の期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。


無料お試し期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので、この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!


⇒FODで無料で「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―」の動画を観るならこちら♪