西郷どん 4話について
無料で動画を観る方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!
※記事下に前後の話のリンクあり

⇒無料で「西郷どん」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

西郷どん 4話のあらすじ

新しき藩主

斉彬(渡辺謙)を藩主に担ごうとする人たちを、斉彬の父・斉興(鹿賀丈史)が一気に粛清する「お由羅騒動」が起こり、吉之助(鈴木亮平)が先生と慕う赤山(沢村一樹)に切腹の沙汰が下る。

さらに、処罰は大久保家にもおよび、大久保正助(瑛太)の父・次右衛門(平田満)は島流しとなり、正助も謹慎処分を受ける。

赤山の介錯は吉之助の父・吉兵衛(風間杜夫)が行うこととなり、吉之助は、赤山の無念の最期に立ち会うことに。



⇒無料で「西郷どん」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



西郷どん 4話のネタバレ


島津斎興は、次期藩主に嫡男の斉彬を担ぐ一方、粛正する。 


お由羅の方の策謀が働いたのではという噂から、このことはお由羅騒動と呼ばれる。


吉之助達が門弟となり、師と仰ぐ赤山靭負が切腹を命じられたという。


その知らせに吉之助は居ても立っても居られず、家を飛び出して行く。





大久保次右衛門が妻の福とともに、西郷家を訪ねてくる。


吉兵衛に大変なことになったと言う次右衛門に、吉兵衛も自分こそ大丈夫なのかと心配する。


きみは次右衛門に
“斉彬様の為によか働きをしたち、自慢しとったじゃろうが”
と聞く。


次々と斉彬派に制裁が加えられているので、夫を心配する福。


次右衛門は、自分は下働きで大した働きはしていなから大丈夫だと皆に言うが、内心は違っていた。


飛び出した吉之助を、新七と俊斎が止めるが聞こうともせず振り払う。


正助も吉之助に打ち首なると止めるが、吉之助は
“こいをこのまま放っておけるか!!”
とおさまる様子はない。


大山が、正助に何かいい知恵はないかと訪ねると、正助は何か思いついたようで俊斎を見る。


吉之助達は、久光が出てくるのを門の前で待ち構えていた。


正助が、自分たちの望みをつなぐのはもはやこの方しかいないと言った時、門が開く。


正助の、
“いっと”
という合図とともに、一同は中に駆け込む。


久光の前に並んで土下座をする吉之助達。


門番が牽制し、警戒される中、正助が
“恐れながら、久光様にお願いがありもす!”
と言うと、
“我ら、赤山先生に幼いころから薫陶をば受けてきもした門弟にございもす!”
と吉之助が続く。


吉之助達は必死で、
“どうか、この度の赤山先生の切腹の命、お取消し下さいもうせ!”
この通りでございますと大山らもひれ伏して頭を下げる。


正助が、
“ご聡明であらせらっるあなた様から、なにとぞ、なにとぞ殿に……!”
と懇願するが、久光は吉之助たちをポカンと眺めたままだった。


吉之助達に無礼者がと言い刀を抜こうとした家臣を止め、久光は淡々と
“おいに何が出来る? おいにどげんすっことも出来ん! おいに言うな”
と邪魔臭そうに言って駕籠に乗って行ってしまう。


久光の乗った駕籠を追いかけようとするが、袋叩きに合う吉之助達は、
“こげなことはおかしか!”
と叫ぶ。





鶴丸城の庭園では、お由羅と久光が話していた。


お由羅が、
“久光殿、城下では一段と騒がしいようですね”
と聞くと、
“おいは、母上が心配でございもす”
と、久光は母親しか眼中にないらしい。


お由羅は、江戸の実家でも心配していると言い、久光に江戸で売られている瓦版を差し出して見せる。


瓦版には、お由羅が斉彬の子供達を呪い殺しているのだと書かれている。


子供のように素直な久光は、
“根も葉もなかことを!”
と瓦版を破り捨てる。


お由羅が、
“私は……世間にどう思われても良い。殿さまとあなただけが信じてくれれば……”
としおらしいことを言って久光を見つめると、
“母上を逆恨みして、切る切るち憎むもんが大勢おりもうす、くれぐれも気を付けてたもんせ”
と子犬のようにすがる。


由良は思い通りの返事をしてくれる久光を相手に、
“みんな、あたしを斬りにいらっしゃい!”
と自分に酔っていると、斉興が小さな声でたしなめる。





西郷家では、琴が袋叩きにあった吉之助の怪我の手当をしていた。


そこへ、半次郎がやってきて熊吉がボロボロの姿にびっくりする。


吉之助が半次郎に気付き、
“おはん、芋泥棒の……いや、半次郎じゃなかか”
と声かけると、半次郎は武士の子らしくお辞儀をする。


吉之助がどうした?と聞くと、半次郎はお礼に来たといい、
“あんとき、西郷さあが、脱藩を止めてくれたおかげで侍を捨てんすみもした”
とお礼を言い、自分の家で取れた唐芋だといって芋を差し出した。


半次郎の姿に胸がいっぱいになる吉之助、立派な芋じゃと喜んで見せる。


そこへ、赤山の弟が吉兵衛を訪ねてくる。


半次郎が立ち去ろうとすると、吉之助は剣の腕は本物だから父親にも負けないような立派な侍になるようにと言ってやる。


目をキラキラさせてお礼を言い、走って行く半次郎を見て、琴は立派な稚児だと感心する。


赤山の弟は吉兵衛に赤山からの手紙を渡し、明日の介錯人を頼みたいと言い、吉兵衛はひどく驚く。


赤山の弟は、吉之助に門弟を連れて赤山のところへ集まるように言う。





夕方、赤山邸に集まった吉之助達。


赤山は、
“急に呼び立てて悪かったなあ、無性ににおはんらと酒が飲みたくなってな”
と酒を運んでくる。


座れと言われても、座らない吉之助らに
“時期においの通夜になるっとじゃ、その顔はその時までとっておけ”
と笑う。


吉之助は抑えきれず、
“じゃっとん、おいはやり切れもはん、赤山先生のご無念を思うたら!”


赤山の酒を飲む吉之助達に、
“おはんら稚児の時いつでん腹をすかせとったな”
と笑いかける。


正助が、妙円寺参りの時も褒美の餅欲しさに死に物狂いで走ったと思い出話をすると、俊斎も磯の御殿に忍び込んだ時の話を始め、皆、悲しいながらも笑顔になる。


新八の腹が鳴ると、糸がふかした芋をもってきた。

ごちそうじゃと頬張り皆にも進める赤山。


吉之助は、その芋は赤山の助けた半次郎がお礼にもってきたと教える。


赤山は、こうしてみるとお前らもこの芋と同じだと言う。


赤山は、芋は一つとして同じ形がない、桶に居れて洗えばお互いにぶつかりあって綺麗に泥が落ちると言う。


赤山は、
“おはんらも同じじゃ、一人一人姿かたちも違えば、それぞれ考え方も違う。これからも郷中ちゅう桶のなかでぶつかりおうて、切磋琢磨して、立派な侍になってくれ”
それが最後の願いだと言って力強く笑う。 






その夜、介錯人を頼まれた吉兵衛が、庭で一人刀を振り下ろす練習をしてた。


吉之助は吉兵衛に
“おいも立ち会わせてたもんせ”
と頼む。


翌日、赤山の弟と吉之助が見届ける中、白装束で現れる赤山。


赤山の
“失礼、いざ”
という言葉を合図に刀を構える吉兵衛。


赤山は切腹し、吉兵衛も介錯を務める。


恩師の切腹を間近で見た吉之助は呆然としていたが、吉兵衛に赤山の血が付いた装束を見せられ怒りがこみ上げる。


震える手で装束を掴む吉之助は、
“あげな妾のために、ないごて赤山先生まで”
と言ってしまうが、吉兵衛が慌てて
“やめんか”
と止める。


怒りが止められない吉之助は、
“あの妾、絶対ゆるせん……!”
刀を握りしめて飛び出して行く。


吉兵衛が、
“我慢じゃ!”
と吉之助を止める。


吉之助は、
“ないごてじゃ!あげな妾の為に、斉彬様が頭首になれんで、ご家中の大切な方々まで亡くなって、赤山先生まで……!”
と怒鳴る。


吉兵衛に、
“赤山様の死を無駄にするな”
と言われ泣き崩れる吉之助。


吉之助は、赤山の装束を握りしめて声をあげて泣くしかなかった。





江戸では、斉彬が山田から赤山が切腹させられたと知らされる。






斉興の粛正はさらに続き、大久保家では次右衛門が喜界島に島流しの処分にされ、正助も城務めを解かれることとなった。


次右衛門が役人に連れて行かれるところへ、吉兵衛が割り込んでくる。



吉兵衛は次右衛門に、
“島にいったら、わいのようなどろくさいやつはハブに噛まれて死んでまうど”
と憎まれ口をたたくと、次右衛門も
“喜界島にハブはおらん”
と口げんかを始める。


次右衛門と吉兵衛は今日こそ決着をつけると、相撲を始めてしまう。


吉之助と吉二郎が役人をなだめて、相撲が始まる。


熊吉の、のこったを合図に最後かもしれない相撲が始まる。


満佐が
“次右衛門さ、がんばって”
と応援すると、吉兵衛の気がそれて負けてしまった。


次右衛門は晴れ晴れした顔で行ってくると言い、出発した。






吉之助は、斉彬に手紙を書き続けた。


吉之助は手紙に、斉彬に頭首になってもらい、藩政を変えて欲しいと願う者たちが皆処罰されている、いつまで自分たちは待てばよいのか?と書いた。



江戸では斉彬が、吉之助が送った赤山の血で染まった装束を手に決意を固めていた。






年が明けてすぐ、江戸城に上がった斉興は家慶に謁見した。


斎興は老中の阿部正弘から、上様からの下さりものだと言って茶器を与えられる。


茶器とは隠居を勧告するものであり、阿部は後は斉彬に藩主を譲るように言われる。


斉彬は斉興に挨拶に訪れるが、ご公儀に手をまわしおってと邪険にされるが、斉彬は似た者親子だと言って相手にしない。


斉彬は続ける、
“世の大事が見えておらぬこの二つの眼、下々の声をまるで聴こうとしないこの耳、嫌なことからすぐ逃げ出そうとする腐った性根”
斉興は容赦しないと怒るが、自分自身のことだと斉彬は言う。


斉彬は西郷という名の者が教えてくれたのだと言い、手紙を取り出す。


年貢の取り立てに苦しみ自ら作った米の味も知らない者がいるということ。


家が貧しく借財がかさみ、大事な娘を売らねばならない者がいるということ。


悪政に苦しみ他国へ逃げなくてはならない者が大勢いること。


江戸で生まれて江戸で育った自分に、吉之助が目となり耳となり、何度も書状を書いて教えてくれたのだと言う。


斉興がたった一人の下郎に翻弄されて恥を知れと言い返すが、斉彬は一人だけではないと、赤山の装束を取り出す。


先の見えない藩の行く末を案じて、自分に望みをかけてくれた者たちのために、島津の頭首となって薩摩を建て直さないといけないのだと斉彬は斉興に訴える。


斉興は、易々と隠居するものか薩摩のことは自分が決めると鼻で笑う。


襖の向こうで聞いている由羅。


斉彬が密貿易や琉球出兵に従わなかったことは政府にばれていると言えば、すべて調所がやったこと言い逃れる。


斉興は、自分が咎められることになれば薩摩が取り潰しになって、困るのは斉彬のほうだと居直る。


斉彬は、斎興さえ隠居すればご公儀は丸く収めてくれると言う。


斉彬は斉興に、
“薩摩の主にふさわしき振る舞いをなされませ、どうか鎌倉依頼続くこの島津家をどうかお守り下さい”
と頭を下げる。


しかし、斉興は断ると言ってきかず、
“お前に藩主を譲るぐらいなら、儂は島津家もろとも消えっで、それくらい儂はお前が好かん”
と言う。


斉興の言葉に腹が決まった斉彬は、自嘲し鼻をかむ。


斉彬は密貿易で手に入れた拳銃を取り出し、斉興に詰め寄る。


お由羅が、殿を打つつもりなら私を打ちなさいと立ちはだかる。


斉彬は、
“これは父上と私の最後の戦です”
退けと怒鳴る。


斉彬は銃に一発だけ弾を込め、
“天の声を聞きましょう”
とこめかみに銃口を当てて引き金を引く。


そして斉興にも、銃を差し出す。


斉興は恐怖に勝てず、銃を投げ出す。


斉興の負けだ。


斉興は、由羅にこれからは安楽に暮らすかと言うが、由羅は
“嫌! 私は嫌! 久光はどうなるのですか!”
と言って拳銃を拾い上げて斉彬に向ける。


お由羅の放った銃弾は、斉彬をかすめることも出来なかった。


憮然として立ち去る斉彬。


斉彬は43歳にして、やっと薩摩藩主になる。






西郷家で吉兵衛がそろばんを打っていると、吉之助が駈けび込んできて、内職の笠張をしている正助に、ついに斉彬が藩主になったと伝える。


大きな声を出して喜び合う、正助と吉之助。


正助は、
“じきに父上が喜界島から帰ってこらるっど”
と言うと家族皆が歓声をあげる。


吉之助達は、赤山に報告するため、墓参りに来た。


吉之助達は赤山の墓に手を合わせ、薩摩が良い国に生まれ変わるよう見守って下さいと手を合わせる。


嘉永4年5月8日 ついに斉彬が国入りを果たす。


⇒無料で「西郷どん」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



西郷どん 4話の感想


あいかわらず、大山さんたちの友情連携プレーがいいですね、そんな呑気な回ではないんですが……。

西郷どんが、赤山の切腹を見届けるって言ったのはびっくりしました。


無念を表現するためにだとしても、辛すぎるんじゃないかと思いましたが、やっぱりズタズタになりましたね。


自死を見届ける側の心も壊れてしまう残酷な場面です。


お由羅の方と久光のコミカルな場面を見てると、黒幕ではないという設定かと思いましたが、斉彬に拳銃向けて撃っちゃうんですね。


久光はどうなるのかなんて思わず言ってますからね、やっぱり色々やってたのかと思わされましたね。


ロシアンルーレットの場面は、史実と合っているかどうかということを除けば、結構、贅沢な場面だと思います。


鹿賀丈史と渡辺兼の一騎打ちの緊張感と、女の執念の塊の小柳ルミ子がみごたえありました。


あと、蒲田行進曲トリオの相撲の場面も、割とあっさり終わっちゃったけど、やっぱりなんか味がありますね。


料理で例えると、いいダシといい器使ってるけど若手俳優さん達という具材がどう仕上がるのかを楽しみにしたいドラマになってきました。


西郷どんたちが、赤山の墓に、薩摩の国が良くなりますようにって祈ってましたけど、まだ薩摩しか知らないんですね。


江戸も他の藩も知らないのに、異国はチラチラやってくる薩摩って特殊なところだったんだなと改めて思いました。


⇒無料で「西郷どん」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



無料で4話の動画を観る方法

無料で「西郷どん」の動画を観る裏ワザ!


「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はビデオマーケットなら
無料で「西郷どん」の動画を観ることができます!


プレミアム&見放題コースを選択した場合は、見放題対象作品はポイント消費なしの無料で観れます。


今なら入会時に540ポイント貰えて、ポイントを使用して「西郷どん」を実質無料で観ることができます!


初月無料でお試し登録を実施中で、無料期間中に解約すれば月額利用料は発生しません。


初月無料でお試し登録はいつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので、この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!


⇒ビデオマーケットで無料で「西郷どん」の動画を観るならこちら♪