正義のセ 5話について
無料で動画を観る方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!
※記事下に前後の話のリンクあり

⇒無料で「正義のセ」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

正義のセ 5話のあらすじ

凜々子(吉高由里子)の妹・温子(広瀬アリス)が、恋人の後藤公一(渡部秀)を竹村家に連れてきた。

温子は、後藤と結婚して竹村豆腐店を継ぐ気だという。だが、父・浩市(生瀬勝久)は突然のことに驚いて猛反対し、竹村家は大混乱!

さらに、凜々子は、4年つき合った恋人と別れたことを家族に告白するハメになってしまう…。

神奈川医大で女性職員の転落死事件が発生する。単なる転落ではなく、事件性が考えられることから、凜々子は相原(安田顕)とともに事件現場へ向かう。

大きな仕事にまたしても気合いを入れる凜々子だったが…。

被害者は、臨床病理学教授・高嶋敦史(原田龍二)の助手を務める三宅香織(佐藤めぐみ)。

二人が不倫関係にあったことが発覚し、さらに香織の爪の間から高嶋のDNAが検出されたことから、高嶋が殺人容疑で逮捕される。

しかし高嶋は容疑を否認。香織の死亡推定時刻には、「取引先の医療機器メーカーの茂木(木下隆行)とスーパー銭湯にいた」というアリバイを主張し、茂木も同じ証言をする。

凜々子の捜査が難航する中、事件に関する新事実が発覚。

凜々子は、支部長の梅宮(寺脇康文)から、大塚(三浦翔平)との共同捜査を命じられる。

だが、強引に捜査の方針を決めていく大塚のペースに振り回され、捜査チームは前途多難な雰囲気に…。

果たして凜々子は、高嶋のアリバイを崩し、複雑に絡み合う事件を解決に導くことができるのか!?



⇒無料で「正義のセ」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



正義のセ 5話のネタバレ


温子は婚約者という名目で後藤という彼氏を連れてきていた。


お互いあだ名で呼び合いラブラブな様子。


今までは凜々子の為に隠していたがプロポーズされたと聞き紹介しにきたという。


凜々子は誤解を解こうとするが一度温子の話にケリをつけようとする父。


父は付き合うことも結婚することも構わないが知らない男と一緒に豆腐屋を継がせることはできないと店を継がせることは白紙に戻すと言い放つ。


温子は言い返そうとするが母になだめられ凜々子の話に戻る。


そしてとうとう彼氏と別れたことを告げることになった凜々子。


家族一同はえらく驚いた。





翌日凜々子はいつになく元気のない様子で出勤する。


家族皆にずっと優希とのことを聞かれていたようだ。





同時に、父は温子に辛く当たり豆腐屋の仕事を一切手伝わせなくなっていた。


温子も拗ねてしまっている様子。





凜々子は家族間について悩むが大塚検事にプライベートを持ち込むなと叱られる。


プライベートと仕事はきっちり分けると言い返す凜々子。





そんな中梅宮支部長から仕事の依頼がくる。


女性が転落死をしたというが事件性が考えられるとのこと。


”警察と連携を取りながら捜査を進めていくことで事件の早期解決を図ることも検事の大切な仕事だ”と梅宮支部長は言う。





凜々子は一度は張り切る様子を見せるが転落死が起きたばかりの現場に怖がる。


相原事務官に背中を押され恐る恐る踏み込む凜々子。


被害者は臨床病理学教授の助手である三宅という女性。


三宅が担当していた高嶋という男性の部屋の窓から転落して死亡したが落ちた位置により自殺か他殺かの判別が難しいとのこと。





高嶋から話を聞く凜々子と相原事務官。


高嶋はショックを受けた様子で三宅が死んだことを信じられないと言う。


最後に三宅に会ったのは昨晩の19時だという。


三宅が転落死したことについて凜々子が問うと”自分から飛び降りたのではないか”と高嶋は言った。


高嶋が言うには三宅とは不倫関係にあり別れ話をしていたと。


そして三宅は高嶋から別れを告げられたことによるショックで自殺したのではないか、と言う高嶋。


不倫ということに驚きを隠せない凜々子。





テレビのニュースを検事や事務官達が見ている中高嶋が容疑者となったが容疑は否認していると報じられていた。


三宅の爪の間から高嶋の血痕が検出されたことにより警察が逮捕をしたと相原事務官は言う。


不倫関係を認めていたこともあり自供するのも時間の問題ではないかと大塚検事は言うが凜々子はむしろ疑問に思っていた。


聞いてもいないのに高嶋は自ら不倫関係のことを言ってきたと。


徳永検事は後々の面倒を避けるためあえて自分から言ったのではと答えるが凜々子は納得がいかない様子。





高嶋の事情聴取。


高嶋はやはり三宅は自分から飛び降りたのではないか、自分はやっていないと言う。


凜々子は三宅の爪の間から高嶋の血痕がついていたことを問うと、抱きしめあっていた際についたのではと答えた。


高嶋が別れを切り出した際三宅は取り乱し、落ち着かせようと抱きしめたが一度は好意を抱きあった関係であった為激しく抱きしめあったと。


凜々子は戸惑うが相原事務官に諭される。


高嶋は本によると自殺者は楽しかった場所で自殺をすると言い、自分の教授室がそのような場所だったのだと思い出にふける様子を見せた。


凜々子は同情しかけてしまうが相原事務官が冷静に高嶋に対し事件のことを述べていくことで我に返る。


司法解剖や警備員の見回り状況などからみても三宅は21時から24時の間に死亡したと思われると相原事務官は言う。


その時間はどうしていたかと凜々子が問うと高嶋は20時からずっと銭湯にいたと答えた。


アリバイを証言してくれるのは偶然居合わせた知り合いの医療機器メーカー部長の茂木だという。





茂木の事情聴取。


やたら明るい様子で高嶋には世話になっていると高らかに言いながら人当たりの良い感じを見せ名刺を差し出す茂木。


茂木におだてられ調子に乗りかける凜々子だが立て直す。


高嶋と銭湯で会ったことについて凜々子が問うと茂木は偶然ばったりと会ってびっくりしたと言う。


続けて茂木はロウリュという蒸気浴が最高だとテンション高く言うと相原事務官が食いつく様子を見せる。


一緒にいたことについて証明できるか問う凜々子だが茂木が言うには防犯カメラもなく物理的な証明は難しいというような様子。


相原事務官が教授である高嶋に頼まれれば口裏合わせをするのではないかと問うが茂木は否定する。





高嶋や茂木の事情聴取を終えた凜々子は疲れながら難しい顔を見せる。


やっぱり自殺だったのかと言う凜々子に対して相原事務官はまだ判断はできないというように答える。





そして被害者の三宅が親しくしていた女性の西山に事情聴取をする凜々子と相原事務官。


西山が言うには三宅とは事件当日もランチを共にしており変わった様子はなかったとのこと。


夏休みに旅行に行く予定も立てようとしていたと。


西山が言うには三宅が不倫していたのは2年前でもう高嶋教授とは不倫関係ではないという。


別れは三宅から切り出したとのこと。


別れて何年も経ちながらもまだ不倫関係の噂が消えないことに不満を抱いていた様子だったと西山は言う。





西山からの話により凜々子と相原事務官は高嶋が殺害した可能性が強まったと感じた。


凜々子は再び、高嶋が自ら不倫していたと嘘をついたことに疑問を感じていた。


そんな中凜々子に梅宮支部長から呼び出しの電話が入る。





梅宮支部長の部屋には大塚検事が居た。


梅宮支部長から高嶋と茂木は共謀関係で、研究機材を大学に導入する見返りとして何度も金を受け取っていたという事実を知らされる。


三宅は不正の事実を知り高嶋に対し”自ら大学に申告するように、それができないのであれば告発をする”とメールを送っていた。


三宅からのメールの内容は切実な願いを感じる内容であった。


メールは事件当日に送られていたことで大塚検事は推測だが高嶋は三宅に告発を思いとどまらせようと教授室に呼んだのではないか、と言った。


凜々子は三宅が高嶋の不正に気付いたことによって殺された可能性が高いことに怒りを表す。


そして梅宮支部長から凜々子に大塚検事と共同で捜査を進めていくことを命じられる。





凜々子は自分のスタイルで捜査を進めていくよう言うがことごとく大塚検事に適切な正論で止められる。


そして主導権は大塚検事が握り捜査を進めていくようになる。





凜々子は自宅で食事を摂りながら大塚検事と組むことに気を重くしていた。


温子からは彼氏と別れたことにより落ち込んでいると誤解される。


そして温子は凜々子に対し心配するとともに凜々子の状態を知らず彼氏を連れてきたことについて謝る。


母からまたすぐに良い人が現れると温かく言われる凜々子。


ふと大塚検事の話題が出るが凜々子はありえないというように拒否する。


不倫という言葉に父が割り込み誤解されそうになるが仕事の話だと凜々子は言う。


温子は自分の彼氏は正当な付き合いなのだから認めろと言うが父は別の話だと頑固な様子を見せる。


凜々子は家族間についても先行き不安だとため息をついた。





銭湯で聞き込みをする凜々子達。


またもや大塚検事が仕切っていく。


凜々子はそんな大塚検事に不服を示し”振り回されてる”と言う。


相原事務官から”少しは私の気持ちがわかったのではないですか?”と言われるが無自覚な様子の凜々子。





そして聞き込みに夢中になるあまりいつの間にか男性客が裸で風呂にいるところまで来ていた凜々子。


相原事務官から少し優しく注意される凜々子。





一方大塚検事達の聞き込みで発展があった。


従業員は茂木が会社で使っていると思われるボールペンを使ってくれと大量に置いて行ったと言う。


その時、同時に高嶋のことも”先生だ”と紹介していた。





凜々子達は茂木の従業員への印象付けに対して一杯食わされた様子だった。


銭湯では監視カメラもなく顔も覚えづらいことからアリバイには打って付けだと。


大塚検事は高嶋が入館した時間が問題だと言う。


そして事件現場から銭湯までの間の目撃情報を調べ始める凜々子達。





だが結果は全て空振り。


すっかりうなだれて酒を飲む凜々子。


木村事務官も同じく疲れ切った様子を見せていた。


凜々子は一度は愛した人を自殺に見せかけ保身で殺すなど許せないと言う。


そしてがぶがぶと酒を飲んでいく。


相原事務官から酒を止められる中、何で三宅はメールなど出さずすぐに告発しなかったのかと泣き始める凜々子。


大塚検事から被害者に感情移入しすぎるのは新米の悪い傾向だと言われつつも”亡くなった被害者の為に戦えるのは検事しかいない”と言われる。


大塚検事の言葉に励まされ、立ち直ろうと精一杯頑張る意気込みを見せる凜々子。


そして木村事務官も大声で頑張る決意を見せた。





すっかり飲み過ぎた凜々子と木村事務官は寝てしまった。


相原事務官は凜々子に優しく上着をかけた。


大塚検事と凜々子について談笑する相原事務官。





すっかり遅くなっていた時間に相原事務官は会計に行き、大塚検事は凜々子を起こそうとする。


すると凜々子は寝ぼけて優希と間違え大塚検事にキスをしてしまう。


大塚検事は硬直し、伝票を忘れ取りに来た相原事務官も呆気にとられた様子で目撃した。


唯一何も知らずようやく起きた木村事務官は呑気な様子でいた。





終電がなくなり職場に戻った凜々子達。


凜々子は大塚検事に寝てしまったことを謝る。


だがいつもと明らかに様子がおかしい状態の大塚検事。


凜々子は何かあったか尋ねるが冷静を装い何もなかったことを言う大塚検事。


相原事務官から毛布の差し入れが凜々子達に入れられる。


毛布を受け取りそそくさと大塚検事は立ち去る。


凜々子は相原事務官に大塚検事のことを尋ねるがうやむやに答えられる。





なかなか寝付けずにいる相原事務官は木村事務官と共に高嶋達が行ったという銭湯にロウリュ目的で出向く。


一方凜々子も寝付けずにいた。


そして寝ずに仕事をしていた大塚検事に近づき手伝うと言う凜々子。


大塚検事は再度様子がおかしくなった。





相原事務官は楽しそうに銭湯の発券をしていく。


そして木村事務官と共にはしゃぐ。


従業員にチケットを渡していくときにふとチケットについて気付く相原事務官。


そしてチケットは何日前まで残っているかと従業員に尋ねる相原事務官。





仕事をする凜々子と大塚検事。


たどたどしく大塚検事は凜々子の彼氏の有無について聞く。


急に聞かれたことに怪訝そうにするが少し前に別れたと言う凜々子。


大丈夫かと聞く大塚検事に時々無性に寂しくなると答える凜々子。


キスについて少し納得した様子の大塚検事。


凜々子は大塚検事を見るがやはりどこか様子がおかしい大塚検事。





そんな中大量の銭湯のチケットを持った相原事務官と木村事務官が職場に戻る。


一週間分の大量のチケットの中、高嶋の指紋が付着していると思われるものを選別していく凜々子達。


夜通し作業を行っていく中、凜々子や木村事務官は眠気と戦い相原事務官はうなだれながら進め大塚検事は冷静な様子を見せていた。


終わる頃には朝になっていた。





無事鑑識に回し、そわそわしながら待つ凜々子。


高嶋の指紋は22時のチケットだと電話が入る。


凜々子は相原事務官とハイタッチをし大塚検事にもしようとするが空回る。


そして大塚検事はアリバイ崩しと共に高嶋の自白をとると言う。





そして凜々子は高嶋の事情聴取を、大塚検事は茂木の事情聴取を同時に進めていく。


凜々子は高嶋に不倫関係が終わっていたのにも関わらず不倫状態にあったという嘘をついたのか問う。


言い淀む高嶋に凜々子は三宅が送ったメールのコピーを見せる。


そして告発を思いとどまらせる為に教授室に呼んだのではと問う。


だが高嶋はメールに書かれていることは事実無根だと主張する。


凜々子は同時に茂木の事情聴取をしていることを伝える。


2人の関係を聞くことになると凜々子は試すように言う。





茂木の事情聴取。


大塚検事に対しても相変わらず人当たりの良い感じを見せる茂木。


大塚検事は始めこそ穏やかに接するが少し威圧感のある様子で三宅のメールについて語りだす。


茂木ははぐらかし、自分は正直者だからそんなことはできるわけがないというように言う。


そして大塚検事はにこやかに受け入れるように見せた後、高嶋の事情聴取を同時に行っていることを冷静に伝える。





再び高嶋の事情聴取。


高嶋より茂木の方が罪が軽いことを不公平だと冷淡な様子で言う凜々子。


電話の音に少し怯えた様子の高嶋。





木村事務官から茂木にメールのことと高嶋がきていることを教えるとかなり動揺していたと知らされる。





茂木のことで気になっている様子の高嶋に凜々子は何か不都合でもあるのかと言う。


そして銭湯で茂木がばら撒いたボールペンを出しトントンと机を叩く凜々子。


そのボールペンを見ていた高嶋は次第に冷静を失っていき”そそのかされてやっただけ”と呟き始めた。


そしてベラベラと自分のやったこと、でもそれは口車に乗せられ騙されたんだと言っていく高嶋。


茂木の罪が軽いことについても許せない、もっとたくさんの金を渡していると茂木の罪までも喋り始める高嶋。





電話で話を聞いた大塚検事は高嶋が罪を認めたと茂木に伝えた。


茂木はまたしてもはぐらかそうとするが大塚検事は高嶋が複数回にわたり多額の不正な金を受け取ったことについて冷静に伝えていく。


少し動揺を見せる茂木。


大塚検事は書類と共に茂木のばら撒いたボールペンで文面を指し高嶋の殺人についても証言していることから、嘘だった場合更なる罪になると伝える。


それでも食い下がろうとする茂木に対し大塚検事は威圧感を強めに表しまだ庇うのかと言う。





凜々子は再度高嶋の殺人について聞く。


すっかり冷静さを失った高嶋は殺人はしていないと怒鳴る。


相原事務官から指紋のついた、アリバイ時間とは違った銭湯のチケットを見せられる高嶋。


凜々子から21時過ぎに三宅を教授室に呼んだのではと問われる高嶋。





ふと高嶋の中で事件当時のことが思い出される。


切実に不正について認めることを訴える三宅に声を荒げかける高嶋。


少し落ち着いた話し方で高嶋は自分の地位や名誉に関わると言う。


そして三宅に黙っていて欲しいと頼むが断られ、告発すると言われる。


高嶋は三宅を抑え込み、もみ合いになるうちに転落してしまう。


三宅の爪の血痕はもみ合いの際に付いたものだった。





高嶋は急いで三宅の死を自殺に見せようと考え茂木に相談した。





アリバイ工作のしやすい銭湯を選んだこと、従業員に印象付ける為にボールペンをばら撒いたことは茂木の案ではと凜々子は言う。


高嶋は推測に過ぎないと言い、再び殺人はしていないと声を荒げた。


だが何故三宅の爪の間に血痕が付着していたのかと説明を問う凜々子。


抱き合ったときに付いたという言い訳はもう通用しない、と。


茂木が高嶋に頼まれ殺人のアリバイ証言をしたという電話が入ったことを伝える凜々子。


高嶋はついに折れ、もがきながら殺すつもりはなかったと言う。


三宅はきっと、高嶋に目を覚まして欲しかったのだろうと凜々子は言う。


教授室に行ったのも、最後の望みをかけてだろうと。


三宅は高嶋のことを最後まで信じていた、その想いを忘れないで下さいと凜々子は言った。





無事事件解決をした凜々子達に梅宮支部長は真っ直ぐに褒めた。


他の検事達におだてられる凜々子に大塚検事は少しくだけた様子で注意する。





凜々子は大塚検事に勉強になったと言うが”検事は皆対等だ”と言われる。


感極まった凜々子は手を取り喜びを表すが大塚検事は再び硬直した。


やはり様子がおかしいと感じる凜々子は相原事務官に詰め寄り情報を聞こうとするが結局何も聞きだせなかった。





凜々子が自宅から出勤する際温子が豆腐屋の手伝いを再開しており、父の言うことも理解でき結婚は延期すると言った。


まず自分が一人前だと認めてもらわないと、と言う温子。


ただ凜々子のように彼氏とは別れないと茶化すように言う温子。


そして凜々子も再度気合を入れる様子を見せた。


⇒無料で「正義のセ」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



正義のセ 5話の感想


会社の不正なお金についてはニュースで時々目にしますが、実際どのような感じなのでしょうか。


被害者の三宅さんは不倫していた過去はあるとはいえ、ほぼ何も悪くない人で心が痛みました。


確かに凜々子さんの言っていた通り、最初から告発してしまえば亡くなることもなかったのだろうなと思います。


茂木さんが何故あそこまで高嶋さんに協力したのかは少し謎ですが…。


最後の取り調べの凜々子さんはいつになくデキる女性な雰囲気で何だか格好良かったです。


大塚検事さんの作戦通りだからだったのでしょうか…。


支部長さんが、警察と連携を取ることも大切だと言っていましたが実際に強く印象に残ったのは大塚検事さんとの連携かな?と思いました。


珍しく振り回される側の凜々子さんがちょっと面白かったです。


ただ相変わらず自分が振り回していることには無自覚なことと結局はただ振り回されているだけではなかったところが可愛かったです。


凜々子さんに優希さんと間違えられキスをされてから度々大塚検事さんは様子がおかしかったですがもしかして女性関係の免疫はないのでしょうか…。


銭湯のロウリュという癒しの蒸気浴にテンションが上がったり、鉄道が好きだったりと相原事務官さんは度々可愛らしい一面が見えます。


チケットを買うときの相原事務官さんのノリはもう…とにかく可愛かったです。


そしてほぼすっかり凜々子さんを見る目が優しいお父さんのような時があって素敵です。


最初の頃は淡々と冷静に業務をこなしていく相原事務官さんがどんどん人間らしく、可愛かったりくだけた様子だったりと見ていて癒されます。


素敵といえば、今回の被疑者さんの一人の高嶋さんの筋肉質な体がとても素敵でした。


温子さんは意外にしっかり者な妹さんでびっくりしました。


温子さんの彼氏さんを連れてきた状態で終わったときにはまた少し悲しくなるのか心配になりましたが安泰で驚きつつ安心しました。


本当に良いご家庭ですね。


お母さんは柔らかく見守る人でお父さんも頑固なところはあるけどお茶目なところや情にもろいところもあったり。


お父さんの誰と付き合おうがいちゃつこうが結婚しようが構わない、という発言にはとても笑いました。


頑固なところもあるお父さんって、そういうところも全面的に頑固なイメージだったので。


今回のお話は1話だけ見ても完結した、ドラマとしてスッキリした感じの印象を受けました。


⇒無料で「正義のセ」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



無料で5話の動画を観る方法

無料で「正義のセ」の動画を観る裏ワザ!


「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はHuluなら
無料で「正義のセ」の動画を観ることができます!


「正義のセ」だけでなく、扱っているすべての作品が見放題です!


2週間無料トライアル実施中で、無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。


無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので、この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!


⇒Huluで無料で「正義のセ」の動画を観るならこちら♪