世にも奇妙な物語「雪山」のネタバレやキャストを紹介します!

1回観ただけでは不可解なオチの部分を丁寧に解説していきます。

世にも奇妙な物語の動画を無料で観る方法も紹介するので、これを機会に是非ともお試しください。

⇒無料で「世にも奇妙な物語」の動画を観るならコチラ♪
※公式サイトなので安心です




世にも奇妙な物語「雪山」とは?



時期:2000年※映画
原作:清水義範
主演:矢田亜希子


この作品のポイントは“1回見ただけだと、オチの意味がよくわからない”所だそうで、あえて意識してそう作ったそうです。

映画作品のためリピーターを増やしたいという意図がそうさせたのだそうです。

あえて余白部分を作ることで、何度見ても違って見えるように工夫がされています。

実際に、予備知識ゼロで1回見てからネットで解説や検証をじっくり調べて知識を入れてからもう1回みると、“そういうことか!”というシーンがいくつか隠されているのに気づき面白いです。

以下は公式サイトのあらすじです。

飛行機が雪山に墜落し、5人の男女が生き残る。

うち1人の麻里(中村麻美)は生き埋めになり、友人の美佐(矢田亜希子)らが助けようとするも、誤ってスコップで首を刺して麻里を死なせてしまう。

残った4名は山小屋に避難し、救助を待つのだが・・・。


キャストは?


主要登場人物を演じるキャストを紹介します。

矢田亜希子さん



主人公の木原美佐 役です。


中村麻美さん



主人公の友人の近藤麻里 役です。

冒頭部分で重傷を負ってしまいます。


大杉漣さん

猫ちゃんを抱いている 漣さんの表情は やさしいニャー🐱 #大杉漣 #漣愛中

akichiさん(@akichi636)がシェアした投稿 –



リーダー気取りの山内義明 役です。

生き残った人たちを救うために一同を率いますが、裏目に出てしまいます。


鈴木一真さん



カメラマンの結城拓郎 役です。

彼が仕掛けたビデオカメラが物語の真相を解き明かすカギとなります。


宝田明さん



医者の真辺春臣 役です。

おそらく一番の常識人です。


⇒無料で「世にも奇妙な物語」の動画を観るならコチラ♪
※公式サイトなので安心です




世にも奇妙な物語「雪山」のネタバレ

【起】


大雨が降っており、駅で何人かの乗客が足止めを食らっていた。


雨が止むのを待つ人もいれば、奥さんに車で迎えに来るように電話をしている人がいる。


一人の男が何気なく若い男に話しかける。


いつの間にか、手ぶらで黒いスーツでサングラスをかけた男がいた。


男は暇つぶしにある話を始める。


駅構内のため声は響き渡り、足止めを食らっているみんなは暇つぶしに男の話に耳を傾ける。


ある登山隊の話だった。


雪山で雪崩に遭って二人生き残った。


一人は足を怪我していた。


食料が尽きて救援を待っていた。


しかし、食料は実は残っていた。


怪我押していないほうが隠しており、外に様子を見に行くといってこっそりと食べていた。


怪我をした男は亡くなってしまう。


男は怪我をした男を外に埋めるが、朝になると死んだはずの男が横に寝ていた。


何度外に埋めても、朝になると隣にいるのだという。


そこまで話すと、男はオチを忘れてしまったという。


すると、サングラスをかけた男は続きを知っているという。


また
“あなたはこの話の一番大事なところを忘れている…。この話の本当の怖さはそういうところじゃない…”
とほくそ笑む。


【承】


ある飛行機が雪山に不時着する。


乗客はほぼ死亡してしまい、生き残ったのは5人だけだった。


カメラマンの結城は記録をとるために撮影をしている。


美佐は隣に座っている親友の麻里を起こすが、麻里は足を怪我していた。


生き残ったメンバーで麻里を瓦礫から助け出し、医者の真辺は応急手当をする。


ビジネスマンの山内が場を仕切って、付近に山小屋があるのでそこに避難すると主張する。


飛行機は新雪の上にあるため、いつ崩落してしまうかわからない。


山内は麻里を担ぐというが、麻里は怖がって残りたいという。


山内は麻里を担いで一同を率いて出発する。






しばらく進むと、山内はほかのみんなに先に行くように指示する。


美佐が振り返ると、山内が穴を掘っていた。


山内は麻里を
“緊急処置”
といってビバークさせるという。


みんなが戻ってきて、結城が麻里を担いで連れていくことにする。


しかし、すぐに力尽きてしまう。


仕方なくその場で麻里をビバークさせることになる。


美佐は
“なんで連れてきたのよ”
と喚き散らし、麻里を担いで運ぼうとするがすぐに無理だと気付く。


男3人は麻里をビバークさせるための穴を掘っていた。


美佐は引き返して、麻里をビバークさせることにする。


麻里は怖がって嫌がるが、食料と荷物を渡して穴を閉じる。


目印にスコップをその場に立てておく。


すぐ近くに結城が小屋を見つけて、みんなで小屋に避難する。


【転】


小屋の中にはストーブがあり、火をつけてみんなで暖をとる。


毛布や食料も見つけてみんなで分ける。


美佐は小屋に麻里を連れてこようと外に出る。


結城も美佐を手伝おうとついていく。


麻里は埋めた場所から顔だけ出して寒さに凍えていた。


結城はスコップで出そうとするが、慌ててスコップを雪に突き刺したせいで麻里の体を突き刺してしまう。


麻里は苦しそうにして、雪に血がにじんでいる。


山内が見ており
“人殺し”
といって小屋に戻っていく。


美佐が心配そうに麻里に近寄ると、麻里は血だらけの手で美佐の足をつかむ。


美佐と結城は驚いて慌てて小屋に戻る。


小屋に残っていた真辺が状況を尋ねるので、山内が“死んでたよ”とこたえる。


麻里の荷物は美佐が大事そうに抱えていた。


真辺は“ある登山隊”の話をする。


他の3人は気味悪がる。


真辺は
“食べ物では争わないことを主張したかった”
という。


体力の温存のため、短時間眠ることにする。


みんな一度に眠るのではなく、リレーのようにローテーションを組むことにする。


一人が起きている時間は5分で、10週したら一度全員が起きることにする。


寝ていた人を起こしたら、その場に起きていた人が寝るということにする。


山内→真辺→結城→美佐という順番になる。


美佐は起きている間に旅行中に麻里と撮った動画を見ていた。


10周したため、真辺は全員を起こす。


みんなで食料を食べていると、美佐はあることに気づく。


美佐は
“もう一人いる…”
といって、そのローテーションが5人いないと成り立たないことを説明する。


美佐は
“私は誰を起こしたの!?”
と錯乱し、山内は
“俺は誰に起こされたんだ!?”
と困惑する。


次のローテーションは移動せずに、自分のところに戻るということにする。


10周したため、真辺は全員を起こす。


すると、山内は死亡していた。


山内の喉元には外傷があり、他殺だった。


医者の真辺が調べると、2時間前には死亡していた。


真辺は死亡した山内の食料を貪り食う。


真辺は
“私は寝ない”
と自分に言い聞かせて、食料を食べながら横になり亡くなっていた。





結城は美佐の近くに行き、二人がビデオカメラに映るように設置する。


美佐は気づくと眠っていた。


目を覚まして結城を見ると、結城の背中には斧が刺さっており死亡していた。


美佐は
“麻里、次は私ね…”
と呟きながらビデオを確認する。


ビデオには麻里らしき人物が結城の背中に斧を突き刺すのが録画されていた。


美佐は怖くなりビデオを閉じる。


すると、美佐は自分がビデオに映った麻里らしき女と同じ服を着ているのに気づく。


さらに、自分の指先に血液が付着していた。


【結末】


美佐は突然何者かに手をつかまれる。


美佐が悲鳴を上げると、救援隊の男性が心配そうに美佐に声をかける。


美佐が辺りを見回すと、小屋の中ではなく辺り一面は雪だった。


近くには麻里、山内、真辺、結城の死体がある。


異様な光景に、救援隊は
“いったい何があったんだ?”
と困惑する。


美佐は
“あなたの名前は?”
と言われて、
“私は…私は…”
と呟く。


⇒無料で「世にも奇妙な物語」の動画を観るならコチラ♪
※公式サイトなので安心です




世にも奇妙な物語「雪山」 のオチなどを解説


1回観ただけでは不可解な箇所がいくつかあるので、それらを1つずつ解説します。

この作品は一見シュールな恐怖を描いたように見えますが、実は違います。

ちゃんとそれぞれ理由があり、小さなヒントは要所要所に隠されています。

そのため、この解説を読んだ後にもう一度最初から観るのをオススメします。

すると、“あ…”と気づくところが何か所かあるはずです。


ラストシーン


山小屋にいたはずなのに、4人とも屋外にいます。


最初は私は“死んだ麻里の幽霊が見せた幻?”と思ったのですが、小屋を見つけた時点では麻里は死んでいません。


しかし、山小屋が物理的に存在していたわけではありません。


どういうことかというと、山小屋を見つけた際の登場人物たちのセリフにヒントがあります。





結城“本当に小屋があるんだろうな?”

山内“信じないなら帰れ”


というやり取りの
“信じる”
というキーワードがポイントです。


その直後に
結城“小屋だ…”

真辺“小屋?見えないぞ…”

山内“どこだ?”

美佐“見える…あそこに、小屋が…”





“小屋があると信じ込みたい強い想い”が結城に“小屋がある”という幻覚を見せたのだと思います。


しかし、結城一人の思い込みでは真辺と山内にまで影響を与えるほどではありません。


ですが結城の幻覚に美佐も乗っかりました。


それにより“小屋がある”という強い思い込みが集団心理でさらに強くなり、全員が“無いはずの小屋”の幻覚を見たのだと思います。


実際に小屋に入ったはずの直後に、“寒くて外にいるのと変わらない”というやり取りがあります。


あれは“実際は小屋は存在していない”というのを暗喩しているのだと思います。



食べ物や毛布


小屋の中で、かなり都合よく食べ物や毛布が見つかります。


不可解な点は
・食べ物はカンパンのような保存食ではなく、リンゴとむき出しのコッペパン(リンゴもむき出しのコッペパンも山小屋に長期保存食として置いておくのは不自然)
・毛布はちょうど4人分
というところです。


毛布を見つけたときはおそらく、“寒すぎて毛布が欲しい”という強い想いから、毛布の幻覚を作り出したのだと思います。





食べ物は山内がリンゴをひとかじりした時のセリフがポイントです。


山内は
“味がしない…”
と言っています。


さらに、ラストシーンで真辺はパンをかじりながら死亡していますが、実際はパンの形をした雪の塊を手に持っています。


食べ物も集団催眠状態で作り出した幻覚だと解釈ができます。


小屋には本当に5人いた?


これは嘘です。


これを言い出したのは美佐でした。


もちろん、美佐には嘘をついている自覚はありません。


地面に食べ物を置いて他の3人に説明しています。


なぜその嘘を他の3人が信じたかは簡単です。


起きる人の順番は、山内から始まってラストは美佐でした。


“ラストの美佐が無意識のうちに一人で二役(麻里の役)していた”というのが、このシーンの真実です。


“山小屋の中なんだから、場所入れ替わるしバレるんじゃ?”
と思うかもしれませんが、そもそも山小屋は集団催眠で作り出した幻覚です。


それに、極限状態なのでハッキリと位置関係を覚えているとは思えません(都度場所を入れ替わるし)。


恐ろしいシーンに見えて、実は非常に単純なトリックなのがこのシーンの面白いところです。


犯人は麻里の幽霊ではなく美佐


美佐は最初は模様がある服を着ています。


しかし、ビデオカメラを見ているときには死亡した友人の麻里の服を着ています。


美佐は山内が麻里の荷物を物色していたときに、それを奪い取って大事に抱えていました。


美佐が着ていた麻里の服はその中に入っていたと思われます。


そして、ビデオカメラに写っていたのは美佐で、美佐が麻里になりきって(無意識)山内や結城を殺害したと予想できます。



美佐の動機は?


美佐と麻里は親友でした。


しかし、美佐は何もできないまま麻里を死なせてしまいます。


美佐は麻里に関してはわめいてるだけで具体的な案は出していません。


麻里に関して他の3人がしたことは

・真辺
ケガした足を手当てした

・山内
背負って山小屋まで運ぼうとした

・結城
凍死しないように雪に埋まっているのを助けようとした


と、麻里に対して助けようと行動を起こしています。(ほぼ裏目に出ていますが…)





おそらくは、自分の不甲斐なさを棚に上げて“麻里が死んだのは山内と結城のせいだ、麻里が恨んでいるのは何もできなかった私ではなくこいつらのハズだ”と強く思い込んでいたのだと思います。


その思いが、無意識に麻里の役をして山内と結城に復讐をしていたと思われます。



真辺の死因


美佐が殺害したのは山内と結城です。


真辺には手を下していません。


真辺は死ぬ直前にパンをほおばっていました。


パンをほおばった直後にあおむけに倒れてブツブツ言って亡くなっています。


美佐はそれを見て
“報いよ…”
と言っています。


あたかも麻里の幽霊が呪い殺したように見えますがおそらくは違います。


真辺が食べていたパンは実はただの雪の塊です。


おそらくは、雪の塊を一気に食べて急激に体温が低下してしまったのが死因だと思われます。



美佐のラストのセリフ


美佐は救助隊に名前を尋ねられた時に
“私は…私は…”
と呟くだけで、答えることができませんでした。


ビデオカメラに写った自分と、麻里の服を着ている自分に気づき“麻里の亡霊が復讐したと思っていたが、実際は自分が麻里の亡霊になりきっていた”と認識して錯乱します。


美佐は自分が美佐なのか麻里なのかわからなくなり、自分の名前を答えることができなかったのだと思います。



山本耕史さんがしていた話は?


山本耕史さんが話していたのは「雪山」とは無関係です。


世にも奇妙な物語の「歩く死体」という短編です。

無料で「世にも奇妙な物語」の動画を観る方法

 
無料で「世にも奇妙な物語」の動画を観る裏ワザ!
 

「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はFODなら
無料で「世にも奇妙な物語」の動画を観ることができます!


FODとはフジテレビの動画配信サービスです。


FODプレミアムなら1カ月で合計1200ポイント貰えて、ポイントを使用して「世にも奇妙な物語」を実質無料で観ることができます!


「世にも奇妙な物語」を扱っている動画配信サービスはFODだけです。


ポイント消費なしの見放題作品も豊富に揃っています。


初回1カ月無料の期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。


無料お試し期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので、この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!