コンフィデンスマンJP 5話について
無料で動画を観る方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!
※記事下に前後の話のリンクあり

⇒無料で「コンフィデンスマンJP」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

コンフィデンスマンJP 5話のあらすじ

ダー子(長澤まさみ)たちは、野々宮総合病院理事長の野々宮ナンシー(かたせ梨乃)を新たなターゲットにする。

虫垂炎を起こしたリチャード(小日向文世)の手術を担当した同病院の外科医・田淵安晴(正名僕蔵)を、ナンシーがクビにしたのがきっかけだった。

芸能界で活躍した元モデルのナンシーは、開業医と玉の輿婚をした。夫亡き後は病院の経営を引き継ぎ、知名度とイメージ戦略を駆使して成功を収めていた。

その中心にいるのが、ナンシーの息子でもある外科医の新琉(永井大)だった。

新琉は、困難な手術を次々と成功させ、若きスーパードクターとしてマスコミからも注目されていた。

だが、実は新琉の功績のほとんどはオペチームの他の医師によるもので、中でも特に難しい手術を手がけていたのが田淵だった。

ナンシーは、薄給に耐えかねて他の病院に移ろうとした田淵に激怒し、医療過誤をでっち上げて彼を医学界から締め出したのだ。

ナンシーたちが必死になって田淵の後任を探していると読んだダー子は、ボストンの名医の指導を受けたという触れ込みでボクちゃん(東出昌大)を売り込む。

ボクちゃんは、ナンシーがゴルフレッスン中に腰を痛めたという情報をもとに、精密検査を受けるよう持ちかけ……。



⇒無料で「コンフィデンスマンJP」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



コンフィデンスマンJP 5話のネタバレ


ダー子は、白い部屋で1人で本を読み
「医者は、人のからだはなおせても。
ゆがんだ心まではなおせん…ブラック・ジャック」
という。





ダー子たちが手術をしていて、血だらけになったダー子は
「戻ってこい!戻ってこい!」
と叫ぶ。





3ヶ月前、TV番組「ザ・ノンフィクショナル仕事の行儀」で野々村総合病院の野々宮新琉を若きスーパードクターとして紹介している。


番組で母親の野々宮ナンシー・野々宮総合病院の理事長は
「名医かどうかは患者さんが決めることです。
でももし彼がそういう風に呼ばれるようになったら、当院の理事長としても母親としても嬉しいことですね」
という。


新琉は担当患者が退院するのを病院玄関まで見送ると、涙を流す。





リチャードは、虫垂炎で野々宮総合病院で手術を受けようとしている。


担当医は、スーパードクター野々宮ではなく田淵という医者だった。


お金を積んでスーパードクターに頼もうかというダー子の提案に同意したリチャードに、ボクちゃんは
「その必要はない、リチャード。君は虫垂炎。ただの盲腸なんだから」
というとリチャードは
「只の盲腸ってなんだよ!やってみろよ!自分もなってみたらいいんだよ!」
と怒っている。





2ヶ月前、リチャードはダー子たちとホテルの部屋で元気に食事をしている。


ボクちゃんは昨日、田淵を見かけて道路工事の仕事をしていたとリチャードに話す。


ボクちゃんは、しつこく訳を聞くと田淵は医療過誤でクビになったという。


ボクちゃんは
「真実はもっと驚くべきものなんだ」
とダー子たちに耳打ちするとダー子たちは
「嘘だ~!ないない。ないない」
というとボクちゃんは
「目に見えるものが真実とは限らない。コンフィデンスマンの世界へようこそ」
とソファの下からいう。





ダー子たちは、野々宮総合病院理事長・野々宮ナンシーと息子の新琉を次のターゲットとする。


ダー子たちが情報を集めると、困難な手術を次々に成功させた若きスーパードクター野々宮新琉は作られた虚像だった。


新琉は名医だった父親を意向で医師になった典型的な甘えん坊で、手術の腕も良いとは言えない。


彼の功績はオペレーションチームの他のドクターによるもので、中でも難しい手術は田淵がほとんど手がけている。


田淵という影武者を得たことで、口の上手い見た目の良い新琉はスタードクターになる。


田淵はあまりの薄給の為、昇級を願い出ると理事長は
「自分のことスーパードクターだとでも思っているの?
鏡、見なさいよ。あんたみたいな気持ち悪い男に誰が切られたいと思うの?」
という。


田淵は他の病院に移ることを決意したが、ナンシーは医療過誤をでっち上げて業界全体に圧力をかけている。


田淵はどの病院でも受け入れて貰えなくて、道路工事の仕事をしているという。


ダー子は
「全ては理事長・野々宮ナンシー様の仕業」
という。


ナンシーは若い頃は芸能界で活躍した元モデルで、開業医と結婚して玉の輿にのる。


夫亡き後は、モデル時代の知名度とイメージ戦略で病院は大成功している。


野々宮総合病院の患者は貢ぎ物を持って列をなす状態で、その貢ぎ物の金額によって待遇をランキングしている。


ナンシーは、毎晩のようにホストクラブで遊び飲み歩く。





ボクちゃんは
「こんな人間が病院を経営していいのか。金の亡者だ」
というとリチャードがリンゴをかじりながら
「釣り上げようじゃねえか。そして田淵先生を復帰させてやろうぜ」
というとボクちゃんは
「それだけじゃ足りない。ナンシーと新琉も病院から追放しなきゃ。ダー子、いい手はないか」
というとダー子は
「あるわ!」
という。


野々宮総合病院は田淵が辞めたので、難しい手術が困難になりナンシーは田淵の代わりのドクターを必死で探しているはずだという。


ダー子は医療漫画や医療本を沢山持ってきて、手術をして顔を知られているリチャードではなくボクちゃんに持っていくと
「頑張って。よ~し。よしよしよし」
といいボクちゃんの頭をくしゃくしゃにする。





ボクちゃんは、野々村総合病院で医師としてナンシーに雇って貰おうとアピールする。


ボクちゃんは、ボストンの最高の心臓外科医であるジョン・デンプシークリニックでジョンに直接指導を受けたという。


ナンシーの反応は良かったが、ボクちゃんとの正式契約はオペの腕を確かめてみてからだという。





ボクちゃんがホテルの部屋に帰ると、ダー子は医療ドラマ「ドクターデンジャラス」を食い入るように見ている。


ボクちゃんがダー子に
「僕は潜り込んで何をすればいいんだ?明日からオペに入れと言われたぞ」
というとダー子は
「オペやったらいいじゃん」
というとボクちゃんは
「バカ言うな。やらない理由作らないと」
というとダー子は
「じゃあ、お手々出して」
といい金槌を出す。





ボクちゃんの腕に包帯が巻かれていて、ボクちゃんはナンシーに
「メスが握れるようになるのは、3週間後かと」
というとナンシーは
「冗談じゃないわよ。オペ詰まってるのよ。全くもう!」
というとボクちゃんは
「理事長、声がかすれているようですね」
といってナンシーに精密検査を受けるようにいう。





ナンシーの精密検査の結果は、悪いところは1つもなかった。


五十嵐が部屋に入ってきて
「ようやく出番だな」
といって病理のレントゲン写真を持ってくる。


リチャードは、いつもと違うノリノリな様子だった。





ボクちゃんは、ナンシーの精密検査の結果を五十嵐の用意したレントゲン写真を見せて「大動脈瘤」だという。


新琉はナンシーに
「結果が出ているんだよ。お母さんは心臓に爆弾を抱えている。すぐにでも、オペしないと。お母さん!」
というとナンシーは
「オペすりゃいいんでしょ。オペすりゃ治るんでしょ?」
というと他の医師は
「かなり難しいオペです」
というとボクちゃんは
「問題ないでしょう。何せ新琉先生はスーパードクターなんだから。早速、手続きしてきます」
という。





ホテルの部屋でボクちゃんが
「ダー子にしては、良い筋書きだ」
というとダー子は
「そう美談になるといいけどね」
という。





新琉はナンシーに田淵に頼むか他の病院で手術を受けるようにいうが、ナンシーは嫌だという。





ナンシーは、ボクちゃんに恩師であるドクター・デンプシーにオペを頼んでくれないかという。





ホテルの部屋でボクちゃんは
「愚かな女だ。田淵先生に頭を下げれば良いだけのことなのに。自分の小さなプライドを守って」
という。


五十嵐は、医師の格好をしたダー子の写真を撮っている。


ダー子は、ボクちゃんにドクター・デンプシーの愛弟子ドクター・ナオミ・ロックハートを紹介すると伝えてという。


ボクちゃんは
「問題は、それだけじゃ解決しない」
というとダー子は
「ボクちゃん。私たちは、お金を取るくらいがせいぜい。でもほとんどことは、お金で解決できる」
という。





ボクちゃんはナンシーに日系人であるドクター・ナオミを紹介して、新琉はナオミの手術の動画を絶賛している。


ナオミは、日本での医療行為も認められていないのでリスクもあるが治すことが出来るという。


ナオミは3ミリオンダラーズ(3億3千円)をナンシーに要求するが、ナンシーは了解する。


但しナンシーは、手術が成功してから代金は払うという。





ホテルの部屋でダー子は
「なんて我が儘なの」
というとボクちゃんが
「お前が浅はかだったんだよ」
というとダー子は
「こうなったら、やったるか。オペ」
という。


ダー子は、空中でオペの練習をして
「うん。いける気がする」
というとボクちゃんは
「冗談でもやめてくれ」
というとリチャードが部屋に入ってきて
「ドケチというより、ただオペが怖くて荒れてるんだろ。へへへ。いい気味だぜ。手伝ってやりてえがあいにく今夜は用があるんだ」
というとボクちゃんが
「用って?」
というとリチャードは
「合コンだよ」
という。


ボクちゃんは、リチャードの性格が変わったという。


リチャードは、ファッションも口調も酒の飲み方も変わったという。





新琉がナオミ扮するダー子たちを第一オペ室に案内して、新琉はモニター室でオペの様子を見るという。


ナンシーは、手術を前にして荒れている。


ナンシーは、ベッドの上に置いてあった食事を配膳ごと落とす。


ダー子はナンシーに
「心配のことがあれば、話して下さい。ドクターと患者、大事なことはコンフィデンス・信頼です」
というとナンシーは
「信頼なんかあるもんか。あんたになんか頼みたくなかった」
という。





ボクちゃんとダー子は病院の廊下を歩きながらダー子は
「どうかした?」
というとボクちゃんは
「別に。お前は?」
というとダー子は深刻な顔をして
「別に」
という。





ホテルの部屋では、ダー子はお洒落をして元気に携帯で誰かと話していて
「早く会いたいわぁ、ジョージ。デートが入っちゃって」
という。


ボクちゃんは手術映像を探していて、リチャードに手伝って貰おうとするがリチャードも遊びで忙しいという。


リチャードのプレーボーイな様子は、別の仕事ではなく完全なプライベートだという。





手術当日、ドクターナオミは廊下の真ん中をフェイクの助手を従えて歩く。


ダー子は、ナンシーに自分のスタッフを紹介して
「大船に乗ったつもりで…」
という。


ナオミは、ナンシーにボストンではポピュラーなやり方として睡眠導入剤を飲ませる。


新琉はナンシーに
「母さん、絶対に上手くいくから。また後で」
という。





ボクちゃんは、新琉が見るというモニターにフェイクの手術映像を流す為にDVDのセットする。


ダー子は
「では、新琉先生はモニター室で」
といってナンシーを手術室に連れて行く。


モニター室ではボクちゃんと新琉が待機していて、手術室ではダー子が
「みんなでお医者さんごっごでもやる?」
というと五十嵐が
「いいねぇ」
という。


モニターの調子が悪くて、ボクちゃんが調べるとDVDが読み込めていない。


モニターには実際の映像が映っていて、手術がまだ始まっていないことに新琉は怪訝に思う。


ボクちゃんは慌てて手術室に行って
「逃げよう。ほっぽり出して、走って逃げよう」
というと五十嵐が
「痛風で走れねえんだ」
というとボクちゃんは
「そんなこと言ってる場合か!ダー子?」
というとダー子は空中で手術の練習をして
「うん。いける」
というとボクちゃんは必死に止める。


ダー子は
「患者にとって必要なのは、免許じゃない。スキルだ!サンディ、メス!パイルダ~オ~ン!」
といってメスを入れて手術を始めてしまう。


ダー子の手術の手際は良く、ダー子は
「いける。完全にゾーンに入ったわ」
というと五十嵐の手が震えだして
「どうやら、血が駄目なようだ…」
といって五十嵐が倒れると、ナンシーの身体から血が噴き出す。


ダー子は血だらけになり、手術はパニックになる。


ダー子は
「戻ってこい!戻ってこい!」
という。


その時に田淵が手術室に来てダー子が田淵を確認すると、ボクちゃんがダー子に
「まさかこれが狙いか?」
というとダー子は
「お望みを叶えてあげようと思って。ドクター田淵、ミセス・ナンシーを助けて下さる?急いだ方がいいわよ、スーパードクター」
という。





新琉は田淵に
「頼む。田淵さん、やってくれ」
というと田淵は笑って
「あ~気が進まねえなぁ。そのババアが俺にした仕打ち考えるとさぁ」
というと新琉は
「田淵先生。母のことは謝る。この通りだ!母からも謝らせる。給料も上げる。君が外科のトップだ」
というと田淵は
「なめてんのか!このババア引退させて、俺に経営の実権をくれよ!あぁ。母ちゃんを生かすも殺すも俺しだいなんだぞ。新琉ちゃんよぁ」
というとボクちゃんが田淵を殴って、田淵を手術室から出て行かせる。





手術前にボクちゃんとダー子がナンシーの病室にいて、荒れているナンシーにボクちゃんが
「本当はその人(田淵)にやって貰いたかった?」
というとナンシーは
「いや、違うわ。オペの腕が良ければ名医なの?その人は身だしなみを注意しても、患者への態度を直すようにいっても絶対に聞かない。
自分を悪くいう人間のことは、根に持って許さない。ああいう人間にはいくら腕がよくたって、絶対切られたいと思わない。
私が他の病院に圧力かけてるって言いふらしているみたいだけど、そんなことしない。ただ面接で落とされているだけよ」
というとダー子が
「では、誰に切って欲しかったのですか?」
と聞くとナンシーは
「その人のオペは最低。でも本当は優秀なはずなの。その人は患者さんを楽しい気持ちにして差し上げられる。
患者さんのために本気で涙を流せる…優しくてみんなから愛される。ただ優しすぎて弱い。人の命を預かる覚悟が出来ない。
でもその気になれば、ホントに追い込まれれば…きっと変わるわ。必ず一人前の医者になる。それまでは死ねない」
というとダー子は
「それを見届けられたら?」
というとナンシーは
「何も思い残すことない」
という。





ダー子は新琉に
「どうする?ドクター新琉。目の前でお母さん死にかけているわよ」
というと新琉は
「僕はスーパードクターなんかじゃない」
というとボクちゃんが
「新琉。お母さんが本当に執刀して貰いたかったのは、君だ。君なんだよ!
お母さんは、君がいつかきっと変わると信じているんだ」
というとダー子は
「変わるなら今しかないと思うけど…」
というと新琉は手袋をして手術を始めようとするが
「やっぱり無理だ!君たちがやってくれ」
といって手術室から逃げてしまい、ダー子が
「ナンシーさん、これがご子息の現実みたい。残念だったわね」
というとボクちゃんが
「残念だったで済むか!これ、どうするんだよ!ダー子!」
というとダー子は
「撤収」
という。





2日後ボクちゃんがナンシーに調子を聞くと痛みもなく手術したなんて嘘みたいだといい、約束の3万ドルの振り込みをしたという。


ナンシーはダー子たちが手術に失敗してパニクっていて、手術室に田淵と新琉が駆け込んできて2人とも逃げ出すという夢を見ていたという。





撤収するとナンシーの身体の上には特殊造形が置かれていて、医療ドラマで使われているものだという。


ジョージ松原が、手術台の下から出てくる。


ジョージは、ハリウッドも唸らせた天才特殊造形師で「ドクターデンジャラス」の特殊造形も彼が造ったものだという。


ジョージは、仕事を選ばない主義だという。


ボクちゃんはジョージに
「あんたは絶対に仕事選んだほうがいい。そしてダー子、なぜ僕に言わないんだ?」
というとダー子は
「それはね…そのほうが面白いからよ」
という。





ナンシーはナオミたちが偽医者だという夢を見ていたというと、ダー子は
「私たち、本当に偽医者なんですよ」
と笑う。





ダー子は、ホテルの部屋で3億円のドミノ倒しを楽しんでいる。


ボクちゃんによると、ナンシーは経営から退いて新琉に医者をやめさせることにしたという。


新琉は実は前からやってみたかった仕事があるといい、その仕事はユーチューバーだという。


ボクちゃんは
「でもナンシー、なんだか人が変わったようだな」
という。





ナンシーが手術跡のガーゼを剥がすとマジックで描かれた傷跡を見て、大笑いをする、





ダー子はボクちゃんに
「じゃあ、ご満足?」
というとボクちゃんは
「結果的には、大満足だね」
というとダー子は
「ボクちゃん、私オペ室で言ったわよね。望みを叶えてあげるって。ナンシーのじゃない!ボクちゃんのお望みよ」
というとボクちゃんは
「ナンシーの心境の変化まで読んでたってのか?」
というとダー子は
「ヒントをくれたのは、リチャード。リチャードは、手術をしてから様子が変わった。調べたら、あったわ」
という。


ダー子は、「死を強く意識する体験をすることで人生観が変わり、性格や生き方が大きく変わる」という本をボクちゃんに読ませる。


ボクちゃんは、もっと驚いたのはリチャードの変わりぶりだった。


本によると、「押さえ込んでいた本来の人格や欲望が現れるとも」と書いてある。


ボクちゃんは、リチャードの変わりぶりは一時的なもので元に戻って帰って来るという。


リチャードが部屋に来ると、相変わらず様子が変わっていて縄で縛られていてピョンピョン跳んでいる。


ダー子もリチャードと一緒にピョンピョン跳んで、2人ははしゃいでいる。


ボクちゃんは、食卓について食事をして執事に
「いつも、美味しいね」
という。


⇒無料で「コンフィデンスマンJP」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



コンフィデンスマンJP 5話の感想


今回のダー子の執刀には、本当にドキドキさせられました。


いくらドラマでもダー子が勉強していても詐欺師であっても、本当に人の身体にメスを入れてしまっていいのかと…心臓がバクバクでした。


手術がフェイクであってホッとしました。


それにしてもリアルな手術、見事な造形でしたね!


五十嵐も血が駄目だと倒れてしまいましたが、五十嵐は知っていてわざとやったのですね。


知らなかったのは、ボクちゃんだけでした…。


いつもダー子に欺されて、可哀想なボクちゃんです。


ボクちゃんの欺されるシーンは、自然体で定評があるようです。





今回は医療の現場が舞台でしたが、医者の人間性・医者の覚悟・適正の問題を深く取り扱っていたと思います。


腕が良ければ名医というのは、どうなんでしょうか?


いくら腕が良くても田淵のように人間性が最低なら、医者としては失格かもしれないですね。


最初はナンシーの経営方針に反発して見ていましたが、理事長としての目は確かだったようです。





問題は息子が怖くて手術が出来ない、医者として命を預かる覚悟が出来ないということでした。


新琉は努力を重ねて医者になり優しい人柄だったようですが、医者としての適性はなかったということですね。


ナンシーは成金主義ばかりではなく、息子が医者として一人前になれば思い残すことないと息子を溺愛していました。


欺されて3億円は取られてしまいましたが、息子を一人前の医者にするという呪縛から解けて親子共々救われましたね。


新琉が本当はやりたかったことが、ユーチューバーというのはちょっと笑っちゃいましたけど…。





今回の笑いのツボは、ダー子画伯が第2話で描いた斬新な「フェルメール」の絵が理事長室に掛かっていたことです。


ナンシーさんが、落札していたのですね!





今回はリチャードは出番が少なかったけど、手術をして様子が変わったことにダー子さんは見逃しませんでした。


その辺りは、流石天才詐欺師だなと思います。


だけどボクちゃんの言うとおり、盲腸の手術で人生観が変わりますかね。





ボクちゃんはダー子に欺されることに慣れてしまっているのか…。


最後のシーンで達観したように食卓で「いつも美味しいね」と執事に声をかけるシーンに癒やされました。





ダー子さんは足が綺麗なので、今回のドクターの白衣姿もとても美しかったです。


回を重なることに…次の話はどんな話なんだろうと楽しみに出来るのも、このドラマの良いところです。


ドキドキしてコメディ要素がたっぷりあって、問題の核心をつく痛快なドラマです。


月曜日は憂鬱な日ですが、ダー子さんが元気を与えてくれます!


そしてボクちゃんが癒やしてくれます!


リチャードがお目当ての人もいると思うので、来週も楽しみですね!


⇒無料で「コンフィデンスマンJP」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



無料で5話の動画を観る方法

無料で「コンフィデンスマンJP」の動画を観る裏ワザ!


「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はFODなら
無料で「コンフィデンスマンJP」の動画を観ることができます!


FODとはフジテレビの動画配信サービスです。


「コンフィデンスマンJP」はFODプレミアム対象作品なので見放題です!


FODプレミアムなら1カ月で合計1200ポイント貰えて、ポイントが必要な作品も1200ポイント分は実質無料で観ることができます!


初回1カ月無料の期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。


無料お試し期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので、この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!


⇒FODで無料で「コンフィデンスマンJP」の動画を観るならこちら♪