西郷どん 17話について
無料で動画を観る方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!
※記事下に前後の話のリンクあり

⇒無料で「西郷どん」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

西郷どん 17話のあらすじ

西郷入水

幕府の追っ手から逃れ、吉之助(鈴木亮平)と月照(尾上菊之助)は薩摩に入り、身を隠した。

しかし、斉彬(渡辺謙)亡き後、再び権力を握った斉彬の父・斉興(鹿賀丈史)は幕府に刃向かうなど言語道断とし、吉之助と月照を日向に追放する処分を下す。

それは、実質的に処刑を意味していた。

大久保正助(瑛太)は吉之助の命を救うために斉興に直訴し、ある取り引きを申し入れる。



⇒無料で「西郷どん」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



西郷どん 17話のネタバレ


大老・井伊直弼は、幕府に歯向かう者を次々に弾圧していった。


吉之助と俊斎は、月照を連れてなんとか熊本までたどり着いた。


雨宿りする吉之助と月照も、かなり疲弊している。


俊斎が薩摩の関所をどうやってくぐるかと心配すると、吉之助は、月照を今日の寺から遣わされた僧侶として恭しく奉れば、京言葉にも説明がつくと言う。


関手形も上手く書いて見せると月照も答えて、吉之助も俊斎も笑うが、追手の声を聴き、薩摩への道を急ぐ。






吉之助は月照を背負って西郷家に到着し、家族に月照の養生を頼む。


祖母のきみは、吉之助のことを吉兵衛と間違える。


吉二郎の話では、きみは急に弱って吉兵衛や満佐が亡くなったこともわからないらしい。


鷹が月照のことを誰なのか聞き吉二郎がたしなめるが、吉之助は月照という名の斉彬と縁の深いお坊様でお守りするために連れてきたと答える。


吉之助は、月照を守る理由は詳しくは話せないが命に代えても守らないといけないと言い、吉二郎も了解する。






鶴丸城では江戸から帰ってきた斉興とお由羅を、久光と嫡男の茂久が出迎えていた。


久光はどうしてもお願いしたい儀がありお目通りしたという。


斉興は斉彬が亡くなった後の島津家のことを相談しにきたのだろうと嬉しそうに言うが、久光の願いは違った。


三か月前、久光は斉彬が亡くなる前に斉彬の嫡男の哲丸を頭首にすることを約束する。


しかし、斉彬は無駄な家督争いを防ぎ、茂久を支えていけるのは久光しかいないと言い、久光も承諾する。


茂久を頭首にして久光が後見人になることを斉興は許可する。


さらに、久道は斉彬の無念を晴らすために意志を継ぎたいと、いづれは薩摩から兵をあげたいという。


お由羅と斉興は、久光の言うことを笑って聞く。






江戸城では、天璋院となった篤姫が家茂に、
“これからはまことの母と思って頼りにしてくださいませ”
と声をかけるが、家茂は天璋院を疑い、
“母上は私のことがお嫌いではないのですか”
と言う。


井伊直弼が家茂に、家茂が徳川の家を継ぐことを良く思っていないと吹き込まれている様子で、天璋院の言うことが信じられないと言い、席を立ってしまう。


幾島は天璋院に、いっそ暇をもらってはどうかと言う。


驚く天璋院に幾島は、一ツ橋を新しい公方にするのが我々の務めであったが、その戦に負けてしまったので、薩摩に戻ろうと言う。


天璋院は幾島の申し出を断り、自分の家はもう薩摩でなはい徳川であると言う。


幾島はその覚悟に応え、京に帰らせてくれと言う。


天璋院は
“そなた私の為に幾島が汚名を被るつもりか”
と聞く。


幾島は
“古来、戦に破れたものが咎を受けるは当たり前のこと、これでご大老にも少しはしめしがつきましょう”
と涙を堪えて言う。


天璋院は、幾島が京に戻ることを止めるが、幾島は最後の奉公をさせてくれと頼む。


これにてお別れにございますときっぱりと去る幾島に、頭を下げてお礼を言う天璋院。





その頃、薩摩では吉之助が西郷家で斉彬の形見の短刀を見つめていた。


正助が息を切らせて、吉之助のことだから斉彬の後を追って腹を切ったかと思ったが無事で安心したと言う。


吉之助は、明日城に上がって月照の庇護を進言するつもりだと言うが、正助は難しいかもしれないと言う。


正助は江戸から斉興が戻ってから藩の事情が怪しくなり、今動くと何があるかわからないと吉之助に言う。


吉之助は納得いかないが、正助は月照とともに身を隠していてくれと説得する。


月照は吉之助と正助のやりとりを障子越しに聞き、何か思案していた。


正助は自分の家に戻り、満寿に頼みごとをしようとするが、先にお見通しの満寿は何か言いたいことがあるのかと聞く。


正助は、満寿の父はご家老の山田と懇意だったから頼み事をして欲しいと言うと、すぐに実家に行って正助を山田に取り次ぐよう言ってくるという。


早速翌日、正助は山田に吉之助と月照を助けてもらえるよう取り計らってくれと頼み込むが即座に断られる。


山田は口では西郷を拒否するような言い方をするが笑みが漏れているのを、正助は見逃さなかった。





鶴丸城で山田達家老が待つ中、久光とともに茂久が藩主として現れる。


茂久が家老を前に、亡き斉彬の意志を受け継ごうと言い出すと斉興が止めに入る。


斉興は茂久の元、ご公儀に従うと表明し、久光は驚く。


斉興は、亡き斉彬のように幕府にたてつき兵をあげるなど言語道断だと言い、大砲や軍艦に金を使うことを禁止する。


久光は斉彬の意志に背くと咎めるが、斉興は斉彬が間違っていたのだと言ってきかない。


斉興は、斉彬は湯水のごとく金を使い、その上御公儀から睨まれ、災いだけ起こして勝手に死んでしまったと吐き捨てる。


このままでは藩が取り潰しになると言う斉彬の言葉に、茂久も家老たちもどよめく。


斉興は斉彬の意志よりも島津家安泰のほうが大切だと皆を納得させてしまい、山田は吉之助と月照のことを頼むことさえ出来なかった。


話が違うと怒る久光に、斉興は
“お前に斉彬の代わりがつとまるち思うちょったのか! お前が兵を率いてご公儀に勝てるち思うちょったのか!”
と言って立ち去ってしまう。


斉彬の死後、斉興は実権を取り戻してしまった。





正助は、吉之助と月照に日向送りの沙汰が下ると伝えた。


大山や俊斎は憤り、殿に直訴しようとするが吉之助は藩の者同士が争って血を流す時ではないと止める。


吉之助は、お前らが戦うのは異国と異国に言いなりの幕府だと言う。


諦める吉之助に正助が
“こげなことがまかり通ったら薩摩は終わりじゃ!”
と怒鳴るが、吉之助の眼はもう何も信じていなかった。


その夜、吉之助は月照に謝るが、月照はとっくに命は預けていたと吉之助と手を取る。





正助の勤める記録書では、久光が一人で無気力に碁を打っていた。


正助がこんなところに居ていいのかと聞くが、自分はこんなところにしか居れないと言う。


正助は吉之助と月照のことを何とか救ってくれるよう頼み込むが、自分には何の力もないから無理だという。


諦めろという久光と、何としても諦めない正助。


亡き斉彬の意志を引く継ごうと思わないのかと正助に言われ、久光は、斎興からお前に斉彬の代わりが務まると思っているのかという言葉を思い出し、激高してしまう。


正助は久光に自分をたきつけるなどと失礼千万だと蹴られても絶対にあきらめないと決意する。


正助は山田に自分の案を記した書状を読ませるが、こんなことが出来るわけがないと拒否されるが、正助に頭を下げられた山田は困り果てる。


正助は山田とともに、斎興に書状を読んでもらう。


斉興はそんなにしてまで吉之助の命を守りたいのかと聞く。


正助は、藩が取り潰しにならないようにご公儀に歯向かわないのが正論ではあるが、吉之助を処刑してしまったら斉彬を慕う者が黙っていないと説明する。


斉興は藩中に争いが起きることを理解するが、
“まっこて西郷に出来るかの?”
と聞く。


正助は自分がやらせて見せるというと、山田は表情を硬くするが、斎興は愉快そうに高笑いする。






西郷家では吉之助が、鰻をかば焼きにして、江戸ではこのようにして食べるのだと皆に教えていた。


鰻のたれの匂いに熊吉は幸せそうな顔をする。


月照は一人静かに詩をしたためていた。


吉之助が焼いたかば焼きを西郷家の皆で頬張る。


家族の姿を嬉しそうに眺める吉之助。


琴がきみの手を止め鰻を食べるように勧めてやると、きみはこれがあの泥鰻かとびっくりする。


お腹の大きな琴に二人分食べるよう勧める吉之助。


熊吉が頬を抑えて食べないとと落ちてしまうと言い、皆が笑う。


妹たちが吉之助の焼いた鰻を食べたい、ずっといて欲しいと言うが、吉之助は急いで出発しないといけないと言う。


吉二郎はまたお役目で遠くへいくのかと聞き、信吾はいつ帰ってくるのかと聞くのだが、吉之助は今度はちょっと長くなるかもしれないと答えるだけだった。


きみが自分が生きてるうちに帰らんと承知しないと吉之助に言うと、琴はばあさまは、あと百年は生きると言うと皆が笑う。


穏やかな空気を打ち消すように、こわばった顔の正助が役人らと訪ねてくる。


正助と吉之助は二人になり、八方手を尽くしたが駄目だったと謝るが、謝ることはないと吉之助は、至って穏やかな様子で言う。


吉之助は、斉彬が生きていればどうってこはないが、今の薩摩には自分も月照も居たらいけないのだ、それが自分の命だったのだと言う。


正助は必死で
“違う!おはんはまだまだ薩摩の為に、日本国の為に生きねばならん男じゃ、今死んだら薩摩も日本国も死んでしまうど”
と吉之助に言う。


吉之助は正助に、もう生き止まりだと言う。


正助は一つだけ策があると言い、
“月照様を斬れば、おはんの命だけは助けて下さるち“
吉之助の表情が一変する。


正助はご隠居様に談判したから、月照を亡き者にした後は藩が手をまわして吉之助をどこかにかくまってくれると言う。


正助は、ほとぼりが冷めるまで隠れていればいいと言うが、吉之助は
“月照様に斬るち?”
と信じられない様子だった。


吉之助を、死なせたくない正助は必死で説得する。
“死ぬことなか! 吉之助さあ、頼む生きてくれりゃい! この薩摩のために日本国の為に……!”
頑として首をたてに振らない吉之助。


しかし、正助の、
“・・・・・・・いや、おいの為に死なんでくれりゃい”
という言葉が胸を突く。


吉之助は静かに、
“よか、斬りもうそ”
と正助に約束する。


ほっとした正助は吉之助に、本当にそうしてくれるのかと念を押すと、
“ありがとさげもす、おいの為に、そこまでしてくれて”
と言い、吉之助は頭を下げる。





日向送りの当日、浜で吉之助の乗る船を見送る正助。





月の夜、小舟の中に月照と吉之助が二人きりで揺られている。


月照が、
“不思議ですなあ、寒い夜やのにちっとも、寒おへん”
と微笑む。


吉之助は切なそうに、
“じゃっとん震えておられもす”
と言う。


月照は深く息を吐き、
“なんぼ修行を積んだ身でも未練ですなあ、心は死ぬと決めてても、生きよう生きようとして震えます”
と本心を吐露する。


月照の辞世の句を聞く吉之助。






正助が西郷家の前を通ると、熊吉が、吉之助が命より大事な短刀を飾ったまま立ってしまったという。


慌てて家に入り短刀を確かめる正助。


正助は吉之助が自分も死ぬ気だと気づく。






吉之助は月照手を取って、
“共に参ります”
と、自分の胸に引き寄せる。


月照は
“これで長い旅路も安心できます”
と言う。


二人は共に抱き合って海に飛び込む。


⇒無料で「西郷どん」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



西郷どん 17話の感想


今回は斎興に怒りを覚えましたね。


自分が約束を破り、お前に実力がないからだと家臣の前で言うって、さすがにひどすぎますね。


可愛がっているようで、最初から相手にもしていなかったわけですから。


結局は自分の都合のいい人間がいい子であって、そうでなければ用はないって対応を、親が子供にしちゃいけないでしょう。


尾木ママがいたら、ありえない!って言ってくれそう。


斉彬とも衝突するはずですよね、今さながら同情します。


でも、久光にお前は斉彬の代わりになれないだなんて、斉彬の才能を認めてはいたんですね。


自分と同じ方向を見て、才能を発揮してほしかったのかな?


藩を守る理屈はわかりますし、容易に幕府に背くことも出来ないでしょうけど、やり方がひどいですね。


潰しておかなくては、自分が殺されるってことでしょうか。


久光も無力に育てられ、無力の烙印を押され、当然ながら荒れていました。


喧嘩が全然出来なさそうな下手くそな蹴り方が絶妙でした。


この後、現実と向き合った久光が、どう変わって成長していくのかも見届けたいですね。


ところで、久光役の青木崇高がたまに関西弁でてませんか?


あと、印象的だったのは、月照上人が死におびえているところです。


相手の恐怖を受け止めてあげられる西郷どんはすごいですね。


吉之助の年齢と、鈴木亮平の年齢が近づいてきたせいもあってか、はまりだしてきた感があります。


斉彬の意志を引き継ぐ覚悟をきめてからの、声や目つきが武士らしくなっていっています。


物語が大きく動きだしていくのとあいまって、引き込まれます。


暫くは奄美大島編になるのでしょうか、ドラマとしては、江戸や政に早くかかわって欲しいような気もしますが。


奄美大島で二度目の結婚をして子供を授かるんですが、その時もう三十代半ばでしたから、当時としてはかなり遅いですよね。


それだけ斉彬の仕事が多忙だったということでしょうか。


江戸や薩摩を行ったり来たりですから、そんな暇もお金もなかったのでしょうか。


しかし、西郷どんは、生涯で二回も島流しに合っているんですね。


江戸から離れたところで島流しにあっても、さらに蘇る西郷どんの精神は恐ろしいものがありますね!


そもそも貧乏な下級武士の上に、腕の腱を切ったり、けっこうなどん底ですよね。


命からがら、薩摩に戻ったら、善悪が逆転していたり……。


この島津藩の頭首同士の価値観のぶつかり合いに巻き込まれてきたからこそ、西郷どんは幕末を生き抜く底力がついたのかもしれませんね。


⇒無料で「西郷どん」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



無料で17話の動画を観る方法

無料で「西郷どん」の動画を観る裏ワザ!


「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はビデオマーケットなら
無料で「西郷どん」の動画を観ることができます!


プレミアム&見放題コースを選択した場合は、見放題対象作品はポイント消費なしの無料で観れます。


今なら入会時に540ポイント貰えて、ポイントを使用して「西郷どん」を実質無料で観ることができます!


初月無料でお試し登録を実施中で、無料期間中に解約すれば月額利用料は発生しません。


初月無料でお試し登録はいつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので、この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!


⇒ビデオマーケットで無料で「西郷どん」の動画を観るならこちら♪