ラブリラン(ドラマ) 5話について
無料で動画を観る方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!
※記事下に前後の話のリンクあり

⇒無料で「ラブリラン」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

ラブリラン(ドラマ) 5話のあらすじ

南さやか(中村アン)は、町田翔平(古川雄輝)との同居生活にも慣れ、新しくジュエリー会社のデザインの仕事が決まるなど、順調な日々を送っていた。

そのさやかが目下、気にしているのは、かつての自分が書いたSNSの書き込み。

そこには“まさか、私がこっちサイドに立てる日が来るなんて……”とあった。

それは町田に「好きだ」とキスをされたバレンタインから3日後(2月17日)の書き込みだった。

「こっちサイドって何?私に何があったの?」とさやか。

さやかは、町田に尋ねるも「あんたが何を考えてたかなんて知らないよ。それよりジュエリーのデザインのことを考えろ!」と怒られる。

気になって仕方がないさやかは、宇野友美(佐津川愛美)と藤崎隼人(市川知宏)に相談する。

すると「確かその日、あんたと町田は初デートだったはず」と隼人。

「え……、ダメだ、どうしても思い出せない!」とさやか。

さやかは、町田と小笠原杏子(大政絢)がキスをするのを目撃してから、「早く記憶を取り戻して彼の部屋を出なきゃ」と焦っていた。

焦りながらも町田が気になるさやか。

その折、「明日一日出かけるから、空けておいて」と町田からメールをもらう。

「これってデート?」とさやかはドキドキしながら、町田との待ち合わせ場所に向かう。

するとそこには、町田と杏子がいた。

「え?どういうこと?」と驚くさやかに、「再現デートよ。あなたが思い出したい2月17日の行動を再現して、記憶を取り戻すお手伝いをしてあげる」と杏子。

2月17日のデート場所の水族館に行く3人。

杏子は、忠実にさやかと町田のデートを再現させようと熱くなる。

少しでも当日の状況と違うと「これじゃ思い出すものも思い出せないじゃない!」と拘る杏子に気を使って、さやかは、「あ、思い出しました!ここで水をかぶって町田君に笑われて……」と思い出したフリをする。

だが、町田に「ちゃんとやれよ。こっちは休日返上で付き合ってんだぞ」と咎められる。

その時、後ろにいた客に押され、町田は傍にいた杏子をかばうように、水槽のガラスに手を立てかけた。

そのドンと置かれた町田の手を見て、さやかの記憶が蘇る…。

デートの日、同じ姿勢で、さやかを人混みからかばってくれた町田。

「私、彼にすごく女の子扱いされていたんだ……」と。

その町田は今、杏子を気遣っている。

切なくなるさやか。

その時、仕事の電話があって、町田は「悪い」と去っていった。

残された杏子は「あの人は、仕事が何よりも大事なの。自分の仕事も他人の仕事もね。だから私たちは別れるしかなかった」と、町田と別れた事情をさやかに話し出した。

町田は当時、モデルとして売れ出した杏子が事務所から「チャンスをものにしたかったら、恋人とは別れろ」と言われているのを知っていた。

そのため、町田は杏子に別れを告げたのだった。

「だから私、決めているの。次は絶対に私が彼の助けになるって。……あなたはいいのよね?本当に翔平のこと、もう何とも思ってないの?」と杏子。

「……はい。記憶が戻れば彼の家を出ることになっています」とさやかが答えると、杏子はホッとして、「あなたが記憶を取り戻して彼の部屋を出るとき、私が彼のもとに戻ることになっているの」と告げる。

その時町田のもとには、ジュエリー会社からさやかの企画を白紙に戻したいと言ってきていた。

先方に中途で入社したデザイナーの小松健司(尾上寛之)という男が自分でやると言い出したからだという。

町田は体調を崩していたが、なんとか挽回しようと徹夜で企画を書き直し、小松の元へ。

だが小松は、「皮肉なもんだ。あんたと立場が逆転するなんて。あの時は、あんたが代理店の人間、俺が下請けのデザイン会社。あんたは、俺のデザインが気に入らないって切り捨てたよね」と突き返す。

それでも町田は小松に食い下がり、挽回のチャンスを得る。

明日の朝までにサブ案のデザインのカラー印刷、モニター資料を用意できたら、考えてもいいというものだった。

町田は急いで手配しようとするが社内デザイナーで手が空いているものはいない。

さやかも、その日は、鷺沢亮介(大谷亮平)からデザイナーとしての飛躍につながる仕事を紹介され、代理店との親睦会に参加する予定でいた。

町田はさやかの邪魔はできないと、一人で解決を図る。

その夜、さやかが親睦会に出ると、そこに小松もいた。

小松は「今、町田翔平に復讐してるんだ。

やつの企画だけ奪って、徹底的に潰してやろうって」と得意げに話をしていた。

さやかは「どんだけコドモなんですか!」と小松に怒り声を荒げてしまう。

小松はそれでも「二度とオタクの会社に仕事を頼まないようにしてやる」と開き直る。

さやかは、町田のもとへと去ったが、今度は亮介が小松の顔にビールをぶっかけた。

「あんたが私情を挟んでそんなことをしていると知ったら、あんたの会社、どう思うかな」と亮介。

その頃、町田は風邪で倒れて病院に運ばれていた。

「あとは、私がやるから」とさやかが、後を引き受ける。

そして手配を済ませて町田のもとへ駆け付け、「私も明日、先方に一緒に行って頭を下げて頼み込むから」とさやかが言うと、町田は「ありがとう」とさやかを抱きしめた…。

朝になって、さやかと町田が出社すると、社長の泉(ふせえり)の元に、小松のジュエリー会社から謝罪の電話がきていた。

「『部下が失礼なことをして申し訳なかった』と正式に制作依頼がきたわ」と泉社長。

ホッと安堵するさやかと町田。

そしてさやかは思い出す…。

初デートの日、水族館近くの写真スポットで、30年間恋人のいないさやかが、「ずっと『写真撮ってください』とカップルから頼まれてばかりだった」と町田にこぼすと、町田は、「じゃあ一緒に写真を撮ろう」と、通行人に携帯を渡し、さやかと一緒に写真に納まった。

その時、さやかは、「まさか私がこっちサイドに立てるなんて」と思わず呟いたのだった…。

そして、現在のさやかはその時の町田との写真を見て、「いいなあ」と思わず涙が流れてしまい……。




⇒無料で「ラブリラン」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



ラブリラン(ドラマ) 5話のネタバレ


〝近頃私はザワザワする!〟


起きて来た町田に挨拶し納豆を食べるか聞いたさやかに「ありえないでしょ!朝からそんなの!」と答え町田は鼻をすすった


そんな町田を見て「また裸でウロウロするから!風邪引くよ!」と同居生活にすっかり慣れたさやかはいつものことのように言い納豆ご飯を頬張った





オリビアラボ


さやかのコンセプトが決め手になりリバーサル企画で新たな仕事が決まったらしく「南さん最近絶好調ですね!」と喜ぶ社員たちとさやか


クリエイター同士の親睦会への参加を誘う電話を亮介からもらったさやかは遠慮しながらも喜んで引き受けた


〝そこそこ充実!そこそこ安定した日々!でも私はザワザワしている…喉に魚の骨が引っかかったような…このなんとも言えない気持ち悪さ…その原因はコレだ!〟





記憶を無くしている間のインスタへの書き込み


《その白い光に包まれた時、私は宙に浮いた。》


《そして思った。まさか、私がこっちサイドに立てる日が来るなんて。》


「こっちサイド!?」投稿を見ながら呟きさやかは少し考えて


「UFO遭遇!?」と1人冗談を言いながら笑っていた


そしてふと立ち上がり過去のカレンダーを確認した


その日は町田にキスされ告白されたバレンタインデーの3日後だということに気づいた


〝この日私に何があったんだろう!?〟





加湿器がたくさん置かれた部屋の中


取材を受ける杏子


記者に大きな目標をと聞かれ「しいていえば…世界に1つしかない自分の居場所を取り戻すこと…ですかね!」と町田に告白した時のことを思い返しながら答え微笑んだ


そして撮影現場に入っていった





撮影終わり【TOKYO Future】


町田を探しにやって来た杏子


さやかと電話で会話する町田「2月17日はたしかにあんたと一緒にいたけど…あんたが何を考えていたかなんて知らないって!とにかく記憶のことは一旦置いておいて今はレイジュエリーのデザインに専念しろって!」と電話を切った




町田の自宅


「白い光ね?…」と友美


気になって仕事が手につかないさやか


「その日以来インスタを更新していないから絶対大きな出来事があったはず」と友美に詰め寄った


「俺の記憶が正しければだけど…」と隼人は2人がその日に初デートしてたことをさやかに伝えた


それを聞いた友美はその日のうちに最後まで?と言ったが、付き合う前だしそれはないと思うよ!と隼人


「どうしても思い出せない」と焦るさやかになぜ焦っているのか聞いた友美


「この部屋から出られないから」と答えたさやか


すると友美が「亮介への片思いは終了したことだしこのまま町田と上手くいくならそれでいいじゃない」とさやかに言った


それを聞いて隼人もさやかならギリ許せると答えた


焦りながらさやかは杏子と町田のキスを目撃きたことを思い出しながら否定した


「ゆっくり2人で出かけてみるとかもう少し考えてみたら」と友美が言ったところでタイミング良くさやかの携帯に町田からメールが届いた


《明日、出かけるから1日空けといて》


そのメールを見て喜ぶ友美と隼人


さやかも少し嬉しそうな表情を浮かべた


町田は泊まりの仕事のため外で待ち合わせすることになった





翌朝


楽しそうに服を選び待ち合わせ場所へ向かうさやか


〝全然深い意味はない…ただ一緒に出かけるだけ!同居人として仕事のパートナーとしてただ…〟


そんなことを考えながら待ち合わせ場所に到着した


さやかを見つけ「おう!」と笑顔で挨拶する町田


「おまたせ」と嬉しそうに言うさやかに「待ってないよ!」と優しく笑顔で答えた町田


そこで「はい!そこまで?!」と杏子の声


「じゃあ行きましょうか!」という杏子に全く状況が飲み込めないさやか


これは記憶を取り戻すための2月17日の再現デートであることを聞いた


自分のせいで杏子に妙なスイッチが入ってしまったことをさやかに謝る町田


「1つ1つ正確に再現して行きましょ」と張り切る杏子とそれに付き合わされる2人


「仕事のためにも早く思い出してもらわないと」と言う町田に「ですよね」と苦笑いして答えたさやかはデートに誘われたのではなかったと知り少し落ち込んだ


さやかは〝この2人お似合いだなぁ〟と仲よさそうに話す杏子と町田を眺めた


その後も再現デートは続いたがその日を完全に再現したい杏子が再現できないたびにいろんな人に詰め寄るのを見てさやかは「思い出した」と嘘をついた


嘘に気づいた町田はさやかと2人になった時に「休日返上で付き合ってるんだからちゃんとやれ」と伝え大きな水槽の前で魚を眺める杏子を呼びに向かった


杏子を呼ぼうと後ろに行った時人がぶつかり水槽に「バンッ」と手をつき杏子に寄り添う形になった


そんな町田を見てさやかは記憶を取り戻した





〝クラゲ可愛いね!町田はそう呟いたさやかの手を取った…仲良く濡れないようにシートを被りながらイルカショーを見て楽しむ2人…水槽が見えなくて後ろの方で背伸びするさやかを水槽の前へ連れて行き「バンッ」と水槽へ手をついた町田〟





もう充分だろと杏子を外へ連れ出した町田


携帯が鳴り町田は2人の元を離れ電話に出た


杏子が「あの人は仕事が何よりも大事なの」とさやかに言った


そして「自分の仕事だけじゃなく他人の仕事も」と続けた





電話に出た町田


菅野からレイジュエリーの企画担当者が変わり社内で作成したいため今回は白紙にしたいと言っているということを聞いた


担当者の名前を聞いた町田に〝小松〟という中途で入ったデザイナーと答えた菅野


その名前に聞き覚えがある様子の町田





フォトスポットでクレープを食べる杏子


町田くん戻ってきたら2人の写真を撮りましょうかと言うさやかに今日はさやかと町田の再現デートだからいいと答える杏子


でもせっかくだしとのさやかの申し出に「じゃあお願いしようかな!」と杏子


「急用が出来たから帰る」と電話を終えてやってきた町田は「1枚くらい写真を撮って」という杏子の声も聞かずその場を去っていった





帰り道さやかと杏子は並んで歩いた


写真のことをフォローをするさやかに「モテないでしょ?」と杏子


「彼氏いない歴30年だし…」と答えたさやか


すると杏子は「すごくモテるけどいつもすぐ振られるの!」と打ち明けた


そして町田との過去を話し始めた


2年前大手の広告代理店に勤めていた町田はすごく忙しくしていてモデルとしてパッとしなかった杏子に「疲れるからもう無理」といきなり町田から別れを切り出したという


でも最近になり別れたのが自分のためだったことを知ったという杏子


初めてイメージモデルの仕事が決まりかけた時「このチャンスをものにしたかったら恋人と別れろ」と社長に言われた杏子


それをどこからか聞いた町田は社長に「別れるから杏子をお願いします」と頭を下げに行ったと嬉しそうに微笑んだ


町田にとっても1番辛い時期だったのに何も助けてあげられなかったことを後悔した


だから次は絶対に町田の助けになると杏子は言った


そしてさやかに「あなたはいいの?翔平のこと本当になんとも思ってないの?」と尋ねた


「今の私たちは記憶で繋がれただけの関係ですから…現に私の記憶が戻ったらあの部屋を出て行くことになってます!」と答えた


「知ってる…わたしが戻ることになってるの!彼の元に!」と言い杏子はさやかの元を後にした





部屋に戻りベッドに倒れこむさやか


そこへ町田が帰ってきた


2度目のデートの場所を聞くさやかに「もういいだろそれは…」と忙しそうにする町田


「次の土曜日に再現したい」とさやかは言ったが「付き合いきれない」と答えた町田


その後もしつこく詰め寄るさやかに少し怒り断る町田


するとさやかは「だって早く思い出さなきゃ離れられないじゃない!」と感情的になった


そんなさやかをじっと見つめた


さやかは「ごめん」と謝りその場を後にした


町田は少し寂しそうな表情を浮かべた


部屋に戻ったさやかはデザインを書きながらいろいろと思い返して頭を抱えた


リビングで仕事をする町田の元へメールが届いた


やはり自社で企画を進めたいという〝リバーサル企画小松健司〟からのメールだった


翌朝さやかが起きると仕事をしていた様子のテーブルに町田の姿はなかった





リバーサル企画


小松の元を訪れた町田


「企画をここまで通したのはうちです!なんとか制作までやらせて下さい!」と町田は小松に頭を下げた


そして企画の改定案を渡した


小松は「徹夜したんだ」と呟き頭を下げる町田を見てこう続けた


「昔…俺もあんたにそうやって頭さげましたよね?でもあんたは他のデザイナーに回した!どれだけなおしてもなおらないからって!あれね?マジ悔しかったな!あの時はあんたが代理店で俺が下請けのデザイン会社!皮肉だよな?立場逆転して再会するなんて!悪いけど俺は執念深いんでね!ヨロシク!」そう言って資料を返し立ち去っていった


嬉しそうなさやかの姿を思い返し町田は小松に「チャンスを頂けませんか?」ともう1度お願いした


「あの時俺もあなたにそうしたはずです」と町田が続けた


「下請けの分際でオーダーですか…」と小松





オリビアラボ


ホワイトボードを確認し町田が何の打ち合わせをしているのか菅野に聞いたさやか


「込み入ってるのかな!?」と菅野は答えた


そこでさやかの元へ来客があり向かった


オリビアラボへ戻った町田に菅野がどうだったか問いかけた


明日の朝まで資料を用意できれば考えてもいいと言われたことを町田が告げた


無理な要求に動じる菅野


それとは逆に冷静に準備を始めた町田だが手の空いている社員が見つかない


「南さんは?」との町田の質問に「来客中」と菅野が答えた


さやかを訪れた亮介


レジーナ化粧品の企画に参加してほしいと依頼を受けた


嬉しそうに亮介と話すさやかを外から眺める町田


今夜の親睦会に参加出来そうか聞いた亮介に「大丈夫」と答えたさやか


そんなさやかに町田は何も言い出せずその場を後にした


忙しそうにする町田に「何かトラブルですか?」とさやかは聞いたが「もう出ないと行けないんじゃないですか?」と町田はリバーサル企画のことは言わず親睦会への参加を勧めた


少し咳込みながら町田は1人仕事へ向かった





デザイナー同士の親睦会


そこには小松の姿も


亮介を見つけ歩み寄るさやかだが別の女性に呼ばれそちらに向かった亮介


亮介にガッツポーズを送られ意気込んださやか





オリビアラボでは必死で仕事をしながら咳込み体調が悪い様子の町田





親睦会で小松にからまれるさやか


作品見せてよと言われデザインを取り出そうとしたさやかは小松が別の男性に話しかけられている会話を聞きリバーサル企画の人間だということを知った


そしてその会話からさらに町田が大変な状況に置かれていることにも気づいた


亮介のもとを訪れた青山


亮介は青山からさやかの場所を聞かれ小松の元にいるさやかを見つけた


町田をバカにする小松と周りの取り巻きたち


怒ってはダメだと言い聞かせていたさやかだったが我慢できずに小松を怒鳴りつけた


「町田くんは私情で仕事をする人じゃありません!ダメ出しくらったとしたら純粋に仕事として理由があるからに決まってます!あの人は冷たく見えるけどむしろ逆!逆なんです!妙に情があるってゆうか…だから私は町田くんを…私は仕事のパートナー…純粋に仕事のパートナーとして今の発言を許すわけには…」と叫んだ


すると小松が「別にあんたに許してもらう必要ねーし!もう二度とお宅に仕事頼まないだけのことだよ!個人的感情じゃなく純粋に仕事としての理由で!」と答えた


グラスを手に取ったさやかだったがさらに煽る小松に中身をかけずその場を後にした


すると怒った亮介が小松にグラスの中身をぶちまけた


怒り戸惑う小松に「手が滑って」と謝る亮介


そして亮介は小松に「レイジュエリーはうちのお得意様でもあるんだけど今の話聞いたらどう思うかな?」と言ってその場を立ち去った





町田に電話をかけるさやか


しかし町田は電話に出ない


菅野に電話をかけ会社に向かうことを伝えたさやかだったが体調が悪い中仕事を1人で頑張り無理していた町田が倒れて今病院に付き添っていることを聞いた


さやかは病院の場所ではなく町田が掛け合っていたデザイナーの住所などを菅野から聞き仕事を引き継ぎ駆け回った





〝2月16日オリビアラボ


好きになった理由を聞くさやかに「変わりたいと思ったあなたを見て好きになったんです!」と答えた町田


「そんなの信じられないんです!」というさやかに「これだから処女は…」と町田


「キスをされた事、私にとっては大きなことだったが町田くんにとっては大したことじゃないんでしょ」とさやかが聞いた


「じゃあ今度デートでもいきます?」と町田


「信じられないなら1日一緒に過ごしてみて俺のこと審査すればいいじゃないですか」と続けた


それを聞き急に振り向き否定したさやかと顔が近づき照れる町田


そんな町田の様子を見て「行こうかな…デート…」と了承したさやか〟





並んで歩く亮介と青山


「亮介のあんな姿初めて見た」と青山


「なんか体が勝手に動いた」と笑う亮介





町田の自宅


さやかのベッドで眠る町田


汗を拭き看病するさやかに気づき町田は目を覚ました


熱で倒れたことを伝えたさやかだが自分の体ではなく仕事の心配をする町田


仕事を引き継ぎ社内みんなで協力してなんとか終わったと説明したさやかにホッとした町田


「よかった」と呟いた町田に「よくないの!」とリバーサル企画の小松に怒ってしまったことをさやかが伝えた


翌日資料を届ける際に頭を下げるからと誤った


そんなさやかを見て町田は「ありがとう」と抱きしめた





オリビアラボ


レイジュエリーの件で社長に頭を下げる2人


「先程制作部長から部下が失礼なことをしたと謝罪を受け正式に依頼を受けた」と社長


〝2度目の私たちはたしかに絆を深めている…前とは違う…仕事のパートナーとして〟





BARでお酒を飲む町田


「しばらくこないと思っていたらまさか倒れていたとはね」とマスター


「もう大丈夫です」と町田


「さやかちゃんただでさえ心細いのに」と言うマスターに


「そうでもないですよ!いい意味で!」と町田





撮影終わり


町田を見つけて駆け寄る杏子


撮影スタッフとの飲み会に誘う杏子に了承した町田





〝あくまで仕事のパートナーとしてならずっといい関係が続けられる!そう自分に言い聞かせていた!1度認めたら溢れ出してしまうと思ったから…私は見て見ぬ振りをしていたザワザワの源を!〟





〝2月17日水族館のフォトスポット


「私歩いてるとよく言われるの…写真撮ってもらっても良いですかって!」とさやか


「間違いなくちゃんと撮ってくれそうですね」と町田


「だからこういうカップルが多い場所だとつい構えちゃって」というさやか


すると町田は前で写真を撮っていた女性に「写真撮ってもらって良いですか?」と声をかけさやかの手を引きフォトスポットへ連れて行った


そして「顔それでいいんですか?」とさやかに問いかけた


「びっくりして」と言うさやかに驚き「なにが?」と町田


するとさやかは「自分がこっちサイドに立てる日が来るなんて思わなかったから」と呟いた


「南さんて今まで本当に悲惨だったんですね!」と2人で笑ったところで写真を撮られた〟





パソコンに入っていた写真を眺め記憶を取り戻したさやか


涙ぐみ微笑みながら「いいなぁ…」と呟いた


⇒無料で「ラブリラン」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



ラブリラン(ドラマ) 5話の感想


いつも美人な中村アンさんととってもキュートな大政絢さんにもお洒落なファッションにも目が離せませんでした。


そして爽やかでクールなイケメン古川雄輝さんと大人で優しく包容力のある大谷亮平さんにも毎回キュンキュンさせられます。


今回で町田とさやかの付き合い始めの感情が明らかになってきましたね!


しかし亮介と青山カップルに少し不穏な感じを抱きました。


そして町田と杏子もなんだかいい感じになってきたように思えます。


亮介の本心は青山とさやかどちらに気があるのでしょうか?


町田はさやかと杏子どちらを選ぶのでしょうか?


そしてさやか本人は町田に感情が傾いているようですが、ずっと思い続けた亮介への感情をそんなに簡単に諦められるのでしょうか


まだまだ今後の展開に目が離せませんね!


前回まではなんとなく町田とさやかが記憶を取り戻しても付き合うものだと思っていましたが、今回の話を見てなんだか亮介とうまく行く気がしてならなくなりました!


どちらと結ばれても幸せそうですがハッキリするまでなんだかモヤモヤしますね。


早く結論が見たいようなでもまだまだドラマを楽しみたい気持ちもあり複雑な気持ちの中盤でした!


次回以降もとっても気になり楽しみです!


⇒無料で「ラブリラン」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



無料で5話の動画を観る方法

無料で「ラブリラン」の動画を観る裏ワザ!


「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はHuluなら
無料で「ラブリラン」の動画を観ることができます!


「ラブリラン」だけでなく、扱っているすべての作品が見放題です!


2週間無料トライアル実施中で、無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。


無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので、この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!


⇒Huluで無料で「ラブリラン」の動画を観るならこちら♪